人気ブログランキング |

続・まりおの部屋

petitmario.exblog.jp
ブログトップ
2010年 07月 24日

絨毯

夫の知り合いを通じて、絨毯を購入。

今、屋上で干し中です。

e0092286_23355074.jpg


織り上がったばかりのもので、ウールの糸の匂いが残っているのです。
このまま使うと、ワンニャンどもがうるさくて。。。^^;
良く干して、匂いを消さないと、、、というわけです。

モロッコは絨毯も有名です、

石造りの家は冷えますので、絨毯は必需品、各地方でそれぞれ特色ある織が見られるし、
もちろん、日常使いのものから高級品までさまざま。

ラバトでもラバト織と呼ばれるものがあり、赤が基調です。

でも、今回手に入れたこの絨毯は、モロッコの先住民、ベルベル族に伝わる織で、普通のモロッコ絨毯と、ちょっと違います。

織は荒く、素朴ですが、私はこのベルベル系の絨毯が大好き。


大きめのと、小さめのが二枚。

e0092286_2336618.jpg


もちろん手織りです。 これも絨毯職人というよりは、家内職というのでしょうか、
お店には出しているわけでなく、自分の家用に作ったものを分けてもらった絨毯なのです。
一層素朴な織が気に入りました。


とてもヴィヴィッドな赤の色。

(日差しの強い真昼間に撮ったので、余計ガンガンに明るく撮れちゃってるってこともあるんですが。。。)

でも、室内に持ってくると、ちょうど良い明るさの色に落ち着きます。
全部赤の絨毯ってこの赤が目に飛び込んできて落ち着かないのでは、と以前は思っていたのですが、
モロッコは天井が高いし、椅子の生活だし、目線が高いので気にならないことがわかりました。


ほんとにざっくりざっくりの厚手の織です。

e0092286_23362259.jpg

どうしようかな、今ある居間の絨毯もちょっとくたびれてきたから、冬になったらその上に敷いて使おうかな。
なんて思案中。


でも、又ワンニャンに真っ先に占領されるんだろうなあ。。。。 へへ


e0092286_23372639.gif


                              ブログランキングに参加しています。
                              どちらか応援ポチッ よろしくお願いしま~す。

                                           にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村                                   にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ
にほんブログ村

                                                       ありがとうございました。


*********************************************************

by nmariomama | 2010-07-24 00:08 | 工芸品関係 | Trackback | Comments(27)
トラックバックURL : https://petitmario.exblog.jp/tb/12992502
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by りこりん at 2010-07-24 05:09 x
きれいな色ですね。
うちはルディが来てから、ますます絨毯を敷かなくなってしまいました。抜け毛が付着して悩まされそうだったので。
でも、ふつうはワンにゃンの足腰のためにも絨毯はあったほうがいいですよね。(我が家はルディがめったに飛んだり跳ねたりしない犬なので、それをいいいことに…笑)
フローラちゃん達も、おニューのじゅうたんでゴロンゴロンするのは気持ちいいでしょうね。近日中に実践するのかな?
Commented by シンコー at 2010-07-24 05:12 x
冬にはもってこいの暖かそうな絨毯ですね。
でも毎日熱帯夜が続く東京の夏には向かなそうです。今年は特別で、エアコンつけっ放しでないと眠れません。
最近、週末の早朝に近所で次のような光景をよく見かけます。
住宅街の細い路地でまだら模様のねこちゃんがちんまりと佇み、その家のお母さんが出てくるのを待っています。
帰りがけ(40分後ぐらい)に同じ所を通ると、お母さんに撫でてもらっているか
家の玄関周りを掃除しているお母さんの傍でまたちんまりと座っていたりしています。
私はたまたま週末のみ見かけるのですが、おそらく毎日繰り返されている光景なのでしょう。
車で通り過ぎるだけなのですが、今では毎回速度を落としてその路地の光景を見るのが楽しみです。
あのねこちゃんは飼いねこではなく外ねこさんのような気がしています・・・。
Commented by セシリア at 2010-07-24 05:33 x
おはようございます!毎日、この早朝でも、すでに30度に近い日本。どーなっているんでしょうねぇ?何より、パパの体が心配です。あの息苦しくなるような激暑の中、外での肉体労働ですから。娘は昨日の部活中、鳥が落ちてきて死んでいたと。あの暑さ、鳥は死に至ったよう。熱中症で死亡者も出ているので、本当に心配です。

絨毯、素敵ですねー うちは、暮れに買ったのですが、初夏になる時しまいました。この暑さの日本の夏には、無理があります。また、冬になったら使います。それにしても家内作業で作るとは、凄いですねー 私も、そちらに住んでいたら、作っていたかも?好きなんですよね、手芸関係一般に。機織機(簡易な子供用おもちゃ)をかって、ランチョンマット作ったりしたのを思い出しました。絨毯のウールの匂いって、もしや、バブーシュのような、羊さんの匂いですか!?
↑りこりんさんの、お話、とっても微笑ましくて、画像がくっきりと浮かびました!皆が、そんな感じに、ノラちゃんに優しい日本だといいんですけどねー ちなみに、庭の仔猫z、ただ今朝の、お食事中です。お皿を2つに増やしました。毎回戦争になるので^^;暑いですが、皆元気そうです。
Commented by セシリア at 2010-07-24 05:35 x
すみません。↑で書いた方のお名前、りこりんさんではなく、シンコーさんでした。訂正しますね。
Commented by kobakoba-134 at 2010-07-24 09:32
おはようございます!
(*^^;;~~素的な色合いですね!
私も、家の中に、赤の絨毯があるのが大好きです・・(^^♪・・
どちらの柄も、好きだわ!ベルベットのような感触なのね・・
お部屋に敷くのが楽しみですね!
あはは~ぁ・・それはもう、ワンちゃん達が先取りね~・・(^^♪
Commented by nmariomama at 2010-07-24 15:26
☆りこりんさん
そうそう、絨毯のお掃除は大変ですよね。
毎日毎日しこしこと掃除機かけてます。
うちもフローラがあんな風に足腰痛めるまで、全く考えなかったんですけど、
でもねえ、フローラのために絨毯敷き詰める余裕はないし、、、^^;
うーんと、これはですね、多分実際使うのは秋以降になるかと。。。
敷いたそばから猫3匹、犬2匹がわらわらと集まってきて、
ごろごろ、くんくん、と占領されるのが目に浮かびます。。。
大きいほうでも5匹が寝そべると、ニンゲンの居場所はなくなるなあ・・・
Commented by nmariomama at 2010-07-24 15:34
☆シンコーさん
そうなんですよね、今見ると熱々しい色なので、やっぱり冬向き、秋以降の使用となりそうです。
こちらは乾燥してるので、夏でもウールの絨毯は気持ちいいんですよ。
日本の湿気では、絨毯の手入れも大変ですよねえ。
シンコーさんのご覧になった猫のいる風景、
素敵なお話、ありがとうございました。
何でもない光景かもしれませんが、猫にとってもそのお家のお母さんにとっても、
日課とも呼べるその光景、大切なものに違いありません。
通い猫さんだとしたら、尚更愛おしく感じる光景ですね。
いつまでも続きますように。。。。
Commented by nmariomama at 2010-07-24 15:46
☆セシリアさん
熱帯夜で気温が下がらないのですね、熱気がどんどん蓄積される感じでしょう、辛いですよね。
こちらは夜は気温がぐんと下がりますので助かります。
パパさん、そして従業員の方たち、ご無理のないように。。。。
絨毯、日本で使いこなすのは大変ですよね、湿気のある暑さもそうですし、
手入れも大変だし。。。
絨毯の匂い、そうそう、ちょっと獣臭いような、これが残ってると、
まりおがマーキングしちゃうんですよ^^;
昔、ムートンの敷物にもやられましたからねえ。
シンコーさんのお話、素敵ですよね、
そういう気持ちが自然の気持ちとして日常に欲しいですね、何に対しても。。。
チビ猫zも段々大きくなると、5匹ですものね、食欲も大変だわ。
とにかくこの夏、乗り切ってほしいですね。
餌代かかってしまうけれど、セシリアさん、お頼み申します~
Commented by nmariomama at 2010-07-24 15:49
☆kobakoba-134さん
赤も案外にいいですよね、これはちょっと明るすぎるかなあ、と思ったのですが、
家の中で広げてみると中々良かったです。
でも、やっぱり冬に使う色かなあ、と思い、使用は秋以降にするつもりです^^
そうなんですよ、試しにちょっと広げた時でさえ、わらわらと集まってきましたから、、、、
ワンニャン5匹で占領されたら、ニンゲンの場所がなくなっちゃいます~^^;
Commented by きゃふ at 2010-07-24 15:57 x
鮮やかな絨毯ですね♪

石造りの家って冷えるんですか?
想像もつかなかったです
だから、絨毯が必需品・・・
納得しました!
Commented by tetsuro-w at 2010-07-24 16:06
うわぁ~、とっても素敵な色合いの絨毯ですね~。
手織というのも、温かみがあってやさしい風合いですね。
こんなのが床に敷いてあったら、
お家の中がパァ~っと明るくなりますね。
ワンニャンちゃんたちのお気に入りになるのも、
目に見えてますね(笑)。
Commented by LALA at 2010-07-24 22:42 x
ステキな絨毯ですね。
工芸品の中でも、手織り絨毯はとても魅力的です。
以前、イラクから来日したペルシャ絨毯の職人さんの実演を見たことがありますが、あの細かい絵柄がすべて頭に入っているのに驚きました。
もう、魔法を見ているようでした・・・。
もちろん、お値段にも目が飛び出そうでしたが^^:。

この赤もいい色ですね。
ざっくりした織物も温かみがあってステキです。
寒い季節には、見た目も暖かくていいですね^^。
しかし、これはわんにゃんの占領されるのは間違いないです。
この冬は、おNEWのマットよ~みなさん♪。
Commented by 小太郎 at 2010-07-24 23:28 x
きれいだけど、重そう…
一人で持てますか♪

今日本屋さんで、モロッコの写真集を手にして
魅せられています。
Commented by Dewi at 2010-07-24 23:37 x
綺麗な色ですねー。
またこういう感じが、石造りの家にぴったりですね。
こちらは絨毯とは無縁なので、
私もこの上でスリスリ、ゴロンゴロンしたい~!

Commented by nmariomama at 2010-07-25 04:16
☆きゃふさん
すごい色、って感じなんですが、意外や屋内に敷くとしっくりくるんですよ^^
そう、石造りの家は夏は快適ですが、冬は下から深々と冷えてきます。
で、絨毯が必需品、です。
ワタシ個人にとっては、時々床にペタンとおばあさん座りをするためにも
必要な絨毯なのであります~^^;
Commented by nmariomama at 2010-07-25 04:19
☆tetsuro-wさん
何はともあれ、ハンドメイドってところがいいですね。
荒いんですよ、織具合や糸の処理とか、、、、
でも、それが却って温かみを感じさせてくれるので大好きです。
あはは、ワンニャンに占領されるの図、
今から想像が容易で笑っちゃいます、秋をお楽しみに^^
Commented by nmariomama at 2010-07-25 04:25
☆LALAさん
ペルシャの絹織りの絨毯はねえ、、、、、見てるだけでため息出ますよね。
そんなのとは比較にならない素朴さですが、なぜかこの荒い織に惹かれます。^^
そうそう、こちらでも伝統的な織りの絨毯の絵柄は、すべて下絵図なしで成されます。
すごいですよね、正に職人芸。
この絨毯はそこまで絵柄が入ってませんが、手織りですのでたったひとつしかない、
というのも又いいですよね。
ワンニャン占拠はもうしょうがないと諦めてますが、どんな風になるか、
秋までのお楽しみと言うことで~^^
Commented by nmariomama at 2010-07-25 04:29
☆小太郎さん
あはは、重量ですか。
大きいほうはそうですね、結構重たいですが、このくらいならワタシでも持てます。
屋上まで運んだのはワタシですから^^ヾ
こちらの物って重たい物が多いので、知らないうちに腕力もついてるってことでしょうか へへ
あらら、モロッコの写真集ですか、いろいろあると思いますが、
一度魅せられるとはまりますよ~ 女性も綺麗だし・・・・^^
Commented by nmariomama at 2010-07-25 04:33
☆Dewiさん
あ、そうですよね、、、こんな厚ぼったい絨毯なんて、そちらでは必要ないですよね。
普段使いの荒い出来なので、心おきなく使うことができて、こういうほうがいいですね。
屋上で敷いて、ごろんごろんしてもいいなあ、、、、まりおと一緒に^^ヾ
こちらは冬、それなりに寒くなりますので、とにかく絨毯がないと下からの冷えにまいっちゃいます。
暖房設備より、まず絨毯、という感じです^^
Commented by cocomerita at 2010-07-25 18:56
Ciao まりおままさん
hakuさんのところではお世話になりました
ってことで、ちょっと寄ってみたら
まりおままさん、モロッコに住んでるんですか――?
うわ――素敵
最近ヨーロッパに全然興味がなくて、
9月にトルコに行くんですけど、そのうちモロッコも行きたいなあと思っていました
おまけに猫まで飼ってらっしゃる
家のチッチも完ぺき外猫なんで
本物のネズミを相手にしてるせいか、おもちゃというものには見向きもしません
本物にはかないませんよねー

この絨緞色もデザインもとっても素敵
こうして、洗えるってのもいいですね

又来まー―す ^^
Commented by nmariomama at 2010-07-25 23:16
☆cocomeritaさん
Junkoさん♪ ご訪問ありがとうございます^^
いえいえ、なんだかただのお邪魔ムシでございました。
結局のところ、間違ってたりして、オハズカシイ限り。。。
でも、とにかく、リンクの件が一件落着で良かったです^^>
はい、こちらモロッコ発信となっております。
そちらはイタリアなんですね! 
イタリアも大好き、ローマだけは大昔に覗いたことあるんですが。。。
トルコも良さそうですね、モロッコにも是非!
トルコもモロッコもはまっちゃう方が結構いらっしゃるようで、
リピーターが多いようですよ^^
それに、モロッコは猫天国ですので、楽しみにいらしてくださいね~
我が家は現在猫三匹、それに犬が二匹、
実に雑多ななブログですが、良かったら又是非お気軽に遊びにきてくださいまし。
ワタシもそちらにお邪魔したく、よろしくお願いいたしま~す^^>
Commented by haku at 2010-07-25 23:45 x
わーーー、すごく私の心引かれる色です。
モロッコは 行きたい場所ベスト3に入ってる国。その中でも 陶器や織物 革製品 色つかいがとてもお気に入りで。。。
特にあの皮のスリッパ、もう色んな柄や色が売られてて いくつも欲しいくらいです。
街の壁の色や ドアの色もかわいいし。。。

うーーーーーん、行きたいです。。笑
Commented by nmariomama at 2010-07-26 04:24
☆hakuさん
お好きですか、こういう色、ちょっと明るく写り過ぎていて、
室内ではもう少し、落ち着いた色になりますが、、、
おお、ベスト3に入ってますか、光栄です^^
日本からだと遠いですからねえ、それがネックのようですが、
思いが強ければ道は通じると思いますので、頑張ってください~(笑)
モロッコ人の色使いって、原色はあまり使いませんので、日本人にもしっくり来る物が多いように思います。
陶器も素朴ですが、いいですよ~^^
Commented by funkytiger at 2010-07-26 23:59
すみません。僕は皆さんと全く違うところに目行ってしまいました。
見た目がとてもしっかりと丁寧に作らている絨毯ですが、他の絨毯と比べると重いでしょうか?
最初に屋上で干しているシーンを拝見した時に「marinomamaさんも上まで運ぶのがたいへんだったのでは?」と思いました。
すみません変なところに着目してしまいました。
でも重いのであれば運ぶ時は腰を痛めないようにお気をつけ下さい。
Commented by たぬクロ at 2010-07-27 14:24 x
ステキな絨毯ですね。3月のモロッコ訪問時に「絨毯を買おう・・・」と、いろいろみてまわりましたが、目移りしてしまってなかなか決められないのと、表示されている価格が妥当なのかどうかに悩み、結局買わずじまいでした。重さも心配でしたし・・・
でも、やはり赤の絨毯、いいなぁ・・・
次回、小さいめのものをチャレンジしてみようかなぁ・・・、とすると、飛行機はやはり30KGは文句無くOKのエミレーツになりますね。
まりおままさん、次回、絨毯の選び方、教えてくださ~い。
Commented by nmariomama at 2010-07-27 15:48
☆funkytigerさん
いえいえ、これ又モロッコの絨毯を良く知っていらっしゃる方は、気になる所かもしれません。
ほんと、重たいですからねえ、絨毯って。
これはですね、見た目より織はざくざくで荒く、そんなに重たくないんですよ。
だから、ワタシでも一人で屋上まで運べました。
はい、ありがとうございます、十分に気をつけます、
この時も本当は息子に頼もうと思ったのですが、ちょうどいなかったので・・・
Commented by nmariomama at 2010-07-27 15:55
☆たぬクロさん
この絨毯は本当に普段使い、観光客が行くお店にはない代物です。
次回、それでは絨毯探しに勤しみましょうか。
絨毯と言えば、フェズですけれどねえ、、、、お値段もいいし、
でも、見たら絶対欲しくなりますよ、ただし、フェズの絨毯の色は、
フェズブルーの青が特徴になりますが。。。。
ベルベル系のも私は好きで、、、、これも又いろいろ種類あるし、
絨毯見るだけで時間がどんどん過ぎていきますね、きっと^^ヾ
小さめのなら、頑張って持ち帰れるでしょう、楽しみですね♪


<< やっぱりネズミは猫じゃないとね      その後のお嬢のダイエット >>