人気ブログランキング |

続・まりおの部屋

petitmario.exblog.jp
ブログトップ
2006年 07月 28日

お飲み物

さて、ぶどう棚を作ったという話から、ワインでも・・・?なんてご質問も随分あり、ちょっとそっちの話なんかいってみましょうか。
ま、あんまり大きな声では話せない話題なんですが。

モロッコはイスラム教国なので、当然宗教的に禁酒の国であります。
しかし、現状を言えば、アルコールに対して中近東のような厳しい管理はありません。

大体のアルコール飲料は手に入ります。
まあ、田舎や非常に宗教色の濃い町では持ち込みも禁止、というところもありますが、ラバトやカサブランカでは日常的に問題なくスーパーなどで買うことができます。

その他、ホテル、レストラン、バーなど誰でもオーダーできます。
但し、モロッコ人はテラスなどの屋外では注文できません。
飲みたければ中でどうぞ、ということになります。
つまり、本音と建前みたいなもので、一応戒律に禁酒とあるのでおおっぴらにはしないこと、ということなんですね。

種類はビール、ワイン、ウィスキー、各種リキュール、なんでもあります。
(が、日本のものはありません。)
このうち、ビールとワインはモロッコ産が存在します。
そもそもここですよね。ま、ここがモロッコの可愛いところ、愛すべきモロッコなのであります。

ワインは白、赤、ロゼ、そして、グリ、なんてのもあって、これは製造過程がまた、ロゼとは違うようなのですが残念ながら私は詳しく知らないので解説は抜きます^^;

ワインの値段はやはりピンからキリまでありますが、安いので一本3~400円くらいから、高いのは・・・えーまあ、ぐーんと高く、、、
この値段はモロッコの一般庶民の懐具合から言ったら、決して安くありません。

さて、この飲酒ですが、建前は先ほど言ったように、飲まない!んですよね。
ですから、みんな、普段全然飲まないという顔をしてます。
特に大家族で住んでいる場合は、信心深いおじいちゃん、おばあちゃんがいたりしますから、家族一緒のご飯の時には絶対飲めません。
核家族化が進んでいる都会などでも、突然の訪問を受けたりするので、のんびり飲んでいられません。
万が一、飲んでいる時にドアがノックされたらどうするか。
まず、何が何でも隠します。 そして、ドアを開けて訪問客が飲酒にヤバイ人であれば、そこで中断。
なーんだ、ナントカちゃんだ、ってことになれば、またビンが出されてまあ、一杯と。。。

笑っちゃうでしょう。
やっぱり、飲酒というものに何となく罪の意識みたいなものがあるんですねえ。
我が家は二人とも好きですので、まあ、こういう間隙を抜けて適当に飲んでいます。

では、なぜ、イスラム教ではお酒は禁止されているのでしょう。

アルコールは理性を失わせる、というのが理由のようです。
アルコールが起こすさまざまなトラブル。飲酒で人間が変わったみたいになってしまう人もいるでしょう。
喧嘩も始まるかもしれません。果てはもっと深刻な事態を引きこすかもしれず。
それを回避するため、と言われています。

しかし、モロッコ自体、古くににワイン造りは始まっており、14世紀にはギリシャなどから輸入も行われていたと史実にはあるようです。
その後、長いことフランスの保護領だったこともあり、パンと一緒にフランス人にワイン造りも仕込まれたに違いありません。

アルコールもその飲み方でしょう。
ということで我が家では健康的に飲んでおります^^

こんなモロッコですが、宗教的な祭日にはアルコールは買えません。
都会の大きなスーパー、ホテルなど、外国人は買えるような所もありますが。
後は、断食の月には、決して飲酒はしません。全部閉まっちゃいますしね。

今日は、急にこの話題に決めたので、それに因む、つまりアルコール類の写真などの用意がなく、又機会がありましたらご紹介することにします。

まあこんな感じですので、我が家の葡萄だなにもし実が生っても、大人しく実を食べるくらいにしておきます^^
e0092286_23384658.gif


by nmariomama | 2006-07-28 23:41 | ひとくちモロッコ | Trackback | Comments(24)
トラックバックURL : https://petitmario.exblog.jp/tb/3894311
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by arc1017 at 2006-07-29 00:56
おお、何か謎が解けたような気がします!
モロッコはワイン産地としても知られており、はたまた、イスラム教徒は禁酒の掟がある、ということは知っておりました。
でも実際どうなのかなぁ。ホントに飲んでないのかなぁ、と不思議やったんです。
ふふふ、モロッコ面白いですね。何かいいなぁ。
モロッコに行ったらワインを何本か・・・とまた企んでます。
あぁぁぁ、すんごい行きたいっ!!
Commented by yoridorimidorii at 2006-07-29 01:50 x
世界から見る日本は宗教に関しては本当に稀な国
神道に仏教、キリスト教に◯○教 果ては無宗教・・・
それに酔っ払い天国

(そう言えば先日インタビューでイスラム教徒の有識者の人が 日本は単一国家なのにまれに見る多宗教国家で、寛容で
かえってそれが、狂信的な争い回避していると言うような事を言ってましたが・・・)

私なんか宴会があろうものなら戒律にも負け
血圧が上昇していようがにきっと誘惑に負けでとことん飲んで
終電車で降りる駅も乗り過ごし。。。(これはちょっと昔のことね。^ ^;)
翌日には二日酔いで反省しきりというところか・・・爆
まことに意志薄弱なこまった婆ちゃんです。
Commented by nmariomama at 2006-07-29 05:41
☆arc1017さん
まあ、他の北アフリカのチュニジアなんかも同じような事情だろうと思いますが、こんな感じです。
だから、私なんかでもナントカ居座れるんでしょうが・・・
ま、来てからのお楽しみ!ですね^^/
Commented by nmariomama at 2006-07-29 05:48
☆yoridorimidoriiさん
日本ほど何でもアリの国ってないでしょうねえ。
だから理解してもらうのも大変かも。。。
あはは、ご注意、ご注意。
また、もみじ兄ィに会えなくなるのは寂しいですから、もう本当にご無理のない様に願います、ハイ^^>
Commented by norikomugi31 at 2006-07-29 05:50
こんにちは、お久しぶりです♪
ほんとは、もう少し前からネット使えるようになっていたのですが、
宿題に追われて、なかなかご挨拶できずにいました。
というか、あえてネットから離れていたというか・・・。

お酒の話、なるほど~と参考になります。どうりでおとなりのモロッコくんも飲んでるわけだ・・・もちろん彼も自分でコントロールして、飲んでますねえ。
豚肉も、気がつかないで食べる分には平気みたいなことを言ってたし・・・。
そうなんですか??

今までの記事、みました。
mamaさんのなかで生き続けることが猫ちゃんたちの願いなんじゃないかなー。。。と。そして天授をまっとうした命だったんじゃないかなー、とも。
なんて、思い出させてしまってごめんなさい。
では、また遊びにうかがいます。
Commented by aranofrion at 2006-07-29 08:18
全然アルコール類は、ダメなのかと、思っていました、
隠れて飲む???って!感じよね、
スーパーでも、売ってるのですから、おおっぴらに、
飲まない限り、大丈夫のようですね、
Commented by au-kiki-haru-wan at 2006-07-29 09:44
愛すべきモロッコ!です(*^。^*)
人間らしくって好き
歴史的な事が大きく影響してるのですね(では、ハードパンもかなり美味しいのですね♪)
不思議の国、日本に住んでることを最近、誇りに思ってます

葡萄の品種は、多いのでしょうね
日本でも最近は、沢山の種類が売られてます
葡萄は、季節が長く売られてるので、お口も幸せ^^

Commented by cafesuzie at 2006-07-29 11:41
インド(ヒンズーもアルコールダメ)へ行ったとき
お店でビールを注文したら、
ウエイターが当たりをはばかるような態度で
そそっと持ってきたのを思い出しました。
外から見えないように飲んでくれと、いって。
その態度がとてもおかしかった。人差し指を口に当てて、コソコソしてて。
どこの世界も本音と建前があっておもしろいですね。
でも、基本的に家で飲むんですよね。
ということは、バーやパブはないのでしょうか。
女性がアルコールを飲む習慣もないのかしら?

Commented by kazinvic at 2006-07-29 16:47
飲酒は禁止なのに、ワインとビールを製造しているっていうのが、おもしろいですね。
なるほど、建前と本音があるということ、どこでも同じですね。(なんて言ったら、戒律の厳しい国の人に怒られてしまいそうですが)
人に見られなければ飲んでもいいって、そういう寛容さというか、柔軟なところが好きです。
Commented by nmariomama at 2006-07-29 17:08
☆norikomugi31さん
お久しぶり♪
お忙しい中いらしてくださってありがとう。嬉しいです。
PCは使えるようになったんですね、良かった^^
豚肉の話は、もし行き倒れ寸前で目の前にブタが現れたら、食べてもいい、という記載がコーランにあるとコーランの解説書にありますので、モロッコ君の話もアナガチ全く否定できるものでもなさそうね。
いろいろ抜け道もあるし、解釈もさまざまなんですよね。
この辺からイスラム教も派がたくさんあって、派の間での論争になっているようです。
ニャンのこと、ありがとう。そうなんです、天寿をまっとうしたといえる年なので、悲しむのはやめよう、という気持ちです^^
まだ後3匹もいるし、2ワンも!
このコたちの世話で現実に引き戻され、同時に救われた思いなんですよ^^
帰国して、こむぎちゃんに会えましたか?元気だった?
Commented by nmariomama at 2006-07-29 17:11
☆アランママさん
制約の中での自由かな。返ってコントロールがきいてよいかも^^
でも、想像つかないでしょ? おかしな国よね、でも愛すべき国です^^;
Commented by nmariomama at 2006-07-29 17:19
☆au-kiki-haru-wanさん
正に、愛すべきモロッコです。こんな所にばかり親しみを持っちゃしょうがありませんが、でも、外国人が暮らせるのもこんな雰囲気だからでしょうね^^
葡萄の種類の名前は良く知らないのだけど、モロッコはそんなに多くありません。
大きめのでは、形がまん丸ぽいのと少し楕円形のと2種類、色も紫と黄色っぽいのと2種類です。

小さいのもありますが、干し葡萄用です。 
そういえばこっち、種無しはないなあ^^;
Commented by nmariomama at 2006-07-29 17:30
☆cafesuzieさん
あはは、なんか姿が目に浮かぶようですね。
モロッコも田舎のほうに行くとそんな感じです^^
都会では見ないふり?の雰囲気ですね^^;
外で飲むと高いですからね。レストランで少なくとも、倍の値段がつきますから。
バーはありますよ。でも、日本とは違います。女の人はいません^^;
女性の飲酒はそれはもう少ないでしょうね。
ひとえにその女性の育った環境、結婚後は旦那いかん、ですね。
今までにモロッコ人の女性と飲んだことは一度もない!ですよ。
アルコール=男性の飲み物、という感じかな。
ま、これも裏があるかもしれませんので、何とも言えませんが・・・^^;
Commented by nmariomama at 2006-07-29 17:36
☆kazinvic
ほんとに、これだけ本音と建前がはっきりしてれば、返ってわかりやすい、住みやすいと言えるかもしれませんね^^;
ま、その術を飲み込まなければいけませんけど・・・
この国も長い歴史の中、いろいろな国の支配を受けてますから、一筋縄ではいかない部分もあり、その一つが柔軟性、ということになるかもしれませんね。
Commented by mwakao at 2006-07-29 19:58
お国によって、いろんな慣習・風習がありますから、やはり守っていかないといけないですよね。
でも、楽しいことは、コッソリとでも続けたいのが、人間ですから、ママさんも、知らん振りして、楽しんでくださいネ。
Commented by わんぱくラム at 2006-07-29 21:07 x
宗教国なので飲酒が禁止なのね。て゜もこっそり楽しめるってまたスリルがあって楽しいかも。やはり本音と建前があるのよね。
飲酒がダメでも売ったりしてるって可笑しいね。飲んでいいんだ隠れてね。
Commented by nmariomama at 2006-07-29 22:29
☆mwakaoさん
はいはい、ご心配なく、ソツなくやっております^^>
でも、日本酒もあるといいなあ・・・なんてね^^;
Commented by bunga3 at 2006-07-29 22:32
インドネシアもイスラム教が90%くらいなのに、スーパーでは
アルコールを売っているんですよね。
まあ、外国人のために・・・という名目でしょうけど。
現地の結婚式とか行くと、外国人を招待してる場合は、缶ビール
とかを置いてありますね。
断食でも若い人たちは三度食べたりしている人も増えて
きたとかと言っていましたので、やはり世の中だんんだん変わって
きてるのかもしれませんね。
老と若の意識の差が開いていくのかも?
Commented by nmariomama at 2006-07-29 22:34
☆わんぱくラムさん
とにかく大っぴらにしなければいいということ。
人に迷惑をかけないようにということ、これが頭に入っていればね、という感じです。
だって、造っちゃってるんだもんねえ。
どういい訳するのさ!って言いたくなります、ハイ^^;
Commented by nmariomama at 2006-07-29 22:42
☆bunga3さん
そうですねえ、変わってきているといえば言えなくもないですが、あんまり戒律から外れると、国の政策としてまずいので、その辺は国も適当にコントロールしてるみたいです。
だからもうどうしても嫌なら、外に出るしかない、ということでしょうね。
他のアラブ諸国との足並みみたいなものもあるみたいですよ。
インドネシアはひょっとするとイスラムでも一番東の国になるのかしら。
モロッコは一番西に位置する国、面白いですね^^>
Commented by bbwan at 2006-07-30 01:56 x
空港で中近東の人たちと話をしていたとき、懐からちいさなウィスキーの瓶がでてきて(携帯用)飲んでいたので、「飲んでいいの?」と聞いたら、うまくやってるさー と笑って答えてました。 お酒を飲めたら、ずいぶんと気分がよくなって、嫌なことも忘れて眠れると思うのですが、、。
 そういえば、タイでは選挙など政治に関わる日はお酒禁止で、スーパーや酒屋、バーなどもお酒をだしてはいけないーという日がありました。 私はお酒が大好きなので、そんな日は前もって飲み物を購入し家で飲んでました。  
Commented by nmariomama at 2006-07-30 06:46
☆bbwanさん
宗教でコントロールされて、ちょうどいいというところなのかもしれません。
この辺のところは無宗教に近い日本人にはうかがい知れないところですね。
これも大きな声ではいえませんが、中近東辺りから、モロッコに随分遊びに来てるみたいです、気晴らしに^^
タイもなんだか面白い国ですね。お酒で政がだめにならないように、ということでしょうか。
結局同じです。こちらも閉まる前に買いだめです^^
当日には買えないけど、事前に購入したものを、当日に飲んでるんですものね、ちゃんと抜け道を作って息を抜いてます。
心配することはなく、うまくやってます、どちらさまも^^;
Commented by nokko at 2006-07-30 12:00 x
ふむふむ・・・お酒厳禁のお国でワインづくりね・・・。
でも、ワインはお酒じゃないと言うお方もいらっしゃるしねぇ~(^^;)
しかし、そんな禁酒のお国で、どうやってお酒の味を覚えたのかしらん・・・?
Commented by nmariomama at 2006-07-30 17:04
☆nokkoさん
面白いでしょ、一筋縄ではいかない国です^^
あはは、そうか、ワインはお酒のうちに入らない!いいこと聞きました^^
のっこさんでしょ、それ言ったの^^?
まあ、イスラム教が侵入する以前に飲まれていたんでしょうね。
その味が忘れられず・・・てなとこ?


<< それでは私たち・・・      退屈・・・ >>