続・まりおの部屋

petitmario.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧


2008年 04月 30日

鳩さんカップル、その後。。。

e0092286_22572880.jpg

我が家の北側の隣家にどうやら巣を作ったらしい、鳩のオス雄くんとメス子さん。

3月中旬辺りはオス雄くんしか見当たらなかったのでどうしたかなあ、と思っていましたが、4月に入ってから叉二羽でよく姿を見かけます。

左がオス雄くん、右メス子さん^^
e0092286_22593366.jpg


とっても仲が良くて当てられっぱなしです(笑)

e0092286_2311154.jpg


二世誕生を心待ちにしてるんですが、、、、今のところその気配はなさそう。
e0092286_2335571.jpg


二羽が仲良く飛ぶ姿は本当に美しいんですが、飛ぶ鳥を写すのは、ワタシには不可能だわ。
鳩も結構速いんですよね、あっと思う間にあちらこちら。 あんまり綺麗だから見惚れてたりもするし。。。へへ

でも、いつか絶対!(笑笑ゞ

このカップルの写真はたくさん撮り溜めてあるので、叉後日見てくださいね。
それから、他の小鳥たちを撮るのにも挑戦してます。

鳥というカテゴリーも新設置。 どうぞよろしく~^^>
[PR]

by nmariomama | 2008-04-30 23:16 | 鳥・蝶 | Trackback | Comments(10)
2008年 04月 29日

久しぶりに、まりおと朝の体操ご一緒に~^^♪

まずはアクビしてぇ~ 緊張を解きほぐしましょう^^
e0092286_16352355.jpg


のびのび~~で体をほぐしま~す。
e0092286_16355557.jpg


では、いきますよ~ まりおのごろんごろん体操!

そ~れッ
e0092286_16374091.jpg


もひとつ、そ~れッ
e0092286_16384149.jpg


これを3回ほど繰り返しま~す。

そして、最後は、これが肝心、ぶるぶるぶるッ とね。 これで決めるので~す。
なるべく高速でお願いしまーす^^
e0092286_16402582.jpg


是非、お試しくださいね^^>


e0092286_1642227.gif



久しぶりにアタシの動画も見てね。
屋上で遊んでるところよ。

(新しいカメラで撮った動画ですので音が通常に入ってます。 この日は風が強く、その音がうるさく入ってしまって、、、フローラがガウガウ言ってるのが聞こえるといいのですが。。。)


[PR]

by nmariomama | 2008-04-29 16:48 | まりお | Trackback | Comments(14)
2008年 04月 28日

今度は海^^

さて、ワンたちをお出かけに、今度は海方面。

ここ数日、ラバトは暑いくらいなんですが、4月3日のこの日も暑かった。
水際で遊ぶ人はもちろん、結構泳いでいる人もたくさんいました。

海岸と海岸をつなぐ遊歩道から。
ここは岩場ばかり。 泳げないので平らな所で水遊びをする人で賑わってました。
e0092286_1264951.jpg


海岸のアロエ、、、アロエも強いんでしょうかね。あっちこちで見られます。
e0092286_1291920.jpg


これも松葉牡丹の種類でしょうか。 ピンク系はお馴染みですが。。。
e0092286_1305897.jpg


ひと歩きした後、カフェへ、、、
e0092286_132560.jpg


暑かったのでめったに飲まない清涼飲料水を所望。
オリーブがあるのは、夫がジンジャーエールを頼んだからなんです。
中々美味しいオリーブでした^^
e0092286_134155.jpg


座った位置から眺めれる海、、、心地よい夕方の風、気持ちいい~♪
e0092286_1345553.jpg


本当は夕陽が沈むまでいたかったけれど、、、、

もう行こう、早く行こう、お腹空いた、、、
e0092286_1362085.jpg


しゃーないね、 今度はワンを置いて、二人だけで(え?夫ですよ^^)、夕陽を見ながらの態勢で来ましょう。 ここはカフェだけでなく、レストランでもあり、お魚が軽く食べられる所でもあるんです。 ま、叉ワンたちを置いて、、、なんて言ってるといつのことになるかわかりませんが・・・^^;
[PR]

by nmariomama | 2008-04-28 01:40 | 自然・花・風景 | Trackback | Comments(2)
2008年 04月 26日

巡る季節・・・ジャカランダ開花^^

さて、撮りだめの写真を片付ける前に、、、やはり旬の画像もお送りせねば。。。

私の大好きな花。今年もジャカランダの花の季節がやってきました。

原産は南米、ジャカランダ属、ノウゼンカズラ科。 高木です。
こちらでは盛りは5月なんですが、我が家の近所のジャカランダはいつも他の場所よりも早く咲き始め、今、早満開状態。 

屋上から撮影したものなので遠景ですが、、、後日、散歩コースで近距離撮影してきます^^ゞ

近所なんだから、行ってくればいいのに、とお思いでしょうが、この木の場所は散歩コースから外れるのと、すぐそばに見えてるくせに我が家からはぐるーっと回って行かなければならず。
まあ、要するにメンドイだけのハナシ、、、^^;

これは一週間近く前に撮ったもの。 ナツメヤシの木と一緒に。
e0092286_23583870.jpg


昨日です。 朝、少しもやがかかってました。 満開ちょっと手前という感じ。
e0092286_002939.jpg


同じく朝。 ジャカランダの花の紫を背景に入れて。。。。
前の木の葉っぱにピントが合い過ぎた><
e0092286_031858.jpg


昼間、晴れてから。
e0092286_014764.jpg


綺麗に撮れたつもりでも、やっぱりズームでぼけてますね><
ま、花の色の雰囲気を楽しんでいただければ・・・なんちゃって^^ゞ

今度は近距離、マクロで頑張ってフォーカスしてきま~す^^>
[PR]

by nmariomama | 2008-04-26 00:23 | 自然・花・風景 | Trackback | Comments(20)
2008年 04月 24日

久々にワンたちのお出かけ♪

さて、旅のレポートに時間をかけ過ぎて、ワンたちの話がすっかりご無沙汰になり、早く元に戻さないとドヤされそうです^^;

友人たちが発った後、早速ワンたちを連れて、罪滅ぼしのお出かけ。
日付はぐーんと遡ってしまいます。。。確か、、、、3月の30日くらい~~あー、もう記憶も曖昧なり、、、ですが、朝、良いお天気だったのでワンたちのストレス発散に森へ行きました。

うまいこと、リードオフにできて万歳!でした。

おとうさん、、、と、、、
まりお、、、見えるかな? 茶色のちっちゃーいのがそうです^^;
e0092286_5331334.jpg


お花も咲いてて綺麗だったね。
e0092286_5351546.jpg


あっちとこっち。 
二匹を呼んだらフローラは来たけれど、まりおには無視されました。
カメラを構えていたのがお気に召さなかったらしい。。。
e0092286_5372214.jpg


新しいカメラは前のカメラに比べてズームが充実してるので、少し距離を置いて、さっと撮れるのが便利。

カメラ目線までは後一息だけど、まあまあかな?
e0092286_5385632.jpg


特にフローラは近寄って撮ろうとすると、こっちに来てしまうので、ズーム機能がしっかり使えると結構うまくいく感じです^^ いかがでしょう、、、へへ
e0092286_540032.jpg


しかし!相変わらずツーショットは困難の極みでして、しょうがない、おとうさんにがっしり押さえてもらって、それでも何枚かは両方ともにそっぽを向かれ、やっとこれかなあ、、、
e0092286_5532069.jpg


叉たくさん走って、二匹とも大満足での帰り際、お馬の親子に出遭いました^^
e0092286_5462782.jpg


というわけで、しばらくは旅のレポートの間に撮り溜めた写真のお片づけにお付き合いくださいませ、叉よろしく~^^>
e0092286_5485183.jpg
[PR]

by nmariomama | 2008-04-24 05:55 | まりお | Trackback | Comments(14)
2008年 04月 22日

旅・・・終章なり~

さて、やーっと、最終回に漕ぎ着けました。

中々更新できず、進まず、本当に引っ張り続けてきてしまって、、、、

でも、ご安心ください、 泣いても笑っても今日でおしまいです!へへ


友人たちのモロッコの旅の最終日は、午前中お土産で買い忘れた物などを補充しにちょっとで出かけた後、お昼をゆっくり食べてさようなら、、、ということになりました。

最終日の最後のモロッコ料理はこちらで。。。

e0092286_2303687.jpg

レストラン??? ではないんですよ。

実は、友人たちが今回宿にしたのは、ラバトではホテルではなく、我が家のある建物の階下、なんです。 ここは夫の兄一家が住んでいるのですが、一部屋、ホームステイっぽくモロッコに来る外国人に貸していて、我が友人たちにも試しに泊まってもらったというわけ。
何せ二階の我が家は犬猫動物軍団で、とてもお客様をお泊めできるような状態でないので^^;

もてなし上手の義兄の奥さんが全部取り仕切ってくれ、友人たちの滞在に一役買ってくれたというわけです。

そして、最終日の料理として、モロッコ料理を楽しんでもらったのですが、メニューはこれ。

まず、サラダとターキーの串焼き。
e0092286_239627.jpg


そして、メインは、牛肉にグリンピースとアーティチョークのタジン。
友人たちがアーティチョークは聞いたことあるけれど、まだ食べたことがない、というので特別メニューと相成ったのであります。
e0092286_357178.jpg


e0092286_3355264.jpg アーティチョークはこれ、これを茹でて、中心の芯のような部分を食べるのです。 和名は朝鮮アザミと聞いてますが、最近は日本にも入っているようです。 この芯の部分の水煮が缶詰や瓶詰めになってるかもしれません。 こちらでは、これをお肉の付け合せにしたり、ドレッシングでサラダとして食べたりします。




そして、こちらがデザート、巨大プリン。 甘すぎなく、カラメルソースも申し分ない味で、とても美味しかったです。
e0092286_340055.jpg


この後、友人たちはラバト空港から発ち、我が家の春のバカンスも終了したというわけです。

おまけ・・・・

まりおの友人たちにお腹見せ、大歓迎の図。 フローラは横っちょでガウガウ言ってました^^;ので、フローラの分まで大サービスだったわけですね。
e0092286_348325.jpg


気を取り直してフローラも一緒に撮ってもらいました。
マシなツーショットが撮れるまで、大変だったんですが・・・ま、いつものことで^^;
e0092286_3504673.jpg



というわけで、ダラダラと続けてしまった、旅のレポート、最後までお付き合いくださって、本当にありがとうございました。 これにて、終了致しま~す^^/

ではでは、、、


e0092286_3535187.jpg
[PR]

by nmariomama | 2008-04-22 03:59 | 2008年春、モロッコ国内旅行 | Trackback | Comments(20)
2008年 04月 20日

歴史のかなたに寄り道

さて、いよいよ旅は終盤に入ってきました。

が、フェズを堪能して、ラバトへ戻る途中、まだまだ見所があるモロッコであります。
ラバト直帰じゃもったいな~い。

ってことで寄ったのは、ムーライ・イドリスという、モロッコでは聖都と呼ばれる街。

ムーライ・イドリス一世という、モロッコで初めてアラブ民族によるイスラム王朝を築いた人の廟がある街です。 そのため、サウジアラビアのメッカ巡礼の代わりに、聖地をお参りするという意味でここを訪れる人が後を絶ちません。 巡礼の季節が毎年定められていて、大勢の人がお参りに来ます。

街の様子。 以前はもっと鄙びた感じだった街が、かなり手が入り、綺麗にされているのでちょっとびっくりしました。
e0092286_18322973.jpg


アーケードのお店に、ずらーっとぶる下げられている大きなろうそくがご覧になれるでしょうか。
ここは聖地にも当たるので、このろうそくを護符代わりに買って、家に飾ったりします。
e0092286_1840384.jpg


朝、のんびりフェズを出て、ここに着いた時はすでに正午。
なんか食べなきゃあ、、、

ちっちゃなレストランの店先から炭焼きのひき肉のいい匂い。
レストランはいっぱいあって、それぞれ客引きで忙しい、、、私たちもどこにしようかなあ、、、
で、決めたのが、このおじさんのいた店。
ちょびひげのなんともユーモラスなこのおじさんのお店のひき肉はちょっとスパイスが効き過ぎた感があったけど、美味しかったよ~ で最後に写真を撮らせてもらいました
e0092286_18442641.jpg


お料理の写真は食べるのに夢中で忘れた~~~^^;

余談ですが、ここ、ムーライ・イドリスの街は聖なる街でもあるため、街には一切アルコールは置いてません。 持込も厳禁と聞いています。

お腹いっぱいになった所で、もう一箇所寄り道の場所。

ここは私が大好きな場所なので、プログラム的にちょっときつかったのですが、是非友人たちにも見て欲しくて無理やり引っ張ってきた感強し・・・^^ゞ

モロッコの歴史は古く、フェニキアの時代まで遡りますが、ここは古代ローマ時代のローマ人が造った街の遺跡が残る所。 広さ約40ヘクタール、周囲は低い山があるのに、ここだけ広々とした平野が開けています。

e0092286_1854272.jpg



この続きは叉、下のMOREをクリックしてね。

More・・・ローマ時代の街、ヴォリュビリスの遺跡
[PR]

by nmariomama | 2008-04-20 22:41 | 2008年春、モロッコ国内旅行 | Trackback | Comments(14)
2008年 04月 17日

歩きのメディナ

さて、フェズ、旧市街、メディナの続きです。

その前に・・・
前回のフェズの気候の紹介で、冬寒く、、、なんて当たり前のことを記してしまって、ハズカシイ。 本当は、冬、ぐんと気温が下がり底冷えのする寒さです。と書きたかったのです、ハイ。 そして、夏は叉ポーンと気温が上がり、京都のような・・・と続けたかったわけで、ここに訂正し、陳謝です。

では、更にメディナをご案内しましょう。

やっぱりモロッコは猫天国、猫ちゃんがちゃっかりお座ぶ付きの椅子の上で寛いでいました。
ようこそ、、、、なんて言ってくれちゃってるかな。
e0092286_19563032.jpg


まあ、猫ちゃんに誘われたと言うわけではないけれど、叉ひとつお店に。
今度は伝統的なモロッコの薬草や、香辛料、コスメを売っているお店。
言ってみればナチュラルショップ、ってとこでしょうか。
写真はコスメ用品、いろいろ。
e0092286_19584629.jpg

ここで、私は100%ナチュラルな、アルガンオイルの石鹸を購入。
アルガンオイルはモロッコでしかとれないもの。 アルガンという木の実から採る油。
もちろん食用ですが、コスメ用には二番煎じ(?)のオイルが使われるよう。
石鹸はいろいろな種類があるので、ここのはどうかな、と。
帰宅してから使ったら中々良かったので、今同じものがラバトでテに入るか探しているところです^^

それから次は絨毯屋さんにも寄ってみましたが、見るだけ~
フェズは絨毯がとても有名だけれど、お値段もね。
我が家はケミセットの素朴な織で我慢^^;

絨毯屋さんの上で織りの実演を見せてくれました。
e0092286_207036.jpg


色とりどりの糸。 なんかこの糸だけ欲しくなってしまいました^^ゞ
e0092286_2081214.jpg
e0092286_2084171.jpg











メディナだけで300ものモスクがあると言われていますが、ここは、カラウィンモスクと呼ばれる一番大きいもの。 9世紀に今のチュニジのカラウィンから亡命してきた裕福な商人の娘が、彼女の父を偲んで建てたもの。 13世紀に現代の大きさに至ったもので、モスクであったと同時に大学の役目も果たしていたそうです。コーランを中心に、天文、地理、法律、算術、が教えられ、アラビア数字のゼロの発見もここで成されたという説もあるらしいです。
現在はモスクとしてのみ使用。
e0092286_21431192.jpg


モスク内で寛ぐ信者たち。
e0092286_21513626.jpg


More・・・・ちょっと長くなりますので、続きはこちらからどうぞ。
[PR]

by nmariomama | 2008-04-17 22:28 | 2008年春、モロッコ国内旅行 | Trackback | Comments(10)
2008年 04月 15日

タイムスリップの街、フェズの旧市街

フェズは、下の写真でご覧のように、四方をちょっとした山に囲まれた盆地のような地形の街です。 ですので、冬寒く、夏暑い、ちょうど日本で言うと京都のような気候の所です。
ま、フェズは、夏は40度以上の酷暑が毎日続きますが。

e0092286_2239342.jpg


フェズは常にモロッコの文化・芸術的価値を守ってきた場所で、今なおしっかりとその精神は受け継がれています。 

そんな精神がぎっしりと凝縮されている場所、そう、フェズと言えば、旧市街!
9世紀にできてそのままと言われるこのメディナが一番の見所です。

旧市街はぐるり塀で囲まれていますが、周囲は17km、中に入る門が14個あると言われています。 その中でも一番有名な、通称、青の門、ブルーゲートから入りました。

青は実はフェズの街の色でもあります。 空、天を意味する色。
フェズ・ブルーと言って、フェズ独特の青色を使った絨毯や焼き物などが有名です。
e0092286_2245895.jpg


この門の裏側はグリーンになっています。
このグリーンはイスラムの色。 宗教的な色を意味するもの。
e0092286_22472016.jpg


さて、門をくぐって、いよいよ旧市街探索です。
e0092286_22484190.jpg


メディナ(旧市街)の中は細く入り組んだ迷路のような道になっており、交通機関は馬かロバ。
ロバさんなんて、勝手知ったる我が道を行く、とばかり、単独で荷物を運んでトコトコ歩いていたり。。。
この写真はロバさんよりも大きかったので、多分ラバさん? ロバと馬のミックスかも。
e0092286_22581632.jpg


歩いていると何やらいい匂いが・・・うーん、これはパンの焼ける匂いではないですか。
っと思っていたら、ありました。 パンを焼いてる竈です。
ここは、昔ながらのパン屋さん。 と言ってもパンを焼く専門の所です。
自分のうちでパン種を作ってきて、ここで焼いてもらうという寸法です。
こういう竈で焼いたパンが一番美味しいんですよねえ^^
e0092286_232481.jpg


そして、ちょっと一軒お店に、、、真鍮細工など、銅製品のお店。
細工をしてるところを見せてくれました。 とっても細かい作業。 先の尖った釘のようなもので、銅版に模様を打ち付けていきます。
e0092286_2353737.jpg


更に行くと、羊の毛が積まれた場所が。
ここは、今は刈り取った羊の毛を集める場所になっていますが、本来は隊商宿、キャラバンの宿だった所だそうです。 上のほうに泊まる部屋があり、馬やらくだなどは下で、といった具合。
14世紀に造られたそうですが、今に至って利用しているというのがすごい!
e0092286_23113322.jpg


この後はずっと食料品街を抜けていきました。 朝の買い物をする人たちでごったがえし、歩みを進めるのに大変。 何しろ道が狭いもんで。
e0092286_23131114.jpg


通りで、テーブルに肉だけ乗せて売る人も、、、猫が肉の端切れをもらってました^^
e0092286_23161140.jpg


ミントの葉っぱの山
e0092286_23174229.jpg


こんな雑踏の中でも、ちょっと端っこで寛ぐ猫さん。 我関せず、ですね。
e0092286_23191931.jpg


というところで、フェズ、まだ続きます・・・・^^>
[PR]

by nmariomama | 2008-04-15 23:24 | 2008年春、モロッコ国内旅行 | Trackback | Comments(16)
2008年 04月 13日

メクナス観光

2~3日、荒れたお天気のラバトでした。
強風と雷雨に見舞われ、、、、停電もあり、、、、
そのせいかどうか、モニターがつかなくなったり、又ちょっとゴタゴタしてました^^;

ま、何とか続きができそうです。

メクナスの観光の続き、行ってみましょうか。。。。

メクナスの街は、アラウィー王朝という現在に至って存続している王朝が、17世紀に一番栄えた街なのです。 この時の、ムーライ・イスマイールという王様が、大変な暴君だったそうで、自分の宮殿を建てるために、他の地の過去の宮殿を破壊し、その後ごっそりめぼしい物を運んだり、気に入らないとすぐ処刑の儀が行ったりとかなりの恐怖政治であったらしいのです。

その王が埋葬されている廟を訪れてきました。

正面がそのお墓。
両側左右に、振り子時計が何となくこの場にそぐわない様子で二つ並んでいますが、これは当時のフランスの太陽王と呼ばれたルイ14世からイスマイール王に送られたものだそう。
なんで又フランスから、、、と又その理由が可笑しい。
何と、モロッコ王からルイ14世の娘に結婚の申し込みがあったらしいのですが、こんな暴君の所に娘をやれるか、ってんで、申し込みお断りのお詫びの印ということです。
それで納得したのかどうか、、、、とにかく廟に飾られているくらいだから、怒って壊したということはないようで、結構珍しいものが手に入ったと喜んだのかも^^???
e0092286_3414050.jpg


廟の内部の壁、漆喰の装飾です。
e0092286_355192.jpg


この後、やはりこのイスマイール王が建てた馬舎と穀物倉庫へ。

やけにだだっ広くて大きいと思ったら、何とここに、2万頭の馬が収容されていたというので、全く型破りな王様だったのねえ。。。
e0092286_3595589.jpg

穀物倉庫も兼ねられていたので、内部はひんやり。
e0092286_41244.jpg

建物を突き抜けて裏側に当たる所に出たら、なんだかこれまた大きな貯水池がありました。
何したの?この水で? 
馬のための水だよ。ここから汲み上げて飲み水にしてたんだろう。何しろ2万頭もいたんだからなあ、、、、
ほんとに破天荒な王様! でも、今は周囲に木が植えられ、ベンチが置かれ、市民の憩いの場所になってる模様。 その内にカフェでもできてメクナスの観光に一役買ったら、彼の王様もさぞやご満足のことでしょう。
e0092286_473946.jpg


で、その後市場の方に足を進めてみました。
e0092286_6411160.jpg


市場のすぐそばにあるメクナスで有名な門。 バーブ・マンスール。
アラビア語でバーブが門。 マンスールは勝利を意味する言葉です。
とても美しい門なのですが、この時はちょうど西日で影が邪魔した感じになり、うまく撮れませんでした。
e0092286_646941.jpg


市場の前の広場。
何気にマラケッシュの小フナ広場という面持ちか。
e0092286_647449.jpg


e0092286_6481775.jpg


市場の中もちょっと覗いてみましたが、さして目新しいものはなかったですが、さすが、マラケッシュと並んで、オリーブの産地。 オリーブを売る店が目立ちました。
e0092286_650461.jpg


そしてこの後、お名残惜しくメクナスの街を離れ、フェズへと一路車を走らせたのであります。

フェズ、、、、この街の起源は8~9世紀にまで遡り、モロッコ4大都市の中でも最も古く、モロッコの文化を今に伝える重要な街であります。
我々一行がようやくこの地にたどり着いた時は、春の日がもう落ちて、街の日が灯る時刻でした。
フェズ、高台からの夜景です。 (まだまだ新しいカメラが使いこなせず、夜景のセッティングがうまくできずに至極残念で写しました^^;)
e0092286_6582931.jpg


旅は後半に、、、、いよいよクライマックスか!

次回をお楽しみに^^>
[PR]

by nmariomama | 2008-04-13 04:13 | 2008年春、モロッコ国内旅行 | Trackback | Comments(16)