<   2013年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2013年 03月 29日

母からの花便り♪

今年は日本の桜の開花が早いらしいと、母からも伝え聞いていましたが、

3月22日にお花見してきたわ~

と、写メが届いた時には、本当にびっくり。

あらら~~ え~~~?  お彼岸後間もなくでお花見なんてねえ (◎_◎;)


出先で時々お花の写真を撮っては写メで花便りをくれる母で、

いつも楽しみにしているのですが、

今回はこの桜で楽しませてくれました (o^―^o)


場所は新宿御苑(東京)です。
俳句のお仲間さんとの集まりの時だったようです。

e0092286_15535534.jpg


3月22日でこれだけ咲きそろっていたとは本当にびっくりですが、

うん、やっぱり桜は日本の桜に限るし、いつ見てもいいですねえ (*^▽^*)



おお、これなんて、見事よ~~~
ねえ、携帯で撮ったとは思えないよ~ と絶賛 へへ

e0092286_1612373.jpg



そうしたら、

アップもあるわよ、と三枚目。

e0092286_162413.jpg

これはちょっとボケ気味でご愛嬌?
でも、花の集まりがなんとなく可愛らしくて、ほんわか^^


又撮ったら送るわね~~


元気も一緒に送ってくれる、母のお花の写メにいつもいつも感謝です。



というわけで、今日はモロッコから、日本の桜便りでした^^>


みなさま、素敵な週末をお過ごしくださいね ヾ(´ー`)ノ



e0092286_16113786.gif




***************************************************
[PR]

by nmariomama | 2013-03-29 16:20 | 徒然何でも在り記 | Trackback | Comments(10)
2013年 03月 27日

サレ、Belghazi 美術館 (続きの続き)

前回の客間の写真で、もう一枚。

中央の小さなテーブルに置いてあるもの、先っちょが細長くなっている入れ物のことですが、

これには、ローズ水が入れます。
バラの花びらを圧縮させて採った水。 ほのかにバラの花の香が香り、贅沢な気分にさせてくれます。

e0092286_1540102.jpg

これはどういう風に使うかというと、お客人に振る舞われるんですよ。

お客が来るとこれを手にかけてくれます。

良くいらっしゃいました、という歓迎の意とともに、このローズ水の香で一息ついてください、
というわけです。

昔は誰かの家を訪ねるといっても、時間がかかることでしたでしょうからね。
道中をねぎらってのこともあるのでしょう。


ローズ水は、保湿にも優れていることで知られていますが、

冷やしの効果もあるようで、ほてった肌を静めるのにも良いようです。

そしてね、こちらでは、カッとして頭に血が昇った時には、頭に振り掛けなさい、と言います。
頭を冷やしてくれるんですって (〃⌒ー⌒)ゞ
そして、ローズの香が気を鎮めてくれる効果があるようです^^



ローズ水で話が長くなってしまいましたが、同じ展示室に陶器もあり、
これは18世紀の絵皿、ちょっと深め。 デザインのモチーフは、亀、と説明書きにありました^^
亀の甲羅ってわけですね、ふむ、ふむ。。。 へへ

e0092286_15512645.jpg




銅版のテーブル。

照明のせいで写りの色がこんなになってしまっていますが、
銅版のいい色が出ていて、年代を感じさせるものでした。

e0092286_15535185.jpg


こんなのも部屋にあると、ちょっと重厚な気分になっていいだろうなあ、、、と。
でも、姑息な私は、同時に手入れも大変だろうなあ、、、、と (⌒-⌒; )



何気なく置いてあった履物。

e0092286_1557429.jpg

これもモロッコで有名なバブーシュの一種でしょうね。
先が尖ってそっくり返っているのがちょっと珍しいですが。



次の部屋に行ったら、楽器が展示されていました。

e0092286_15592317.jpg


アラビアの世界は音楽も盛んです。

アラビア音階という独特の音階を持ち、モロッコの人たちも大変な音楽好き。


これは、ウード。 ギターの原型と言われ、これがずっとずっと東に伝わって、
日本の琵琶になったと言われています。

e0092286_1605181.jpg



モロッコではカヌーンと呼ばれる楽器
インドのシタールに良く似ています。

e0092286_163110.jpg




というところで、楽器類の部屋を出たら、そこがおしまいの間になっていました。

外に出る前の間、、、、又ひとつ部屋があり、

ん?おしまい? とうろうろしてたら、どこからともなく人がやってきて、

お茶、どうぞ、との声。

e0092286_1654917.jpg


ミントティーの振る舞いで、最後となりました (o^―^o)


さすがモロッコです、私営だからでしょうが、お金を払っての美術館のお客と言えども、
客人に対するおもてなしのモロッコの気持ちがちゃんとある。

有難くいただいてから、館を後にしました^^



あ、そうそう、、、、 最初にご紹介した、あの猫さん。

しっかり最後まで案内してくれましたよ (=^.^=)

e0092286_16102940.jpg

最後に正面から写せなかったのが残念でしたが、、、、

ありがとうね、あなたのおかげで、とても楽しい館巡りになりました。

又会いに来ちゃおうかなあ~ へへ



☆・・・・・おまけ・・・・☆

出口の通路の壁に飾ってあった絵

e0092286_1612369.jpg




というわけで、3回にも渡ってお付き合いいただきまして、本当にありがとうございました、
一緒にお楽しみいただけたとしたら、幸いです^^>


ではでは。。。



e0092286_1615229.gif





*************************************************
[PR]

by nmariomama | 2013-03-27 16:22 | ワン無しお出かけ | Trackback | Comments(16)
2013年 03月 24日

サレ、Belghazi 美術館 (続き)

さて、前回の続きです。


最初の部屋でご紹介しそこなった写真、二点


19世紀としか説明がありませんでしたが、当時のモロッコ女性でしょう。
ただし、ベールをつけてないので、モロッコの先住民族ベルベル系の女性だと思われます。

e0092286_16233298.jpg

モロッコのイスラム化は7~8世紀ですが、それ以前にはベルベル族という先住民族がいたわけです。
彼らはイスラム化した後も、自分たちの生活習慣はそれほど崩さなかったようで、
特に女性はそれまでどおり、ベールはつけず、外に出る習慣もそのままだったようです。

展示されているいろいろな調度品を見るところによると、
この Belghazi 家というのが、どうもベルベル系だったのでは?
と思われます。


下はカレンダーとありましたが、時計式? 時計のように動いて月日が示されるカレンダー?

e0092286_1635375.jpg




さて、次なる部屋からは、本当に骨董屋さんに入り込んだようで^^ヾ

下の絨毯の赤と照明のせいで、こんな色の仕上がりの写真になってしまい、見づらいんですが。。。

e0092286_16355696.jpg




これは家の外門、相当大きいです。

e0092286_16375487.jpg

実はこれは二重構造。

下の部分が人が通る門。
もうひとつ、上の部分も全部開くんですが、これは馬に乗った人が通る時に開けられるもの。
門の中で馬を下りて、玄関から家の中に入る。

これは、今でもフェズなどの旧市街にいくと、普通の家でそのまま残ってたりします。
まあ、今では馬に乗っての訪問客はないでしょうから、全部開けることはないんでしょうが。。。


そして、これがドアノッカー、鉄だったり、真鍮だったり、、、いずれも立派。

e0092286_16483612.jpg



さて、床に置いてありましたが、これは天井の部分、
絵で装飾されています。 床に置いて絵が画かれ、その後天井に組み込まれたようです。
因みに当時、絵の具は全部自然素材、青は藍、黄色はサフラン、赤はひなげし、、、、などなど

e0092286_16444352.jpg




次の部屋に行ったら、窓があり自然採光、ちょっと明るくなりました^^


18~9世紀の絵皿など各種
このBelghazi 家が住んでいたフェズという所は、陶器の名産地でもあるので、
きっと良いコレクションがたくさんあったんだろう、、、と思われます。

e0092286_165093.jpg




木製のゆりかごです。 ブランコみたいに吊るされてあります^^
代々の赤ちゃんに使われたんでしょうね。

e0092286_1652481.jpg




モロッコ刺繍の図案?
モロッコ刺繍はリバーシブルタイプで、裏表使えます。

e0092286_16533876.jpg




当時の客間が再現されていました。
壁に沿って長ソファーが置かれます。

テーブルにはお茶。

e0092286_1655569.jpg

しかし、この客間のスタイルは今でも多くの家庭で使われているもので、
この場を見て、いかにも古いとは感じません。

なんか、あ~ 疲れた、ってその場で座りたくなっちゃいました(笑)

それでなくても、モロッコ式の客間ってなんか居心地がいいので^^


というところで、すみません、もうちょっと残っているので後一回、続きでお願い致します^^>



e0092286_16592166.gif





**************************************************
[PR]

by nmariomama | 2013-03-24 17:09 | ワン無しお出かけ | Trackback | Comments(23)
2013年 03月 21日

サレ、Belghazi 美術館

今日は珍しくワン無しお出かけの話題。

去年暮れの動物園以来ですねえ^^ヾ


モロッコは美術館と名のつくところが少なくて、、、、

しかも、イスラム教が偶像崇拝を禁止してるため、絵画が未発達。
いわゆる絵画美術館というものがありません。

街中に絵画に現代絵画のギャラリーはあっても、中々入りにくいし。

因みに現在も公立の学校には美術、そして音楽の授業もありません。
私立にはあるところもあるようですが。

別に国立の芸術学院がありますので、美術・音楽関係を学びたかったら、
ここに通うか、後は個人的に先生を探してレッスンを受けるか、ということになります。

前置きが長くなりましたが、

今回行って来た、この美術館は、18世紀から続くフェズの名門、Belghazi 家の現在の当主が、
代々伝わる美術品を集めて展示してる場所、モロッコでも珍しい私設の美術館です。


ラバトから河を渡り、対岸のサレの街から更にケニトラという街へ行く途中にあります。

看板は出ているので以前から気になっていたのですが、一体ちゃんと開いているのかどうか、、、

で、これも随分前ですがネットで検索したら、まあ、一応ちゃんと開いているようなので、
行ってみたいと思っていて、今になってしまったわけです。


美術館の建物と入り口。

e0092286_1661517.jpg


1996年に開館されたらしく、行ってみたら、美術館のほかに、泊まれる部屋や、
レストランも併設されているようで、奥行きのある大きな建物でした。

それにしても、外側からじゃなんだか全然わからない場所、
これでは誰も来ないだろうなあ、、、、という雰囲気^^;


パーキング横にあった馬車、
え?これで送迎?って思ったけれど、これも19世紀のもの、展示品の一部だったらしい。

e0092286_1618115.jpg



さて、中に入ったら、結構展示室の数もあり、
部屋によっては所狭しといろいろな物が並べられてる様は、
骨董屋さんの雰囲気(笑)


フラッシュ無しの撮影ならOKということだったけれど、照明が思い切り少なくて、
しかも、ガラスケースはあまり綺麗とは言えず、、、、写真はイマイチですが、
雰囲気を味わっていただければ、と撮ってきたしだい。

e0092286_16255430.jpg



なんだかいろんな物がありましたが、あまり説明書きもなく。。。


19世紀の諸物ということだったけれど、最初の部屋には古代の化石類もあったりして
びっくり@@


アンモナイトやら、サメの歯の化石、恐竜の骨、

そして、でん、と置いてあったのは、なんと恐竜の卵!
ほんとかしら????
でも、一応説明にそう書いてあった~

e0092286_16273442.jpg



このBelghazi家というのは、初代当主は数学者だったらしく、
学者系統の家柄だったのかもしれません、だから、こんな遺跡物のような収集もしたんでしょうかね。
個人の贓品の中にこんなのがあるのは、やっぱり珍しいように思いました。


以下、ずらずらと写真が続きますが。。。。


薬を調合する時に使われたもの。

薬草を潰したり、すりおろしたりするすり鉢のようなものも。

e0092286_1633214.jpg




こちらは何にも説明がなかったのですが、どうやら、歯医者さんが使っていた
医療器具のよう。。。。

e0092286_16355254.jpg




そして、印刷関係の物の展示に交じって、本の装丁に関係したもの。 
いずれも19世紀のもの

e0092286_16372230.jpg

向かって左の丸い物は、紙をプレスする物と書かれていましたが、
良くわからず、???



19世紀初めに使われていた絨毯。

e0092286_16403430.jpg

いや、これ見て、こんなん、今でもみんなモロッコで使ってるよ~ ってびっくり。
我が家にも似たものあり、変わってないんだなあ、、、、と苦笑。



19世紀終わり頃の代に当たる当主は、馬の鞍作りの職人でもあったようで、
装飾された鞍の展示もたくさんありました。

e0092286_16422935.jpg



当時の馬術用の靴

e0092286_16513697.jpg




とまあ、こんな感じ。


まだありますので、残りは次回に^^>



あ、そうそう、実は、、、、入り口からずっと案内してくれたのは、、、、、

この猫さんでした^^♪

e0092286_16532696.jpg



とっても人懐こくて、撫で撫でもOK
おまけに鳴き声がうちのコービーにそっくりで、こっちだよ、と言わんばかりに鳴くたびに、
つい返事をしてしまいました(笑)

e0092286_16563019.jpg




ではでは。。。。



e0092286_1658585.gif





**************************************************
[PR]

by nmariomama | 2013-03-21 17:08 | ワン無しお出かけ | Trackback | Comments(24)
2013年 03月 18日

1歳!おめでとう~^^/


e0092286_15463632.jpg


しろっち、チャッピー、チイ坊、 
1歳のお誕生日おめでとう (=^▽^=)ノ



そうなんです、今日はチビたちの1歳のお誕生日。

まあ、生まれた瞬間を見たわけではないので、今日であるかは確かではないのですが、

お母さんのみうちゃんの様子から、少なくとも去年のこの日には生まれていたはず、
と想像して、勝手に決めちゃいました^^


思えばいろんなことがありましたが、とにかく無事にここまで来れて、
しかも、家猫として1歳を迎えられて本当に嬉しく思っています。


もっと、ポートレート風のスリーショットを撮りたかったのですが、

三匹一緒はたいていこんな風に寝てる時ばかりなので、、、

e0092286_1553211.jpg



最初の写真も寝起きという感じなので、チイ坊は迷惑そうだし。。。へへ;


ま、でも、とにかく三匹元気ですので (o^―^o)


こちらは去年6月、3ヶ月過ぎたころのスリーショット (*^▽^*)

e0092286_16124095.jpg





一応一匹ずつの写真。。。。つい先日の晴天の日、場所は庭。。。


チイ坊・・・・ 相変わらず食い地が張ってて、外で遊んでいても定期的に戻ってくる。
で、台所でうろうろ、なんにもくれなさそうだとわかると、外へ。。。 あはは

e0092286_15563094.jpg



草にご執心中のしろっち。

e0092286_1558574.jpg

一番甘えん坊のしろっち、何かにつけてみゃうみゃうと私に擦り寄ってくるので、
いいこいいこして撫ぜてあげると、安心したかのように寝に行ったり、外に遊びに行ったり。
全身を預けるようにして甘えてくる姿が可愛いしろっちです ^^


チャッピー。 しろっちとチャッピーが遊んでるのを塀の上から高見の見物。
どいうわけかこの時、あまりカメラがお気に召さなかったのか、何枚撮ってもピン甘になっていて><

e0092286_1635393.jpg

チャッピーはあまりというか、ほとんど鳴かないコで、、、
家の中でも忍者のよう。

しろっちとチイ坊はにゃーにゃーにゃーにゃー 煩いくらいなんですけれどね。

チャッピーはふと気がつくと足元にいる、今いたかと思うともういなくて、あれ?どこに?
全く音無しで忍者みたいなコです。

その代わり、メぢからがすごい、あの青い瞳でじっと見つめて、
おなかすいた、外行きたい、眠いからじゃましないで、、、、意思を伝えてきます。

これは初代の黒猫パトラと同じ。
やはりほとんど鳴かない猫で、じっと人を見つめることで意思を伝えて来たコだったから、
なんだか懐かしい、、、^^


というわけですが、、、、

ただひとつ心残りと言えば、、、、

クロちゃんもどこかでこの日を迎えていればいいんだけど、、、、ということですねえ。。。

クロちゃん、去年の5月、、、、2ヶ月半くらいの時かなあ。。。。

e0092286_16161265.jpg




クロちゃんは一緒にこの日を迎えることはできませんでしたが、

三匹のチビたち、この一年、温かく見守ってくださってありがとうございました。

これからも、どうぞこのコたちの健康と幸せを祈ってやってくださいませ、

まりお家の大事なメンバーとして、今後もよろしくお願い致します m(__)m



最後に、チビたちの両親のことですが、

お母さんのみうちゃんは、去年の9月以降、ほとんど我が家の敷地内には現れません。
遠目でその姿、つまり、みうちゃんの古巣辺りでは姿を見るので、古巣で元気にはしてるみたい。
又次の子育てに励んでいるんでしょうね。


で、おとうさんのへ~ちゃんですが、今年に入ってから、1月に数えるほどしかご飯場所に現れず、
その後、ぷっつりと姿を見ません。

最後にふらっと現れた時は元気で、痩せてもいなかったので、
どこかでちゃんと食べてると思われるのですが。

まあ、いつものように放浪が始まったかなあ、、、と思っていましたが、
ふと気がつけば、2月は過ぎてもう3月。。。

こんなに長く姿を見せなかったことは初めてで、ちょっと心配しています。
チビたちも成長してここにずっといるのはわかっているので、
場所変えしたかなあ。。。

三匹も世話になってるんだから、おいらはちょいと他に移ります、って。

へ~ちゃんてそういうヤツなんです。

まあ、他で元気にしてるなら、とは思いますが、たまには姿が見たいなあ、、、
と切に願うワタシめであります。




ということで、へ~ちゃんファミリーは終止符が打たれたということになりますか、

とにもかくにもそれぞれの幸せを祈ると同時に、又一年、チビたちが元気で過ごせますように。



尚、チビたちの生い立ち、へ~ちゃんファミリーに関しては、カテゴリー へ~ちゃんファミリー をご覧くださいね^^>



では、今日はこの辺で。


お付き合いいただきまして、ありがとうございました ───ヾ(´ー`)ノ───



e0092286_16364040.gif




*************************************************
[PR]

by nmariomama | 2013-03-18 16:49 | チイ坊、しろっち、チャッピー | Trackback | Comments(24)
2013年 03月 15日

まりおの花、株分け

まりおの花、覚えていらっしゃるかな。

3月に行くといつも森で咲いている白い花。

名前がわからないまま、まりおの想い出に小さな苗をちょいと森から失敬してきて、

まりおが眠ってる森に咲いてるから、まりおの花、なんて勝手に命名して庭に植えました。

それが大きくなって増えたので、ベランダの鉢にも株分けしたのが1月。

うまく根がついたみたいだけど、今年は花は無理だろうなと思っていたところ、

まだ丈も小さいのに蕾がちゃんとついて、昨日開花してるのを発見。

庭のほうも咲き始めているんですが、ずっと風の強い日ばかりで、
咲いてもすぐに散ってしまって。。。


ベランダでたった一輪ですが、、、

e0092286_044032.jpg




e0092286_0451776.jpg




e0092286_0455774.jpg



まりおがなんだかベランダにもいるようで、嬉しいのです^^


鉢の傍を歩き回って、チビたちがイタズラしなきゃいいんだけどねえ へへ;



☆・・・・おまけ・・・・☆


こんなん撮れました へへヾ


e0092286_0512948.jpg

向かって左、チイ坊とパトリックのツーショット。

やっぱりオトコ同士、通じるところがあるんでしょうか。

虹の橋でまりおが安心してるかも?

しかし、歳の差15歳とあっては、茶飲み友達にはチト無理があるだろうなあ。。。。あはは



e0092286_0544281.gif





**************************************************
[PR]

by nmariomama | 2013-03-15 00:59 | 自然・花・風景 | Trackback | Comments(20)
2013年 03月 12日

動物園の動物写真、お蔵出し^^ヾ

予報がころころと変わる空模様のお天気が続いているラバトです。

風が強くてフローラを連れてのお出かけお散歩もままならず、
先週末もちょっとしか出かけなかったのでカメラの活躍もなく、、、、

思案のあげく、今日は動物園の動物写真のお蔵出しということで へへ



中央アフリカ一帯に生息の Babouin doguera オナガザル科


                       本日はお日柄も良く、、、

e0092286_15575159.jpg




                   ほんとに良いお日柄でうっふ~んだわ~♪

e0092286_1602391.jpg

                



あんまり良いお日柄過ぎて、、、、、                         ZZZZZZZZ・・・・・     (リカオン) 

e0092286_1614616.jpg





ラバトの動物園のサル山は、、、、

e0092286_1625623.jpg




とっても広いので、こんな孤独も楽しめます、あなたもいかが?

e0092286_1645845.jpg

(ニホンザルと同じマカク属のこのサルたちは、アフリカではモロッコとアルジェリアだけに生息)




本日はこれにて失礼、、、、、、おそまつさまでございました。。。。。 m(__)m



e0092286_16101986.gif




*************************************************
[PR]

by nmariomama | 2013-03-12 16:17 | ワン無しお出かけ | Trackback | Comments(16)
2013年 03月 09日

15歳、三匹そろいでおめでとう~^^/

三月お誕生日シリーズ、第二弾です (=^▽^=)ノ

あはは、いつのまにやらシリーズ化しておりますが、、、


すべてお誕生日というものはめでたいもんです。

しかし、今日は格別にめでたい!感慨深い! のであります (o^―^o)



      パトリック、15歳のお誕生日おめでとう~♪

e0092286_161749.jpg




       コービー、15歳のお誕生日おめでとう~♪

e0092286_166487.jpg




ステフィー、15歳のお誕生日おめでとう~♪

e0092286_167066.jpg



ちょっとしつこかったかしらん へへ;

いやいや、嬉しいそろい組のお誕生日、
おめでとうは個別に何度でも言いたい気分(笑)


ここのところ、ちょっとステフィーとコービーが交互で微妙に具合が悪くなっていたりしましたが、
今朝はしっかりご飯も食べれて、コービーは外にも出れたし、良かった良かった。


パトリックが一番元気かな。

一番チビたちとうまくやってる、というのがあるかもしれません。


とにかく、又この一年、うまいこと乗り切って16歳を目指してくれればと心から願っています。

チビたちのことでは、15歳も年下のコたちを迎え入れてくれてくれたんだから、
どんなに大変だったかしれず、本当にありがとうね、感謝してますよ^^

(まあ、あなたたちが生まれた時も、先住猫さんたちがいて苦労したと思うけれど へへ)


同じ年に生まれた初代犬のウィンダの分までうんと長生きして、

うんと幸せな猫生が送れますように ^^>


           もう一度、 おめでとう ヽ(〃∀〃)ノ


e0092286_16194289.gif




*************************************************
[PR]

by nmariomama | 2013-03-09 16:31 | 我が家のニャン | Trackback | Comments(24)
2013年 03月 06日

羽二重もち?

ちょっとピン甘なお味ですが。。。(⌒-⌒; )

e0092286_22344554.jpg




お、伸びた・・・・ ( ・´ー・`)

e0092286_22371767.jpg




春の新作、カフェオレ混じり(=^.^=)

e0092286_2239073.jpg




や~ 今日は全くの手抜きですいません。

毎日お天気が悪いラバトで、うんざり、めげておりまする。

猫たちも部屋で寝てばっかり。

ワタシもだらだらと。。。。


早くお天気回復して、シャキッと写真が撮りたいもんです (`_´)ゞ



☆・・・・おまけ・・・・☆


なんて言うか、、、、たぬき寝入り。。。

e0092286_22425874.jpg

だって、チャッピー、最近一番重たくて、、、た・ぬ・き の様相になっちゃう心配が。。。^^;



e0092286_22454229.gif





*************************************************
[PR]

by nmariomama | 2013-03-06 22:54 | チイ坊、しろっち、チャッピー | Trackback | Comments(16)
2013年 03月 04日

ダム湖を眺める。

昨日の日曜日、やっと20度になり、暖かい一日に恵まれたラバトでした。

ところが、今朝は又雨。。。

昨日午後からお天気が怪しくなってきて、夜のうちにもう降り出し始めていたよう。


で、昨日はバタバタしていてお昼が遅くなり、雲行きを心配しながらのお出かけとなりました。


しばらく行っていなかった、ダム湖方面。

以前は畔まで下りて行けて、とっても良い散歩コースだったのだけど、、、、
ちょっと前の大雨で周辺に土砂崩れがあったりで、付近一帯立ち入り禁止になって、
どうやらそのままらしい、、、、


で、以来、ダム湖は遠くから眺めるだけとなりました。

多分2010年の春にまりおも一緒に行ったのが最後かなあ、、、
だから懐かしい場所でもあります^^


ダム湖の見える場所まで行く前の通り道の湿地帯。
秋~冬~春の雨シーズンだけ湿地帯になる所。
夏は干上がってます。

e0092286_16281590.jpg



以前にもご紹介したと思いますが、一面に見える白っぽい物はお花なんです。

近づいてみるとわかるんですが、こんな小さな白い花が一面に咲いています。

e0092286_16303015.jpg


湿地帯なので、シラサギなどの水鳥たちがたくさんいました。
どうやら遠目でアオサギも。。。。

でも、残念、望遠を持参しなかったので、又もうちょっと経ったら午前中にでも来てみようと思います。


さて、そこからもうちょっと走った所でダム湖が見えるはず。。。。


おお、見えた見えた~~ 

で、車を降りてみたのですが、あれ? と思ったら、手前が野っ原だったのが、麦畑に。。。

野っ原だったから、ズンズン歩いてもうちょっとダム湖が良く見える所まで行けたんだけどなあ。。。
麦畑じゃ入れない><

しょうがない、道路沿いから撮ってみました。。。。遥かなるダム湖 (⌒-⌒; )

e0092286_16322612.jpg



しかもねえ、、、、辺りなんにもなくて、ほんとにのどかな感じだったのに、
なんと、この麦畑のすぐ傍に、小さいけれどセメント工場なんかができちゃって、、、、

日曜だというのに操業してるので騒音も、、、、がっかり、がっかり、、、、


早々の退散。


もう一箇所、ちょっと高台から見える場所があるとおとうさんが言うので、
そこへ行ってみることにしました。


途中、のんびりの羊さんの群れを見ながら更に走ります。(車中撮り)


e0092286_16385340.jpg




で、着いた場所から、、、、、

e0092286_1640999.jpg


良かった良かった、こっちからのほうがまだ良くみえるわ~

もうちょっとお天気が良ければねえ、それにしても、やっぱり望遠レンズも持って来るべきだった( ´△`)


しばらくダム湖を見ながら春風を楽しんでいたのだけれど、急に風が冷たくなってきて、、、、

帰ろうかということになりました。

あ、そうそう、フローラちゃんも一枚ね。

おとうさんに抱っこされて、ダム湖を見つめるお嬢

e0092286_16433819.jpg




☆・・・・おまけ・・・・☆


ダム湖を撮っていたら、ちょっと先に。。。。

親子亀♪

e0092286_16453430.jpg

見つけた時には、親亀の上~に子亀が乗って~~  だったんですが、
近づいたら、子亀がびっくりしたのか、降りちゃったんですよ、残念残念。

モロッコで一番ポピュラーな、陸ガメ です。
正式な名前は知らないんですが、森などでも良く見かけます。
昔、うちの庭でも飼ってましたが、脱走しました~~ (  Д ) ゚ ゚
亀は案外に行動力がある!へへ



e0092286_165527100.gif





*************************************************
[PR]

by nmariomama | 2013-03-04 17:01 | ドライブ・お出かけ・お散歩 | Trackback | Comments(14)