人気ブログランキング |

続・まりおの部屋

petitmario.exblog.jp
ブログトップ
2013年 02月 03日

我が家の猫族・チビ組

まったりシニア組とは対照的に元気いっぱいなチビ組。

外で自由気ままにさせながらも、少しずつ家猫への道を歩ませていましたが、

先頭のチイ坊が根気良く、というか、しつこく、、、、ハタマタ図々しくとも言える歩みで、
ついに三匹共家猫の道、平均して7割がたまで辿りつきました。


そのおかげ、陰の功労者は、実は悪天候、

結構長く続いた悪天候で、まず、食べるのを家の中でさせ、後は外で遊べなかったことが幸い、
家の中での雨宿りが功を奏しました^^/


チャッピーは、その性格のせいか、あまり集団がお気に召さないようで、独りを好むタイプ。
最初は食べた後、すぐに出て行ってしまっていたのですが、
一旦、お気に入りの場所を見つけたら、すっかりそこで寛ぐようになってしまって (o^-’)b

そう、ここなんです~

e0092286_083846.jpg


ここって、、、、

あはは、元々はまりおのケージ、今はフローラの寝床になってますが、
夜しか使わないので、昼間は空き室。

寝室に置いてあり、シニア組も昼間は主に居間にいるのでここは静か。
いい場所を確保したようです^^

フローラが見つけたら、って心配したんですが、なんか見ても知らん振りでした。
昼間に入ることがないので、別にいいわ、って感じみたい (⌒-⌒; )

夜寝る時もチャッピーの匂いが残ってるだろうに、別段気にもせず、そのまま寝てます。

カクシテ、チャッピーの家猫への道、70%


さて、次なるしろっちは、、、、

全くチャッピーとは反対の性格で、なんか誰かといないと寂しいやら不安らしくて、
最初は私の後ばかりついて回り、ストーカー状態。

私がトイレに行くと、その後まで追ってきて、ドアの前でみゃ~みゃ~鳴いてます。

それに、家の中という全く違う環境、
家の中でするいろんな音にもびくびくしどうしで、ちょっと大きな音がするたびに、
どこかに隠れようとしてパニックに。

まあ、でも、それも少しずつ慣れてきて、、、、やっと落ち着けるようになってきたかなあ、、、
というところのしろっちです。

e0092286_0144249.jpg

この写真を見ると、あら、かなりのリラックスじゃない、と見えるのですが、
他の二匹に比べると家猫への道、60%というところでしょうか。
私とは一緒にいたいようなのですが、まだまだこの家の中なら安心だという確信がないようです><


さ~~て、チイ坊はねえ。

とにかく家の中には食べ物がある、ここにいれば絶対食いっぱぐれない、
それには、ここんちのコになるしかない!

という確信があるようで、ひたすらなるべく家の中にいようとしてます(笑)
適当に外に行きますが、適当にきちんと戻ってきて、玄関の所で、もう随分前からうちの猫だったかのように、
玄関開けろ、にゃ~にゃ~コールをします、大したもんです (〃⌒ー⌒)ゞ


ただ、とにかく台所に侵入しようとするので、料理中、危なくてしょうがないし、
ゴミ箱にもいつも注意しないと、頭突っ込んでいて目が離せない。

ちゃんと食べさせているのにねえ、、、、


探検してるだけだよ、ちょっと台所だけ念入りにね!   とでも言いたそうなチイ坊。

e0092286_039154.jpg


というわけで、チイ坊は家猫への道は90%と言っていいでしょう。


後はねえ、今のところ、夜のお泊りがまだなんですよ。
夜だけは、外のこの間ご紹介した場所で寝てもらってます。

シニア組との関係は、だいぶ改善されたし、昼間の間は私も見ていられるからいいけれど、
夜はそういうわけにいかず。

夜も一緒に過ごせるようになったら100%ということで、シニア組との調整が、
尚且つ続いているという感じです。


私としては、早く24時間態勢で、6匹の猫がいつでも!視界のどこにでもいるという状況を、
作り上げたいと思っているんですが、

ここで焦って失敗してもいけませんので、最後のところで特に慎重に、ですね。


我が家の猫族・チビ組、最近の様子と共にお送りいたしました^^>


次回は又、動物園話題を予定しています、 ではでは (´ー`)ノ



e0092286_0512976.gif




*************************************************

by nmariomama | 2013-02-03 01:03 | チイ坊、しろっち、チャッピー | Trackback | Comments(24)
トラックバックURL : https://petitmario.exblog.jp/tb/19728600
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by yoridorimidorii at 2013-02-03 01:31
元(?)野良さまの、家猫へのプロセスを見てますと
なかなか興味深いものがありますね。

先住さまがいらっしゃるのですんなりといかないところも
これまた、面白い!!

猫さま族の習性を眺めつつ、楽しまさせて頂いてます。

しかし、猫さま6匹、ワン1匹となりますと
我が家とは逆の組み合わせの大所帯になりますね。(^-^)
Commented by nmariomama at 2013-02-03 16:27
☆yoridorimidoriiさん
あはは、なにやってんだかあ、、、という感じも否めませんが、
ま、本人楽しんでるから良しとしてやってくださいませ~ へへ
猫たちにとっては新入りも先住も多分一大事が起こってるんでしょうから、
いろいろあって然りなんでしょうね。
ありがとうございます、見守ってやってくださいませ。
あら、ほんと、みどりさんちと逆さまの状況、
うちはいつも猫のほうが多勢でございます、あはは。
Commented by きゃふ at 2013-02-03 17:48 x
こんにちは。
まりおままさんの、細やかなお気遣いで
チビちゃんたちも着実におうちの中で
ゆったりと過ごしているようですね?

これでもまだ完全ではないとのこと(@@)
けれど、きっとうまくいくと!
そう思うんですよ(-^〇^-)
まりおままさんの優しさが
伝わってきてますから!(^O^)y
Commented by cecilia at 2013-02-03 18:14 x
こんばんは!いいな~猫の山盛り~(>_<) あらら、まりお君のケージに入り込んで、自分の場所ですよーって顔してますねw しろっちは、臆病さんなのかな?しばらく過ごせば、家の中の音も慣れますよね。ゆずも、レオンも小さい頃から家犬、家猫なので、掃除機の音も、ドライヤーも日本ならではのあれこれの電子音も全然平気です^^; 猫in the kichenは恐ろしいですよね。ゆずは犬だから、シンクに登ったりは出来なかったので、好きに入らせていたけれど、レオンはダメ。カウンターに柵をつけ、ドアの無かった入口にはアコーディオンカーテンを付けて進入禁止にしてますよ。昨日から私達の寝室への進入も禁止です。母の祭壇と骨壺に登って、お線香を散らかしたりするんです。どうかすると骨壺の上で寝てるしw 仏壇が届くまでは残念だけれど、進入禁止にしました。花瓶もひっくり返しましたからねー
チイ坊はすっかり家猫さんですね。夜どうして外なの~?って思っていたりして。でも、そお遠くない未来に猫6匹が室内にってなれそうですね。報告まってますね!
Commented by kazinvic at 2013-02-03 21:20
私は猫を飼ったことがないので想像するだけですが、家の中に猫が6匹!
いいなぁ!
目に入る所にいつも動物がいるって、素晴らしいですね。うらやましいです。
チビ猫さんたちも、ママさんの家は安全だと分かって来たんですね。
もう少しで家猫。実際には大変なんでしょうけど、でも楽しそうですね。
Commented by nmariomama at 2013-02-04 05:09
☆きゃふさん
いやいや、きゃふさんの9チーたちの御世話の完璧さには程遠いですが、
今できることは可能な限り、という気持ちでいます^^
1歳の御誕生日までには100%にしたいなあ、なんて思っていますが、
完全に仔猫の時よりちょっと大きくなってからの家猫への道ですので、
ちょっと難しい面もあるかなあ。。。
まあ、焦らず少しずつやってみます^^>
Commented by nmariomama at 2013-02-04 05:16
☆セシリアさん
チャッピー、よもやここがワンの寝床とは思っていないようです(笑)
そうですねえ、しろっちの怖がりとチイ坊の大胆さ、あまりの違いにびっくりです。
慣れさせるしかないですね、少しずつ無理せずに。
台所に侵入は本当に困りますね。
特にチイ坊はガス台に上がるので気が気じゃなく、台所のドアを閉めることにしましたが、
そうすると先住猫たちがベランダに出れなくなっちゃうし。。。
あはは、レオンくんも大変そう。
でも、仕方ないですよね、自由にと言ってもやっぱり限度がありますもの。
チイ坊、お察しのとおり、夜に外に出した後に中に入りたそうにすることもあり、
ちょっと胸が痛みます。
でも、無理はやっぱり禁物だと思うのでもうちょっとの我慢ですね。
どうなるか、、、、楽しみにお待ちください(笑)
Commented by nmariomama at 2013-02-04 05:20
☆kazinvicさん
まりおが我が家に来た時には、猫が6匹先住してましたから、
その時に戻るって感じでしょうか、又猫屋敷です(笑)
意外にフローラがチビたちと大丈夫だったので助かっています。
確かに実際にはいろいろあります。
先住猫たちがもっと若ければ状況も又違うと思うんですが、
その辺がやっぱり気を遣うところでしょうか。
あはは、それはねえ、元々は私、猫派なのでこの上なく楽しいです^^ヾ
Commented by tetsuro-w at 2013-02-04 08:21
おチビちゃんたち、
少しずつ、少しずつ、
でも着々とままさんちの子になってきましたね~。
無理に家猫にしようとせず、
本人たちの意思に任せて、
しっかりと信頼関係を築こうとされているところが、
さすがネコ歴大ベテランのままさんですね。
それぞれが思いっきり個性豊かで、
家猫度に差がみられるのも、
とっても興味深いですね。
Commented by ゆう乃 at 2013-02-04 11:31 x
こんにちわ~

家猫さんへの道も紆余曲折いろいろあって?目が離せませんね。
各お猫の個性に応じて進行度合いや好みの場所が違って、おもしろくて見飽きないですけど。
ビビらせて、おじゃんにしてはかわいそうですものね。
先住猫さんにもなるべく自然に受け入れてもらえるように。
あはは・・・
時が解決するかな? パトさんが上手くやってくれそうな気がするのですが?
Commented by nmariomama at 2013-02-04 19:09
☆tetsuro-wさん
そうですねえ、手ごたえはあるんですが、中々定着には時間がかかりそうです。
これも縁だと思ってるんですよ。
どんなにこっちが頑張っても、だめな時はダメだし、
まあ、去るものは追わず、来るものは拒まず、の精神でしょうか^^ヾ
家猫度、性格によるものとも言えそうですね。
先がどうなるかまだわかりませんが、見守っていただければ嬉しいです^^
Commented by nmariomama at 2013-02-04 19:16
☆ゆう乃さん
ほんと、家猫が100%幸せとも限らないんでしょうね。
猫の自由度も尊重してあげないと、というところです。
適当にさせてあげて、最終的には本ニャンたちに選んでもらえればと思ってます^^
先住猫たちが、もっと若ければ、私も思い切って一緒くたにさせてしまうのだけれど、
これだけもう老猫になっていると、ものすごく気を遣います。
まあ、良いほうには向かっていると思うので、そうですね、
時間が解決してくれる部分が多いでしょうね。
パトリックが一番うまく立ち回っていることは間違いないようです。
それでも、チビたちが騒いで遊ぶと迷惑そうですが^^;
Commented by LALA at 2013-02-05 01:11 x
しろっち、可愛いすぎて大笑い!。
呼んだらお返事する子なのでしょうか(笑)。

チャッピーはまさに猫!。マイペースながらもお気に入りの場所はしっかりキープですね。

チィ坊はすっかりままさんちの猫ちゃん♪。
ドアを開けろと催促するとは、居場所はここ!と決めたのでしょう。

猫同士の相性もありますが、やっぱり室内で居心地がいいと知ってしまうともう家猫みたいなものですね。
だんだんと馴染んで、シニア組ともいい距離感で暮らせる日も近いでしょう。
毎日猫6匹が視界にいるなんて幸せ~です^^♪。
Commented by agapi at 2013-02-05 02:30
幸せな猫たちを見るとほっとします。
お互いちょっとは間隔がありますが、一緒にネンネすると落ち着くのかしら?
猫というのは探求心旺盛ですが、最終目標が食べ物でないと
納得しない猫もいますよね。
わたくしもひょっとしたら食べ物が目標で生きてるのかもと思うこともあります。
Commented by kat at 2013-02-05 07:31 x

カメラと猫さんの距離が縮んできたんですね.
猫さんがたの表情がそんな感じでした.
接写できる日がきますように.
Commented by nmariomama at 2013-02-05 16:42
☆LALAさん
あはは、しろっちはわりにすぐにゴロン態勢になって甘えてきます^^
そう、しろっちとチイ坊は結構返事するかな、しろっちが一番おしゃべりです。
チャッピーはどちらかといえば寡黙。
もうね、チイ坊は食べ物命!(笑)
最初はものすごく警戒してたコたちも、家の中の居心地良さがようやくわかってきたみたいです。
シニア組とは近づかないまでも、同じ空間にいられるようになれば十分ですよね。
それにしてもララさんの所、新入りさんが入っても相性の問題など、
いつも全然ないみたいで羨ましいです~
Commented by nmariomama at 2013-02-05 16:54
☆agapiさん
まあ、とにかく食いっぱぐれがないようにしてあげる、
これが一番かなあ、、、と。
食べられれば後はなんとでもなるかなあ、、、なんて。
それから言っても、たいがいのコはやっぱり食べ物、ですよね。
まあ、これが命に直結してるのだから自然なのかもしれませんが。
ニンゲンもそれでいいのではないでしょうか。
今日は何を食べよう、これにしようかあれにしようか、動物より、もうちょっとこだわれるし(笑)
食べ物が目標、大賛成です~
Commented by nmariomama at 2013-02-05 17:01
☆katさん
あ、そうですか、それは嬉しいお言葉。
まだ動きが激しいからうまく撮れないのが現状。
それとカメラ目線をくれてもまだ睨んでることが多いし、
でも、少しずつですね、表情も変わってきているのがわかっていただければ嬉しいです。
部屋の中でデジイチを構えるとどうも逃げられるので、
これをなんとかしたいと思ってます(笑)
Commented by milknyan1 at 2013-02-05 20:58
こんばんは~~~
マリオママ根気良い家猫への道プロデュース!
お疲れ様です~~(^^凄いわ。さすが凄腕プロデューサー♪
こんなに慣れてくれるなんて最初の頃はなかなか思えなかったものねえ~~~

にゃんこパラダイス完成まで、あと少し!!乞うご期待っていう所ですね(^^頑張れママ♪
Commented by nmariomama at 2013-02-06 00:34
☆ミルクの母さま
プロデュースだなんて、そんな大げさな話じゃないんですが、
無理をしてないことだけは確か、あはは。
猫さんって、寄っただけ避けられるってこともあるし^^;
ほんと、最初はね、外だけで母猫と一緒の時は、姿を現すだけで、
逃げられていたんですよねえ。
それを思えば今は却って楽かもです~ へへ
はい、ありがとうございます、
乞うご期待、次なるレポ、楽しみにお待ちくださいませ~
Commented by ryonouske at 2013-02-06 16:17
nmariomama さんこんにちは^^
ゆっくり時間をかけながら...nmariomama さんすごいです。
家猫として暮らすのもあと少しって感じですものね!
少しずつ変化がみられるのも楽しみです。

フローラちゃん昼間は場所を譲ってあげているのね。優しいなー♪
Commented by nmariomama at 2013-02-06 17:23
☆ryonouskeさん
いやいや~ ハタから見たら何やってんだか~って感じだと思いますが、
でも、少しずつでも近づいてくれてるのがわかると嬉しいですね。
まあ、最終的にどうなるかわからないけれど、このまま流れに任せてみます。
乞うご期待!(笑)
フローラ、昼間はこのケージに全然興味ないんですよ、
別に閉じ込めたこともないし、、、
でも、ほんと、使うのは夜だけだから、昼間も使ってもらえてケージも喜んでるでしょう(^^
Commented by junko at 2013-02-07 01:48 x
Ciao まりおママさん
ご無沙汰してます
みんな大きくなったねえ
チャッピーなんみpて、もろシャムじゃないですかー
猫って居心地のよいところに敏感だから、まりおママさんの母のオーラかんじてるんだろうなー
ところで、彼らのお母さんは?
しかし、6匹家に抱き込むって、太っ腹と言おうか、寛大といおうか、、凄いわ
うちは、不二とビアと子猫三匹でも、大変だったよ
特に、子猫たちが物心ついてからの、夜がねー
大変だったのよね
騒がしくって、、ははは

うちの庭はもう春の匂いが、、
モロッコもかな?
Commented by nmariomama at 2013-02-07 18:13
☆junkoさん
おお、junkoさん♪ こちらこそご無沙汰しておりますm(__)m
大きくなったでしょう、だって、来月でもう1歳ですもの。
時のたつのはほんとに速い!
あはは、チャッピー、性格もシャムっぽいみたいです。
まあ、とにかく食いっぱぐれがなさそうだと思ってるんでしょう。
母猫のみうちゃんは、もうご飯には来てません。
古巣で暮らしてるんだと思いますが、遠目で時々見かける姿は元気そうですよ~
へ~ちゃんも最近はあんまり来なくなって、、、
でも、全然痩せてないのでどこかでちゃんと食べてるんでしょう。
又どうしようもなくなったら、来るんでしょうね(笑)
うちも、このチビたちは想定外だったけど、貰い手もなかったし、
まあ、なんとかなるでしょう。
ただ、先住猫たちがもう老猫でその点、すごく気を遣ってます。
チビたち自体はもうだいぶ大きくなってるのでね。
夜はまだ外部分で寝てもらってるし。。。
ラバトはここのところ晴れてても日中の気温があまり上がらず寒くて><
いつもだったら、もうとっくに春~~って感じだけれど。


<< ここで逢えた♪      我が家の猫族・シニア組 >>