続・まりおの部屋

petitmario.exblog.jp
ブログトップ
2012年 03月 17日

世界遺産 ポルトガル時代の貯水槽

今日は、又去年10月の旅行話題に戻ります。


北の玄関口、タンジェ の旅行から戻り、ラバトで休泊した後、次はぐっと海岸線を南に下がる3泊4日の旅に出ました^^

今度は南下すること、600km


なので途中で一泊しながらの旅となりました。

まず、Safi (サフィ) という所で泊まりましたが、そこへ行くまでに間にひとつ見所が。


それは、モロッコにもある世界遺産のひとつ、El Jadida (エル ジャディーダ)にある、

ポルトガル時代の貯水槽跡。


El Jadida までは、ラバトから170kmほど。
ちょうど良いので、休憩も兼ねて寄ってみました。

モロッコは16~7世紀、ポルトガルに占領されていた時代があり、El Jadida もそんな街のひとつ。

この貯水槽は17世紀半ばに造られたもの。

貯水槽は、25本の柱に支えられた天井のある建物になっており、内部は雨水が落ちてくる天井の
穴の光のみの幻想的な雰囲気に包まれています。

e0092286_22161337.jpg



内部の中心にある貯水槽  

e0092286_22224291.jpg



以下、内部の様子、角度を変えただけの同じような写真になってしまいますが、
雰囲気がわかっていただければ幸いです^^


e0092286_2226063.jpg



e0092286_2226529.jpg



e0092286_22275766.jpg



e0092286_22294261.jpg



e0092286_22304776.jpg



水がもちろん水槽の外に溢れ出てますので、中央には行けませんが、

周囲は濡れてはいますが歩けるようになっています。

人が立つ位置はこんな感じ。

e0092286_22354146.jpg

モデルはおとうさんと、向かって左が横切ろうとしている姉^^

私は、周囲に所々ある高い位置にいます。
多分、雨が多い時期、水が溢れて下が歩けない時のための通路なのではないかと思われる場所。

で、実はもちろんフローラも一緒。
入り口で、抱っこならとお許しをもらっての入場でした へへ

だめだと言われるんじゃないかとあまり期待してなかったのだけれど、ちょっと間があった後に、
ま、いっか、ちっこいしね、って感じでした(笑)

で、証拠写真、フローラ、アタシもいたのよ~  
って残念ながら相変わらずの真っ黒顔だし、端っこだし良くわからんが^^;

e0092286_2240191.jpg



とまあ、こんな場所もモロッコにはあります、という今回のお話でした^^

結構、今モロッコの世界遺産巡りツアーなんてえのも、日本からあるみたいですので、いかがでしょう^^


e0092286_22425325.gif



*****************************************************
[PR]

by nmariomama | 2012-03-17 22:50 | 2011年秋 モロッコ国内旅行 | Trackback | Comments(16)
トラックバックURL : https://petitmario.exblog.jp/tb/17547592
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kimagure-dog at 2012-03-18 00:25
貯水槽の柱から天井にかけての曲線がとても綺麗
水に写る天井もすてき!
こんな処だと、空気も違うのでしょうね。
時間が止まっているような気になります。

フローラ姫も世界遺産見学良かったですね。
うちの場合、まりんは抱っこできても、めぐは無理です 涙
まりおままさんのところで、モロッコ旅行した気分に
させて頂きます。
Commented by tetsuro-w at 2012-03-18 12:13
17世紀にこんな立派な石造りの建造物が作られちゃうって、
やはり日本では見られない文化の魅力ですね~。
モロッコの世界遺産ツアー、
今、大人気のようですよ。
なかなか行けるチャンスはないですから、
ままさんのお写真で拝見できる私たちは、
とってもラッキーですね。
Commented by きゃふ at 2012-03-18 13:53 x
犬小屋にいながらにして
世界遺産をしっかりと拝見させていただいて
大変光栄でございます!

素晴らしいですねぇ~(^^)

世界遺産を一緒に見学できたフローラ嬢♪
しあわせですね✌
Commented by ゆう乃 at 2012-03-18 16:26 x
こんにちわ~

映画カサブランカの影響が強く、フランス・外人部隊・・・

ポルトガルの占領時代があったのですね。
石をアーチ型に組んで、貯水槽の建物なんて。
贅沢というか、水がそれほど貴重なのか?
一見ローマの遺跡かと見まがうくらいですね。

↓ のスペインをバックにしたフローラ嬢の写真じゃないですが、地中海を挟んで近いんですね。
お父さんの手の中のフローラ嬢、ちっちゃくてなんて可愛いんでしょう。
でも きっと しっかり甘えて自己主張するのでしょうね。
そこがまた 面白かったりして あはは・・・
Commented by nmariomama at 2012-03-18 22:29
☆kimagure-dogさん
この内部の柱の建築がいいですよね。
ただ柱を突っ立てるのではなく^^ヾ
そうそう、別世界のようでした。
あはは、フローラは何を見てたのやら。
何でこんな所と迷惑だったかも。
我が家も初代に大型犬がいた時には、中々遠出もできませんでした。
ちび犬はそういう点では楽ですね、抱っこしてしまえば、というのがありますから^^
Commented by nmariomama at 2012-03-18 22:33
☆tetsuro-wさん
石文化ですねえ、ここまできちんと残ってるんですから。
後いくつかモロッコにも世界遺産があるので、結構見所として
ツアーも組み甲斐があるんでしょうね、
奥様と一緒にいかがですか?^^
こちらにいる私も中々出かけられない所なので、
今回の姉の来モロッコは私にとっても国内旅行の良いチャンスでした。
Commented by nmariomama at 2012-03-18 22:36
☆きゃふさん
いえいえ、いつも拙いレポートで申し訳ありません~
少しでも楽しんでいただければ嬉しいです^^
ワンがいると、ほんと、旅行もままなりませんよね。
チビ犬でなんとか通してもらえたという感じでした。
本ワンは、アタシ、なんでこんな所に、
ってな顔してましたが。。。へへヾ
Commented by nmariomama at 2012-03-18 22:46
☆ゆう乃さん
フランス保護領時代も北はスペインに占領されてたし、
それ以前も歴史の紐を解くと、いろいろな国がモロッコを行き交って
行ってるというわけで、この時代は海側をポルトガルに占領されたようです。
そう、この内部の柱の構築は素晴らしいですよね。
この時代に水不足があったようで、それで造られたみたいです。
そう、モロッコの北は地中海に面してますから、スペインとは目と鼻の先です。
あはは、おとうさんの手、大きいですからねえ、
フローラが余計小さく見えますね。
そうそう、ちっこいくせに存在感はあり、自己主張もしっかり!
猫たちに対しても威張りんぼで嫌がられてますよ、
いつも遠巻き(笑)
Commented by ruggine at 2012-03-19 06:05
わあ~、モロッコにもあるんですね~。
息子クンもイスタンブールでローマ帝国時代の貯水槽を見学してきたばかりです。
フローラ姫も一緒に見学♪いいですね。
係りの人の「ま、いいか。ちっこいし。」ってのがイイです。(笑)
Commented by nmariomama at 2012-03-19 15:55
☆ruggineさん
そうなんですよ、モロッコもローマ帝国時代の息がかかってますので、
トルコと似た部分があるかもしれないですね。
これはちょっと時代が遡るけれど、でも、きっとローマをお手本にしたんだわ(笑)
あはは、ちっこいってえのは何かと便利ね、
それでもずっと抱っこしてると結構重くてねえ、
この時はおとうさんに押し付けて、ワタシは写真を撮ってましたけど(笑)
Commented by junko at 2012-03-19 18:34 x
Ciao まりおママさん
へ~~~貯水槽ごときにこの素晴らしい建築
昔の人は凄いねえ

トルコに近礼拝堂ってのがあって、そこに似てます

しかしフローラも入れたなんて、太っ腹なモロッコの人達 ^^
Commented by セシリア at 2012-03-19 22:06 x
ここ、ポルトガル時代の貯水槽なんですか!モロッコっぽくもあり、どこかヨーロッパ風も感じます。特に、円柱の柱と、天井のアーチが、パリのシテ島にあるコンシェルジュリー(王妃が幽閉されていた)と作りが似ているように思いました。私がパリへ行ったら、行きたい場所ベスト5に入ってます。コンシェルジュリー、サン・ドニ教会、ルイ15世広場(コンコルド)、ミュゼ・カルナヴァレ、セーヌ河岸です。地味~でしょ?絶対ツアーじゃむり^^; 私、こういった石造りの建造物が好きです。石畳とかも。冷たさとか、靴音の響きとか、なんか知っている気がするんですよね、ずーっと昔に。
貯水槽、遥か昔の方々が、いろいろ考えられて建造されたんですよね。生活を守る為に。そして水浸しになった時の為に、もしかしたら高い位置にも通路を作っていたかも知れないなんて、もう心が熱くなります。その時代を自分の目で見て見たかったです。
フローラ嬢は、気づかない内に、凄い所を旅しているんですね。お姉様も、シャキーンとされた感じ、健康そうでなによりですね。
Commented by nmariomama at 2012-03-19 22:45
☆junkoさん
そう、この柱のアーチは見事ですよねえ。
で、それがちゃんと残ってる、やっぱり石の文化ねえ~
あ、そうそう、トルコにも似たようなのがあるそうで、見てみたいなあ。
あはは、腕の中のフローラがぬいぐるみに見えたんでしょう。
びびって、すごく大人しくしてましたから へへ;
Commented by nmariomama at 2012-03-19 22:53
☆セシリアさん
ほんと、両方が交錯してるような、でも、美しいアーチだなあ、と思いました。
>なんか知っている気がするんですよね、ずーっと昔に。
セシリアさんならあり得そう~^^
シテ島の王妃が幽閉されていた場所、行きましたよ。
え?こんな場所に?って感じ、狭い部屋でそれまでの王妃の生活を
思うとびっくりするような場所だったと思います。
歴史って残酷だなあ、、、と。。。
あはは、フローラねえ、考えてみればね。
とにかくフローラを一緒に連れ出さないことには、旅もできず、必死でした(笑)
姉、私より元気です^^ヾ
Commented by LALA at 2012-03-20 00:34 x
素晴らしい建造物ですね~。
石造りのものは何世紀経っても同じ状態で残るというのが素晴らしいです。
地震が少ないっていうのもあるのでしょうか。
見事な曲線、これを作った人々ってすごいなぁ。
フローラちゃん、ちっちゃいから上着の中に隠していてもバレなさそう(笑)。
Commented by nmariomama at 2012-03-20 16:27
☆LALAさん
外側は普通の建物なんですけれど、中に入ってみてびっくりです。
ほんと、石文化ですねえ、、、
地震、全くないというわけではないけれど、確かに少ないから保存状態もいいんでしょうね。
ほんと、綺麗なアーチで惚れ惚れしちゃいました。
あはは、フローラねえ、チワワちゃんとかの2kg程度のワンちゃんなら、
それも可能でしょうけれど、4,5kgのフローラは、、、、
ちょっと無理かも~ (へへ;


<< サフィからエッサウイラへ      日曜日のお散歩 >>