人気ブログランキング |

続・まりおの部屋

petitmario.exblog.jp
ブログトップ
2007年 10月 29日

一枚の画

この間日本画展に行ったからというわけではありませんが、今日は一枚の画にまつわる想い出話をひとつ。

気がつけば、殺風景な我家の居間にも画が飾ってあったのですよね。

e0092286_20234071.jpg


もう大昔になってしまいますが、フランス語の勉強と称して、ほんのちょっとだけパリにいた時に知り合ったフランス人の女性が、結婚のお祝いにパリの想い出としてモロッコまで送ってくれたものです。

画用紙にパリのノートルダム寺院が水彩画でさらっと描いてあるだけなんですが、とても気に入って、ずーっと居間に飾ってあります。

彼女はひょっとすると、当時、今の私くらいの年だったかもしれないと思います。
実際は、私の日本人の友人、その彼女の友人のお母さんだったのです。

フランス人の友達の家に誘われたから、一緒にどう?と言われてのこのこついていったのですが、なぜか、このお母さんに私はとても気に入られてしまいました。

彼女は画を描く人、いわゆる芸術家肌の人でした。
ちょっと変わってるといえば変わった人で、世間に疎く家事もほとんどしないという話。
実際、遊びに行って食事も一緒ということになると、娘かだんなさんが台所に立っていましたから。

ほとんど出かけることもなく、画の用事でたまにパリに出るくらいらしく、暑さと歩くこと、そして人ごみは大嫌いと言っていましたっけ。

彼女との一番の想い出は、彼女がデッサンで私を描きたいと言ったので、ある時彼女のアトリエに初めて入らせてもらった時のことです。

季節は春。 

アトリエは時間が止まったかのような静寂に包まれ、窓の外のプラムの花の花びらの散る音さえ聞こえてきそうでした。

実際、この時の窓の外の風景は忘れられません。
少し向こうを向いて、という彼女のリクエストに応えた視線の先は庭に果樹の花が咲き乱れていました。

郊外電車で小一時間揺られた所にあるその家は、小人の隠れ家のように可愛らしく、私を魅了したのです。

彼女は私がパリの街が好き!と言ったので、ノートルダムを描いてくれたのだと思いますが、本当はあの可愛らしい庭を含めた彼女の家の画も欲しかったなあ、、、と今でもふと心に思います。

彼女とはモロッコに来てからも文通をしてましたが、子育てに忙しかったりの中、いつの間にか断ち切れてしまいました。。。

もうおばあさんになってしまった彼女でしょうが、赤が大好きと言っていたから、赤いジャケットを羽織って庭でスケッチをしている彼女の姿が浮かびます。
元気だといいなあ。。。

by nmariomama | 2007-10-29 21:18 | 想い出の一枚 | Trackback | Comments(16)
トラックバックURL : https://petitmario.exblog.jp/tb/6705965
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ゆらら at 2007-10-29 23:13 x
おお、今日は一番?

絵にまつわるお話って、ミステリー小説に出てきそうで、ロマンチック^^。
フランスでいろいろな出会いがあって、
ままさんの人生の転機があって、この絵がお家にやってきたんですね。
なんだか、感慨深いですね。
素敵な絵、ままさんをずっと見守っていたんでしょうね。
音信不通なんですか?再会できるといいですね。
Commented by nmariomama at 2007-10-30 03:32 x
☆ゆららさん
写真もそうですね。 その一枚から無限にストーリーが展開されたりして。
あの時期の自分を振り返るのにも良い絵だし、今では宝物です^^
音信不通にしてしまってから、もう15年は経っちゃう^^;
どうしてるだろうなあ、、、、ものすごく懐かしいです^^
Commented by lagoon at 2007-10-30 08:46 x
素敵な思い出ですね。ママさんの思い出話を読んでいくうちに、僕もその静かな庭を見たい気持ちになってきました。
心が和むような、そんな空間が窓の外に広がってたのでしょうね~
Commented by mitsuko_beauty at 2007-10-30 13:18
パリにもいらしたのですね 
結婚祝いに頂いたもの 思い出もつのる絵画ですね 
絵は残りますね そうだ 私も娘に残そうかなぁ 私が描いた絵を見ていつまでも忘れないでいてほしいな うん いいかも~
Commented by nmariomama at 2007-10-30 18:48
☆lagoonさん
どんな絵にもどんな写真にも、きっといろいろな思い出が詰まっているんでしょうね。
あの時の窓の外の風景、ひょっとしたらヨロン島の静寂の砂浜と共通するところがあるかもしれないなあ、、、とふと想像しました。
どちらも心を静めてくれる絵になる風景、、、ということで。。(^^)
Commented by nmariomama at 2007-10-30 18:53
☆mitsuko_beautyさん
絵って写真とは又全然違った残り方をしますね。
私は描く方は全くだめなので、絵が描ける方が羨ましい。
mitsukoさん、是非描いてくださいな。
動物の絵なんかもmitsukoさんなら描けそう。
ナナちゃんとかいいモデルになってくれるのでは?
カシューくんも。 思い切って、素敵な思い出をこめて描いてみては^^?
Commented by bbwan at 2007-10-31 01:57
私もいつも絵がかけたらなーと思う事がたくさんあります。
素敵なお話ですね。 そのかたのアトリエにママさんを書かれた絵が飾ってあったりして?  
私もチェコの小さな街をたずねたときに、カフェで出会った人が絵を描く人でした。それもその年のクリスマスカードは犬をモチーフにして書かれてあり、その人のイメージする犬はブルートにそっくりだといってカードをくれました。 記念に写真をとって送ったら、また絵を描いてくれましたが、なんだかうれしかったです。
Commented by えるだま at 2007-10-31 11:33 x
あ、この写生をした場所、夜になると、船のバーがオープンするところじゃないかな。
フランス語ばかりで、ちっとも分からず、退屈しちゃったけどね。(苦笑)
Commented by nmariomama at 2007-10-31 16:38
☆bbwanさん
あ、そのお話、記事になさってましたよね、覚えてます!
ほのぼのとしたエピソードで、さすが芸術の国だなあ、と思いました。
描けない代わりに、お互い、絵を通して又そんな素敵な出会いがあるといいですね^^
Commented by nmariomama at 2007-10-31 16:45
☆えるだまさん
あ、そうかもしれませんね^^ 確か何箇所か船着場がありましたっけ。
あはは、いろいろ世界を周っていらっしゃるえるだまさんのこと、そうは言ってもセーヌにも思い出がおありなのでは^^?
Commented by メルママ at 2007-10-31 16:47 x
ままさんの思い出と大事な絵のお話し ステキでした。
私もその果樹園みたいなお庭が絵になってるところが何故か目に浮かんできました(笑
先日友達が、若い頃にフラリと旅行したアメリカでの写真を見せてくれたんです。その時に写ってたお庭が目に浮かんできたのでしょうね(^_^;)
Commented by のこ at 2007-10-31 17:08 x
こんにちは。
1枚の絵にまつわるお話ロマンチックです^^
自分の描いた絵をプレゼントするって、作者自身が、気に入っていて、仕上がりも満足した絵だと思うのですよ。
ママさんは、とっても大切なお友達だったに違いないです^^
「少し向こうをむいて・・・」
向うを向いた、ママさんの絵も見てみたかったな^^
小人のような、郊外に建つお家・・・
想像しただけで、あ~なんて素敵
Commented by bio at 2007-10-31 19:03 x
写真には無い絵には絵の独特な回想力ってありますよね。
それにその方が描いたパリ、nmariomamaさんの居たパリがそのまま時を越えて語りかける感じ・・・そういう出会い素敵です。

いつか又逢えると良いですね。

私もオーストラリアに居た時に、やはりクラフト系のアートをするご婦人の家に連れてってもらったことがあって・・・そのご婦人は非常にナーバスで、暗い人らしく皆警戒している人でした。
初めてそのお宅に入り、そのアートワークを見て私は感動して、しばらく動かず話さずジーっとしていましたら、そのご婦人が「あなたほど本当に見入ってくれた人、今までにいないの!あなたは本物ね、心のある人ね」と言って涙し、私にその作品を下さいました。
それきりですが、生涯爽やかな思い出として心に残っています。

きっと、そのマダムも赤いカーディガンかなに羽織って、いつもと同じ場所で同じように描いていますよ^^
Commented by nmariomama at 2007-11-01 02:24
☆メルママさん
メルヘンチックな話になってしまいましたが、庭はメルママさんの想像通りですよ、きっと^^ 果樹がいっぱいっていうの、いいですよね。 庭自体はそんなに広くないんですけどね。
そのアメリカのお家の庭も素敵なんでしょうね。
アメリカというとすごく大きな家と広い庭を想像してしまいます^^ゞ
Commented by nmariomama at 2007-11-01 02:32
☆のこさん
あはは、私の絵が残っていたらハズカシイなあ。
描いた絵を手放すってことはそういうことなんでしょうね。
今更ながら貴重な絵に思えます。大事にしなくては^^
老後はあんな家に住みたいなあ、、、なんて思い返してます。
プラムの花咲く木の下で揺り椅子にでも座って紅茶をすすりたいではありませんか。 手には読みかけの本。。。ああ、いいなあ(笑)
Commented by nmariomama at 2007-11-01 02:39
☆bioさん
ご自身、画を描かれるから、良くおわかりでしょうね。
簡単なデッサンだったとしても、ひとつの線に込められた思いがあるかもしれませんものね。
bioさんのそのオーストラリアでのお話も素敵ですね。
作品と作者と、両方の出会いが後々まで心に残る。
それが旅先だったり、外国だったりしたら尚印象的ですね。
又会えればいいし、会えなかったとしても、こんなに心に残っているんですもの、もう満足です^^


<< 一気に三本立て~♪      やっと秋 >>