人気ブログランキング |

続・まりおの部屋

petitmario.exblog.jp
ブログトップ

タグ:市場 ( 2 ) タグの人気記事


2008年 04月 15日

タイムスリップの街、フェズの旧市街

フェズは、下の写真でご覧のように、四方をちょっとした山に囲まれた盆地のような地形の街です。 ですので、冬寒く、夏暑い、ちょうど日本で言うと京都のような気候の所です。
ま、フェズは、夏は40度以上の酷暑が毎日続きますが。

e0092286_2239342.jpg


フェズは常にモロッコの文化・芸術的価値を守ってきた場所で、今なおしっかりとその精神は受け継がれています。 

そんな精神がぎっしりと凝縮されている場所、そう、フェズと言えば、旧市街!
9世紀にできてそのままと言われるこのメディナが一番の見所です。

旧市街はぐるり塀で囲まれていますが、周囲は17km、中に入る門が14個あると言われています。 その中でも一番有名な、通称、青の門、ブルーゲートから入りました。

青は実はフェズの街の色でもあります。 空、天を意味する色。
フェズ・ブルーと言って、フェズ独特の青色を使った絨毯や焼き物などが有名です。
e0092286_2245895.jpg


この門の裏側はグリーンになっています。
このグリーンはイスラムの色。 宗教的な色を意味するもの。
e0092286_22472016.jpg


さて、門をくぐって、いよいよ旧市街探索です。
e0092286_22484190.jpg


メディナ(旧市街)の中は細く入り組んだ迷路のような道になっており、交通機関は馬かロバ。
ロバさんなんて、勝手知ったる我が道を行く、とばかり、単独で荷物を運んでトコトコ歩いていたり。。。
この写真はロバさんよりも大きかったので、多分ラバさん? ロバと馬のミックスかも。
e0092286_22581632.jpg


歩いていると何やらいい匂いが・・・うーん、これはパンの焼ける匂いではないですか。
っと思っていたら、ありました。 パンを焼いてる竈です。
ここは、昔ながらのパン屋さん。 と言ってもパンを焼く専門の所です。
自分のうちでパン種を作ってきて、ここで焼いてもらうという寸法です。
こういう竈で焼いたパンが一番美味しいんですよねえ^^
e0092286_232481.jpg


そして、ちょっと一軒お店に、、、真鍮細工など、銅製品のお店。
細工をしてるところを見せてくれました。 とっても細かい作業。 先の尖った釘のようなもので、銅版に模様を打ち付けていきます。
e0092286_2353737.jpg


更に行くと、羊の毛が積まれた場所が。
ここは、今は刈り取った羊の毛を集める場所になっていますが、本来は隊商宿、キャラバンの宿だった所だそうです。 上のほうに泊まる部屋があり、馬やらくだなどは下で、といった具合。
14世紀に造られたそうですが、今に至って利用しているというのがすごい!
e0092286_23113322.jpg


この後はずっと食料品街を抜けていきました。 朝の買い物をする人たちでごったがえし、歩みを進めるのに大変。 何しろ道が狭いもんで。
e0092286_23131114.jpg


通りで、テーブルに肉だけ乗せて売る人も、、、猫が肉の端切れをもらってました^^
e0092286_23161140.jpg


ミントの葉っぱの山
e0092286_23174229.jpg


こんな雑踏の中でも、ちょっと端っこで寛ぐ猫さん。 我関せず、ですね。
e0092286_23191931.jpg


というところで、フェズ、まだ続きます・・・・^^>

by nmariomama | 2008-04-15 23:24 | 2008年春、モロッコ国内旅行 | Trackback | Comments(16)
2006年 11月 08日

魚屋さん

まりお・・・「昨日、あれほどアピールしたのに、今日は又ちょっと待ってね、だって!」

はい、今日のUPは、日曜日の朝(といってももうお昼近かったかな?)に行った、ラバトの
魚の市場です。

まりお・・・「ボクも行ったんだよ。それなのに、市場は下が濡れてるというのでずっとママの抱っこだったんだ。で、ママは魚ばっかり撮ってて、又ボクの写真は忘れた!というわけ。」

e0092286_0411037.gif


モロッコは西は大西洋、北は地中海に面した国ですので、漁業も盛んです。
でも、一般に魚は高め。
多くは輸出に回されたり、加工されたりするので、一般の市場に出てくる魚は少ないのです。
それに、漁をしても、市場に運ばれてくる輸送手段の工夫がないため、鮮魚には致命的。
よって、値段は高くなるというわけです。

では、写真を・・・
市場の入り口です。
e0092286_0142986.jpg


ここも、昔はもっと活気がありましたが、最近は大きいスーパーなどでも鮮魚が売られるように
なったので、ちょっと閑散とした市場風景になってしまったようです。

e0092286_017445.jpg

この季節、シャコなんかも出てくるのですが、これもそうかな?
e0092286_0184423.jpg


うちでは、今日もフカの切り身をと思っていましたが、今日は良いのが見当たらず、
どうする~~って感じで、小エビを仕入れたに終わりました^^; (手前のが小エビです。)
奥のはカジキまぐろだろうか・・・
e0092286_0223842.jpg


モロッコ人が魚を食べるといっても、生ものは宗教的に禁じられているし、たいていは例のタジン、煮込み料理に使うか、香辛料を使ったマリネ状態でフライにしたりするから、鮮度はそれほど気にしないようです。 
やはり肉料理が多いため、食卓の登る頻度も少ないですしね。

余談ですが、夫にその昔、売ってる魚は目を見て鮮度を判断するのだ,と言ったら、びっくりしてました^^ゞ
何でそんなこと知ってるの?と聞くから、アタシャ、魚の国から来たんだよ^^/

by nmariomama | 2006-11-08 00:45 | ひとくちモロッコ | Trackback | Comments(20)