続・まりおの部屋

petitmario.exblog.jp
ブログトップ
2007年 11月 21日

エッサウイラにGO! (2)

さて、今回行ったエッサウイラという街についてちょっとご紹介しましょう。

まずは地図で民族大移動、どのくらい移動したかご覧いただいて、、、
ちょっと見にくいですが、おわかりになれますか、一応カタカナで地名を入れましたが。
ラバトのすぐ下のカサブランカまで約100kmです^^
e0092286_1835261.jpg


エッサウイラの街は、今年の6月末に息子が訪れた時にちょっと記事にしましたが、
ここで国際音楽フェスティバルが行われたり、今はすっかりリゾート地に変貌しつつあります。
で、ヨーロッパからの若者のツーリストで賑わってますが、街自体は小さく、他の観光地に比べて見所は少ないのですが、歴史的にはおもしろい街と言えるのです。

この街の特長はまず、港町であるということ。
その歴史は古く、フェニキアの時代からの重要な港町であったようです。
そして、その後は16世紀から18世紀にかけてポルトガルに占領されていた地区でもあり、ポルトガルが去った後、フランス人によって新市街が構成され、当時は Mogador(モガドール) と名づけられていました。 1956年の独立以来、エッサウイラに改められましたが、今でもこの名は街の象徴のように残っています。

では、旅の続きを・・・・

500kmの旅に人間も犬もクタクタでしたが、着いた宿泊場所は、なんと、旧市街のど真ん中にありました。 普通の家です。 

今、モロッコはリゾート地にセカンドハウスを持つお金持ちや外国人が多いのですが、そういう人たちは主にバカンス時期にしか来ませんから、シーズンオフに他のツーリストに貸す人がたくさんいます。 私たちが泊まったのもそういうののひとつ。
ですから、家具寝具、その他日常に必要なものは全部揃っているというわけです。

たまたまそこは、夫の知り合いが鍵の管理を任されていた家で、犬もOKというので、じゃあよろしく、となったのです。 ただ、場所はどんな所かわからなかったので、家まで案内された時にはびっくり。 鍵を持って来てくれた人がどんどんどん旧市街の中に入って行きましたから、こっちは大変。 まりおは夫に引きずられるようにして進んで行きます。 何しろ時間がちょうど夕刻の頃、しかも土曜日、旧市街(メディナ)の狭い通りは人でごった返し、まりおは人の足を避けながら必死で歩いてました^^;

フローラは、、、これはもう歩かせられません。 
というより、人波にすっかり怯え、私に抱っこ、歩いている間中ブルブル震えてました。

というわけで、部屋に落ち着いた時はもうグッタリだったというわけです。

こちらがその部屋。 居間の様子です。 
外国人が持ち主ということですが、インテリアはすっかりモロッコ調でした。
e0092286_19111534.jpg


鏡の中のフローラ。 床はモザイク調のタイル張りでした。
e0092286_19141124.jpg


メディナのど真ん中、土曜の夜。 いつまでも人の声が絶えない周辺の聞きなれない音に、まりおはすっかり番犬になってしまい、ちょっとの音にも反応して、静かにさせるのが大変でした。
時にフローラも一緒に大合唱。

でも、まあ、夜も更けてようやっと静かになり、人間も犬も何とか眠りにつけたわけですが。。。


そして翌朝! 二匹の排泄をどうしよう、と思案していたら、夫がテラスがあるらしいから上ってみよう、といい、早速何やら急勾配な階段を登っていったら、、、

テラスからの展望です。 メディナが一望でした。 
すごいロケーションの所に泊まったんだあ!と感激^^
e0092286_19214429.jpg


頭上をカモメが飛び交っています。 その声を聞き、あ、昨夜からずっと聞こえていたのはカモメの鳴き声だったんだ、と納得。 その鳴き声から猫の鳴き声だと勘違いしていたのです。
さすが港町!

必死で撮ろうしたけど、やっぱり難しい飛ぶ鳥の撮影。
で、ちょっと離れていたけど、止まってるやつなら、、、^^ゞ
e0092286_19254696.jpg


一応キミ達も記念撮影しましょうねえ。 テラスにて、はい、チーズ。
全然無視ですねえ^^ゞ 
二匹とも時に頭上スレスレに飛んでくるカモメが気になって仕方なかったようです、はい。。。
e0092286_19365864.jpg


調理用具も簡単な料理くらいできるように、全部揃っていましたが、まあ、海でも見ながらカフェで朝食がいいんじゃない、ってことでさっそくお出かけ。 朝食たって、こちらはパンと飲み物ですが、、、

日曜日、午前8時の海岸、、、、静寂、、、カモメの鳴き声だけ、、、ステキ♪
e0092286_19381968.jpg


しかし、この静寂を破り、強引にまりおとフローラの撮影会を推し進めようとする私たち。
結果、、、、

海をバックにまりおです。 何枚か撮ってやっとこれがマシか。
しかし、ブラシを忘れてきてしまったので、坊ちゃま、御髪が、、、、
それに、、、旅の疲れが出てますなあ。。。
e0092286_19423882.jpg


お嬢様はいかに?

あれ? うぃ~~ん ってクレーン車じゃないんだから。
もう、全然だめなお嬢でした(泪)
e0092286_1944578.jpg


というところで、又次回に続けさせていただきます^^>
[PR]

by nmariomama | 2007-11-21 19:55 | 旅は犬連れ | Trackback | Comments(18)
トラックバックURL : https://petitmario.exblog.jp/tb/6826096
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by mie at 2007-11-21 20:30 x
エッサウィラ!フェズと並んで好きな都市です。10年位前に訪れました。海、スカラ、魚料理など懐かしく思い出します。
地元の人に教えられて、ジミー ヘンドリックスが住んでいたという
場所にも行きましたが廃墟と化していて、60年代はもう遠い過去か、なんて感傷的になったのでした。
滞在なさったお部屋のインテリアが素敵ですね、壁の絵までカラー
コーディネートされていて・・・・
Commented by bbwan at 2007-11-21 22:24
こうして地図で見ると、エッサウィラまでの距離は長いですね。
そしてフェニキアという言葉に反応してしまいました。そんなに昔から栄えた街なんですね。
 それにしても泊まった家は素敵なインテリアですね。 2匹とも初めての体験できっと疲れたことでしょう。 飼い主もいろいろと気を使っておつかれさまでした。興奮すると犬達は食事もできなくなるといいますが、食欲のほうはどうだったのでしょうか?
Commented by sora at 2007-11-21 23:54 x
すごい距離の旅だったんですね。
ご主人様お一人で運転されたなんて、きっとお疲れだった
でしょうね。
でも優しいですね。
二匹チャンも初めての遠出旅でいい体験だったかな?

それにしてもお部屋といい、屋上からの眺めといい、
静かな海岸といい、うらやましい環境ですね。
カモメくんもマイペースでいいですねえ。

車の中でケンカする二匹チャン、兄弟ゲンカするほど、仲が
いいということでしょうか?
おもしろいですね。まるで人間の子供と同じですね。
Commented by ryu_ma_ma at 2007-11-22 02:15 x
海沿いの街なんて素敵です。
やっぱりモロッコ、少しヨーロッパの香りがしますね。
海の向こうはアメリカですかねー?
お洒落な朝の始まりですね。

確かに小型犬だと旅行に連れて行けるので行動範囲もひろがりますね。
我が家も私が帰ってきて早々なのですが
感謝祭の連休なので明後日から竜桃連れてカジノに行きます。
有名なカジノホテルでは犬連れは受け入れてくれないので
中心街から離れたホテルとなりますが
かえって帰りのことを考えると
夜中まで賭けつづけることがないので被害も少ないだろうと思われます。
今回は桃が初体験となります。
竜は時々連れて言ってるので部屋に閉じ込める時キューキュー拗ねますが
暫く経ってヘヤの近くまで戻ってみると静かになっています。
年々知らないところに泊まるのが大丈夫になってきます。
きっと不安はいっぱいなのでしょうが、
置き去りになることはないと自分に言い聞かせているようで
とっても健気です。
でも桃はどうなることやら、、、、。
Commented by えるだま at 2007-11-22 10:29 x
まりお君もフローラちゃんも、500kmの旅ができるのだからたいしたものですね。人間の子供の方が大変そう・・・
歴史のある街の、しかも旧市街地、そのど真ん中での滞在というのはいいですねぇ。こういう体験は是非してみたいものです。
Commented by mitsuko_beauty at 2007-11-22 13:24
考えてみればモロッコって日本の裏になるってことよね
ちょっと日本までって簡単に帰れないね
ペット宿泊ペンションに、シェリーとカシューがまだ元気なころ泊まりに行ったことがあってね 部屋に入ったとたんにベットの上でカシューがジャァ~ってシッコしちゃってね 大変でした
フローラちゃん 初めてなのに朝までしなかったんですね 偉いなぁ
知らないところでお泊りだから興奮して吠えまくってたのかしら
緊張したでしょうね お疲れ様でした
Commented by nmariomama at 2007-11-22 18:32
☆mieさん
エッサウイラにも行かれたんですね。
ちょうどここ7~8年くらいで注目度が増してきた感じですが、実際にはそんなに変わっていないのでは、という気がしてます。
本当にいい所でした。
ジミー ヘンドリックスの話は知りませんでした。
結構外国から芸術家たちも来て滞在して、アート活動なんかもしてるみたいですね。
部屋も居心地良くて、今度はもっとゆっくりしたいなあ、、、と^^
Commented by nmariomama at 2007-11-22 18:43
☆bbwanさん
ほんと、長距離を二匹とも良く耐えてくれました。
まりおは元々外に出ると食べなくなります。
フローラもお昼のいつもの時間には与えても食べませんでした。
夜、部屋に落ち着いてから与えましたが、まりおは中々食べず、ま、最後には完食しましたが、、、フローラは、あげた途端がっつきました^^ゞ やっぱり犬にとって、いつもと違うというのは食欲にも響くのでしょうね。
フェニキアに反応してくださって嬉しいです^^
モロッコの国自体がフェニキア時代に遡って存在を現したようですから、エッサウイラは歴史のある街なんですね。 海を見てるとその歴史の長さが感じられます。
滞在した場所は、場所的にはちょっと犬には不便でしたが、私的には大満足でした^^ゞ
Commented by nmariomama at 2007-11-22 18:52
☆soraさん
いやー、きつかった!というのが正直な感想ですが、でも、思い切って行ってきて良かったです。 夫は運転自体すごく好きなので、そんなに苦にならないようです。 とは言っても疲れたでしょうが^^;
同じ海側でもラバトとは少し違い、町は小さいのですが、そのことが返って静かな落ち着いた雰囲気をもたらしているのではないかと感じました。大変居心地が良い町です。
あはは、ほんと、子供連れの旅、そのものですね。
おもしろいですよ、ある意味では、又二匹のあらたなる性格が発見されたりしてそれはそれで収穫でした^^>
Commented by nmariomama at 2007-11-22 19:01
☆ryu_ma_maさん
そう、大西洋ですから、この海の先はアメリカです!
カサブランカからニューヨークは飛行機で約7時間ですよ~^^
北側、海側は外国の占領地にもなっていますので、ヨーロッパの影響は強いですね。 それに、なんて言っても近いですもの。
お、お帰り早々カジノですか、いいなあ、、、、^^
頑張れ~ は変? とにかく楽しめますように、、、、
そうか、桃ちゃんは初めてなんだ。 でも、竜くんが体験済みだから桃ちゃんも安心なんじゃないかしら。
お部屋でお留守番も経験済みの竜くんが一緒なら、お家にいるのと近い環境で待っていられるかもしれませんね。
成功を祈ります^^!

Commented by nmariomama at 2007-11-22 19:11
☆えるだまさん
いえ、ほんと、犬二匹、良く耐えてくれたという感じです。
人間の子供もぐずったらてこずりますからねえ、我が子で経験済みです^^; それに比べたら楽でした(笑)
小さいけれどいい雰囲気の町でした。
宿泊場所、どんな場所かも知らないで決めたので、思わぬ拾い物、ラッキーって感じで、もっと長くゆっくり滞在したかったです。
私自身、こんな旧市街のど真ん中で寝泊りしたのは初めてで、いい経験でした^^
Commented by nmariomama at 2007-11-22 19:17
☆mitsuko_beautyさん
そうそう、とにかくめちゃくちゃ遠いのであります、日本から^^ゞ
フローラはオシッコに関しては完璧なんです。 まりおがマーキングのクセがあるので心配したのですが、大丈夫でした。
カシューくんがやっちゃったのって、部屋に他の犬のニオイが残っていたのではないかしら。 特に気になるニオイがあるとオスはしちゃうの、しょうがないですよね、本能ですものね。 まりお、今回はセーフでした^^ゞ
Commented by ルート38 at 2007-11-22 19:45 x
長旅お疲れさまです
500kmというとココから函館くらいの距離でしょうか
長距離でフローラちゃんもへとへとでしたね;
別荘をもつだけでも相当な富豪なんでしょうね☆
Commented by bio at 2007-11-22 20:21 x
エッサウィラっていい感じのところですね~こりゃあシーズン中は混み混みでしょうね^^
フローラちゃん、まりおちゃん、なんて羨ましいヴァカンスをされているんでしょう!!!一緒に連れてきてもらえて^^ステキなママとパパでよかったねッて本気で思いました!!!!
Commented by nmariomama at 2007-11-23 00:37
☆ルート38さん
北海道だとちょっと走るともう相当な距離だったりしそうですね。
それでもそちらから函館と考えれば結構な距離ですよね^^;
人間のほうがお疲れ~だったりして へへ
別荘というとすごい感じですが、ピンからキリまでありますものね。
私たちが滞在した所はそんな大層な所ではありませんが、それでも羨ましいですね、我家ではちょっと手が出ません^^;
Commented by nmariomama at 2007-11-23 00:41
☆bioさん
すごく居心地のいい所でした。
そうですね、今、注目の人気のリゾート地だし、小さな町ですのでシーズンには込み合うでしょう。 でも、オススメですので、来モロッコの折には是非プログラムに加えてみてください^^
初めての犬連れの旅でしたので、中々うまいこと行きませんでしたが、それでも一緒に行動できることが嬉しくて幸せでした^^ゞ
Commented by ゆらら at 2007-11-23 09:17 x
ちょっとお近く、という旅ではなかったんですね。
すごい素敵なお宿、モロッコではホテルでなく、
こういう宿泊施設に泊まるのが一般的なんですか?
ここで、の~んびり休養するんですね。
日本の忙しい旅とは、全然違いますね~。
おちびさんたちは、気分が変わって喜んだでしょうね。
↑いや、一番喜んだのはままさん?
Commented by nmariomama at 2007-11-23 16:54
☆ゆららさん
中々良かった今回のお宿、そうですね、最近こんな風なのを利用するのが流行ってるみたいです。 大人数の家族連れだったりだとホテルより安いし、気を遣わないでいいし、自炊もできるし、のんびり滞在型には最適だと思います。 でも、まあこれもモロッコのこと、ピンからキリまで、当たり外れがありますからちょっと注意が必要かな。
口コミやツテが一番安心のようです^^
犬にとってはどうなんでしょうね、飼い主と一緒が一番良いのでしょうが、このような環境の激変は実際のところワンにとっては迷惑だったりして^^;
そう、一番お喜びになったのは奥様でした!^^ゞ


<< エッサウイラにGO! (3)      エッサウイラにGO! (1) >>