人気ブログランキング |

続・まりおの部屋

petitmario.exblog.jp
ブログトップ
2007年 03月 03日

引き続き、焼き物工房

ここは、昔は陶器だけの窯元直売の場所でしたが、いつからか他の工芸品なども売るお店が入り、今では観光客が出入りする場所ともなっています。

最近はお店の中の撮影も結構禁止の所が多くて、大半の写真は外側の壁などに装飾してあったりするものです。

向かって左は皮製のスツール。 中に詰め物をして使います。
右は大きな絨毯の一部分。 左のウィンドウの中はモロッコ刺繍をほどこした織物など。
e0092286_16511947.jpg


お店の入り口にあったタイル装飾の壁画。
正面から撮ると、光が反射してしまうので斜めで試みてみました。ちょっと見にくいですが、
綺麗だったもので・・・
e0092286_1656284.jpg


これは鏡の枠。木製でとても大きなものです。 鏡よ鏡よ鏡さん、、、って感じ^^
e0092286_1702112.jpg


もうひとつ、こちら、ちょっとボケちゃったんですが、これはもう鏡が入ってますね。
こちらは、白雪姫という感じ? いえ、アリスかな?
e0092286_1782482.jpg


そしてこれは、大きな装飾ドアーの一部分。
中央に手の形をしたドアノッカーがあるのがご覧になれますでしょうか。
これは、「ファティマの手」と言って、イスラム教の教祖、ムハンマドの娘ファティマの手をモチーフにしたもの。 お守りとして使われるところから、玄関のドアーのノッカーなどにも良く用いられます。
この 「ファティマの手」については、過去記事でその由来など説明してありますので、興味のある方は、こちらをどうぞ。
e0092286_17194442.jpg


この工房の敷地の奥には竹細工を作っている所もあり、そこでは又、こんなお店も並んでいます。 アジアっぽい?
e0092286_17253072.jpg


という所でまだご紹介したいものはあるのですが、それは又タイトルを絞って、後日ということにして、今日の最後は、再びまりお。 工芸品のお店の入っている建物の入り口の横で。
e0092286_1729094.jpg


それでは皆さん、良い週末を^^♪

by nmariomama | 2007-03-03 17:15 | 工芸品関係 | Trackback | Comments(25)
トラックバックURL : https://petitmario.exblog.jp/tb/5261929
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by elderman at 2007-03-03 21:41
焼き物、手工芸品、すべてのものから時がゆっくりと過ぎていく感じがします。こういうのがいいんだけどなぁ・・・ 私は、どうも今の日本に順応できないみたい。(汗)
Commented by yoridorimidorii at 2007-03-03 23:39
まりお君 なかなか似合ってるよ〜

2枚目の大きなタイルの壁画・・・この図柄はトルコのに似てますね。

「ファティマの手」の記事は以前読ませて頂きました。
こんなの玄関ドアにひとつ欲しいですね。
建物に合ってるのか〜〜??
それを言われますと・・・トホホ
Commented by nmariomama at 2007-03-04 03:07
☆eldermanさん
そんなえるだまさんの感覚のほうが普通に思えるのですが・・・
ということは、ワタシも今の日本にはもう順応できない・・・ってことのようですね^^ゞ
Commented by nmariomama at 2007-03-04 03:11
☆yoridorimidoriiさん
相変わらずモジャモジャまりおでした^^ゞ
あー、そうだ、トルコね、そんな感じしますねえ。
「ファティマの手」 その節にはコメントも頂きまして・・・^^>
結構、和の空間にも合うかも??? 無理か・・・^^;
Commented by ミント at 2007-03-04 09:37 x
モロッコって、すごく空がきれいなんですね。
白い建物と、木々の緑と、青い空…。
焼き物工房も鏡の枠もステキです。
モロッコって、静かなゆっくりとした時間が流れているんでしょうね。
いつか、行ってみたくなってきました。
また、沢山写真を見せてくださいね。
Commented by ikunak at 2007-03-04 11:15 x
娘がモロッコは迷路の街だと言っていましたが本当ですか?
Commented by nmariomama at 2007-03-04 17:09
☆ミントさん
空気が違うんでしょうね。 空の青さが日本とは別物のようです^^
何しろ、何から何まで日本とは全然異なった空間とでもいいましょうか、時間の流れ方も又然りでしょうね。
ツタナイ写真と説明でどれだけ伝わるかどうか心もとないのですが、楽しんでいただけたら嬉しいです^^♪
Commented by kumako-93 at 2007-03-04 17:10
モロッコってインテリアがすごく素敵ですよね。
窓のアイアンの飾りとか青いタイルとか好きです。ランプとかもすごく素敵で、苦労して持って帰ったんですけど、合う電球がなかなかなくて。納戸に眠っています。
家を建てるとき取り入れたかったんですけど、うちのシンプルナチュラル系にはなんとなく合わなくて断念しました。
こういう工芸品を見るとますます行きたくなります。
Commented by nmariomama at 2007-03-04 17:17
☆ikunakさん
はい、そのようですね^^ と言っても、それは旧市街のことで、道が入り組んでいて迷路のようになっている場合が多いようです。
その最たるものがフェズという街の旧市街で、世界遺産にも指定されてるんですよ。
迷路のようになっているのは街を外敵から守る意味もあったんでしょうね。
Commented by ルート38 at 2007-03-04 21:19 x
ゆったりとした時間ですか・・・なるほどです^^
日本でこうした情景が残っていればいいなと思います。
どこもコンクリートとアスファルトが溢れています。
Commented by sakurada noko at 2007-03-04 21:39 x
こんにちは。
なんとか、復帰しつつあります、またよろしくお願いいたします。↓のたくさんの壺、鉢が並んだ写真、いいな~^^
素焼きですよね・・テラコッタ?は、どこの言葉なんだろう。
(調べましたイタリアだった。)
タイルの壁画のブルー素敵ですね。
日本でも輸入タイルを置いているお店ありますけど、1枚○千円~・・・鍋敷きに使いたいな~っと思ってもなかなか手がでません。こちらは、今日はとっても暑かった?・・初夏のような陽気でした。
Commented by sora at 2007-03-04 22:14 x
ファティマの手、我が家にも欲しいなあ。
このドアは日本ではちょっとムリでしょうけど、ノックは使えそうですよね。

まりおくん、モデル業もすっかり板についてきましたねえ。
慣れたもの!!
Commented by メルママで~す at 2007-03-05 00:29 x
鏡の枠で異国を感じます。
白雪姫のそうそう「鏡よ鏡 鏡さん・・・」
私の中ではおとぎ話の世界だなぁ~~
私もままさん 行ってみたいです。
まりお君の生ワンワンも聞きたいな♪

Commented by nmariomama at 2007-03-05 02:48
☆kumako-93さん
ランプ、持って帰られたんですか? それは大変だったでしょう。
使えないのは残念。 ただ飾っておくだけでもだめですか?
無理矢理でも置いてやってください!(笑)
インテリア、いい物がたくさんあるんですけれど、みんな重たくてねえ。
やっぱりこっちの重厚な家の造りに合わせてあるんでしょうね。
色使いなんかは結構いけると思うのですが・・・
又のお越しをお待ちしてます^^
王子さま、はよ、おおきくな~れ♪
Commented by nmariomama at 2007-03-05 02:58
☆ルート38さん
日本も今は地方も均一化の時代ですものね。
アスファルトとコンクリートの波が日本全国に押し寄せてしまっているのは、便利さには勝てないと言ってもやっぱり残念ですよねえ。。。
こちらでは、ゆったりとした時間の流れはもう日常に組み込まれているので、返って変えようとするほうが難しいみたい^^ゞ
あんまりゆったりしすぎるのも考え物なんですが^^;

Commented by nmariomama at 2007-03-05 03:03
☆sakuradaさん
お、復活ですね、良かった♪
テラコッタ、、、そうか、イタリアなんですね。
知っているようで知りませんでした、ありがとう^^>
タイル、こちらでも、そう安くはないですが、でも、0千円はしません^^ゞ
家などの内装で普通に使いますので、いろいろありますよ。
3月の初めの初夏のようなお天気。ひょっとして、こちらと同じ様な陽気になっているのでは? 昨日、海岸のほうに行ったら泳いでる人がいました^^
Commented by nmariomama at 2007-03-05 03:07
☆soraさん
ファティマの手、いろんなデザインがあるんですよ。
又いろいろ撮れたら撮ってきますね。ノッカーは、ほんと使えそうですよね。 これもたいていは真鍮でできてるから重たくてねえ。。。
まりお、どうでしょうか、もうひとつ、かっこ良くキメテほしいんですが、、、
ま、もう諦めてます^^;
Commented by nmariomama at 2007-03-05 03:11
☆メルママさ~ん
白雪姫だのアリスだの、ってまりおままも暇だねえ、、、って思ってると思いますが、、、、たまにはイイっしょ、付き合ってくださいな^^
まりおの美声、聞かせてあげたいですねえ。
動画を入れるといいんでしょうが、、、今のところ無理かなあ、、、、
Commented by snowdog at 2007-03-05 04:02 x
モロッコの民芸品、似ている様で似ていない
似てないようで 何処か似ている そんな感じがします。
博物館に飾る様な美術品も良いですが、こういうお店の民芸品に
より強く惹かれてしまいますね。

まりお君は喜んでママのボディガードしているんでしょうね^^
帰ったら沢山美味しいご褒美があるのかな。
Commented by nmariomama at 2007-03-05 05:51 x
☆snowdogさん
>似ている様で似ていない、似てないようで 何処か似ている
何だかわかるような気がします^^
もう、私は断然民芸派。 学術的なことは置いておいて、生活感覚の芸術に惹かれます^^
え?まりおがボディガード? うーむ、役に立ったことはあるだろうか^^?
ご褒美は、、、大好きなおとうさんの膝でグッスリ眠らせてもらうこと、、、かな?
Commented by guraseri at 2007-03-05 06:42 x
このような場所ではゆっくり店内を見たいのですが、
残念なことに少しの時間しかもらえず買い物もそこそこで集合場所に戻らなければならず買い物をする時間がほとんどありません。
時間を気にすることなく一度ゆっくり買い物をしたいものです。

「ファティマの手」の飾り物を1つだけ買って帰りました・・・魔よけのために
Commented by bbwan at 2007-03-05 15:09 x
青いタイルの写真 これは文字もあるし、意味のある柄なんですよね。 青が好きな私もモスリムの国でお皿を買いました。 その柄は自由の木がかかれているものです。 鏡の枠やドアを見ていると、異国情緒にあふれてますね。 そして、モデル犬 まりお君。 最近モデルが板についてきたみたい。
Commented by nmariomama at 2007-03-05 16:18
☆guraseriさん
グループ旅行ではいつも先を急かされての旅になってしまうことがおおいですものね。
本当に気に入った場所に好きなだけ留まれる、そんな旅も今度はなさってみてはいかがでしょう^^
ファティマの手、ちょっとした部屋の飾り物にもなるんですね。魔よけの効き目は? 
guraseriさん宅の安泰に一役買っているといいのですが・・・^^
Commented by nmariomama at 2007-03-05 16:27
☆bbwanさん
タイルの装飾アラビア文字。 多分コーランの一節だと思います。
ごめんなさい、ちゃんと調べなくて。。。
人物画が発達しなかったイスラムの世界では、自然をモチーフにしたデザインが多いですよね。 自由の木、素敵なモチーフだな。
鏡の枠なんかは、北アフリカ風かもしれませんね。原住民のベルベルの影響があるかもしれません。
あはは、まりお、そうですか?撮影現場(?)では大変です^^; 本物のモデル犬や、それをトレーニングしてる人たちのスゴサがわかるというものです^^ゞ
Commented by glueck at 2007-03-11 04:04 x
お久しぶりです!
洋服等オシャレには興味ないのですが、こういう雑貨や陶器を
見るのは大好きです。↓で紹介されている街は観光ガイドには載って
いないかもしれませんが、とっても興味深いです!
が、今年の休暇・旅行計画を立ててみると、そちらへは今年も
無理そうです・・・。せめてこちらのBlogで楽しませて頂きますね。


<< 桃の花      焼き物の工房 >>