続・まりおの部屋

petitmario.exblog.jp
ブログトップ
2013年 01月 28日

動物園の猫族たち

4日間の連休も、お天気の悪さでどこにも出かけられず、

なら更新と思っていたのに、悪天候でチビたちを家の中に入れている時間が長くなって、
目が離せず、おちおちPCの前にも座っていられず^^ヾ

やっと今日の日曜日に晴れ間も出て、チビたちも外で遊べるようになってやれやれ~~

今のうちに更新しなくちゃ (⌒-⌒; ) 


今日は予定通り、去年暮れに再訪問したラバトの動物園話題の続き、、、


猫族の写真アップです^^


ラバトの動物園で猫族と言えば、やっぱりライオン。

モロッコ原産のアトラスライオン!

e0092286_036278.jpg

前回とそれほど数に変わりもないようで、
みんな、午前中の日差しを存分に楽しんでる光景に出くわしました~


前回確認のオス、の二匹のうちの若いほうのライオンか、かなり立派なたてがみに成長してました。

おお~~ 凛々しいですねえ、やっぱり^^

e0092286_039741.jpg



メスたちは、目一杯リラックスしていて、家猫同然の様、
思わず撫で撫でしたくなっちゃいます~

e0092286_041970.jpg




な、、、中にはこんなお方も。。。

ちょ、、、ちょっと、いくら動物園だからといって、リラックスし過ぎじゃあなあい? ( ・´ー・`)

e0092286_0431055.jpg




とか思って、さっきのオスライオンを又見たならば、、、、、

ありゃ ><

e0092286_045036.jpg

ま、いいですね、動物園で暮らす動物の特権ということで^^ヾ



さて、前回来た時、他に猫族と言えば、ライオンの他にサーバルキャットくらいしかいなかったんですよ。

でも、今回の嬉しい収穫は、チーターがいたこと。

(訂正とお詫び・・・ヒョウと記していましたが、チーターの間違いです m(__)m )

前回は一応場所はあったものの、看板だけでまだ実物がいなかったんです。


私、どちらかと言えば、ライオンより、チーターやヒョウ属のほうが好きで大喜び へへ

e0092286_0533359.jpg


とりあえず、姿はあったんですが、どうも、いつもいる場所は掃除中かなんかで、
隅の囲いの狭い場所にいたんですよ。

まだ若そうな多分オスとメス、一頭ずつ。

e0092286_0573934.jpg



金網の向うを気にしながら、日陰の場所から中々出てきてくれなかったので、
写真はうまく撮れず。。。


でも、こんな風にじゃれ合ってるところも見られました^^

e0092286_0595076.jpg


ライオンと同じくガラス張りなしで見られるのが嬉しかったです。

又次回、ちゃんとした場所にいる時にうまく撮れることを期待。


で、次は先に名前を挙げたサーバルキャット。

e0092286_135234.jpg


ここは、ガラス張りの展示なので、光の反射、汚れなどでコレ又思ったようには撮れず><


e0092286_175328.jpg



これなんかは、草原にいる感じに撮れた? なんちゃって へへ
e0092286_192841.jpg



ということで、猫族ご紹介でした~^^>


私としては、猫族として、トラがいないのが至極残念なんですよねえ。

以前の動物園にはいたはずなんですよ、

閉園になった時に多分王様が引き取って、そのまま飼いトラにしちゃったんでしょうか(笑)


そのうちに、黒ヒョウとかも入園してほしいなあ。。。 と密かに期待してしまうワタシめであります。



それでは今日はこの辺で。



e0092286_115071.gif




**************************************************
[PR]

by nmariomama | 2013-01-28 01:29 | ワン無しお出かけ | Trackback | Comments(22)
トラックバックURL : https://petitmario.exblog.jp/tb/19691920
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by LALA at 2013-01-28 02:26 x
アトラスライオンって初めて見たかも?。
モロッコ原産のライオンなんですね!。たてがみも立派でなかなか男前なライオン。
チーター?キレイな柄と優美なスタイルはまさに猫族の特権。
サーバルキャットもとてもキレイに撮れていてニヤニヤしてしまいました(←とかく猫には弱い)
猫好きにはたまらない素敵な写真をありがとうございました♪♪♪
Commented by bbwan at 2013-01-28 07:50 x
猫族だ〜。 私もライオン系よりもヒョウ系の猫族が好きです。  動物園でみた一番好きな猫族はシンガポールの動物園でみた水で手を洗う猫。猫族は動物園でも見ていて飽きないですね。  写真でみても飽きないです。 
Commented by tetsuro-w at 2013-01-28 08:29
ラバトの動物園のご報告、
楽しみにお待ちしてました~!
やっぱり動物園の中でも、
猫族は華がありますよね~。
すっかりくつろいでるライオンさんたち、
この動物園の環境の良さを物語ってますよね。
この子たちはヒョウではなくてチータでは?
このスレンダーな美しいプロポーションには、
いつもホレボレしちゃいますね。
Commented by milknyan1 at 2013-01-28 09:59
ネコ族はしなやかでやっぱりみんな気品があるわ~~~

ええ、へそ天だって気品は損なわれません~~~(^^

肉球も大きくてなんだか固そうではありますが、大型猫族魅力的♪
もちろん小型ニャンズだって気品ではまけていません。ママ又見せてね!!王様のおうちにいると思われるトラも拝見したいけれどね♪
Commented by nmariomama at 2013-01-28 16:22
☆LALAさん
アトラスの山岳地帯にいたライオン、今は保護活動によって繁殖されてるのみなんですよ。
もう現地にはいないようです。
あはは、オトコマエ^^
なんかね、顔が他のアフリカのライオンたちの顔とちょっと違うような気がするんですよ。
やっぱり動物も地域によって違うのかなあ???
そうそう、ヒョウではなく、チーターでした、ごめんなさい。
いいですよねえ、チーターの優雅さ俊敏さは猫族特有のものですね。
大好きです。
サーバルキャットもガラスなしに見られるといいんですけれど、
又行って、違う表情が撮れればなあ、と思ってます^^
いえいえ~^^ヾ 猫好きさんのために一生懸命撮りました(笑)
Commented by nmariomama at 2013-01-28 16:27
☆bbwanさん
ライオンはやっぱり迫力ありますけれどねえ。
あ、すみません、記事中も訂正させていただきましたけれど、
これ、ヒョウじゃなくて、チーターでした><
チーターじゃチーター属になるみたいですが、いずれにしても
私もヒョウやチーターのほうが好きです。
わ、水で手を洗う猫!ですか。
どんなのだろう、興味津々です~
Commented by nmariomama at 2013-01-28 16:32
☆tetsuro-wさん
そうなんです、ヒョウではなくチーターですね!
記事中、訂正入れさせていただきましたm(__)m
もう、このコたちが見れてすごく嬉しかったです。
アトラスのライオンの若オスも立派になっていたし、最初の訪問の時と
比べていくと、成長がそれぞれわかっておもしろいですね。
この後も前回にいなかった動物たちを中心にレポ入れますので、
どうぞお楽しみに^^>
Commented by nmariomama at 2013-01-28 16:37
☆ミルクの母さま
ねえ、猫属って本当に惚れ惚れしてしまいますね。
(ヒョウではなく、チーターでしたので、記事中に訂正入れさせていただきました。)
あはは、そうそう、小型から大型まで、皆気品を持ち合わせていて、
ずっと見てても飽きないですよね。
しかし、ライオンのへそ天は迫力があり、また可愛くもあり、、、家猫と
重なるところもあり、ほんと、撫で撫でしたくなってしまいました~
トラ、王様の所で幸せにしているならそれでいいんですが、
でも、できれば又新たに入園を希望したいところ。
それから、黒ヒョウや雪ヒョウなんていうのも私の好みなのでいつか逢えるといいなあ、、、
なんて思ってます へへ
Commented by きゃふ at 2013-01-28 16:49 x
こんにちは。

同じ猫族とはいえ
チーターちゃんは、びしっと座ってて
それに比べて
ライオンさんたち、くつろぎ過ぎでは?(*≧∀≦*)
Commented by ryonouske at 2013-01-28 17:13
ライオンたちただいま光合成中ですか^m^
確かにどうぶえん生活での特権かも??

少しずつどうぶつたちもふえているのですね。
そのうちトラもいつかはやってきてくれるといいですよね!
期待しちゃいます。
Commented by cecilia at 2013-01-28 18:27 x
こんばんは!
ママさんの動物園の記事を見ていると、私も動物園に行きたくなります。ライオンとかトラって、檻に入っていても凄い迫力で怖い!っていつも思います。ライオン、レオンみたいだぁ~w
ヒョウとかチーターとかって、無駄な肉なんて全くなくて、物凄く美しくてグラマラスなボディで、超セクシーですよね❤
あんなに堂々とヒョウ柄をまとって似合ってるなんて、大阪のおばちゃんもまっつぁおですよね^m^
やはり動物園の動物だけあって、獰猛なライオンさんですら、なにやらのんびり~な、ちょっと力抜けちゃってる感じがいいですねーw
サーバルキャット、日本だと売ってますよ、ペットショップ(専門的な)で。
100万超の恐ろしい金額ですけれど、以前TVでペットにしている方を見ました。たしか「プリンセス天功」さんも飼ってたんじゃ?彼女は座敷トラも飼ってますからねぇ\(◎o◎)/!まぁ、彼女の場合は、お亡くなりになった北の王様の拉致除けって話もありましたけど。ホント日本って何でもありですよね。サーバルキャットやらフェネックやら、どうなのよ?って動物までペットになってますよね。
それにしても動物園に行きたくなりました。
Commented by agapi at 2013-01-28 21:52
人間も野生だったときは、精悍な男女がたくさんいたかもしれません。
都市化したというかシティボーイ化したライオンさんはどっかのお父さんのようですね。
サーバルキャット、美しいですね。こういう動物もいたのですか、、すばらしい。
目の肥やしというか、目の保養というか、良いですね。
Commented by kat at 2013-01-28 22:03 x

動物園在住なのに、
筋肉がぼてぼてしていなくてかっこいい、、、
Commented by yoridorimidorii at 2013-01-28 22:12
自然の成せる技とは言え
どうしてこんなに素敵な柄なんでしょう。。。

大阪のオバちゃんが好むのも頷けます。(^_^;)
(こんなこと言って敵に回しちゃったかな〜〜(大汗))
うちの娘も大好きですけど・・・♪( ´▽`)

サーバルキャットは初めて見ました。
一回り小さいのかしら?
Commented by nmariomama at 2013-01-29 00:36
☆きゃふさん
あはは、寛ぎすぎ、、、
ほんと、そう思っちゃいますよねえ。
違いすぎにびっくり へへ
チーターはまだ若そうだけれど、カップルだろうから、
そのうちに仔チーターも期待できるかもしれないと思ってます♪
Commented by nmariomama at 2013-01-29 00:47
☆ryonouskeさん
体が大きいから光合成も大変でしょうね(笑)
そうそう、動物園生活の特権だから、存分にどうぞ~ ですね へへ
ほんと、少しずつではありますが、動物たちの数が増えているので、
これからも楽しみです。
カップルにはベビーも期待♪
トラはアフリカにいないので、尚更望みたいところなんですが、
どうでしょうねえ、気長に待つことにします^^ヾ
Commented by nmariomama at 2013-01-29 00:52
☆セシリアさん
日本は動物園も各地にあるんですもの、もう少し気候がよくなったら、
是非!散歩がてらに行ってみてくださいませ。
そうそう、大型の猫族は迫力満点ですけれど、このライオンたちのように
こんな風にリラックスしてるのを見たら、家猫と変わらないなあ、、、なんて へへ
サーバルキャットもねえ、、、そうそう、ちょっと見てみたら、100~200万するそうですねえ。
このコたちも、できることなら草原で見てみたいです。
飼いたいとは思わないんだけれど、、、、人それぞれですね。
アメリカのいくつかの州では、野生だから飼育は禁止となってるそうです。
Commented by nmariomama at 2013-01-29 01:00
☆agapiさん
そうですよねえ、ニンゲンも野生の時代があったはず。
すっかり遠ざかって五感も萎えてしまってますね。
あはは、ライオンの群れ生活も動物園では優しい家族ということで。。。
サーバルキャット、猫好きさんにはたまらない魅力を持った動物ですね。
ずっと見ていても飽きない美しさがあるようです^^
本来暮らし住む草原で、実際に見てみたいものだなあ、、、、と思いました。
Commented by nmariomama at 2013-01-29 01:03
☆katさん
あはは、どうなんでしょう、まだ開園して間がないからか、、、
それとも、モロッコの動物園だから飼育も質素なのかもしれません へへ
まあ、飼育場が結構広い場所なのでそれぞれの動物たちが
運動不足になってないのもいいことなんでしょうね^^
Commented by nmariomama at 2013-01-29 01:10
☆yoridorimidoriiさん
全くこんな柄、どうしたらできてくるんでしょうね、
大阪のおばちゃんでなくても、たくさんの人が魅了されますよね。
この柄を身にまといたいか否かの違いはありましょうが(笑)
サーバルキャットは、家猫より少し大きめかなあ、、、というところだから、
大型の猫族よりはずっと小さいです。
足が長いので、結構大きく見えますが。。。
Commented by ゆう乃 at 2013-01-30 11:56 x
こんにちわ~

猫族の写真、たまりませ~ん。
最後のサーバルキャット、あまりにも可愛いです。
あはは・・・ 可愛いって本来野生の動物を?
暖かくなったら、動物園直行しますね。

高校生の頃(50年近く前、はるばる遠くに来たものだですが、半世紀も前の話ですみません)親戚の船長さんから、サトウチョウ(シュガーバード)をお土産に戴来ました。しばらく飼ったのですが、当時相方は売っていないし、うちでは栄養も偏るだろうし、東山動物園に手紙を出してOKを得て寄贈しました。
毎月その仔の好きだったゴールデンデリシャスを持って母と会いに行ったのを思い出しました。
昔の事がポイポイでるようでは、まずいですね。
これから気をつけます。

Commented by nmariomama at 2013-01-30 16:41
☆ゆう乃さん
サーバルキャットは家猫と野生のサーバルという猫とのミックスでできた種らしいです。
一応野生種ですが、ほんと、可愛いですよねえ。
サバンナの草原に住む本物を見てみたいです~
はい、そちらの動物園情報、楽しみにお待ちしております^^>
シュガーバードって南アフリカ原産ですか?
初めて聞いたので検索してみたけれど、珍しいんでしょうか、
中々どんぴしゃ、鳥として出てこなくて。。。
一枚小さな写真がありました。小さくてよくわかりませんでしたが、
嘴が細くてちょっと長い?蜜を吸う小鳥かなあ、、、なんて。
動物園としては大喜びだったのでは?
いえいえ、そういう記憶って誰でも時々突然呼び覚まされますよ。
大事にしていいんじゃないんですか。
こちらで是非お話くださいませ~^^


<< 我が家の猫族・シニア組      アイト・ベン・ハッドゥ(Ait... >>