続・まりおの部屋

petitmario.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2012年 01月 31日

へ~ちゃんと彼女

週末から週明け、なんだかバタバタしてしまって、更新ができませんでした。

で、今週はちょっと帰京日記はお休みして、、、、


早速お送りしたいのが、へ~ちゃん情報なんですよ。


お留守番チームの様子の報告で、へ~ちゃん、もう来ないかも~~

という話をしましたが、あれからね、姿は見てました。

お隣の庭を横切るへ~ちゃんの姿は何度となく見ていたので、ああ、元気なんだなあ、、、と
安心はしていたんですが、

10日くらい前でしょうか、ふっといつもの場所を見たらへ~ちゃんが以前と全然変わらない風で
御飯待機してるではありませんか。

で、焦っていつもの通り、カリカリを入れ物に入れて、紐で下に下ろしてあげたら、
これまた、全く以前と変わらぬ風に食べ始めてくれました。


全く元気そうな背中だよねえ~ へへ
e0092286_2310499.jpg


なんて、上からへ~ちゃんの背中を眺めていたら、ふと、目の先にもう一匹の黒白猫さんが目入りました。

お隣の庭のタイル敷きの所。

あ、これは、へ~ちゃんの彼女では? そうだそうだ、先日一緒にいた所をフォーカスした相手の猫さんだ!

e0092286_2311388.jpg


こっちにおいで~ とちょっと誘ってみたんですが、写真撮ったらアヤシイと思われたか、
残念ながら立ち去ってしまいました。

e0092286_23111435.jpg



当のへ~ちゃん、そんなことには全くお構いなく、食べ終わったらのん気に毛づくろい~

e0092286_23112440.jpg


で、とうとう、この日は一度もカメラ目線はくれず、というか全くこっちを向いてくれずに、
そのまま行ってしまいました。

久しぶりと言うのに、なんという態度!

という感じでしたが、まあ、とにかく又食べに来てくれた~  という嬉しい気持ちのほうがいっぱいで、
又来てくれるようになったんだ! ってなんかわくわくしてしまいましたよ(笑)


でも、その後、又全然姿を現さなくなっちゃって。

二匹とも、隣の庭にいる様子もないし、、、、

これはさてや、彼女に、あんた、あんなとこで外食して! なんて怒られちゃったんで、
来れなくなっちゃったんじゃあないかと心配になりました。

そうしたらですねえ、、、、つい2~3日前、


窓を開けて、へ~ちゃん、どうしてるだろう、、、とひょいと下を見たら、御飯場所に黒白猫さん!

あら、へ~ちゃん来てたのね~

って、顔を見てびっくり~~~~~


e0092286_23113751.jpg

なんと! 彼女さんのほうでしたあ へへ

いや~ 美猫さんではないですかっ へ~ちゃん!(笑)

白い毛の部分、足先、とってもとっても綺麗な猫さん、これは紛れもなく飼い猫さんですよ。

へ~ちゃん、うまいことやりましてん、私の留守に~~(笑笑


で、再びふと気が付いたら、ちょっと離れた塀の所にへ~ちゃんもいて、私と目が合ったら、
急いでこっちに来たのよね、それで、御飯の入れ物を下ろしたら、彼女さんがびっくりしてる間に
へ~ちゃん、しっかり御飯位置を確保。

e0092286_23115413.jpg

へ~ちゃん、食べてる間、彼女さん、大人しく後ろで控えてます。


へ~ちゃん、食べ終わりました^^

e0092286_2312860.jpg


で、食べ終わったら、すたこらさっさで行っちゃったんですよ。
彼女と一緒のところを見られてちょいと気まずかったか????

で、その後、彼女さんはどうするかなあ、、、、と思って見てたら、

恐る恐る御飯の入れ物に近づいて、中を確認、残っていたカリカリを食べ始めました。

e0092286_23123174.jpg

食べ中の彼女さん、上から見ると背中にちょっとだけ白い毛があるのが特徴、目印かな。
まあ、ずっとへ~ちゃんより小柄だし、顔が全然違うから(何しろ可愛い~~~♪)
間違えることはないんだけどね。


さて、この日はへ~ちゃん、立ち去る前にちょっとだけこっちを向いてくれた。
でも、もう夕暮れ時だったし、コンデジだったので、オオボケ。

e0092286_23121770.jpg



それでも、わかるよね~ このちっこくって目つきの悪さ、変わってませ~~ん

正にあの萩で見つけた猫グッズとおんなじで笑っちゃいました。


とまあ、そんなこんな、昨日の夕方も二匹で窓の外にいて、へ~ちゃんが先、
彼女さんがその残り、って感じで御飯食べて行きました。

彼女さんは飼い猫だと思うので、御飯はあげないほうがいいと思うので、
あえて、彼女の分、と言う感じではあげないことにしてます。

ちゃんとしたおうちがあるんだからね、まあ、夕方だし、ちょいと小腹を満たしていく程度にしておきなさい、
って感じ?

彼女さんも、特にもっとちょうだい~って態度は見せないし、お育ちがよろしいようで^^


でも、あんまり可愛いから、彼女さんにも私だけの呼び名をつけてしまいました。


みうちゃん    ていうのはどうかしら。

まあ、何となく浮かんだ名前だから、全然深いわけもなく、いつものごとくです。


ということで、へ~ちゃんと一緒に又時々登場するかもしれない、みうちゃん♪

へ~ちゃん共々、以後もよろしくお願いいたしま~~す へへ>


e0092286_23133566.gif



*****************************************************
[PR]

by nmariomama | 2012-01-31 00:04 | 御近所猫さん | Trackback | Comments(20)
2012年 01月 27日

萩、泊まったホテル

萩の旅、最終です。

今日ご紹介は、藍場川。

e0092286_2247222.jpg



藍場川は18世紀半ばに農業用水の確保や舟による物資運搬などを目的に造られた、
阿武川と新掘川を結ぶ約2.6kmの水路。

住宅地の道路脇に流れる川 で、鯉が放流されているのが有名です。

e0092286_22474110.jpg



e0092286_22475136.jpg



とっても風情があって、もっと早い時間に来て、ゆっくりすれば良かったと後悔。

e0092286_2248095.jpg



さて、最後に今回の萩の旅で、宿泊したホテルをちょっとご紹介したいと思います。


                 プチホテル・クランベール

e0092286_22481436.jpg



                  ホテルの入り口です

e0092286_22484467.jpg



東萩駅から約5~6分、朝食のみ付き  駅からの便もいいし、泊まり心地も良かったし、
萩の旅にお勧めしたいホテルです。


で、何が一番良かったって、ここの売りである朝食に出る、自家製焼きたてパン!

e0092286_22485624.jpg


パンはおかわり自由、好きなだけ食べられます。

すんごく美味しかったです~~^^/


ホテルとしては、全体にまあまあという印象でしたが、この朝食と、


後ね、ここのオーナーさんがどうも猫好きらしい、というのが私には魅力で。

猫好きさんには特にお勧め~~♪

ま、ホテルの中に猫がいた、ってわけではないんですが、
(モロッコじゃあるまいし、さすがにそれはなかったのですが)


ホテルの入り口からして、黒猫さんでお迎え、、、、^^

e0092286_224925100.jpg


写真はないんだけど、フロントに飾ってある置物も猫関連が多かったし、


極めつけは、隣接してカフェとレストランもあるんだけど、

そこのカフェの内部がこんな感じで、

e0092286_22494496.jpg


なんと! 猫グッズで溢れかえってるんですよ!

もう、目の毒!  手作りケーキとコーヒー目当てで寄ってみたのに、食べるのもそそくさに、

猫グッズを見入ってしまって、うっかりこんな猫さんと目が合ってしまって購入してしまいましたあ へへヾ

e0092286_22495321.jpg

ねえ、これ、へ~ちゃんに似てない?

この目つきの悪さ、絶対へ~ちゃんがモデルだ~ (笑)

しっかり、モロッコまで持って帰ってまいりました。

萩まで行って、何やってるんでしょうねえ、ワタシ。。。


というオチ付きの、下関、萩の旅、長々とお付き合いいただきまして、ありがとうございました。


日本はだいぶ寒くなっているようですが、お風邪などひかれないよう、温かくして週末お過ごしくださいね。


ではでは。。。。


e0092286_22504412.gif



*****************************************************
[PR]

by nmariomama | 2012-01-27 23:38 | 帰京日記- 2011 | Trackback | Comments(20)
2012年 01月 25日

大照院

さてさて、今回は大照院というお寺です。


大照院に続く道  又猫に出逢う・・・・ 黒白猫さん、ああ、へ~ちゃんはどうしているだろう、、、
なんてモロッコに想いを馳せた一瞬でもありました へへヾ

e0092286_21524013.jpg



大照院は8世紀末~9世紀初めに創建されたお寺。
が、どうも創建の経緯などは良くわかっていないらしい。

現在の本堂は1747年に火災に遭い、再建されたもの、とのこと。

しかし、私たちが訪れた時も修復の最中だったのでしっかりとは見ることができず残念。


e0092286_21525388.jpg



e0092286_2153316.jpg



e0092286_21531227.jpg



e0092286_21563213.jpg



本堂は諦めて、、、、

ここのもうひとつの見所、国の史跡になっている境内の奥にある萩藩主の毛利家の墓所を見に。

墓前に藩士が寄進の石灯篭がならんでいるのですが、その数、600数基が圧巻。

e0092286_21564929.jpg



e0092286_21565985.jpg



しばらく境内内を散策した後、お昼の時間に向けてお目当ての場所に移動。


【あじろ】 という和食のお店。 結局は又萩城の近くまで戻ったことになるのですが、
とっても美味しかったので、萩を訪れる機会があったら、是非どうぞ^^♪


e0092286_21571463.jpg

向かって左はゴマ豆腐、これも中々のお味でした^^


刺身定食を所望、ここでも出たフグが、お刺身もコフグのから揚げも
ひょっとしたら、下関で食べたのよりも美味しかったかも~
e0092286_21572130.jpg



というところで、この日の午後のお話は又次回に。。。

もう一回だけ萩のお話続きます~ 最後に泊まったホテルのことなどもちょっと^^


e0092286_21581734.gif



******************************************************
[PR]

by nmariomama | 2012-01-25 22:27 | 帰京日記- 2011 | Trackback | Comments(14)
2012年 01月 23日

萩城跡

さて、下関から長門(ながと)までタクシーで、その後は長門駅から東萩まで山陰線に乗りました。

もうすでに陽は落ちて、長門で列車に乗った時は真っ暗。

大体が山陰線というのは本数が少ないので旅行にはとても使い難い列車のようですね。

なんとか夕方の6時半頃には東萩につけるような列車を拾うことができましたが、

何せこれまたかなりのローカル列車、列車内はなんと言うか、地元の高校の通学列車のようで、

まるで通学時間帯に合わせたかのような時刻表という印象。

高校の生徒たちに囲まれての東萩までの列車の旅、なんかワタシタチ、浮いてました へへ;

あ、そうそう、この列車、運転手さんだけのワンマンカー。
一番前の扉しか開きませんのでご注意ください、とのアナウンスがあったので、
え~ とびっくり! 東萩の手前で一番前の車両に移動。
やれやれと東萩でドアが開いたら、東萩は乗降客が多いのか、全部のドアが開いてました。

しかも、降りてみて、ありゃ、かわゆい二両編成だった!
乗った時、もう真っ暗、駅自体もなんとなく暗くて気が付かなかったという笑い話、

印象深い山陰線でありました~ へへ



翌日は、あまりお天気が良くなかったものの、なんとか雨は降らずの一日。


まずは、萩城跡から、行ってみました。


e0092286_22433665.jpg


別名、指月城とも呼ばれ、1604年に、毛利輝元によって築城されたもの。

e0092286_22435020.jpg



城は全く残っておらず、天守閣跡が残るのみ。


城周囲のお堀

e0092286_2244154.jpg



e0092286_22441487.jpg



たくさんの鯉

e0092286_2244217.jpg



この萩城跡、ものすごく広くて、奥に行くと、神社や書院や庭園や、茶室や、、、
といろいろ興味深く、散策に持ってこいの場所。

e0092286_22442971.jpg



e0092286_22444184.jpg



つわぶきがちょうど盛りの時期のようでした。

e0092286_22445121.jpg


又、ここは、600本のソメイヨシノが植林されているとのことで、
春に来たら、さぞかしお花見に良かっただろうなあ。。。


書院の前にいた猫さん

e0092286_224533.jpg



書院の縁側にも。。。書院は撮らずに猫さんを へへヾ

e0092286_22451167.jpg



とまあ、そんなに観光客もいなくて静かにのんびりと朝の散策を楽しめました。

この後お昼までにもうひとつ周った先が、大照院、というお寺。

この様子は又次回に。。。


e0092286_224754.gif



*******************************************************
[PR]

by nmariomama | 2012-01-23 23:29 | 帰京日記- 2011 | Trackback | Comments(10)
2012年 01月 21日

西への旅

帰京日記、今回は旅編です。

前回も父のお墓参りで西の旅となりましたが、

今回もまずはそのお墓参りから始まったので、又えんやらえんやらと西への旅となりました。
前回同様、姉との二人旅^^


無事、お墓参りをすませて、播州赤穂線なんぞという瀬戸内を走るローカル線の駅を又更に西へ。。。

e0092286_2351197.jpg



岡山からは小倉まで新幹線、小倉から引き返し、着いた先は山口県の下関。

ここに父方の叔母が住んでいるので前回同様叔母を訪ねて東京から千キロ えんやらえんやら。。。

ま、新幹線というものがあるのでねえ、一日のうちにそんなに移動したとは思えないのが実感。


e0092286_2352351.jpg


叔母に会った後に泊まった宿は下関の名所、火の山の上にあるので見晴らしの良いこと。

右手に見えるのが北九州市の門司と結ばれている、関門橋。

朝早くから結構たくさんの船が行き交っているようでした。


朝食をすませて火の山のてっ辺まで行けるロープウェーに乗ろうと思ったら、なんと火曜日でお休み。

な~~んだ残念。

で、ふらふらと火の山を下りて海のほうへ降りていき、、、、

まじかに見る関門橋
e0092286_2353385.jpg



ふと、この関門橋とは別に徒歩で門司まで行ける関門トンネルを思い出し、渡って見ることに。


このトンネルは関門海峡の海面下、58mの所に造られた海底トンネル。

まさか水族館のように海の中が見えるなんて構造ではないので、ただのトンネルですが^^;

全長780m  歩行者、自転車、原付専用、(他に車用、そして、鉄道の列車用とあります。)

エレベーターで下りていくのですが、人は無料、自転車は20円だったかエレベーターの入り口の横に
料金箱が置いてあり、そこに勝手に小銭を入れていく、という感じになってました^^

日常的に使う人や、あるいは結構ウオーキングやジョギングに使う人もいるよう。
実際、歩いていたら、速歩で何度も往復、すれ違ったりする人に出会いました。


で、トンネルを通ったという証し。

山口県と福岡県の県境をパチリ♪

e0092286_2354212.jpg


取り合えず、福岡側に抜けて、タクシーかなんかで又戻ってくればいいか、
なんてのん気に考えていたのですが、
どうもトンネルを出た場所は何にもない所という感じで、あらら~~

一応、トンネルに入る前に火の山に戻る路線バスの時刻を見ておいたのですが、
ひょいと時計を見たら、ちょっと、それに間に合うようにこのトンネルを又引き返すには、
相当のスピードが要求されるんじゃあ????


っと思う間もなく、姉ってば歩き始めてどんどん行っちゃったんですよ~
姉は速歩のウオーキングを週末に実行してる人で、ほんとに速歩!

私ってば付いていけなくて、ぜいぜい~ 

来た道、780mを必死に姉の背中を追い、いや~ なんとかバスに間に合ったのです。

で、なんで、そんなに急いでいたかというと、チェックアウトはすませていたものの、
その日のお昼はその宿ですませるべく予約を入れており、なおかつ、迅速にそのお昼をすませ、
午後の予定をこなさなければいけなかったからなんです。

で、宿でお昼はふぐ刺定食~~  下関だもんねえ~

下関では、ふぐを、ふく、と呼びます。 幸福のふく、にかけて、縁起かつぎですね♪

e0092286_2355145.jpg


そして、ヒレ酒付き~~

e0092286_2373399.jpg


最後はふぐちり(写真忘れた><)も美味しくいただきました~~~♪


昼食の後、叔母が回してくれた個人タクシーで、角島(つのしま)経由で長門まで送ってもらいました。


下関から角島に向かうと間もなくで日本海が見えてきます。

太平洋とは又違った海岸線の日本海の景色を楽しみながら、、、、というはずでしたが、

実はワタシってば、お昼に飲んだヒレ酒でいい気持ちになって車に乗った途端、グースカグースカ ><

しまった! と度々目を開けるもすぐに又眠りに落ちるというテイタラクでありましたあ。。。。とほほ


でも、まあ、角島に着いた時にはちゃんと目を覚ましましたので、角島の写真は撮れたわけで。。。


角島は下関市豊北町に属し、日本海は響灘に浮かぶ島です。

島に行くのに、2000年に全長1780mの角島大橋ができて、今は車でさーっと渡れるようになっています。

e0092286_2374062.jpg


見事な橋です。 遠くから見たら惚れ惚れするような綺麗な橋でした。

橋を渡って、島を少しだけ見学。

島のシンボルの灯台

e0092286_2375525.jpg

英国人の設計で、1876年に建てられたとのこと、日本海側で初の洋式灯台だそう。
下の建物の部分で灯台の設計者の英国人が実際に居を構えていたとのことで、
その当時の暮らしぶりが残されていました。

灯台は上まで上がれるようになっていましたが、時間がなかったので割愛。
何せ、高さ43mを階段でということだったので、まあ、時間があったとしても、
ヒレ酒のやられていたワタシは遠慮したと思います~~ へへ;


この後、もう一箇所、長門に近い所に大正末期から昭和初期にかけての童謡詩人、「金子みすず」の
記念会館があるということで、ちょっと寄ってみました。

これは姉の提案だったのですが、私、どうもこの人のことを良く知らず、
なんでだろうと思ったら、彼女の作品は長らく世に忘れられており、1984年に遺稿集が発表されて
一躍有名になったとのこと。

1984年、というと、私はもう日本にはいない時期、そんな情報がモロッコまで伝わるわけなく、
この頃のことは、なんにしてもぽっかりと穴が開いたような状態なのであります。

で、金子みすず のこともさもありなん、知らないわけだ。

26歳の若さで世を去るまでに 512編もの詩を綴ったとのこと。

代表作に 「わたし と 小鳥 と すず と」

自然と共に生き、小さな命を愛しむ思いが作品のテーマだそう。

e0092286_2382884.jpg



e0092286_238179.jpg



この後、長門の駅でタクシーを降り、そこから山陰線で次の目的、東萩まで行きました。

萩の旅は又次回に。。。。^^>



e0092286_2391194.gif



******************************************************
[PR]

by nmariomama | 2012-01-21 00:35 | 帰京日記- 2011 | Trackback | Comments(18)
2012年 01月 18日

お留守番チーム

帰京日記を始めてしまいましたが、

やっぱりお留守番チームのご報告もしておかなくてはね。


今回は2ヶ月以上のかなり長い留守になりましたが、どうやら人間も動物も達者でいたようです。

前回はおとうさんが腰を痛めたり、フローラがオシリに腫れ物ができたり、

などなど、、、、いろいろ支障があったんですが。。。


まあ、とにかく帰って来た時には、部屋が滅茶苦茶だったことを除けばね、という状態でした^^ヾ


で、戻ってからのおコたちの写真を撮ってみましたが、どうもうまいこと行かず、

まあ、取り合えず、元気ですよ~~ のご報告ということでご勘弁を。


相変わらずのフローラです。 ゴリラと遊んでいる所に声をかけて撮ったので、
こんな感じになってしまいました><

e0092286_2356863.jpg


屋上とたまには外にも連れ出していたということですが、まあ、部屋の中で良く走り回っていたようで、
それほど運動不足になったいうこともなく、外見も変わらずのお嬢です。

ただし!シャンプー前に写してしまったので、御髪はぐしゃぐしゃのままです、アシカラズ~~



次は御大のパトリック

こちらもとくに何のお困りもなく過ごしていたようで、ほッ

逆光にしか向いてくれず、ちょいと変顔に撮れてしまってます~

e0092286_23562098.jpg



ほんとに撮影に非協力的なコばかりで、コービーに至っては、
やっと外から帰ってきたと思ったら、窓辺に。。。で、外を向いたきり。

e0092286_23563073.jpg

コービーこそ、全くいつもと変わりなく過ごしていたと言えそう。


さて、この留守で、一番心配していたのはステフィーなんです。

行く前、かなり足腰が弱ってきていたので、日本から電話で様子を聞くたびにイの一番で、
ステフィーのことを聞いていました。

で、戻ってきてみて、あら、行く前より太った?って感じだったんですよね。

幸い食欲があり、おとうさんが結構テーブルで食事時にも、ちょいちょいと欲しがる物をあげてたらしく、
私が帰ってきた後も何故か私が台所に行くと、テーブルで待機。

テーブルの上でのそんなお嬢のワンショットです。

e0092286_23563743.jpg

全くねえ、困るんですよねぇ、人間の食べ物は絶対にあげないようにしてたのに。。。

ま、いない間のこと、文句は言えません、それに却って元気になっていたのでヨシとしましょう へへ;


そしてね、、、、

みなさんの中にも、きっと気にしていらっしゃる方もいてくださるんではないかと思いますが、

へ~ちゃんはどうしたの? って。


そうなんです。 我が家で御飯だけあげてた外猫のへ~ちゃん、

一応息子やおとうさんに頼んではいったのですが、

やっぱり私でないとだめだったようで、姿を現した時にあげてみたけれど、食べなかったとのこと。

そのうちに姿もなくなったというのです。

う~~~~む。。。。  ごめんよ~~~  へ~ちゃん、、、、ぐすッ


帰ってきてからも一日気にしながら、もしやとへ~ちゃんの姿を捜していたのですが。。。。

その後、数日たってからのこと。

隣の家の庭でこんな光景を発見!

e0092286_084912.jpg


なんと! 二匹の黒白猫が寛いでいるではないですか。

向かって右の猫は小さめ、この猫はちょっと私のほうを振り返って見てくれたんですが、
近所で飼われてると思われるメスの黒白猫なんですよ。

でね、向かって左のほう!

絶対へ~ちゃんだと思うんだけど、かなり粘ったけれど、こちらは見てくれず顔は確認できませんでした。
ただ、体を動かした時にお腹のへんの黒模様が独特の波型だったような、、、、
まあ、何せ遠目なのであまり良くは見えませんでしたが。。。。

これがへ~ちゃんだとしたら、きっとこのメスの黒白ちゃんと仲良くなって、
そこで一緒に御飯をもらっていた可能性ありですよね。

それならそれでと大安心。


でも、それ以後は姿はなく、実は、ちょうど今日、お昼前に窓を開けたら、

やっぱりお隣の庭を横切っていく一匹の黒白猫の姿が目にはいり、

へ~ちゃん? って思わず呼んだら振り返りました。

そうしたらね、違わず、へ~ちゃんでありました!

しかし、しかし、、、、ほんの少し、私のこと凝視してたんですが、そのまま行ってしまったんです。

忘れちゃったかな、お見限りだわねえ。

でもね、へ~ちゃん、以前より太ってるように見えました。
食べるのに困ってない、今の暮らしが良いってことなんでしょうね。

元々大猫の部類のへ~ちゃん、もっと巨体になっていたような。。。

ああ、ちゃんと御飯も食べる所見つけてくれたんだ。。。
ほっとした反面、ちょっと寂しさも感じましたが、これでいいんですね。

ぼろぼろ状態で我が家に現れた後、一年かかって元通りになったんだから、もう大丈夫。

又何かあったら思い出して、ここに来てくれればそれでいいんだよね。

まりお家を最後の砦と思って安心して半ノラをやってくれたら本望、

ひょっとしたら、あの黒白ちゃんとの間に、仔黒白ちゃんが生まれる可能性もあるなあ。。。
そんな仔たちが又ひょっこり我が家の庭に現れたらどんなに楽しいでしょう ^^♪


というわけで、へ~ちゃんも含めて、今日はお留守番チームのお話でした、

次回は帰京日記に戻りますね、 ではでは ^^>


e0092286_2357119.gif



********************************************************
[PR]

by nmariomama | 2012-01-18 00:42 | ワン・ニャン ショット | Trackback | Comments(22)
2012年 01月 16日

帰京日記 トップは新宿御苑

さて、取り合えず、帰京日記と行きましょう。
又間に日常の話題など入れながら、、、ということになると思いますが。。。


トップバッターは、11月5日あたりでしたでしょうか、母のお供で新宿御苑に行って来た時の写真です。

菊展をやっているというので覗きに行ってきました。

e0092286_1267.jpg



でも、まだ見ごろには早かったようで、ちょっと物足りなかったのです。

11月、私が着いてからもしばらくは随分暖かい日があったりしたせいもあるかもしれません。

小菊は綺麗に咲き誇ってました、、、がどこをどうやって切り取っていいやら。。。
ええい、遠目で全部入れちゃえ、、、、乱暴な撮影です(汗

e0092286_122972.jpg



やっぱり大輪は圧倒されますね、でも、これも難しいなあ、、、

e0092286_121915.jpg


というわけで、菊の花はことごとく没写真ばかり、、、、うまいこと行きませんでした。


それより、と言ってはなんですが、秋バラも綺麗に咲いていて、こちらのほうが見ごろを迎えているようで
魅力を感じてしまいました へへ


e0092286_1311164.jpg



たくさんの種類の中、一重がシンプルで綺麗だなあ、、、と


e0092286_1251776.jpg




でも、やっぱりこんなバラもゴージャスでいいかと目移りしたり、、、


e0092286_13192.jpg




e0092286_13974.jpg




穏やかな秋の昼下がりを母とぶらぶら苑内を歩きました。


池の傍で母が一休みしてる間に、水鳥を。


e0092286_133062.jpg




ばっちりカメラ視線をくれたよ~♪


e0092286_134297.jpg



母が、ほら、シラサギが要る! 教えてくれたのですが、ちょいと遠目。

ほら、撮んなさい、早く、行っちゃうわよ、何してんの、

なんて無情にも催促されながら、撮れるかいなあ、ワタシのカメラと腕で、、、

あ、でも、なんか獲ってる! えいやツ とシャッターを切った場面です^^;


e0092286_135490.jpg




11月の初めでまだ木々の色づきはあまりなく、それでもちょっとは日本の秋を楽しめた半日でもありました^^


e0092286_14467.jpg




e0092286_141929.jpg




e0092286_142949.jpg



というところで、又次回をお楽しみに ^^>



e0092286_155892.gif




***************************************************
[PR]

by nmariomama | 2012-01-16 01:35 | 帰京日記- 2011 | Trackback | Comments(20)
2012年 01月 12日

ただいま~~^^/

2012年 新しい年、

日本の未来が少しでも明るくなりますように。



e0092286_1716314.jpg



皆様! お久しぶりです。

やっとラバトの我が家に戻ってまいりました。

2ヶ月の滞在もあっという間に過ぎ、早こちらの日常に組み込まれ、

日本での生活が遠い昔のように感じられます。

おかげさまでリフレッシュもできましたし、

又新たな気持ちでブログにも向かいたいと思います。

当分は日本でのできごとや、

昨年秋、姉がモロッコに来た時に一緒に旅行した時の話題を載せたいと思いますが、

今まで以上に細々と糸を手繰っての更新となるかもしれず、

のんびりとお立ち寄りいただければ幸いです。

実際、当分は2ヶ月留守にした我が家の片付けに苦労しながらということにもなりますし。。。><

あ、留守宅はみんな元気にしてました。

フローラは、私の帰りを、なんと!あらら~の嬉ションで迎えてくれたし へへ;

心配した猫のステフィーの健康のほうも大丈夫だったようで、ほっとしました。

又ワンニャンの画像も追々に載せていきますね。

フローラはその前にシャンプーをせねば・・・・


というわけで、簡単ですが、帰モロッコのご挨拶に代えさせていただきたく、


最後に2012年の皆様の健康とご多幸を祈って。。。。



e0092286_17174650.jpg




=====================================================
[PR]

by nmariomama | 2012-01-12 17:39 | 徒然何でも在り記 | Trackback | Comments(32)