続・まりおの部屋

petitmario.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧


2012年 03月 30日

愛しのフェネック

3月の初めに、ラバトにできた新しい動物園に行って来た時のこと、
早くご報告せねば、と思いながら、ぐずぐずしてると3月も、もう終わってしまいますねえ。


1月の末にラバトの郊外に動物園が新しくできました。

新しくというと、以前にもあったということ?

そうなんですけれどねえ、、、、ラバト動物園事情、ここら辺りのことは又後日にお話しすることにして、

今日はですね、

とにかく動物園が再開されて、私が楽しみに楽しみにしていた、

砂漠のキツネ、フェネックをご覧いただきたくて^^


で、

動物園到着~~

e0092286_16123082.jpg



パーキングもエントランスもだだっ広くて、よくこれだけの土地があるもんだ、と感心 へへ


パーキングから切符売り場のほうに歩いて来たら、ライオンさんのお出迎え~

e0092286_16152879.jpg

真正面から撮ったから、こんなふうになってしまいましたが、ライオンです!(笑)

これはモデルはアトラスライオン。

昔はアトラス山にもライオンがいたということ、
モロッコのサッカーのナショナルチームの愛称にもなってます^^


普通の日の10時開園に合わせて行ったので、がらがらかと思いきや、、、

パーキングにぞくぞくと入ってくる、学校バスにびっくり!

ミニ遠足ですねえ、学校の課外授業に持って来いの場所ってわけね。
児童たちの歓声やら、先生たちのでかい声やらがそこら中に響き渡ってる。


しかし、そんなことにめげてられません、こっちも楽しみにしてたんですから(笑)


中に入ると、とにかく中も広い!

こんな感じでのんびりの風景が、眼前に広がります^^

e0092286_16275647.jpg


中は一応、いろいろなゾーンに分かれていて、、、、

案内板で、私が真っ先に探したのは、砂漠ゾーン。

意外に入り口近くにあって、ラッキー♪

そうです! 前置きが長くなりましたが、

何よりも、、、、何よりも楽しみにしていたのは、このコに会うため!

e0092286_16374955.jpg



フェネックは主に北アフリカのサハラ砂漠に生息する、砂漠のキツネと呼ばれる動物です。

夜行性なので、どんな場所にいるのかなあ、、、と思ったら、普通に外での飼育でした。

以前も外での飼育だったのですが、広い所で上から覗き込むような場所で、
一体どこにいるのやら、という感じだったのです。

今度の方がすぐ近くで見れます。
ただ、前面はガラスで覆ってあるので、写真が撮りにくい、、、、

なので、こんな写真しか撮れませんでしたが、、、、以下、ずらずらとアップさせていただきます~ へへ


一匹しかいないようでした。
耳が大きいのは夜行性の動物の特徴、音に敏感な証拠ですね。
e0092286_16525514.jpg



e0092286_16553363.jpg



e0092286_16561778.jpg



e0092286_16573139.jpg


目を瞑っているのやら、起きているのやら、いろんな写真がありますが、
これは、子供たちのせいなんですね、子供軍団が来ると、やっぱり気になるようで、
警戒の表情を見せているようでした。

私としてはいろんな表情が見れて、嬉しかったのですが、飼育環境としてはあまり良くないのかなあ。



以下2枚は、一度園内を一巡りした後、帰り際に又寄ってみた時のもの。

奥のほうで寝ていたのですが、ちょうど、子供軍団がやってきて、騒音に耳が、びや~っと ^^ヾ
e0092286_1704324.jpg



え? 私のカメラも邪魔だったって?
e0092286_1731942.jpg

まあ、そう言わないで、又会いに来るから、それまで元気にしててね^^


願わくば、このフェネック、こんな動物園なんかではなく、砂漠の自然の中で見てみたい、、、

夢ですね、フェネックに恋した私の夢。。。。

いつか実現できる日が来ますように。。。



次回は、動物たちの写真と共に、ラバトの動物園事情、お話したいと思います^^>



e0092286_179468.gif

[PR]

by nmariomama | 2012-03-30 17:19 | ワン無しお出かけ | Trackback | Comments(16)
2012年 03月 28日

みうちゃん、へ~ちゃん、近況

みうちゃんとへ~ちゃん、元気ですよ~

みうちゃんはね、やっぱりお腹が大きかったんです。

最後にみうちゃん話題の時にそうじゃないかなあ、、、なんて言ってたんですけれどね、

あれから、日増しに目立ってきて、

これが3月14日、ごろんとしてるみうちゃん、明らかですねえ^^

e0092286_21495443.jpg



上から失礼、これを見てもねえ(笑)

e0092286_2159584.jpg



この少し前から、みうちゃん、朝も来てすごい食べてましたし、

へ~ちゃんと一緒の時も、以前はへ~ちゃんが食べ終わるのを後ろでのんびり待っていたのが、

この少し前あたりから、へ~ちゃんを押しのけるようにして、先に食べてたんですよ。
あの、ほんわか、大人しいみうちゃんのイメージとはガラっと変わって、母は強し!って感じでした^^ヾ


その様子は、下の写真をごらんのとおり、へ~ちゃん、しょうがないなあ、、、
後ろでちんまり、みうちゃんが食べ終わるまで待機。

e0092286_224381.jpg

笑っちゃうよね、ノラのオスの威厳もどこへやら~ へへ


で、そんなこんなで日が過ぎていったのですが、

その後、みうちゃん、来なくなりました。

はは~~ん、いよいよかなあ、、、


で、へ~ちゃんも食べに来なくなっちゃったんで、まさか、お付き添い?(笑)

ところが、ある日の夕方、こんな写真が撮れちゃって、

へ~ちゃん!!!! もしや、第二夫人か!  全くオスってしょうがないわねえ~

e0092286_225373.jpg




そうして、やきもきして待つこと、3日、来なくなってから4日めの夕方、みうちゃん再来でした^^


横にぼこんと出ていたお腹が引っ込んでましたので、多分、無事に出産が終わったのでしょう。
ぺっちゃんこ、という感じではなかったけれど、人間だってね、出産の後すぐには引っ込みませんものね。
そのまま戻らなくて焦る人もいるし~ へへ;

特にやつれた風もなく、元気そうな、みうちゃんでした。

その時の写真がないんですよねえ、残念なことに。

とにかく、あっという間に食べて、あっという間に行っちゃった。

仔猫を残してきてるので、心配なんでしょう。

カメラを撮りに行ってる間だったり、他の用事の最中だったりと、戻ってみると、もうみうちゃんはいない、
という感じで出産後全然撮れず、 昨日夕方、ようやっと一枚。

多分、私が窓の所に現れるのを、隣の家の庭の日陰で待機中だったと思われます。
ここ数日、かなり暑い日が続いたのでね。

e0092286_22192073.jpg


まあ、特に出産を終えたからと、みうちゃん自身には変わりはないようですが、
やっぱり、母の表情かな?(笑)


他所んちの猫さんのことだから、果たして仔猫が何匹生まれて、元気なのか、
様子がちっともわかりませんが、
出産後から10日ほど経つのではないかと思われるけれど、
一日一回、夕方急いで来て急いで帰っていきますから、とにかく仔猫は無事に産まれてるんでしょう。


で、へ~助父さんはどうしてるかと言うと、
出産後、みうちゃんが現れた日から毎日夕方過ぎ、
まるでみうちゃんと時差出勤の如く、御飯食べに来てます。

でもねえ、前からカメラを向けるとソッポは向いてたんだけど、3日ほど前、正面写してやろうと思って、
へ~ちゃんが来るところを狙って、カメラを向けたら、

あら、あれれ?

カメラを嫌がったのか、くるっと踵を返して帰ろうとしたんですよ。

え?えええ?

ちょっと、へ~ちゃん、写さない、カメラ向けないから、戻ってきて食べてよ!
思わず叫んじゃいましたよ。

慌てて御飯の入れ物を下ろしてやったら、それを見て、
でも、まだナンだか疑ってるみたいな表情しながら、のそのそとこっちに来ました。

やれやれ、そんなにカメラがいやだったのか。

わかったわかった、もう撮らないから、安心して食べてよね。


ってんで、下の写真はまだみうちゃん出産前の頃のへ~ちゃんですが、
正面顔が撮れたのがあるので、、、、
貴重な写真、もう撮れないかもしれない、へ~ちゃん正面顔写真、拝んでくださいませ~(笑)

e0092286_2231243.jpg



というわけで、その内に、みうちゃんの後を追って、仔猫が姿を現す日を楽しみにしたいと思います^^


以上、みうちゃん、へ~ちゃん、近況報告でした^^>


e0092286_22484073.gif



*****************************************************
[PR]

by nmariomama | 2012-03-28 22:52 | 御近所猫さん | Trackback | Comments(18)
2012年 03月 26日

まりおの花が咲いたよ^^

今日はまりおに想いを馳せながら、久しぶりに我が家の庭の花の話題です。


今年はなんだかいつもより寒かったせいもあって、庭の春の花の先具合も遅く、
3月も中旬になってから、やっとちらほらと、、、、


果樹の中で、今年は桃の花はしょぼくてチラッとしか咲かなかったなあ。

プラムも今年はだめで、、、、と思っていたら、

アプリコット、杏が綺麗に花をつけた。

e0092286_18111494.jpg


今、我が家の庭の果樹の中で一番元気かも^^
実が生るといいなあ。。。

先日、強い風が数日続いたので、もう花は散ってしまいましたが、今年は十分楽しませてくれました、

ありがとう~^^


そして、今、盛んに咲いているのが、まりおの花♪

まりおの花って言ったってねえ、まりお、っていう名前の花があるわけじゃなく、

覚えていらっしゃるか、まりおを埋葬した森から、ちょいと失敬したきたお花。
一年前に庭に植えたお花です。

未だに何の花だかわからないのですが、私は密かに自分だけで、森の妖精の花とか、
勝手に呼んでいたのですが、まりおを埋葬した場所のすぐ近くから採って来たので、
今は、まりおの花、、、、と命名しちゃいました^^ヾ


e0092286_1851332.jpg



朝に開いて、夕べにはもう散ってしまうと言う、可憐で儚いお花です。

e0092286_1820580.jpg


ちょっとまりおのイメージとは合いませんが、ま、そこはひとつ。。。(笑)

(コンデジやらデジイチやら、撮った日も気分に合わせてバラバラですが、それもそこはひとつ。。。へへ;)


ほんとに小さな苗だったのですけれどね、一年でこんなに立派になってくれて
びっくりするやら嬉しいやら。 まりおが見守っててくれたかなあ。。。

e0092286_18241572.jpg



e0092286_18262429.jpg



まだ次から次へと蕾が開いてきて、楽しませてもらってますけれど、
来年も、再来年も、これからずっと我が家の庭で春を告げる花として、
又、まりおの花として、私を元気付けてくださいね^^>



さて、下は、久しぶりの庭でのパトリック。
もうあんまりパトロールもしなくなり、用足しに外に出てもすぐに帰ってきちゃう。

e0092286_18295494.jpg

でも、まりおの花を撮っていたある日、ひょっこり付いて来て、撮ってる間中、草陰にいました。

まりおもまだ若くて良く庭で遊んでいた時、必ずまりおと一緒に庭にいたよね。

その時の写真があるはずなのに、どうしても見つからない。。。
ブログにも載せたのにね、随分前のことだから、一体いつのことだったかという感じ、
又見つかったら載せてみましょう。


写真を撮り終わって、私が引き揚げる時、声をかけたらちゃんと来ました。

e0092286_18345615.jpg

こんな風に、まりおも階段を一緒に上がって来たよね、覚えてるかい、パトリック、
茶色の姿がなくて寂しいね、、、、

ほんとにパトリックとまりおは気が合ってたんだなあ、、、、と今更ながら思ってしまう。。。。



さて、おまけですが、、、、


ものすごっく、久しぶりに、野鳥の写真^^

久しぶりだし、コンデジですので、かなりぶれてますが、、、、

散った後のアプリコットの木に来た、アオガラです^^

e0092286_1841193.jpg



もう一枚、アボカドの花も、小さくて目立ちませんが咲き始めています。

その木の枝にぶら下げて、パンくずを置いみました。野鳥用の庭での餌場になるといいけれど。。。

e0092286_18442528.jpg



というところで、今日は失礼致します^^>


e0092286_18462331.gif

[PR]

by nmariomama | 2012-03-26 18:52 | 想い出のまりお | Trackback | Comments(22)
2012年 03月 23日

最終地アガディールへ

エッサウイラの郊外で、木に登るヤギたちを見た後は、一路アガディールへ。

距離にしたら100kmほどなんですが、道があまり良くなくて、思ったより時間がかかったように思います。


アガディールは、モロッコでは昔から保養地で有名な所です。

と同時に大きな港町でもあり、ここに、各国の大西洋沖での遠洋漁業の船が立ち寄ったりする
漁港でもあります。


アガディールの港

e0092286_2154791.jpg



街は左手のほう。 
右手に見える大きな入り江がビーチになっていて、シーズンはたくさんの人で賑わいます。

e0092286_224484.jpg



上の二枚の写真は街の小高い所から撮ったもの。

e0092286_2262328.jpg



ここはね、実はその昔はここがアガディールの街があった所なんです。

ところが、、、、1970年にモロッコでも強い地震があり、街が壊滅してしまったんですね。
          ↑ すみません、1960年 の誤りです。

現在のアガディールの街はその後に新しく建設されたものなんです。


どんな状態であったか良くわかりませんが、街は壊滅の後、全部埋められてしまったとのこと。

こんな風に穴が開いている所があるんですが、実は、この下に街があったというわけなんです。

e0092286_2213056.jpg


ちょっとびっくり、、、というか、かなりびっくり。

ここは、小高くて眺めのいい展望の場所として、今は多くの人たちが訪れる所なんですが、
その足元にはそんな歴史が、、、、

日本では大震災があったばかりですので、ちょっと複雑な気分にさせられた、姉と私でした。。。。



そこから見た夕陽、、、、

e0092286_22151899.jpg



新しい街が出来上がった後のアガディールは、その後、港と共に、モロッコでも有名な保養地として
発展してきた、というわけです。

保養地ですので、特になんにもありません。

みんなのんびり海岸をそぞろ歩きしたり、、、、カフェでまったりしたり、、、、


で、まあ、私たちもそんな感じで二泊三日、過ごしました^^


写真は、カフェでの朝食の一部。

こちらではスミダのスープと呼ばれている、シリアルをお粥状にしたもの。
上に、クミンパウダーとオリーブオイルがかかってます。
e0092286_22313336.jpg



普通のパンの代わりに、これもスミダというシリアルを粉状にして水を加えて練って焼いたもの。
上にはちみつがかかっています。
e0092286_22333036.jpg



その他の食事も海岸沿いのカフェレストランみたいな所で簡単に。
ちゃんとしたレストランはやっぱりワン連れでは入れず、姉には気の毒なことでしたが。。。


ま、そんなことは知ってか知らずか、ってまあ、フローラはアタシには関係ないのに、
こんなとこまで連れて来られて、、、、ってとこでしょうが。。。


海岸沿いの遊歩道で。

e0092286_22294727.jpg



これは朝の散歩で写した時のもの、まだ人影も少なく、フローラもご機嫌さんで歩きました^^

e0092286_22373085.jpg



で、アガディールでは、リゾート型ホテルに泊まりました。
長期滞在用にキッチンもあって、中々良い所でした。

e0092286_22401934.jpg


ワンに関しては、小型犬、1匹、5kg以下、という条件が宿泊条件になっているようで、
良かったねえ、フローラ、4,5kgで へへ;


部屋にはかなり広いベランダがついており、フローラはそこで遊べたし、用足しも新聞紙の上で、
うまくしてくれたので万々歳でした^^

でね、ホテル内にバーがあったので、行ってみたんですよ。
フローラを部屋に置いていくわけには行かないなと思ってたんですけれど、
聞いてみたら、OKというので。

実は、二泊三日の中日、おとうさんのお誕生日だったもので、乾杯したいね、と。

で、バーとやらに行ったら、誰もいなくて、カクテルくらい飲もうと思ったけれど、
結局ビールしか置いてなくて、なんなんだこのバーは、と密かに大笑い。

まあ、貸切状態、フローラもバー初体験、無事にビールで乾杯、めでたしめでたしでありました。


帰路は高速道路をマラケシュ経由ですっ飛ばしてラバトまで一気に戻り、往復1200kmの旅を
終えたわけですが、姉は、結局、北はタンジェから南はアガディールまでの海岸線を踏破した、
ということになります。 全長、、、タンジェからアガディールまで、約1000km ってことになりますか、
やったね! \^^/


おとうさん、運転おつかれさまでした~^^>



というところで、昨年10月、姉と一緒のモロッコ国内旅行の話題もこれでおしまいです。

やっぱり時間が経ってしまうと、いろいろ忘れてることもあり、旅のレポはすぐにしないとなあ、、、と
つくづく思いました。

従って、拙いレポになってしまい、申し訳なく、、、、

それでも、最後までお付き合いくださいまして、ありがとうございました、感謝でございます。


次回からは、又我が家話題をお送りいたします。

そうそう、ラバトに新しくできた動物園にも行ってきたので、そのご報告もしなくては。。。


それでは、皆様、素敵な週末をお過ごしください ^^>



e0092286_22492835.gif



*****************************************************
[PR]

by nmariomama | 2012-03-23 23:03 | 2011年秋 モロッコ国内旅行 | Trackback | Comments(20)
2012年 03月 21日

木に登るヤギたち

去年10月の旅の続き。。。

エッサウイラを後にして、最終目的地、アガディールという所に向かったわけですが、

エッサウイラの郊外で、ちょっとした見物が^^


エッサウイラの郊外、ここら一帯はアルガンの木がいっぱい。

アルガンはモロッコにしかない、しかもここら辺りにしかない木。
この実から採れるオイルは、ビタミンEが大変豊富で、若返りのオイルとも言われる貴重なオイル。


と、まあアルガンの話はいいとして、ここで見ものというのは、その木に登るヤギたちの姿なんです。


ここら一帯いわゆる土漠で、季節によっては下草がほとんどない。
そこで、ヤギたちは、木に登って芽を食べるのが習慣となっているというわけなんですね。



この木に登るヤギ、もちろん姉もですが、私も初めて見る光景だったのです。

絵葉書や、写真では見たことはあったけれど。


で、とにかくこれを見るのが楽しみで楽しみで。。。^^


っと、前置きが長くなりましたが、

車を走らせていると、、、、ほらほら、ヤギたちがいます、います、、、


e0092286_21425787.jpg




それでもね、まだ登ってない。

どうも木が低いので、こうして体を伸ばせば枝に届いてしまうよう。

e0092286_21444016.jpg



一応車を降りて写真を撮ったのだけれど、


こら~~ 写真なんか撮るなあ~~~


と、ヤギ飼いのおじいさんに怒られてしまった!


で、すいませ~~ん って感じで、又すぐ車に乗り、もう少し走らせていたら、、、


ほほ~~~   いました、いました、、、、ヤギさんたち、今度はしっかり木の上にいますよ~

ラクダもいる~~~~^^

e0092286_21455944.jpg



このヤギの群れにいたのは、男の子。

今度はおとうさんが男の子と話をして断って写真を撮らせてもらいました。


むふふ~~ 初めて見る、生登りヤギ へへ

ほ~~んとに登ってる~~

e0092286_21505055.jpg




登るところを見たけれど、普通のヒヅメだよねえ、滑らずの良く登れるもんだ。
木に登るのと、岩山などに生息しているヤギ科の動物が岩を登っていくのと同じことなんだろうか。

降りる時は、かなりの高さから一気に飛び降りている感じでした。


へ~~んだ、こんな所くらい朝飯前さぁ

e0092286_21552016.jpg



やっほ~~~ いい眺めだよ~~ん

e0092286_21563710.jpg



まあ、とにかく思い思いに上まで登ってなんだか楽しそう(笑)


かなり大きなヤギさんは、できるだけ下で頑張ろうって?
それにしても、伸びてるね~~

e0092286_21595754.jpg



一方、ラクダさんはねえ、ちょいと頭を上げれば届くから、 ああ、らくだ~~~ へへ;

e0092286_222471.jpg



それでもだいぶアゴが伸びてますな(笑)  一生懸命食べてます。

e0092286_224917.jpg



というわけで、長年の夢、自分の目で見たかったこと、
そして、自分で撮った写真をブログの記事に載せたかった、という夢が実現できて
大いに満足のワタクシめでございました^^>


この後のアガディールの街の様子は次回に。。。



e0092286_227334.gif




*****************************************************
[PR]

by nmariomama | 2012-03-21 22:18 | 2011年秋 モロッコ国内旅行 | Trackback | Comments(26)
2012年 03月 20日

サフィからエッサウイラへ

さて、去年10月の旅行の続きです。

エル・ジャディーダの後はサフィと言う所で一泊したのですが、

サフィはやはり大西洋に面した漁港。
陶器、焼き物ではちょっと有名ですが、他には特に見所はない場所です。

私たちもここでは正に一泊のためだけ立ち寄ったという感じで、着いたのも夕方過ぎ、
翌朝もカフェで朝食を取った後にすぐ出発したため、何も写真はなくて。。。

泊まった場所は普通のホテルですが、サフィにいるおとうさんの知り合いに、犬連れでも泊まれる所をと
探してもらったのが、街中の小さなホテル。

二部屋もらって、私たちのほうの部屋がちょいとお粗末だったので、ああ、やっぱり犬連れだからだなあ。
元々犬連れOKのホテルではないようでしたのでね。

でも、まあ、姉のほうの部屋はちゃんとしていたのでホッとしました。


翌朝、朝食をカフェで取った後、すぐに、エッサウイラに向けて出発。

エッサウイラで少しは時間をとりたかったので、急いでサフィを出たわけです。


エッサウイラまではラバトからは約500km南下したことになります。

近年人気の街で、一年中観光客で賑わう街となっています。
小さな街なんですがね、日本でも結構名が知られるようになってきているリゾート地です。


ここも、16世紀にはポルトガルが入っていますので、要塞の跡もその時の名残の大砲がずらっと。

e0092286_23241312.jpg



e0092286_23254873.jpg



e0092286_23275991.jpg



観光客で賑わっていましたが、一方では、こんな所でノートを広げて勉強中の
地元の学生さんなんかもいたりして。

e0092286_23301044.jpg



残念ながらここでのフローラの写真はうまく撮れてなくてないんですが、
いえ、姉と一緒に撮ったんですけれどね、姉の黒いパンタロンに同化されてしまって、
どこにいるの?って写真ばっかりだったんですよ><;


で、代わりにこんな写真を へへ

犬連れさんの若いカップル。 ワンちゃん、フローラの存在に気がついて、ちょいと気になる素振り

e0092286_23352443.jpg



この後は旧市街を急いでお散歩。 
お昼をすませてすぐに最終目的地に向かわなければいけなかったもので。

e0092286_23365341.jpg



エッサウイラも猫さん天国^^

e0092286_23401386.jpg



仔犬ちゃんと一緒。 仔犬ちゃん、フローラに気づいて目を覚ました、猫ちゃんはぐっすり^^
e0092286_23413679.jpg



急ぎ足のエッサウイラになってしまって、姉には申し訳なかったけれど、それでも、ここで、
姉はお目当てのアルガンオイルのコスメ類を手に入れられて良かった良かった。

私もここでシャンプーを。
ラバトで買うと高いので。。。


お昼は港に近いレストランで魚料理。
ここで食べた魚のタジン、美味しかったな。
写真がなくてすみません。


最終目的地は、Agadir (アガディール)と言う所。

そこに行く道すがらで、ひとつ私も姉も楽しみにしていたものがあり、そのお話は又次回に。。。^^>


さて、今回のエッサウイラ、写真が少なくて申し訳ない。
実は、ここはフローラは二回目^^

え? って思われるでしょうが、我が家の初めての犬連れの旅がここだったのです。

まだフローラが、1歳前の時のことで、過去記事になりますが、その時の様子、まだ見てない方、
そうそう、そんなことがあったわねえ、とまりおを偲んでいただけたらと思いますので、

良かったら、カテゴリ こちら、「旅は犬連れ」 をご覧ください^^>


それでは、又 ^^



e0092286_23541467.gif




*****************************************************
[PR]

by nmariomama | 2012-03-20 00:07 | 2011年秋 モロッコ国内旅行 | Trackback | Comments(20)
2012年 03月 17日

世界遺産 ポルトガル時代の貯水槽

今日は、又去年10月の旅行話題に戻ります。


北の玄関口、タンジェ の旅行から戻り、ラバトで休泊した後、次はぐっと海岸線を南に下がる3泊4日の旅に出ました^^

今度は南下すること、600km


なので途中で一泊しながらの旅となりました。

まず、Safi (サフィ) という所で泊まりましたが、そこへ行くまでに間にひとつ見所が。


それは、モロッコにもある世界遺産のひとつ、El Jadida (エル ジャディーダ)にある、

ポルトガル時代の貯水槽跡。


El Jadida までは、ラバトから170kmほど。
ちょうど良いので、休憩も兼ねて寄ってみました。

モロッコは16~7世紀、ポルトガルに占領されていた時代があり、El Jadida もそんな街のひとつ。

この貯水槽は17世紀半ばに造られたもの。

貯水槽は、25本の柱に支えられた天井のある建物になっており、内部は雨水が落ちてくる天井の
穴の光のみの幻想的な雰囲気に包まれています。

e0092286_22161337.jpg



内部の中心にある貯水槽  

e0092286_22224291.jpg



以下、内部の様子、角度を変えただけの同じような写真になってしまいますが、
雰囲気がわかっていただければ幸いです^^


e0092286_2226063.jpg



e0092286_2226529.jpg



e0092286_22275766.jpg



e0092286_22294261.jpg



e0092286_22304776.jpg



水がもちろん水槽の外に溢れ出てますので、中央には行けませんが、

周囲は濡れてはいますが歩けるようになっています。

人が立つ位置はこんな感じ。

e0092286_22354146.jpg

モデルはおとうさんと、向かって左が横切ろうとしている姉^^

私は、周囲に所々ある高い位置にいます。
多分、雨が多い時期、水が溢れて下が歩けない時のための通路なのではないかと思われる場所。

で、実はもちろんフローラも一緒。
入り口で、抱っこならとお許しをもらっての入場でした へへ

だめだと言われるんじゃないかとあまり期待してなかったのだけれど、ちょっと間があった後に、
ま、いっか、ちっこいしね、って感じでした(笑)

で、証拠写真、フローラ、アタシもいたのよ~  
って残念ながら相変わらずの真っ黒顔だし、端っこだし良くわからんが^^;

e0092286_2240191.jpg



とまあ、こんな場所もモロッコにはあります、という今回のお話でした^^

結構、今モロッコの世界遺産巡りツアーなんてえのも、日本からあるみたいですので、いかがでしょう^^


e0092286_22425325.gif



*****************************************************
[PR]

by nmariomama | 2012-03-17 22:50 | 2011年秋 モロッコ国内旅行 | Trackback | Comments(16)
2012年 03月 16日

日曜日のお散歩

先日の日曜日の話です。

水辺の話題が続きますが。。。海に面した街に住んでいるのでしょうがない、ということで (へへ;


良く晴れていて、暑くなるかなあ、という午前10時ごろでしたが、
海辺は案外に風が冷たくて、ジャケットを着て来て良かった、、、という感じでした。

e0092286_1391244.jpg



この日はねえ、こんなワンちゃんたちに出逢ったんですよ、と言っても遠目ですが。
ポインター系のワンちゃんたち、合計で4匹、リードなしでお散歩。
思い思いで走り回っていたので、そのうちの2匹くらいしか写真には撮れなかったのだけど。

e0092286_1431491.jpg


自由に本当に楽しそうに走り回る本来の犬の姿に惚れ惚れ、見入ってしまいました。

そうこうしていたら、満ち潮で水がたまっている所に元気良く飛び込んで泳ぎ始めました。

e0092286_1473259.jpg



飼い主のおじさんに呼び戻されて、岸に上がっては又すぐ水の中へ。。。
e0092286_1511673.jpg

そんなことを繰り返してる犬たちを見ながら、時間を過ごしました。


で、うちの犬と言えば。。。

草にご執心、、、、春の草で美味しいのかい?
e0092286_1535461.jpg



その様子、久しぶりの動画でどうぞ~~





呼んでも全然来ません。

ようやっと、私たちが歩き始めて遠くなってから、それに気がついて焦ってます(笑)

e0092286_21695.jpg



のんびりお散歩をしていたらもうお昼の時間。。。

食べて行っちゃおうねえ、、、ということになって、まあ、又簡単にひき肉の炭火焼、ってことで、
手近な所を選んで入ったけど、そこはワンはダメ、って言われて、、、

ちょっと車を走らせて、今度はドライブインのような所、二階のテラスならいいと言うので、
やれやれ、やっと席にありつけました。


モロッコ人の一般庶民が外で取る、一番無難なコース。

ひき肉の炭火焼とサラダ


で、まずは何はともあれ、パン!
窯焼のパン! まだ温かくてもう、最高にこれが美味しいのよねえ。
サラダが来るまでにちょびっとずつ随分食べてしまった。

e0092286_293416.jpg

テラス席の屋根がオレンジ色っぽかったので、写りがこんな色になってしまいましたが。。。


サラダはこの日はミックスサラダではなく、モロッカンサラダがあるというので、それに。

まあ、なんのことない、
トマトとピーマン(炭火で炙って薄皮を剥いてある)のドレッシング和えなんですけれどね。

でも、これが結構美味しいんです。 オリーブオイルも使ってるし。

e0092286_2114754.jpg



それともうひとつ、これもトマトとピーマンですが、火を通してあるのでピーマン入りのトマトソース
という感じ、これはパンにつけて食べると美味。
e0092286_2185555.jpg



メインのひき肉の炭火焼。 お肉は一人前が250gなので、二人で500g。
でも、香ばしく、あっさりと焼きあがってるのでぺロッと食べられちゃうのよね。

お肉の上にはさっと炙ったトマトと玉ねぎの薄切り、玉ねぎが甘くて美味しかった。

e0092286_223346.jpg



オリーブオイルとお酢 
e0092286_2235468.jpg



食後はコーヒー、

満腹して、お散歩終了と相成りました^^>


ではでは~~



e0092286_2265646.gif



****************************************************
[PR]

by nmariomama | 2012-03-16 02:30 | ドライブ・お出かけ・お散歩 | Trackback | Comments(28)
2012年 03月 13日

フラミンゴに逢える?

さてさて、今日は我が家話題。

前回の記事でご紹介した、タンジェの旅の帰り道に、できればちょっと寄りたいと思っていた場所が
あったのですが、あの時は時間の都合でそのままラバトまで帰って来てしまいました。

そこで、先日、又ドライブも兼ねて、その場所へ行って来たので、今日はそのお話を^^

ラバトの海岸線を150kmほど北上した所に、Moulay-Bouselham という所があるのですが、

そこの海岸でちょうど海の水が湾のようになってせき止められ、湖のようになってる場所があり、
そこは水鳥たちがたくさん生息しているとのこと、なんと、フラミンゴもいるという話なので、
是非、行ってみたいと思ったわけです。


で、お昼くらいに着けばいいねえ、とのんびり出発。。。

ところが、高速を使わずに一般道路で行ったものだから、そこへ行き着くために曲がる道を
見つけられず、どうやら行き過ぎてしまって、次の大きな街、Larache という所まで行ってしまった。

気をつけていたものの、標識、出てなかったよねえ。。。。と、おとうさんと二人で首を傾げっぱなし。

結局一時間くらい時間もオーバーで走ってしまい、お昼も過ぎてしまい、取り合えず昼食を
その Larache の街でということに。


ここも海に面した街、せっかくならとお魚のメニューを。

e0092286_22495145.jpg


各種魚のから揚げにサラダ。

サラダはドレッシングが酸っぱ過ぎて期待ハズレ、お魚はまあまあでした。


で、空腹を満たし、気を取り直して、あらためて目的地に向かったのであります~~

今度は高速道路で。

こちらのほうはちゃんと案内板がでかでかと掲げてあって、さすがに間違えずに到着~~


水際を散歩できるかなと思ったのですが、、、、いきなり船着場みたいになっていて、
ちょっと想像していたのとは違っていて残念。

e0092286_2258498.jpg



ここからボートで湖を一周できると、早速おじさんが勧誘に。

e0092286_2304544.jpg


でも、午後も回って、かなり風も出てきてちょっと寒いくらいになってきていたし、
どうも、フラミンゴはいつでも見られるというわけではない、どっちにしてもかなり遠くまで
行かないと水鳥も見られないらしい、、、

ということで、まあ、又の機会に、今回は場所の下見ってことにしました。


e0092286_2365061.jpg


しかし、モロッコのこんな北のほうでフラミンゴが見れるとは思わなかったので、
なんだか期待で胸がわくわく。 野生のフラミンゴなんてねえ、めったに見られるものではないし^^


で、この後は、湖を上から見渡せる所に。

上からのほうが、全貌がわかって綺麗でした。

e0092286_2395889.jpg

向かって右のほうが海で、海水が流れ込んできて、このずっと奥のほうがせき止められてるということらしい。

だから、フラミンゴや水鳥を見るためには、このずっと奥に行かなくてはいけないということなんでしょうね。

結構時間もかかりそうだし、風の弱い午前中のほうが良さそう。


そして、写真の中央から左にかけて、キャンプ場が見えます。
e0092286_23135568.jpg

モロッコは結構海に山に、リゾート地にキャンプ場があるので利用する人も多く、
シーズンは混雑するようです。


さて、なんだかわからずに又結構ロングなドライブに付き合わされたお嬢でございますが、
記念撮影のほうはいかがな仕上がりに。。。へへヾ

いや~~ん、風でお耳が~~~~

e0092286_23185143.jpg



横からはこんな感じ(笑)

e0092286_23221743.jpg



ちょっと下なんか覗いて余裕じゃん、落ちないでよ~~ ^^;

e0092286_23245039.jpg



もういっちょ~  新種の黒ミミズクはいかが? (へへ

e0092286_2327257.jpg



というわけで、いつの日か、フラミンゴにうまいこと逢えますように ^^>


e0092286_23301511.gif



*****************************************************
[PR]

by nmariomama | 2012-03-13 23:40 | ドライブ・お出かけ・お散歩 | Trackback | Comments(22)
2012年 03月 12日

タンジェへ

去年の10月の旅行です。

先日アップの Ifrane の後、2泊でタンジェに行きました。

タンジェはモロッコの北の玄関口で、西は大西洋、北は地中海に面した街です。

姉はモロッコは2回目だったのですが、一回めの時は砂漠など内陸をずっと周ったので、
今回は海側を希望、、、、海岸線をずっと北上したわけです。


タンジェの海岸の地中海側にちょっと行くと、晴れていれば岬からもうスペインが見えてしまいます。

この日も快晴だったので良く見えました。


たくさんの船が行き交います。
遠く、霞んで見えるのがスペイン、すなわちヨーロッパ大陸というわけ。
スペインからもフェリーで簡単にモロッコに。
フェリーでモロッコの北から入ってくるのも又良いものです。
e0092286_15462678.jpg


お父さんの手に乗って(というよりは、わしづかみにされて^^;)、お嬢様もスペインを背に記念写真(笑)

e0092286_15481285.jpg



そしてこれは、ヘラクレスの洞穴、と言われる場所。

e0092286_1546506.jpg


あのギリシャ神話で出てくる巨人のヘラクレスが住んだと言われる洞穴なんですよ。

海側に空いてる空間が、人が立つとこんな感じなので、巨人が住んだにしてはスケールが小さいなあ、、、
なんて思ってしまいますが。。。

e0092286_1547687.jpg


でも、中はちょっとして鍾乳洞のようで、雰囲気はあるかな^^

e0092286_15472852.jpg



タンジェの海岸

e0092286_15475679.jpg



ラバトと同じく遊歩道のようになってる場所を散策

今度は遊歩道の手すりに乗っかって^^
風が強かったねえ、お鼻が乾いたかな、ぺろりんちょ

e0092286_15482998.jpg



タンジェは二泊しましたが、泊まった場所は知り合いが所有のアパート、
とても広く、家具も揃っての素敵な所でしたが、いかんせん普段使ってないということで、
湯沸かし器は壊れ、ガスコンロをつけようにも自動点火ではなかったので、
マッチもライターもないことに気がついた夜遅くではお湯も沸かせず、、、

まあ、ワン連れでただで泊まらせてもらうのだから、寝れただけでも良し、なんですが、
姉には大変な不自由をさせてしまって申し訳なかったなあ。。。

それに、タンジェでは写真があまり撮れず、、、

街中の散歩、タンジェも結構な交通量、お嬢はずっと抱っこしっぱなし、
おまけにタンジェの街って、すごくアップダウンがあって大変だったのです><

でも、旧市街にある博物館にも抱っこならいいよって、言ってくれたので、フローラと一緒に入れました。

タンジェの古い歴史を丁寧に説明した中々の博物館で、以前から寄ってみたいなあ、と思っていたので
良かった良かった^^


とまあ、二泊したにしては短いレポですが、お許しを。。。


最後におまけ風で、、、、


ヘラクレスの洞穴の傍のカフェで。。。ねこさんたち へへヾ

e0092286_1694969.jpg



e0092286_16231218.jpg



e0092286_16275368.jpg




e0092286_16294346.gif



*****************************************************
[PR]

by nmariomama | 2012-03-12 16:41 | 2011年秋 モロッコ国内旅行 | Trackback | Comments(8)