続・まりおの部屋

petitmario.exblog.jp
ブログトップ

タグ:風習 ( 44 ) タグの人気記事


2013年 07月 14日

ラマダンは粛々と。。。

みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

新月から始まったラマダンも、三日月のお月様をすでに迎え過ぎ、今日で5日めです。

去年まではなんだかんだ、息子も一緒だったのですが、今年は夫婦二人のフトール。
(フトールは一日の断食明けの食事のことを言います。)


ラマダン初日、二日めは酷い暑さになったのですが、
おかげさまで、三日めから気温もぐっと下がり、30度に満たず、ホッと胸をなでおろしてます。

二日めまでぐったりしていたおとうさんですが、昨日あたりはだいぶ調子も良くなってきたようで、
フトール前に何やら自転車を引っ張り出してきて、

ちょっとひとっ走りして来る~

と出かけてしまいました @@


要するに、フトールの時間まで(昨日の日没は7時44分)暇なんですよね、男性は。

女性はいろいろ準備があったりで大変なんですが。


まりおがいた時にはまりおの散歩方々、フトール前の時間つぶしをしてたんですが、

フローラはワタシが一緒に出なければだめなので、お相手は務まらず、、、

まりおがいなくなって年のラマダンは、おとうさん、
手持ち無沙汰でひどく寂しい思いをしてたみたいです へへ;


で、去年あたりから、いとこやら友人と散歩程度のことはしてたんですが、

今年は、なんと、自転車?

まあ、いいけど、無理しないでねえ、もう歳なんだから~~

フトールぎりぎりまで帰ってこなかったので、ちょっと心配したのだけれど、
やっぱりいい気になって、パレ(王宮)のほうまで行って来ちゃったよ、ですって。

ま、それだけ元気があるならいいんだけどね。

後、25日? がんばってくださいよ~~


で、今日の画像は、7月に入ってすぐぐらいに撮ってあったの忘れてましたが、
我が家の庭の花。

今年は全然だめだったブドウ棚の傍の、


ベニゲンペイカズラ。

e0092286_16292823.jpg

蕾です。 可愛らしいでしょう^^


普通にゲンペイカズラというと、白い蕾から赤い萼が出てくるという感じで、
正に源平、紅白の対比が美しい花なんですが、

我が家にあるのは、ベニがつくので、蕾はピンクなんです。


開くと赤い萼が、、、

e0092286_164032.jpg

残念ながら、低い位置はまだ蕾ばかりで、開いたのは高い所でうまく撮れません。

赤くぽちぽちと見えるのが開いたところです。

e0092286_165112100.jpg


で、下の開いたところをと思ってるうちに、すごく暑い日が続いてしまい、
やれラマダンだのバタバタして忘れてしまいました。

おまけに、階下の義弟の所に来ていた庭師さんが、ブドウ棚の手入れをしたついでに、
このベニカズラも綺麗に切りそろえてしまって、、、、

ああ、、、、、つぼみ  がああああ


やれやれ、、、、 まあ、又そのうちに花がつくでしょう。。。

今度はうまく開花した写真を撮りたいと思います m(__)m


因みにこのベニゲンペイカズラ、クマツズラ科、アフリカが原産。

寒さに弱いので、日本では沖縄だと見られるようです。


もうひとつ。

カエンカズラ、、、 つぼみ

e0092286_173793.jpg


ノウゼンカズラ科、ブラジル南部やパラグアイなどが原産だそう。

カエンカズラ、、、、火炎葛、、、その名のとおり、開くとまあ色鮮やかで、

e0092286_176451.jpg

いかにも南国を思わせます。


和名では別名、オキナワギクとも呼ばれるそうで、その呼び名からもわかるように、
日本では先にご紹介した、ベニゲンペイカズラと共に、主に沖縄で見られる花だそうです。


というわけで、ラマダンの話に絡めて、我が家の花、二種、お送りいたしました^^>



では、また ───ヾ(´ー`)ノ───



e0092286_17112397.gif





*************************************************
[PR]

by nmariomama | 2013-07-14 17:22 | 自然・花・風景 | Trackback | Comments(33)
2011年 08月 23日

玉子焼きにまつわるカルチャーショックの話

さてさて、ラマダンもいよいよ最終コーナーを回りました!

後一週間♪

普通はラマダンは30日間なんですが、今回カレンダーでは29日間で終わるようになってる。。。
イスラムにもうるう年とかあるので、その関係か、
一日でもすくないほうがいいので、そのほうが嬉しいけれど、
相変わらずその日にならないと終わるか終わらないかわからないので、期待しないでいようっと へへ


で、日曜日のことなんですが、息子から、フトール(一日の断食明けにとる食事のこと)に
おにぎりと玉子焼きが食べたい、とのリクエストがあり、いつものフトールのメニューに加えてみました。


こんな感じ^^

e0092286_16212073.jpg




でねえ、玉子焼きなんですが、普通の厚焼き玉子ね、

いや~~ものすごい久しぶりで作ったので、フライパンを持つ手が震えましたよ(笑)
少なくとも10年くらい作ってなかった?

しかもちゃんとした玉子焼き器、あの四角いやつね、なんてあるわけなく、小さめのテフロン加工の
フライパンで、ですから、うまく巻き込めるか、、、、、


母、必死の10年ぶりの作 (汗

e0092286_16212910.jpg

時間経っちゃったのでちょいとぺちゃんこになってしまいましたが。。。

まあ、なんとかそれらしく納まったか? (汗汗


それでね、いっつもこの厚焼き玉子を作る時に思い出すのが、中学の時のことなんですよ。

この日に作った玉子焼きは、甘い玉子焼きです。

私はずっとこの甘い玉子焼きで育ちました。

でも! 中学の時、あれは3年生の時だったか、、、、、

小学校までは関西にいたという子と、たまたまお弁当を一緒に食べて、玉子焼きをもらったら、

なんと! その玉子焼きが 甘くなかった!


出汁のきいた塩味の玉子焼きだったのには、本当に仰天しました。


それまで、玉子焼きと言えば、甘い物だとばっかり、こんな玉子焼きが存在するなんて、

これが、私の人生で一番最初に出逢ったカルチャーショック! でありました。

笑っちゃうでしょう?

関西って玉子焼きにお砂糖入れないんですねぇ

今でこそ、流通やら通信の発達でいながらにして全国ツツうららの食べ物が手に入りますが、
私の中学時代なんて言ったらねぇ、大昔。
国内旅行だって家族旅行くらいだし。 食べ物だってそんなにいろんな物に日常で出逢うこともなかった。

本当にびっくりしました。

因みに、私の一番好きな厚焼き玉子は、母方の祖母がいつも作っていた、お酒をたっぷりきかした
甘々の玉子焼きでした。

祖母は北海道の出身、北海道が全部あの味なのかわかりませんが、
とにかくあの味が気に入っていたのです。 しかし、祖母亡き後は巡り逢えず。
我が母は、お酒を入れるのは好きではないらしく、味醂だったのです。

次にその味に出逢ったのは、会社に入って、同期の子たちとお昼を一緒に食べてた時、
そのうちの一人が時々持ってきていたお弁当の玉子焼きを、ある時何気なくもらって食べてたら!

え? えええ   あの味、、、おばあちゃんの玉子焼きの味と一緒!
お酒が入ってる~~~ しかも、たっぷりと~~

これ、味醂じゃだめなんです、お酒でないと!(笑)

いや~  思わぬところでお気に入りの味に出逢って感激でした。

因みに彼女のお母さんの出身地は会津でした。
北海道ではなかったけれど、なるほどねえ、会津はお酒、美味しいしなあ、、、なんて、
変なところに寒心したりして(笑


ああ、懐かしいなあ、、、、、彼女どうしてるだろう、、、、

あの玉子焼きの味を彼女は受け継いだであろうか。。。。 (焦点はそこか?^^;)


で、私もそれ以来作る時はお酒をきかした玉子焼きだったんですが、
こちらに来てからは、そういうわけにもいかず、大体料理にアルコールはつかえないし。


というわけで、カルチャーショックはそれからもいろいろあったし、
こちらに来てからも数限りなく出逢ったけれど、

この玉子焼きの件は、本当にショックで、未だに覚えている、
正に、初めてのカルチャーショック、それも国内での経験だったというお話でございました^^


皆様にもきっとおありでしょうね、初めてのカルチャーショック。

あ、それと、皆様が日常で作ったりお食べになっている厚焼き玉子が、どんな味か、教えてくださ~い、

まだまだいろんな玉子焼きが地方によってはあるのではないかと興味津々にしております~^^>


最後にしつこくもう一枚、 この日のフトール、他のメニューと並んだ玉子焼きとおにぎりです♪

e0092286_16213875.jpg



          ではでは~~


e0092286_16232499.gif


                             ブログランキングに参加しています。
                             どちらか応援ポチッ よろしくお願いしま~す。

                                  にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村                         にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ
にほんブログ村

                                                       ありがとうございました。



***************************************************
[PR]

by nmariomama | 2011-08-23 17:18 | 食べ物関係 | Trackback | Comments(20)
2011年 08月 03日

8月突入、一気にいろいろ~

さてさて、、、モロッコは8月を迎えて、サマータイム終了、ラマダン開始、それからそれから、、、、

っといろいろ何やらせわしなく一気に生活周辺が変わっております。


まずは、サマータイム終了。

え?もう? って思いますよね。

去年もそうだったのですが、これは昨日から始まったラマダン(断食)に合わせたもので、
言わば、強制終了ですね(笑

ラマダンはご存知、夜明けから日没までいっさいの食物を口にしてはいけない、
というイスラム教の行のうちのひとつですが、サマータイムのままだと、日没の時間が遅い!
ってんで、一時間進めていた時計を元に戻したってわけね。

なんかせこいって感じもしますが、実際のところ、この一時間の差は大きいのです。
私としても、元々サマータイムはいつまでも太陽がギンギラと西の空に君臨してるのが堪らず、
終わってホッとしてます。

で、ラマダンは恙無く始まっていますが、私は今年もパスをしており、全面的に家族のサポート態勢です。
ま、これはこれで夜が自然と遅くなるので結構きついんですが、

今の所、それほど暑くないのが幸いです。
何はともあれ、無事30日過ぎますように。。。。。


で、ラマダンが始まったこのひと月は、いつものお出かけがままならず、
朝の散歩ついでの朝食カフェも、この間の日曜日(7月31日)を最後に、しばらくお休みです。


で、今日の画像はその時のもの。


それでね、今日のこの写真は、携帯撮りなんですよ。

私も実は、こっちでやっとカメラ付きの携帯に替えまして、、、、^^;

ほんとはソニーのが欲しかったのだけどまだまだ高くて、それは横目で見ながら、
サムソンで我慢^^ヾ 機能としては、ヨーロッパ製よりいいんですよねえ、日本製は高いから、
うちの家電も韓国製がノシテマス(笑) テレビもそうだし、電子レンジもそうだ!

ま、いいや、その話はおいといて、、、と。


いつものカフェ。。。

e0092286_16155963.jpg


一口食べた後に慌てて撮って、パンくずも一緒に写っちゃったし、ぼけてますが、あしからず~

e0092286_1616886.jpg


フローラを携帯で写すのは至難の技、動くんでねぇ、、、、やっと撮れたのがこれ へへヾ

e0092286_16161581.jpg


というわけで、こんな携帯のカメラでも、街中でちょちょっと撮るのにはいいかもね、と思い、
デジイチ、コンデジ、携帯と場に合わせればいいか、気楽に撮っていけばいいね。


おまけ、、、、やっぱり微妙にぼけるなあ、、、、イカ耳になってるステフィーですが、、、これも携帯^^

e0092286_16162315.jpg



ではでは、、、、今日はこの辺で。。。。  おそまつさまでございました^^>


e0092286_16173694.gif


                              ブログランキングに参加しています。
                              どちらか応援ポチッ よろしくお願いしま~す。

                                   にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村                          にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ
にほんブログ村

                                                       ありがとうございました。



******************************************************
[PR]

by nmariomama | 2011-08-03 16:47 | 徒然何でも在り記 | Trackback | Comments(16)
2011年 07月 11日

あ~ 疲れたあ~ の週末でしたぁ

週末、みなさまはいかがでしたでしょうか。

私は義弟の結婚式に巻き込まれて、大騒音の週末となり、げっそりの週明けです~~ やれやれ。。。


夫のすぐ下の弟、もう40も後半、
だから、やっと結婚、ってところで親族一同ホッとしたというところなんですけれどね。

お嫁さんは、20以上も年下。

まあ、よくこんな綺麗な若いお嬢さんが、と日本的に考えてしまいますが、
こちらでは結構良くあるんです。

伝統的な結婚式をするにはすごくお金がかかるので、男性は結婚資金、経済力を貯めてる内に、
あっという間にトシ食っちゃうんですよね。

でも、伝統的な結婚から言えば、この経済力がものすごく物を言う。

最近では本人同士、恋愛でさっさと結婚しちゃうケースも多いけれど、
まだまだこんな伝統的に、事を進めていく結婚もたくさんあるようです。

義弟の場合は、まあ、独りが気楽だったのもあるらしいけれど、気がつけば40過ぎ。
周囲がやきもきして、お嫁さんを見つけ出してきた、ってわけ。

で、当然そうなると伝統的な結婚を望んでる家族なので、お嫁さん側は義弟の人柄はもちろんだけど、
彼の経済力を重視してきます。

で、一応経済力はあるらしい、ってんで合格となったのでしょう。。。^^ヾ



さて、伝統的な結婚となると、まずは婚約式、これを女性側と男性側と両方やります、つまり二度ね。

この辺の男性側の苦労話は、過去記事ですが、モロッコの婚約式 で綴ってありますので、良かったらどうぞ。

で、その後程なく、結婚式となりますが、これもまず、花嫁側で指輪の交換の式、その後の披露宴が行われ、
その後、又花婿側でも披露宴が行われます。

この時の費用、花嫁側の費用も花婿持ちだったり、直接的ではなくても結納金の中に一緒に乗せてあったり。。。


義弟の場合もそんなに規模は大きくなくても、やっぱりちゃんと花嫁側、花婿側とそれぞれ披露パーティが執り行われました。


今回のお嫁さんは地方在住なので、それには私は行かなかったのですが。。。


夫が我が家代表で行って、写真は撮ってきてくれました。

お嫁さんです^^

e0092286_15553831.jpg

手には、こちらの伝統的なヘンナという染料を使った上にデコレーション。

こちらもお色直しがあるけれど、この時も3回着替えたのこと。

序盤が上のグリーンで、中盤は赤、最後がこの白だったんですね。

e0092286_15555180.jpg


それで、これも伝統的な結婚式で良く行われるんですが、
式の最後に花嫁さんと花婿さんを御みこしみたいにして担いで、会場を練り歩く。

今回は花嫁さんだけ。 義弟は遠慮したそう、
まあね、すごく大きい人なんで担ぎ屋さんが大変だろうしね。

担がれる前、、、、ちょっと不安そう?(笑)

e0092286_15555989.jpg



そして、担いでる時の様子です、会場が暗いのでちょっと見づらいと思いますが、動画でどうぞ。。。。





さて、これが、7月1日のこと。


その後、一週間後の一昨日の土曜日に花婿がでもう一度披露宴が行われたというわけです。

つまり、義弟は義母と一緒に暮らしてますので、当然ここで行われたのですが、本番土曜日を挟んで、
前日の金曜日から準備やら何やらで人は集まり始め、やんややんやの大騒ぎ。
準備の間も音楽は鳴り、歌は歌われ、本番は翌日が明けた日曜の朝まで続きましたから、
もう、本当に大音響の渦の中の週末でした。。。。


この土曜日の様子は、、、、

外でテントを張り、会場になったわけですが、私はもうちょっと挨拶しただけで、トンズラ^^;

だってねえ、この大音響もさることながら、私にはこのパーティ会場なるものに、もうひとつ厄介なものが
あるのですよ~

それは何か!

参加者たちがつける香水のニオイ、、、、なんです。。。。


私、元々強いにおいに弱くて、すぐクシャミの連続になる。

こちらでは男性も女性に負けじと使いますので、こういう場所になると、それはそれはものすごいニオイの集団となって。

挨拶のハグをしただけで、私にもニオイがついてしまいます。
握手でも、どういうわけか、手にニオイが。。。。


というわけで、ちょっといただけで鼻がむずむずしてきて。。。。
いいかげんで退散してしまったというわけです。


以下、ちょっとだけ写真。

もう、初めから終わりまで、ほとんど踊りっぱなし。

e0092286_15561021.jpg



こちらはオバ様方ですが、カフタンと呼ばれるこちらのパーティドレスが中々シック。

e0092286_15561772.jpg


男性も踊ってますけれど、でも、こういうパーティの主役ははっきり言って女性ですね。


こちらは若かりしころを思ってか、おじいちゃんもちょっとだけダンス、ダンス(笑)
相手が女性でないのが残念。

e0092286_15562419.jpg

このおじいちゃんが着てるのが、こちらの男性の正式の服装です。


眠いよねえ、、、、子供たち。 この時ですでに1時近い時間。
でも、子供たちは眠くなれば適当にその辺で寝ちゃう。 大音響の中でも平気で眠れるタフな神経は
この頃から養われるんでしょうねえ。。。。

e0092286_15563158.jpg

この子供が着てるのも、子供の正式スタイル(パジャマじゃないんです、アシカラズ^^ヾ)
靴もこちらの伝統的な履物、バブーシュできめてるね。


さて、このパーティは朝の4時で一応お開きとなりました。
ふつう、もうちょっと6時とか7時くらいまで続くんですが、テーブルや椅子は借り物。
これを即、返さなくてはいけなかったんです。

なぜかって言うと、後がつかえてるんですねえ。
今、モロッコは結婚式ラッシュ。

来月からラマダンが始まるので、その前にやってしまおうというわけです。
ですから、又この日、日曜日にやろうという人たちのために、次の会場に椅子もテーブルも
運ばれていったのでしょう。
ご苦労様なことです。。。。


さて、その後も余韻さめやらない我が家の敷地内、、、、、

少し静かになったところで仮眠をとって、我が家はその後カサブランカの空港に向かいました。
(カサブランカの空港はワン連れでも大丈夫なので、フローラも一緒に^^ ラバトの空港はだめ)

いえね、息子が休暇をとって旅行に出ていて、日曜のお昼前に帰ってくるのを迎えに行ったんですよ。

今回、息子はなんと! 飛んでいすたんぶ~~る   だったんですよねえ。

そう、トルコに行ってたんです。


又写真をたくさん撮ってきたと思われるので、トルコの話、載せちゃおうかなあ、、、、へへ


というわけで、バタバタした我が家の週末の様子をお送りいたしました。


長くなってしまいましたが、最後までお付き合いくださり、ありがとうございました^^>


ではでは。。。。


e0092286_15581674.gif



                             ブログランキングに参加しています。
                             どちらか応援ポチッ よろしくお願いしま~す。

                                   にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村                          にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ
にほんブログ村

                                                        ありがとうございました。


****************************************************
[PR]

by nmariomama | 2011-07-11 17:03 | ひとくちモロッコ | Trackback | Comments(18)
2010年 11月 18日

昨今のモロッコの犠牲祭

                                       12世紀建造、未完のモスク、ハッサン塔
e0092286_16114025.jpg




モロッコは、昨日から二日間、犠牲祭に入っています。

犠牲祭というのは、イスラム教の大祭のうちのひとつで、羊を神に捧げる宗教行事です。
地域によっては、羊の代わりに山羊、または砂漠地方ではラクダということもあります。

一家に一頭、羊を購入、アラーの神の名のもとに家で捌き、神に感謝の念とともに、
一頭余す所なく頂く、というイスラムの風習です。

しかし、我が家では、今年は羊の購入を見合わせました。

義母が今回は長女の所に行くというし、階下の住人たちも、去年は義兄の奥さんのお母さんが来ていたけれど、
今年は不在、ならばと旅行に行ってしまいました。
学校も今週は休みになってしまうので、ちょうど一週間のバカンスということで、
犠牲祭用の旅行がパックで売り出されているんですよ。
それを利用すると、何にもせずに羊料理がホテルで堪能できるというわけです。

まあ、そんなわけで、我が家だけで羊を買っても持て余してしまうので、
もういいね、今年は、ってな感じで見送りました。

その代わり、犠牲祭の前にお肉をしこたま買っておきます。
なぜなら、犠牲祭から一週間はお肉屋さんが閉まってしまうからです。
羊一頭丸ごと買えば、一週間は誰もお肉を買う人がいないですものねえ。

というわけで、我が家は羊なしの犠牲祭を過ごしているというわけです。

しかし、こういうことは、この頃では珍しくなくなってきてるようなんですね。

まだまだ大半の国民はこの犠牲祭で羊を購入していますが、
主に都会では、羊なしで犠牲祭を過ごす人たちも結構いるようです。

いろいろな事情が考えられると、一昨日の新聞にもそのことが話題で記事になっていました。

まずは、都会での住宅事情。
核家族化が進み、アパート住まいが多くなっているので、羊を買った後、どこに置いておくか、匂いの問題、
そして、処理する場所、後片付けの問題。

又若いカップルなど、羊を購入するより、そのお金を他に使いたい、羊一頭、ラバトあたりでは、
普通サイズで3000DH(ディルハム) (約3万円) 大きな上等の羊になると5000DHはしますので、
若いカップルにとっては大きな負担です。
それに、若い人たちは羊の処理が自分たちでできないことが多いし、汚い仕事ですので嫌がるのも無理ないし。

今時はそのためのクレジットなんかもあるのですが、とにかくそれにお金を使うよりは、
ということでしょう。

それから、健康のことがあります。
昔はこんなこと考えもせず、ひたすら宗教のため、と羊をせっせと食べていたのでしょうが、
近頃では、羊の肉のカロリーの高さ、特にこちらの人は脂身を好んで食べますので、コレステロールの問題、
普段の食事で時々食べていればなんでもなくても、短期間で多量に食べるので問題になるのでしょうねえ。
それから、モロッコは糖尿病が多い国なので、こういう人たちも気をつけなければいけない。。。

そして、階下の義兄一家のように、バカンスとして旅行に出てしまう。
行く前にお肉を買って冷凍庫に放り込んでおけば、帰ってきてからも心配なし。
最近では大きなスーパーだったら、二日の祭日の後なら肉コーナーも開くところがあるし。


という具合に随分変ってきているようなんですよ。
以前はそんなことをすると奇異な目で見られたことでしょうが、それが珍しくなくなってきた、
イスラム教自体が現代に逆行するような宗教ですので、こんな風な現象が起きてきても仕方ないことなのでしょうね。

まあ、我が家も来年どうなるかわかりませんし、今年初めて羊を買わなかったけれど、
別にねえ、私にとってはどうってことなく、いつもと同じに過ぎて行きますが、
モロッコ人の夫にとってはどうなのかな、と思っていたら、
今日のお昼、義母の行っている義姉のところにちょっと顔をだしてくる、、、とのこと。

やっぱり羊が食べたいのねえ、みんなと一緒に。
そう、このみんなと一緒に、ということなんでしょうね、重きをおくのは。。。
宗教行事のもうひとつの意味は、家族が大集合、ということでありますから。

はいはい、どうぞ、いってらっしゃいまし~  


というわけで、ちょっと長くなりましたが、変る宗教行事、モロッコの犠牲祭をお送りいたしました。

最後まで読んでくださって、ありがとうございました。


e0092286_16124824.gif


                               ブログランキングに参加しています。
                               どちらか応援ポチッ よろしくお願いしま~す。

                                      にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村                             にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ
にほんブログ村

                                                      ありがとうございました。



*********************************************************
[PR]

by nmariomama | 2010-11-18 16:24 | ひとくちモロッコ | Trackback | Comments(30)
2010年 10月 29日

マラケシュ 郊外のウーリカ

さて、翌日はマラケシュから30kmほどのウーリカ (Ourika)まで、タクシーで行き、
そこで、前回最後にご紹介したバギーのような乗り物を借りて、近隣を回ったようです。

(この乗り物はバギーではなく、免許が要らないもっと簡単なものなんだそう。)

ウーリカの町を抜け、
(写真で前を行く乗り物の人は、タクシーの運転手兼ガイドの人だそう。)
e0092286_15544829.jpg


町を離れ、、、、空を見てもわかるようにお天気があまり良くなかったそう。
道路がちょっとぬかるんでるのは、前日に雨が降ったからだということです。
マラケシュからウーリカは、アトラス山地に入りますので、山に向かっているということになります。
お天気もちょっと離れただけですが、マラケシュの街中とは違うよう。

e0092286_1555099.jpg



そして、、、、山道に入ります。

薪を背負ったロバたち、、、

e0092286_155588.jpg


薪は煮炊きに使われます。 

e0092286_1555188.jpg


この薪を集めたり、もっと山間に入ると水汲みなどは、女性の仕事です。

ここはモロッコの先住民、ベルベル族が住む地域、村が点在する場所なのですが、
8世紀後半から侵入したアラブ族は、ベールを被り、女性を外に出さない風習だった一方、
元から住むこのベルベル族は、イスラム教に改宗はしたものの、独特の文化、暮らしは崩さなかったよう。

ベルベル族の女性はヒジャブと呼ばれるベール付きの衣装も着ません。
村の男たちが、街に出稼ぎに行った後、女性は家を守り、畑を守り、家畜の世話をしなければなりませんでしたから、
アラブの衣装では動きにくかったのでしょう。

ベルベル族は北アフリカの先住民族ですが、モロッコに一番多く、人口の6割ほどだと言われています。


という感じにどんどん道を行くと、こんな場所に。。。

ウーリカの谷、、、と呼ばれるところだそうです。

e0092286_15552875.jpg


お天気がちょっと悪くて残念ですね。

一面荒野のようですが、多分春はもっと緑もあり、美しい谷の風景が見られるのではないかと思います。


遠くには、アトラスの山々が見えます。
e0092286_15554153.jpg

アトラス山脈の最高峰は、トゥブカル山と呼ばれ、4167M 

頂は万年雪で覆われ、マラケシュの街からでも見えるこの山の景色は壮観です。
夏、45度以上の温度のなる街から、万年雪が見える、この光景もマラケシュの魅力のひとつでしょう。


さて、この後は、近隣の山間に点在するベルベルの村に寄って、お茶をご馳走になったようです。


小さな村、、、、  カフェなどないので、何となく人がそこらへんで寛んでる光景が見られます。

e0092286_1558688.jpg



お茶をご馳走になった家の入り口、

(お茶をご馳走になったというのは、要するに案内も頼んだタクシー代に一緒に込みになっている、
というわけのようです。)

e0092286_15582655.jpg




通された部屋。
モロッコの部屋の典型です。 部屋の大小、家具調達のピンからキリまではあるものの、
皆、壁づたいにソファーが置かれ、下は絨毯。 

e0092286_15585242.jpg



ガイドさんが自らお茶を入れてくれたよう。  お茶はもちろん、ミントティー

e0092286_155935.jpg


お茶のお供は、竈で焼いたパン、左のバターは、ヤギのバター、右はオリーブオイルです。
これも直接パンにつけて食べます。
マラケシュはオリーブの産地としても有名なので、オイルも美味しいのです。

e0092286_15591347.jpg


そう言えば、オリーブの収穫時期ももうすぐ、11月に入ると収穫されます。



☆・・・・おまけ・・・・  家の横手で。  端に写っているのはベルベルの女性。


e0092286_15583988.jpg



この後、又マラケシュの街に戻った後、もう少し続きがありますので、後一回、お付き合いくださいませ^^>


e0092286_1601672.gif


                               ブログランキングに参加しています。
                               どちらか応援ポチッ よろしくお願いしま~す。

                                      にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村                             にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ
にほんブログ村

                                                          ありがとうございました。


*********************************************************
[PR]

by nmariomama | 2010-10-29 16:58 | ひとくちモロッコ | Trackback | Comments(26)
2010年 09月 10日

やれやれ、終りました^^/

昨日でラマダンが終了したモロッコです。

e0092286_15581181.jpg



やれやれ、今年は暑さも加わって、私がダウンしてしまうという想定外のことも起き^^;
後半は特にずるずると引きずったみたいに重たかったんですが、
やっと終ってくれて安堵です。

実は今日までだと思ってたんですよ、ラマダンは通常30日ですからね、

でも、今回、昨日で終ったということは、29日。
イスラム暦にもうるう年というのがあるらしいのですが、もしやそれか?
なんて思ったけれど、本家のサウジアラビアはちゃんと30日やってるのでねえ。。。

一日遅れで始まったのに、終わりだけ本家に合わせちゃった?

何だか良くわかりませんが、ま、いいですね、終った終ったと単純に喜びましょう(笑)


            終った! よしっ!     
                       とリキが入るまりおであります、頭の中はもうお出かけのことでいっぱい!
e0092286_15582225.jpg



一方のお嬢は。。。。。


            そばあ~~じゅ  へへ;


もう、ヘアースタイルが大変なことになってます (泣)
e0092286_15584058.jpg



            「ねえねえ、そんなことより、アタシ、ちょっと痩せたんじゃない?」  とフローラ
            「そおかあ???????」  怪訝なまりお 

e0092286_15585729.jpg




            ほら、どうかしらん   ふふふ・・・・

e0092286_1645073.jpg



さて、皆様の判定は如何でしょう? 手作り食、ダイエットの効果があらわれているでしょうか^^ヾ     

っていうより、この毛の状態、もう、ほんとにどうしたらいいのかしらん、ううう・・・・
ブラッシング大大大嫌いのお嬢なんであります~~;



ま、それはいいとして、、、、とにかく目出度くラマダンが明け、

モロッコは今日から明けのお祭りで3連休となります。

又親戚連が集まったりと人の出入りがごちゃごちゃあったり、お出かけも解禁になりますし、
バタバタしてしまいますので、明日明後日、土日の更新をお休みとさせていただきたく、
よろしくお願いいたします^^>


又月曜日にお会いしましょうね♪


e0092286_166403.gif


                                 ブログランキングに参加しています。
                                 どちらか応援ポチッ よろしくお願いしま~す。

                                       にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村                               にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ
にほんブログ村

                                                     ありがとうございました。
[PR]

by nmariomama | 2010-09-10 16:24 | まりお | Trackback | Comments(28)
2010年 08月 31日

入院の時の話・・・合わせてモロッコの入院事情

いろいろご心配おかけして、本当に申し訳なく、又、温かいコメントをたくさんいただき元気を出さなくちゃ!と
自分を勇気付けてるところです^^

本当にありがとうございました^^>

実際のところ、あまり自分がどうこうしたということを記事にするのは得意ではなく、
今日のこの記事も病気のことなんてねえ、、、って感じですが、

モロッコでの話、ということでまあ、ちょっと書き留めておくのもいいかなと思い、入院した時の様子などをお送りすることにしました。


まずは、最初に胃痙攣を起こした時、夜中をもう過ぎていたので夜中の救急で先生を呼んでもらいました。

モロッコにも往診システムがありますので、それの夜間救急体制システムを利用したと言うわけです。

これにかかる費用が注射代を含めて、300DH (約3500円)  

薬代は別、薬は診察後、処方箋で薬局へ。


夫が電話をかけたら15分で来れるというので、痛みで七転八倒しながらも、ほんとかいなと疑ったワタシ。
大体モロッコ人の言う5分が15分ですから、一時間くらい待たされる覚悟をしました。

しかし! 本当に医者は15分でやって来た!

ありがたや~~  でしたねえ。  多分ちょうど待機していた医者がいたので運が良かったのでしょうね。


で、痛み止めの注射を2本くらい打ってもらって、しばらくして痙攣は収まり朝には良くなったかと思ったのですが、

汚い話でごめんなさい、、、朝になって薬を飲んでも吐いてしまうわ、下痢はするはで、お昼まで様子を見てみたけれど、
さすがに私もこのままではどうにもならないと思い、病院へということになったのです。


普通の病院は予約制なので、この時も24時間体制の救急専門の病院に連れて行ってもらいました。

と、ここで、救急病院はラバトでも何軒かありますが、どこでもいいというわけにはいかず、選ぶことが大切。

夫が病院を探すから、もうちょっと待てるか、我慢できるかというので、仕方ない、ここの事情を知っているのでじっと我慢の子で頑張りました。

救急病院ですので、ここも医者は当番制、飛び込んだ時間に変な医者に当たると困るってんで、知っている医者に連絡、合わせて来て貰うように頼む。。。これが万全の方法なんですよ。

最初はびっくりしましたが、モロッコってね、医療体制はわりにしっかりしてるんですが、
医者の力量は、本当にピンからキリで、救急の飛び込みだとどんな医者に当たるかわからない。
これまでいろんな話を聞かされてますので、待てる場合は待つのが良策というもの。

つまり先に医者を選んで、その医者が出入りしてる救急病院に入る、というわけ。


で、無事に夕方ちょっと前くらいに病院に行き、そのまま入院、2日間点滴の日々だったというわけ。


病院は2年ほど前にできたというまだ新しい病院で、部屋もベッドも清潔で、冷房も完備、
病院のスタッフもとてもきびきびして手際よく、
とてつもなく快適な入院になるかと思えてホッと安堵したのですが。。。。


実は、個室の空きがなかったのですよ、2人部屋だったのです。

2人部屋なら御の字と思うでしょう、、、、お隣さんは盲腸も手術を終えたばかりの若い女の子でしたし。


ところがねえ、、、、、モロッコで入院にはもうひとつ大きな問題があるのですよ。

それは、   見舞い客!


これについては、以前もちょっと触れたかと思うのですが、

とにかく、モロッコ人は、誰かが病気になる、入院する、となると、 それっとばかり一族郎党友人、皆お見舞いに走るのです、


モロッコ人は  病気見舞い命!の国民 なのです。


ワタシのほうでも、幾人かは来てました、でも、ラマダン中だし、すぐに出るから来なくて良いと夫がだいぶ釘をさしてくれたようで、助かったのですが、


隣りは普通のモロッコ人。 


ラマダン中ということもあり、昼間はさすがに数は少なく、お母さんと姉妹のような子が付き添いでいて、
お父さんと思しき人が出たり入ったり。

しかし、 これがですね、フトールが終わったとたん!


どば~~~~~っと 波のように押し寄せて来たんですわ。

ワタシのほうも、フトールが終わって、夫と息子と義母がいましたが、それだけです。

極めつけは、10時くらい(夜ですよ)、看護士さんが看回りに来て、見舞い客の方はそろそろ引き揚げてください、と声をかけて行ったアトです。 一応、病院側でも考慮してくれるようなんですけどねえ。


隣りのほうもお母さんを残して帰って行ったのでやれやれ、、、、でも、このお母さんどうするんだろう、1人で帰るんだろうかと要らぬ心配をしてたら、やれやれ、ほんとに要らぬ心配でした。


うとうとしていたら、突然ドアが開き、どやどやがやがや、小さな子ども4人くらい交えて総勢10名ほどで病室に。

え?え?え?   時計を見たら11時半過ぎ、、、もうすぐ12時という時間、

ああ、ラマダンなり~~~~   

普段だったらさすがにこんな時間に誰も来ないでしょうが、ラマダンなので見舞い時間もずれるのがどうやらここの常識のよう。。。


1時近くまでがやがやと喋り捲って、それからようやっと全員で、お母さんも!引き揚げていきました。
つまり、それがどうやら、隣りの女の子の家族全員だったよう。。。(汗)

最後に部屋に備え付けのテレビを消して行ってくれたのがせめてもの幸いでした。
そうですよ、それまで、テレビもずーーーーーっと付けっぱなしだったのであります。。。。


やれやれ、、、、、これが2晩続いたのです、良くなる病気も後退だわあ~

点滴のノルマが終わった所で逃げるように退院してきた、というわけ (汗汗)


でもね、みんないい人たちなんですよ、

まあ、放っておいてほしいんですけれどね、
こちらにも気をかけてくれて、こちらに誰も付き添いがいない時には手をかしてくれたり、
そういうところがニクメナイ人たちなのであります。


というとことで、、、


         教訓です!


         モロッコでは絶対に病気にならないこと!


あらためて肝に銘じたワタシめでありました・・・・



長くなっちゃってすみません、 文字が白くて読みづらかったと思いますが、

最後までお付き合いいただきまして、ありがとうございました。


今日の画像は、春に日本で箱根の、箱根園水族館に行った時のくらげさんです。

まだまだ、こんな風に浮遊してるみたいに心もとないワタシみたいだなあ。。。。^^;

e0092286_18104865.jpg



ではでは。。。。。。



e0092286_1817494.gif



                              ブログランキングに参加しています。
                              どちらか応援ポチッ よろしくお願いしま~す。

                                       にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村                              にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ
にほんブログ村

                                                     ありがとうございました。



*******************************************************
[PR]

by nmariomama | 2010-08-31 18:26 | ひとくちモロッコ | Trackback | Comments(26)
2010年 08月 17日

涼しい内に再開しましょう^^

昨日今日と、結構涼しくてルンルン~ なんですが、
怠け癖がついてこのままずっとお休み状態になってしまいそうでした^^;

でも! 天気予報によると、この涼しさも水曜日辺りまでで、又週末にかけて暑くなりそうな気配。

ぐずぐずしてると又暑くなって、引っ込みたくなっちゃうといけないので、涼しいうちに再開しましょう、

てなわけで、又よろしくお願いいたしま~す ^^> 



さて、ラマダンは今日で5日め、とにかく気温が下がってくれて良かった良かった。



下の画像は、ある日の我が家のフトール

フトールと言うのは、一日の断食明けに食べる食事のこと。
普段は朝食を意味するものです。


e0092286_23271612.jpg



イスラム教は一日の始まりが日没、お月様の出と共に始まりますので、断食の間は断食明けの食事が
フトールということになるようです。


大体がモロッコの伝統的な甘いお菓子が並びますが、うちは息子がそれらの物をあまり食べないので、
それを並べた上に、ちょっとしょっぱい物を用意します。

この日は、小さなピザ風タルトを作りました。
タルト生地は市販されているので、トッピングするだけの簡単作業 へへ

後、飲み物は各自の好きな物、紅茶、ミルク、フルーツジュース、、、、

でも、今年辺りしみじみ思うのは、このフトールも食べる量が少なくなったなあ、、、、
うちのダンナもトシかな、昔はもう、ほんと、このフトールで食べまくって、準備が大変だった。
息子も18~22歳くらいまでは食べ盛り、すごい食欲だったのが、最近はちょっと減って来たし。。。。

で、私としては準備が楽になったというわけですが へへ

フトールは、日没、今7時19分くらい、この後、夜中の12時過ぎにちゃんとした夕食をとり、仮眠をとった後、
もう一度夜明け前に軽食をとって本格的に眠りにつきます。

(人によってはこの夜明け前の軽食を抜く人もいます。)

断食も苦行ですが、夜の内にこれだけ詰め込むという作業も、考えようによっては全くの苦行。

でも、食べないと翌日に響くので、、、、無理をしても食べる、、、、ことになるのですよね。

体にいいわけないんですが、、、、宗教という名がつくと厄介であります。。。。



さて、次回は遅まきながら、ラマダン前の日曜日のお出かけ・お散歩の様子をアップ致します^^>


e0092286_23291253.gif


                            ブログランキングに参加しています。
                            どちらか応援ポチッ よろしくお願いしま~す。

                                    にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村                           にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ
にほんブログ村

                                                       ありがとうございました。



******************************************************
[PR]

by nmariomama | 2010-08-17 00:10 | ひとくちモロッコ | Trackback | Comments(18)
2010年 07月 17日

結婚式ラッシュ

モロッコの結婚式は、ただでさえ夏が多いのですが、、、
バカンスで人が集まりやすいし、会場も夜で野外が使いやすいし、

今年は、来月のラマダン(断食の月)を控えているので、今月中にすませてしまおうと言うカップルが続出、
それで結婚式ラッシュになっているよう。
ラマダン月にはお祝いごとはしない慣習になっているのですよ。

我が家の身辺でも、今日の金曜日に一件、これは婚約式なんですが、日曜日に一件。
来週も土曜日に一件、、、と。。。。

そのたんびに出席していたら夜通しですので身が持たない、、、
とは言っても、これも大事な親戚づきあいなので外せない、
全く悩ましいところであります。

まあ、私は今日の婚約式にちょっと顔を出して、、、、と。
今日のは、場所も近いし、近親だし、、、、しょうがない、でも!
後のはみんな夫と息子に任せましょ、ですむ算段なんですが、、、、どうなるか。。。

だって、ほんとに騒がしい結婚式で耐えられない、というのが本音。

やってる場所のご近所さんだって、本当は大迷惑なんだけど、お祝い事ではどんなに騒がしくても、
文句が言えないのがここの決まり。
まあ、自分たちもやる時はそうなるのだから、お互い様ってこともあるけれど。

会場になってる場所だけでなく、どんな騒ぎに発展するかということで、

モロッコの北の玄関口、タンジェという街にお住まいの、Terra さんのブログで動画入りで紹介されていますので、ご興味おありの方、お時間あれば是非クリックして覗いてみてくださいませ~


      こちらです・・・・    地中海の見える生活



さて、こんな感じの週末を我が家は迎えようとしてますが、

我が家の葡萄が収穫されつつありますので、ちょっとその話をしてからおしまいにしますね。

ぶどう棚に実が生り始めました。
なんせ手入れを怠っているぶどう棚、、、アイビーの蔦やら、ノウゼンカズラも絡まって、すごいことになってます、房がぶる下がってるがわかるかな。

e0092286_054195.jpg



良さそうなのを採ってきました^^

e0092286_068100.jpg



見た目、すご~~く美味しそうなんですが、やっぱりちょっと酸っぱいなあ。。。
ま、しょうがないですね、何にも手入れしてないし。

もうちょっと待って、又去年のように、葡萄ジュースにしたほうが良さそう。


去年の記事は こちら


というわけで、マタマタ今週末もお出かけが危ういか、、、、
まりおがヤキモキするところとなりそうです。
どうなりますか。。。おとうさんしだいの週末です。



e0092286_063613.gif


ブログランキングに参加しています。
                             どちらか応援ポチッ よろしくお願いしま~す。

                                          にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村                                 にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ
にほんブログ村

                                                       ありがとうございました。



********************************************************
[PR]

by nmariomama | 2010-07-17 00:13 | ひとくちモロッコ | Trackback | Comments(14)