続・まりおの部屋

petitmario.exblog.jp
ブログトップ
2012年 12月 13日

頑張れ我が家のシニアたち (`・ー・´)/

さて、ぼちぼちの再開は我が家の三匹のシニアニャンzのお話。

前回でもちょっと触れましたが、三匹のうちの一匹、ステフィーが、
11月末ごろから悪天候に加えて、急に昼間の気温も下がってきたと思ったら、具合が悪くなってきた。

カリカリが全然食べれなくなってる様子、水も飲めてない?

歩き方にも力がないような、、、あれ?よろけてる?

いや、焦りました。

寒さが14歳の老体に堪えたんでしょうね。

食欲はあるみたいなので、とにかく食べれる物をと試してみたら、缶詰なら大丈夫そう。
それも、ゆっくりゆっくり、一度にすこ~しずつ。

でも、とにかく食べれるのがわかったので、一日に何度も何度もちょびちょびと与え、
それから、水が飲みにくそうだったので、例のターキーのササミとニンジンの茹で汁を
生温か温度であげたら、ぴちゃぴちゃと飲み始めた。

食べれなくなると水分補給が心配になるので、よし、これなら大丈夫かも、と、
それから数日はそのメニューで。

段々一度に食べれる量が増えて、、、、ササミも又食べれるようになって。。。

一週間後には又カリカリも少しずつ噛めるようになって。。。

そのころからお天気も回復してきたのも幸いしたのでしょう。
お日様にあたってステフィーの元気も快復したようです。


でも、やっぱりすごく痩せてしまってます、下はだいぶ快復してからの写真ですが、
一時はちょっと、ゾンビーっぽくなっちゃって、、、ほんと焦りました。

e0092286_1745929.jpg



確実に老いが来てるなあ、、、、という感じ。

初代の黒猫パトラは、最後までカリカリ一筋のコだったので、食べ物の苦労はなかったのだけれど、
噛む力、飲み込む力というのが、やはり老いと共に衰えるんですね。


で、今は缶詰とカリカリの割合を半々にして様子を見てます。

e0092286_17501957.jpg


なんだか一回り小さくなってしまったステフィー、
元々普通サイズだったから、余計に小さくなってしまったようで、
時々、チイ坊が部屋にいると、模様が似てることもありサイズ的にも同じように見えて
二匹を見間違うことも(汗


ま、そんなこんな、ステフィー快復でやれやれと思っていたら、


こちらのお方、、、コービーさん

e0092286_1753838.jpg



全く健康に問題がないと思って安心していたら、ふと気が付くと、コービーまでカリカリが食べれない?

え? 水も?

あらら、どうしたんだろう。。。。

又々気が付けば、なんだか口元がやけに汚れてる。
灰色猫なので、ちょっと汚れててもわからないんですが、その口元が臭うのにもびっくり。

良く見たら、よだれがね、出てるんですよ。

とにかく水が飲めないのは困る。 脱水症状が出たら危険信号ですからねえ。

で、コービーも食欲はあるようなので、試しに缶詰をあげたら、ゆっくりだけどステフィーと同じように、
食べ始めた。

そして、水の代わりに平たいお皿にササミとニンジンの茹で汁を入れたら、ぴちゃぴちゃとコレ又同じように
飲んだので、ホッとしたしだい。


口の中に何か出来物でも? と思っても口なんか開けさせないし、

獣医さんに連れて行くべきか迷ったのだけれど、相当のストレスになるだろうし、、、
とにかく食べれるなら様子を見ようと、3~4日したら、

しだいによだれが治まって、カリカリも食べ始め、水も普通に飲むようになったんですよ。

2~3日は外にも行かず、ほとんど部屋で寝たっきりだったのも、又出て行くようになったし。

やれやれでした。

本当のところは何だったのかわかりませんが、口内炎でもできたんでしょうか。

幸い今回は自然治癒という感じで治りましたが、これからはもっと気をつけないといけないなあ、、、と
しみじみ思いました。

外見、全く老いを感じさせないコービーですが、中はわからない。
まずは食べ物に気をつけてあげないとね。

というわけで、コービーも今はカリカリと猫缶、半々のメニュー
あ、これに、ササミとニンジンの茹でた物が加わりますが。

ニンジンはやっぱりいいのかな、って思ってます。
免疫力を高めるような気がするし、弱った腸の回復にも良さそう。

実際、今回もこのニンジンで二匹とも良くなったような、、、、????


ま、コービーの場合、大事に至らず良かったです。
猫は具合が悪いとテキメンに毛がぱさついてきますが、それも元の滑らか毛に戻りつつあるし、
痩せたということもないようだし。。。

e0092286_1884173.jpg


というわけで、ホッと胸を撫で下ろしたしだい。


さて、一方パトリックに関しては、今のところ健康に異常はないようです。

良く食べるので、更に太ったかも???

あんまりトシとってから太ると骨に負担がかかって良くないから、
パトリックはそっちに注意ってことに (・´_`・)


それでもね、陽だまりでうとうとしてるのを見ると、やっぱり爺ちゃんになったなあ、、、という感じ。

e0092286_18125539.jpg

老いは隠せないようです。。。。



☆・・・・おまけ・・・・☆


陽だまりの四匹

左上、椅子の上がコービー  手前左がパトリック、右端ステフィー

そして。。。。真ん中奥の黒い塊が、フローラです(⌒-⌒; )

e0092286_18133148.jpg




次回はチビたちのお話、、、又まとめてとなりますが、お楽しみに ヾ(=^▽^=)ノ



e0092286_18182697.gif




**************************************************
[PR]

by nmariomama | 2012-12-13 18:31 | 我が家のニャン | Trackback | Comments(18)
トラックバックURL : https://petitmario.exblog.jp/tb/19352701
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by iomlove at 2012-12-13 19:22
こんばんは。

心配でしたね。 
私の黒猫ちゃんは21年で他界してしまったので
まだまだ~!!ファイトだ 猫ちゃん達!!
と陰ながら祈り 応援してます

一番下の写真が とっても平和で幸せを味わえる 素敵な写真。
癒されます   ありがとう。

Commented by cecilia at 2012-12-13 19:42 x
動物を飼うという事は、そういった事にも直面するという事ですよね。淋しけれど、避けて通れないですもんね。ゆずは、年を取る前に逝ってしまったから、レオンの成長とともに感じて行く事になるかな?と思います。わんにゃんが、ここの子で良かったと思えるようにと思ってますが、どうですかね~?庭猫6匹、彼らはどうなんだろう?皆まだ若いからいいけど、段々とそんな心配もしていかないとね。やはり、動物を保護するって、凄い事ですよね。幸い今のところ、庭猫もレオンも元気満々です。ママさんちのわんにゃんが、元気で過ごせますように。
Commented by yoridorimidorii at 2012-12-13 23:12
ステフィーちゃん、ちょっとやつれ感がみられますね。
それに、コービーさんも、、、何が原因なんでしょうね。

うちのもみさんも、年取ったなぁ・・・って思いますわ。

それにしても「人参パワー」凄いですね。
ワンコ達にはあげてますけど
そんなパワーがあったとは。。。
もみ兄さん、野菜食べないからなぁ、、、
ササミの茹でたのは食べます。
でも、マグロの生は食べない。(・・;)

パトさん、ゴメン、あなたの ノポポン としたお顔が可愛くて
おばちゃん思わず笑いました。

太陽に、一斉に顔を向けて・・・いい絵ですなぁ
あれっ、フローラさま、お股広げちゃってるんじゃないの?(#^.^#)
Commented by bbwan at 2012-12-14 10:02
ペットも老いとの戦いで、それぞれ個体差があるからどういう風にそれぞれがでるのか 気になるところですね。
実家の猫も長生きしたほうだと思うのですが、食べ物を変え、ときにはマタタビなんかも与えたりして病院に通うことなく最後は老衰で猫生を終えました。  とりあえずみんな元気になってよかったですね。 
Commented by LALA at 2012-12-14 16:16 x
猫も高齢になると免疫力が落ちてくるので日々の観察が欠かせなくなりますね。
コービーちゃん、口内炎の症状なので気を付けて下さいね~。
さくらもヨダレまみれながらも頑張っております。
フローラちゃん、猫サイズで可愛い~(^^)♪
Commented by きゃふ at 2012-12-14 17:06 x
まりおままさん、こんにちは。
かなり、ハラハラなさったでしょう。。。
年齢とともにいろいろなことが起こって
心配が尽きないですよね(;´д`)

今回は、まりおままさんのご努力で良くなったようで
本当に良かったです。
みんな、頑張って御飯たべてくださいね。
Commented by nmariomama at 2012-12-14 17:29
☆iomloveさん
ねえ、21歳、すごいなあ。。。
日本だったとしても、長寿猫さんだったんですねえ。
こちらでは、前にもお話したかもしれませんが、ニンゲンの寿命と同じなのか、
動物の寿命も日本に比べたら段違いに短いです。
なので、ニャンでも10歳以上生きたら立派。
我が家の猫たちも14歳だっていうと、みんなびっくりします。
まあ、動物医療の関係もありますし、こんな国ですから、
これからが一日一日老いとの闘いになるかなあ、、、なんて気持ちでいます。
でも、iomloveさんの黒猫さんにあやかって、我が家のコたちも、
一日でも長く、長寿をまっとうしてもらえればと思います。
それにはやはり健康第一、ま、ニンゲンと同じですね^^
Commented by nmariomama at 2012-12-14 17:34
☆セシリアさん
ほんと、そうですね、常に覚悟がいることで、避けられないことなんですが、
こうなってくると、日常でその思いがヒシヒシとしてきます。
特に今、チビたちの姿も一緒に見てると、我が家の猫たちの老いがまざまざとわかるわけで、
まあ、とにかく天寿をまっとうしてもらうべく、日々これからは彼らの健康に気をつける、
これぐらいしかないですものね、飼い主のできることって。
セシリアさんの所の猫さんたちは、これからですよねえ。
うちもチビたちはこれからで、これはこれで無事一歳が迎えられますように、と祈る毎日、
ま、いろいろ気苦労はあるけれど、飼い主がまず気をしっかり持たなければ!
ですね^^
Commented by nmariomama at 2012-12-14 17:43
☆yoridorimidoriiさん
ステフィーはこの夏もちょっとよろよろ状態で、涼しくなって持ち直してやれやれだったんですよ。
もうだいぶ腸が弱ってるみたいで。。。
コービーは、多分口内炎ができたのではないかと思ってるんですが。
口内炎も厄介ですよね、慢性にならないように気をつけなければ。
ニンジン、本当のところはわかりませんが、効果があると信じたい気持ち(笑)
パトリックがもみさんと同じ、野菜はだめなので、このニンジンパワーが生かせないんですよねえ。
ササミは大好物とだけど、ニンジンと一緒茹でると食べてくれない。。。。
ほんと、それぞれで困っちゃいますね。
でも、日本はワンニャン用のサプリメントもあるし、羨ましいです。
あはは、パトリック、もうほんとに爺さんで。。。
あんなに番猫張ってたのに、庭で他の猫見ると、今ではとことこ戻って来ちゃいます><
フローラ、気づかれてしまいましたねえ。
そうなんです、カエル脚になってます~(笑)
Commented by nmariomama at 2012-12-14 17:51
☆bbwanさん
ほんとに、すごい個体差です。
兄妹で皆同じ年齢、毎日同じ物を食べてるのにこの差は何なんでしょうね。
まあ、とにかくこれからは彼らの老いとの闘いになると覚悟はしてるつもりですが、
寂しいですね、仕方ないけれど。。。
日本はいろいろあっていいですよね、
サプリメントとか、フードも固体に合ったものを選べるし、
こちらは、猫はシニア用のフードさえないから、ちょっとため息です~
そうそう、マタタビ、以前日本でいただいて試したんですが、
なんと、3匹とも全く反応ナシだったんですよ~
モロッコの猫には効かないのかしらん???
Commented by nmariomama at 2012-12-14 17:56
☆LALAさん
そう、ほんと日々の観察が物をいいますね。
これからは私も一緒に彼らの老いとの闘いです。
ちょっとしたことでも老体には無理がきかなくなるでしょうから、
ストレスなんかもだめなんだろうなあ。
やっぱりコービーは口内炎ですよね、そんなにひどくはなかったけれど、
よだれが出てましたから。
さくらちゃんのお話をずっと聞いてましたから、口内炎の怖さはわかってるつもり、
今回は大事に至りませんでしたが、ほんと気をつけなきゃいけませんね。
我が家はニンジンパワーで乗り切ろうと思ってます(笑)
さくらちゃん、頑張れ! うちも頑張るよ~~
あはは、フローラ、笑ってやってください~♪
Commented by nmariomama at 2012-12-14 18:00
☆きゃふさん
きゃふさんもあぷりちゃんのことなどで、ご心痛だったと思いますが、
老いと共にくる我が家の場合はこの老いとどれだけうまく付き合っていくか、
ってことになるのかなあ、、、、なんて思ってます。
ニンゲンも同じですけれど、健康で長生きが一番ですものね。
今回、ステフィーもかなり心配だったんですが、外見見るからにまだ若若しいコービーも、
気をつけないとなあ、、、と思い知らされました。
油断できないなあ、、、と。 日々観察の毎日で頑張ります~~
Commented by milknyan1 at 2012-12-14 20:48
こんばんは!マリオママ復帰うれしいよ〜〜。

まあ、二匹ともどうしたんでしょう???急な気候の変化が体に堪えちゃったのね。
今年の夏はミルクも最初、まったくご飯が食べられなくなって・・・・2週間ほど心配しました。今は・・・・あはは。ご存知の通りおでぶ復活ですが。食べないと本当に心配ですよね。ままお疲れさまでした。

ひだまり猫!!モロッコでもみんなひなたぼっこですね♪
きっと今世界中で猫さんしひなたぼっこしていますね。微笑ましい〜〜〜
Commented by kat at 2012-12-14 23:29 x

初めて自分の意志でそばに来て飼われてくれた動物は猫でした
「ねこ」と名付けて15年一緒にいました.
今回の記事を拝見していて、
ねこの晩年を思い出しちと涙しました.
皆さん長生きで生ききっていけますように.

Commented by nmariomama at 2012-12-15 03:54
☆ミルクの母さま
ありがとうございま~す。
各駅停車、ショッチュウ急行待ちしたりするかもしれませんが、
又よろしくです~^^>
ステフィーは、残念ながら、ほんと、老いが来てるって感じなんですよ。
ミルク姫は夏バテだったのかしら。
でも、食べてくれないって、一番気が気じゃないですよね。
コービーも現実免疫力が弱ってきてるのかもしれず、気をつけないと、
と思いました。
そうそう、こちらも真冬を迎えようとしてます。
部屋の陽だまりにみんなが集まる季節。
そんな光景をのんびり眺めている時が一番幸せかも、です^^
Commented by nmariomama at 2012-12-15 04:07
☆katさん
ねこ、と言う名の猫さんだったんですか、
素敵ですねえ、いいなあ。。。。^^
動物はニンゲンより寿命が短いのだから仕方ないと思いながら、
どんどん先へ行ってしまうようで切ないですね。
ねこさんは15年の幸せな猫生をまっとう!
我が家ももうちょっと一緒にいてね、と心祈る毎日です。。。
Commented by coucou_nicolas at 2013-03-09 17:29 x
我が家(実家)の猫は3匹とも20歳を超えてから他界してしまいました…。
妹はかなりショックで長いことペットロス症候群になってふとした時に思い出し涙を流したり…の毎日でしたが最近は癒しを求めに猫カフェに行ったりしているようです。(^^) 猫に囲まれた生活良いですね! 
まりおままさんの猫ちゃんたち、まだまだもっと長生きしてみんなを癒してあげてね♪
Commented by nmariomama at 2013-03-10 01:25
☆coucou_nicolasさん
何歳まで生きたから満足ということはありませんね、
できることなら永遠に一緒にいたい、、、、妹さんのお気持ち良くわかります。
でも、20歳以上とは素晴らしい!
我が家の猫たちもあやかりたいものです。
猫カフェ、帰るたびに一度は行ってみようと思いつつ、まだ未踏地です。
結構料金が高かったり、、、、でも、そこに行けば必ず猫がいる、という別天地だから、
猫好きにはやっぱりたまらない場所のようですね。
モロッコはそこらじゅうに猫がいますから、カフェも猫カフェみたいなもんですね、あはは。
妹さんも是非、猫天国のモロッコにお誘いください~ へへ


<< 家猫への道、その後      陸の孤島でした>< >>