続・まりおの部屋

petitmario.exblog.jp
ブログトップ
2012年 04月 23日

みうちゃんと仔猫たち、庭に移動失敗~~

みうちゃんと仔猫たちに付き合った週末となりましたが。

さて、結論から言うと、大いに期待したみうちゃんと仔猫たちの庭への移動は、
失敗に終わりました。

順を追ってお話しすると。。。

昨日の日曜日の午後に、その移動をさせようという予定でしたが、
私たちが午前中、ちょっと出かけてる間に、義母と今同居中の義弟が、勝手に仔猫捕獲作戦に
出てしまったのです。

出先で義弟からの電話を受け取ってびっくり仰天。

3匹捕獲したけど、後一匹がどうしても捕まらない。という連絡でした。

みうちゃんがいない間のことだったらしい。。。


びっくりして、急いで家に戻ってみたら、3匹ダンボールに入れられて庭に置かれていた。


義弟も動物好きの良い人なんだけれど、どうも嫁さんは犬も猫もあまり好きではないみたいで、
最近、ちょっと態度が変わってきてるところがあるんだなあ、、、
以前だったら、もうちょっと私たち寄りに行動してたんだけど。


とにかく、もう一匹は?

っと部屋に行ってみたら、義弟が必死で古ベッドの下に入り込んだ、仔猫を棒で突付き出そうとしてる。

おいおいおい、それはないでしょう。

ちょっとそれはやめてほしい、そのままにして、母猫が戻ってくるのを待ってほしい、
母猫が来たら絶対出てくるから、後は私たちに任せて!

とちょいと強く言ったら、しぶしぶ引き揚げて行ったので、ほッ


でも、それからが大変でした。

一時間くらいして、やっとみうちゃんが姿を現しましたが、案の定すごく警戒してる。

外階段脇の所にいたので、そこまでダンボールを持って行って、みうちゃんにこの中に仔猫たちいるよ、
って見せたかったんだけど、中々近づかない。

外階段の脇にはひとつ部屋があって、そこの屋根の上、という感じなのだけれど。

しょうがないので、段ボール箱を横にして、仔猫たちがみえるようにしたら、ようやく寄ってきた。
少し、仔猫たちに体を寄せるようにしてたけれど、ああ、これじゃ、一匹足りないことわからないかもしれない。

でも! すごいね、さすが母は強し!

仔猫たちを一塊にさせて、ツイと立ち上がり、部屋に上がって行くではありませんか!

え? わかったのか?一匹足りないって!

そして、間もなくで残りの仔猫を咥えて下りて来ました。

ああ、良かった、これで全部揃って庭に移動させられる、って思ったのだけれど、

みうちゃん、仔猫を咥えたまま、裏の家との境にある塀を伝って行ってしまった!

そうです、ここではだめだ、と判断、又自分で決めた場所に引越して行ったんですね。

伝っていく塀は上まで生垣で覆われているので、みうちゃんがどこに消えたかはわかりません。
そこは私が猫道と普段から呼んでいる塀の上で、降り立った所は袋小路になっている静かな場所。
そこも結構猫たちのスポット。
そこから更に遠くへ行ったかどうかは知る由もありませんが。。。


でも、又一匹ずつ咥えての移動が始まったんだ、と思い、とにかく残された3匹を
又ダンボール箱に入れて待機。

待つこと30分、、、、、戻ってきました!

でも、まだ警戒してます。

私たちがいては、と隠れて見ていたら、全開になってるダンボール箱を覗き込むものの、
自分では入らない、、、、入ったら危険だ、これは罠かもしれない、とでも思ったか、
箱も周りをうろうろするばかり。

それで、又箱を横にしてみたら、一匹咥えて行ったのはいいんだけど、

なんと、後の二匹が後をついていっちゃった。


隣との塀の境は、つまり屋根のおしまい部分、後を付いていこうとして、
一匹は屋根の排水口の穴に落ちそうに、
わ、大変と、びっくりしてる間にもう一匹がなんと!階下の敷地に落っこちてしまった!!!


もう飛んで行って、とにかく穴に落ちそうなコを助け、下を覗くと、幸か不幸か仔猫はちょうどその真下に
物が置いてあり、その上に乗っかていたバケツの中に落ちていた。
少し水が入っていたけれど、みいみいとバケツの中でもがいてるだけで無事のよう。

って、そんなこと言ってる場合じゃない~~~助けなきゃ。

穴に落ちそうだったコはダンボールに戻して、階下に声をかけるも留守のよう。
あちゃ~~ でも、鍵はいつも預かっているので急いで取りに帰り、ぐるっと回って玄関から入り、
ちょうど裏手になる台所の戸から裏庭に出て、バケツから仔猫を救出。

全身濡れてしまったけど、とにかく無事を確認。

みうちゃんはそれを二匹めの仔猫を咥えながら塀の上から見ていて、
仔猫が大丈夫なのを確認したのだろう、私が戻ったら、姿はなかった。

これで二匹め移動完了。

やれやれ、濡れた仔猫の体をタオルで拭いてやって、又ダンボールに戻して、
又待つこと30分。

今度来たら、一匹、ダンボールの外に出してやろう、そうすれば、仔猫はみうちゃんの所に行くだろうし、
みうちゃんも連れて行きやすい。

果たして、今度も30分経った頃、みうちゃん現れました。

でも、まだすごく警戒してる。
箱から出してやろうとちょっと私が近づいただけで、唸り声を上げる始末。

でも、仔猫を出してやったら、ものすごい勢いで咥えて連れ去りました。

3匹め終了。。。。


その後、残された一匹を連れに来るまでには、小一時間かかったと思います。

もう、現れないかもしれない、ひょっとして、連れて行った場所で何かあったのかもしれない、
などと気が落ち着きません。

やきもきとしていたら、やっと。。。。

ああ、良かった、これで全員連れて行ける、

と、思って、箱から最後のコ、を出してやったら、、、


なんと、このコってば、みうちゃんのほうに行かないで、去ろうとした私の後を付いてくる。

ええ? ちょっと、お母さんはあっちよ。

その様子を見ていたみうちゃん、え、ちょっと待ってよ、ちゃんと連れてってよ~~

いなくなっちゃったんですよ。

わ~~ 置いて行っちゃったのかとびっくりしたけど、生垣の陰に隠れてるだけなのがわかって、ほッ

少ししたら、又出てきたので、仔猫を置く。

でも、やっぱり仔猫は私の後を付いてこようとする。

そんなことを3度くらい繰り返したけど、最後はしょうがない、唸り声を上げて警戒する、
みうちゃんのすぐ傍まで連れていって、やっとみうちゃんが咥えたのを見た時は、

どおおおおおおおーーーーっと 疲れが出ました~~~~~  へへ;


任務完了。。。。

みうちゃんは又引越して行きました。

ばいばい みうちゃん。

もうこないだろうねえ。

完全に人間不信にしてしまったものね。 ごめんね、みうちゃん。

心が痛みます。


でも、、、、その後、夕方かなり遅くなってから、へ~ちゃんがいつもの場所にいつもどおりの顔で
御飯を食べにやって来ました。

ということは、、、、まだ望みはあるかな、、、、

又みうちゃんも食べに来てくれるかなあ。。。。

仔猫たちだって、この先大きくなってから、ご近所さんなんだもの、ふらっと現れるかもしれない。
写真はゲットしてあるから、あ、もしや、みうちゃんのコかも、なんていう日が来るかもしれない。

昨夜は疲れたこともあって、なんだか悲観的になっていたのですが、

そういう風に考えていけば、又未来も楽しいものになりそう。

今は、とにかく新しい場所でみうちゃんと仔猫たちがうまくやっていけますように。

それから、みうちゃん、ありがとうね。
久しぶりに仔猫の感触を楽しませてもらった。

特に、バケツに落っこちたコ、あのコをタオルで拭きながら、パトリックたちが仔猫だった14年前のことを
思い出させてくれて、感謝しています。


おとうさんもずっと付き合ってくれたのだけれど、出先から戻ってくる車の中では、
少々悪態もついてたんですよ。

全く、もう野良猫でこんな苦労はしたくない! とかなんとか。

でもね、最初のコをみうちゃんが咥えていくの見たら、

「おい、あのシャム系のコをなんとか最後にしろよ」

なんて言ってたんですよ、つまり、万が一みうちゃんが置いていったら一匹くらいなら、
思ってたみたい、笑っちゃいますよね。

私なんかは、もう、全員面倒見る覚悟はしてたんですけれど、

でも、これで良かったのですね、みうちゃんにはみうちゃんの猫生があり、
それはいくら良かれと思っても無理に変えてはいけないもの、なんでしょうから。


というわけで、やれやれの週末でありました。

みうちゃんと仔猫たちのレポ。

長くなっちゃいましたが、最後までお付き合い、ありがとうございました^^>

へ~ちゃんは引き続き、来ると思いますので、又よろしくお願いいたしま~す♪

へ~ちゃんが喋れたらねえ、いろいろ聞けるのにね。
ひょっとしたら、あの上の部屋もへ~ちゃんが見つけて誘導したのかもね。
で、今度の新しい所も?

そんな風に考えるのも又楽しや~~

そうそう、昨日の騒動中の写真が一枚もないことはまことに残念だけれど、
みうちゃんが仔猫を咥えて立ち去る姿なんて、ちょっと感動ものだったけれど、
でも、写真を撮ってる余裕、全くなかったなあ。。。

というか、撮れなかったといったほうがいいかな、
ワタシ、ドキュメントタッチの報道カメラマンにはなれないね(笑) (← 誰も頼んでないって)

というわけで、アシカラズ へへ


ではでは。。。。


e0092286_18252148.gif



***************************************************
[PR]

by nmariomama | 2012-04-23 18:41 | へ~ちゃんファミリー | Trackback | Comments(24)
トラックバックURL : https://petitmario.exblog.jp/tb/17841432
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by セシリア at 2012-04-23 19:04 x
みうちゃん、立派に母ですね!仕方ないですよ、皆が皆、動物好きってわけじゃなし、義母様の言いつけや、義妹とも今後の付き合いがあるわけだしねぇ。でも、へ~ちゃんが来てるなら、みうちゃんも、子猫も、そこそこ育ったらやって来るんじゃないですか?ガフー子もそうだったし、小麦の母、クロちゃんもそうでしたもの。子猫に至っては、ねぇ・・ご存知の通り、野良なんだか飼い猫なんだか分からない状態で、見事なデブ猫化してますよ。
あのシャムっぽいこ、私もいいな~と思っていたんですよ。ご近所なら貰えたのにな、猫たち。
遊びに来ることを祈りましょう!元気に育ってくれたら、それでいいですもんね。楽しみですね。
まりおママさんも、お疲れ様でした。気疲れされたでしょう?
ゆっくりされて下さいね。
Commented by bbwan at 2012-04-23 19:22
ドキドキしながら読みました。  かわいそうにみゅうちゃんも、強い母になって引っ越し先で子育てしてくれることを祈っています。 
家族みんなが賛成しないと、動物飼うのは大変ですよね。  きっと何をもたもたしているんだろうと思って強硬手段にでたのかもしれません。 
最後の一匹がママさんのところについてきてそれも切ないですね。
みんな、元気に育って、えさをねだりにきてくれたらうれしいですね。 
Commented by ゆうか at 2012-04-23 20:12 x
仔猫さんたちとの出会い・・!とってもドキドキする出会いでした!!
みうちゃん、またしばらく時間おいてから、へーちゃんと一緒に遊びに来てくれるといいですね・・うん。。
でも4匹とも、もちろんみうちゃんも、一緒になんとか移動できてよかったです。。
さすが、まりおままさん、猫さんの行動をよく把握されていてすごいです。
私だったら、アワアワ、慌てるだけだけで、なにもできません・・
以前、仔猫が生まれる所をみて、その後の母猫のキツイ行動にびっくりしたことがあります。。
表情はとっても母らしい穏やかなお顔の時もありました。
みうちゃんも、へーちゃんも、仔猫さんたちも、無事に過ごされていますように・・☆
Commented by ごくらく鳥花 at 2012-04-24 00:02 x
お庭暮らしになれなかったのね(/_・、)
母親と言うのは何れもけなげですね
感動しました

>おい、あのシャム系のコをなんとか最後にしろよ
うう~~~ん やはり血統とかわいいというのは得するのかなぁ
Commented by nmariomama at 2012-04-24 02:07
☆セシリアさん
ほんと、天晴れですよ、猫族のメスって元々母のお手本のような育て方を
するけれど、みうちゃんもしっかり、なので感心してしまいました。
多分、へ~ちゃんが来てるから、そのうちに又来るとおもうんですけれどね。
随分人間不信にさせちゃったから。
いや、ほんと、昨日は疲れました。
猫飼ってから20年近くになるけれど、こういう経験は初めて。
とにかく仔猫たちが無事にこの後も育ちますように、それだけですね。
Commented by nmariomama at 2012-04-24 02:13
☆bbwanさん
ほんと、かわいそうなことをしてしまいました。
これにめげずに頑張って子育てしてくれるといいんですけれどね。
そうですね、動物に対する気持ちとか、温度差がありますからね。
中々難しいです、この国でも。
最後の一匹のコ、ほんとどうしようかと思いましたよ。
こんな風だと、母猫もあっさり置いていっちゃうんじゃないか、なんて思いがよぎって、焦りました。
ま、とにかく無事に4匹、みうちゃんに託せて良かったです。。。
この後のことはまだわからないけれど、そのうちに又来てくれるんじゃないかと
気長に待つことにしました^^
Commented by nmariomama at 2012-04-24 02:17
☆ゆうかさん
もう、急展開というか、あっという間の週末のできごとで、、、、
念願の仔猫とのご対面もこんな風な結末になってしまって、残念ですが、
へ~ちゃんが頼り、又一緒に来てくれること祈るばかりです。
いやいや、いろいろ焦りましたよ~~
仔猫たちの動き、予測できないし、こんな経験は初めてですしねえ。
とにかく、4匹無事みんな、みうちゃんに戻せて良かったです。
ああ、やっぱりそうなんですね。
仔猫と一緒の母猫は別猫になるとは聞いていましたが、
いざ、そんなみうちゃんに接したら、せつなくなってしまいましたよ。
猫の世界もほんと、奥が深いです~
Commented by nmariomama at 2012-04-24 02:20
☆ごくらく鳥花さん
そうなんですよ、庭猫さんになってくれたら一番良かったのですけれど、
みうちゃんは別の道を選びました。
本当に、母は強しだなあ、、、と。
一匹ずつしか運べない母猫の心境ってどんな風なんだろう、
なんて考えたら胸がいっぱいになってしまいました。
あはは、どうなんでしょうねえ、確かにあのシャム系のコは、一番目立って、
可愛かったんですけれど へへヾ
Commented by kat at 2012-04-24 06:59 x
おつかれさまでした.
ここまで見届けられるとは、頭が下がります.

みうさん一家、
あったかい所で寝起きできるといいですね.
また
姿が見える日がありますように.
Commented by tetsuro-w at 2012-04-24 08:41
いやぁ~、とにかく任務完了、
お疲れさまでした。
思わぬ展開にハラハラドキドキ、
最後の1匹まで無事にみうちゃんが連れ出してくれて、
ホッと安心しました。
でもままさんにとっては、その温かい想いとうらはらに
みうちゃんに敵対視されてしまったのは、
さぞやお心が痛んだことでしょうね。
でもみうちゃんがちゃんと連れ出してくれるまで、
温かく見守ったままさんの子ネコちゃんたちへのやさしさ、思いやりは、
警戒しながらも、みうちゃんに伝わったと思いますよ。
きっとまた子ネコちゃんともども、元気な姿を見せてくれるって、
私は信じています。
Commented by ゆう乃 at 2012-04-24 11:24 x
こんにちわ~

へ~助とうさんが来ているから、大丈夫ですよ。
みうちゃん&仔猫’sのお宅屋上横の物置部屋に引越しは、彼が黒幕? という nmariomama様の観測通りかもしれません。
可愛い子猫をダシにして、"俺も年だし、ファミリー丸ごと可愛がって~"なんちゃってずうずうしいこと考えたけど。
やっぱりそうは問屋がおろさなかった。
へ~助とうさんは、良く心得ていますよ。
みうちゃんもそのうちちゃっかりご飯をねだりに来るんじゃないでしょうか。
Commented by きゃふ at 2012-04-24 14:56 x
まりおままさん、こんにちは。
今日は、ブログ拝見して じ~んとなっちゃいました。
動物の母親って本当に立派ですね。
本能というのであれば、人もそれくらいでないといけないと!
そう思ってしまいました。

パパさんの言葉に、優しさを感じました。

とにかく、まりおままさん、
はらはら、ひやひや、どきどきの連続で
本当にお疲れさまでした。

きっと・・・
みうちゃんは仔猫連れて来てくれるとおもいます!
Commented by kimagure-dog at 2012-04-24 16:36
こんにちは
日曜は大変でしたね、お疲れ様!
動物に関しては人それぞれ温度差があるし、その上、嫁姑・義妹関係と
難しい問題もありますよね。

また、みうちゃん、こんなに大きくなったよって、オチビたちを連れてきてくれますよ!

あの4匹の子猫、可愛かった!

それにしても、みう母さんは偉い!
人間も見習わなければいけませね。
Commented by nmariomama at 2012-04-24 17:23
☆katさん
いえいえ、何やってんだか~の夫婦でございます^^ヾ
ワタシとしては、御飯をあげて関わりを持ってしまったことへの
けじめみたいなものでしょうか、ちゃんと見届けないと気がすまなかったという感じでした。
どこへ行ったのやら知る由もありませんが、後は、動物の生命力を信じるのみ、
仔猫共々又会える日を楽しみにしています^^
Commented by nmariomama at 2012-04-24 17:28
☆tetsuro-wさん
いやいや、急展開で大変でした。
そうなんですよ、とにかく無事に4匹みうちゃんと一緒に見送れて良かったです。
う~~ん、みうちゃんの態度は仕方ないですね。
自分も生きなきゃいけない、仔猫も生かさなきゃいけない、
ワタシとの係わり合いもあの場では危険を感じたのでしょう。
へ~ちゃんが、変わらずに来てくれているのでねえ、
それだけが頼り、みうちゃんも又現れてくれればいいけれど。
そして、そのうちに仔猫も大きくなって、うちの庭にひょっこり来てくれるんじゃないかと、
楽しみに待つことにしました^^
Commented by nmariomama at 2012-04-24 17:32
☆ゆう乃さん
そうそう、へ~ちゃんがここを離れなければ、みうちゃんもきっと又いつか、
姿を現してくれると思ってます。
ふふふ、やっぱり黒幕はへ~ちゃん、あやしいですよねえ(笑)
ちょいと思惑は外れてしまったけれど、この先も突かず離れずでいいから、
みうちゃんと仔猫を見守っててほしいなあ、、、と。
みうちゃんも子育て一段落すれば、又元の愛嬌あるみうちゃんに戻るでしょう。
窓開けて、又みうちゃんのかわいい鳴き声が聞こえる日を楽しみに待ちます^^
Commented by nmariomama at 2012-04-24 17:39
☆きゃふさん
いやいや、なんだかねえ、大変な週末になってしまいましたよ。
とにかく急展開に驚かされっぱなしで、、、
本当にね、動物の子育てには、見習うべき点がたくさんある、って、
今回もしみじみ思いました。
一匹ずつ咥えて去っていく、みうちゃんの姿は紛れもなく強気母の姿、
感動ものでした~
あはは、おとうさんも根が好きなものだから、一匹くらい置き忘れていくんじゃないかと
期待してたみたいですが、、、、残念でした^^ヾ
そうですね、へ~ちゃんがあの後もしっかり食べに来てますので、
又そのうちにみうちゃん一人で御飯食べにきてくれると思っています。
仔猫たちも大きくなったら、ひょっこり庭に現れるんじゃないかと。。。^^♪
Commented by nmariomama at 2012-04-24 17:42
☆kimagure-dogさん
ありがとうございます。
そうなんですよねえ、我が家だけで住んでいるなら、どうにでもなったんですけれど、
ま、仕方ないです、こればかりは。
みうちゃんもそこら辺理解して、出て行ってくれたのかも へへヾ
ねえ、4匹、可愛かったから、きっと素敵な猫さんたちになって、
又ひょっこり姿を現してくれるんじゃないかと期待。
みうちゃんも、落ち着いたら御飯食べに来てくれると思っています。
あはは、ほんと、母は強し。
動物の子育て、人間も見習わなくちゃいけない点が多々ありそう^^
Commented by ritokotoG at 2012-04-24 23:22
こんばんは
↓かわいい子猫ちゃんたちが見れたと思ったら
急展開にびっくり、どきどきしながら拝見しました
みうちゃん、やっぱり母は強しっですねー!
猫はとくにテレパシーで会話してるみたいだから、
迷子になることってないんですって。絶対に親は子を見つけ出すんですって。すごいですよねー。

まりおままさん、いろんなことで気疲れされて
おつかれさまでした。。。
きっと、みうちゃんも、子猫たちも
まりおままさんのところには、また姿見せてくれると思います☆
Commented by cocomerita at 2012-04-25 02:43
お疲れさまでした―――!!
いやはや大変だったね
はらはらしながら、読みました

みうちゃんはそのうちきっと帰ってくると思いますよ
まりおママさんが子猫を助けてくれたのも見てるはずだから...

四匹とも、すくすく健康に大きくなりますように...
Commented by nmariomama at 2012-04-25 15:43
☆ritokotoG
そうなんですよ、ものすごい展開の速さにワタシ自身びっくりでした~
ほんとにね、みうちゃんがものすごく頼もしく見えました。
わ、テレパシー、なるほど~
動物はなんらかの形で母子繋がってるとは思いましたが、
テレパシーでしたか。
じゃあ、子供の数なんかも、それで把握できるんですね。
数というか、それぞれの子とテレパシーでってことなんだなあ。
すごい! あらためて猫のすごさを認識す~^^
ありがとうございます。
猫を飼い始めてから20年近く経ちますが、今回のことは初めての経験で、
又良い勉強をせてもらいました。
そう、多分みうちゃんは又来てくれるんじゃないかと、、、
仔猫たちも大きくなってからひょっこり庭に現れること、期待してます^^
Commented by nmariomama at 2012-04-25 15:47
☆cocomeritaさん
ありがとうございます~
いやいや、ハタから見たら、何やってんだあ、、、っていう感じでしょうけれどねえ。
ワタシとしては、御飯をあげて少しでも関わったのだから、最後まできちんと見届けたかった。
とにかく仔猫たちがみうちゃんと一緒に全員引越せて良かった。
まだ一ヶ月だから、ばらばらにはさせたくなかったので気を揉みました。
うんうん、へ~ちゃんはちゃんと来てるからねえ、
みうちゃんもちょっと落ち着いたら又来てくれると思ってます。
ほんと、今は無事に四匹育つよう、祈るばかりですね。
Commented by ryonouske at 2012-04-26 19:25
任務お疲れさまです。
どうしても猫や犬が苦手な人がいると共に...って難しいものですね。だけど最終的にお引っ越しはnmariomamaさんにゆだねられて良かったと思います。
時間はかかると思うけれど、また落ち着いたらみうちゃん姿みせてくれるんじゃないかな??^^
Commented by nmariomama at 2012-04-27 15:31
☆ryonouskeさん
ありがとうございます~^^
みうちゃんには気の毒なことをしてしまいましたが、
何とか無事に母子お引越しができたのは幸いでした。
苦手というか、、、、場所が悪かったのですね。
それはワタシも理解できましたので、仕方ないと思いました。
庭に移動してくれれば何とか世話はできたのですけれど、
みうちゃんにはお気に召さなかったようです^^;
そうでうすね、又きっとみうちゃんだけでも御飯食べに来てくれると思います、
へ~ちゃん、来てるので、そのうちに、と期待してます^^


<< 我が家ニャン      みうちゃんの仔猫たち^^ >>