「ほっ」と。キャンペーン

<   2007年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2007年 06月 29日

今度は息子のお土産・・・・^^;

ラバトに釘付けの私を尻目に、今度は息子がエッサウイラという所に行ってきました。
(私はまだ行ったことがない><)

エッサウイラはラバトから海岸沿いに500kmほど南下した海辺の街で、ここは、今モロッコの観光地としてちょっと注目されている街なのです。 そして、歴史的に大変古い街で、この街が作られたのはローマ時代、プリンス、ユバ二世が建てた街だと言われており、この点から私は興味深い街だと思っていました。

でも、街自体に何があるってわけではないのです。 ただ、一年中温暖で夏も気温はそう上がらず避暑、避寒に持って来い。
もうひとつ、そういう街で更に南に下がった所にアガディールという所がありますが、ここは昔からのリゾート地でもういっぱいいっぱいという感じ。

そんなこともあり、新たに注目され始めたのかもしれません。
最近盛んに音楽フェスティバルがこのエッサウイラで開かれるようになり、それに連れてヨーロッパなどからの若者も集まるようになった街です。
ここからは2時間足らずで、内陸のマラケッシュにも行けるという魅力も兼ね備えています。
つまり、ヨーロッパから直接マラケッシュに入った人たちの暑さ避けにもちょうどいいのかもしれません。

さて、息子もその音楽フェスティバルを観に行ったのですが、写真撮ってきてね、とお願いしたにもかかわらず、、、、

次のようなお土産に留まりました。。。

ステッカーです^^; (一番安上がりなお土産じゃ。)
e0092286_1911262.jpg

でも、良く見ると、ロバさんの荷物が民族楽器なんですね。
下のロバさんは、こちらの普通のギターに、民族楽器のギターのようなもの、そして太鼓。それにもうひとつはサーフィンの板なんです。 エッサウイラに若者が集まる理由のもうひとつ、ここの海でサーフィンができるといいうわけなんです。 マラケッシュでかいた汗をエッサウイラの海で流す、のが今流のモロッコの楽しみ方みたいですね。

そして、次、これはTシャツなんですが。。。(何さ、自分用ですって!)
写真だけ撮らせてもらおうと思ったら、もうちゃっかり着ていて、出かけるところだから脱げない、というので、着たままで撮っちゃいました。 そんな写真を載せるなんて、本当に乱暴で煩雑なブログだなあ、、、と我ながら呆れております、、、はい。

このTシャツのイラスト、楽器を持った民族音楽のグループで、何となくユーモラスなところが気に入ったので強引に息子を壁に張り付けた形で撮りました^^;
e0092286_19212323.jpg


そして、これは、今回マラケッシュ経由で行ったらしく、マラケッシュで買ったという木彫りの大砲。 アトラスの山の木で作ったんだって、ほら、匂いがするよ、と息子が言うので鼻に近づけてみると木の香りがします。
何の木? 知らない。 ・・・・・ ま、どうせわかっても現地のアラビア語だったりして、調べようがないんですが。
e0092286_19285188.jpg


というわけで、今回はブログに載せるほどの物ではなかったなあ、、、と思いながら、ま、いいかで記事投稿、送信をクリック、、、、おそまつさまでした。

では、みなさま、楽しい週末をお過ごしください^^>
[PR]

by nmariomama | 2007-06-29 19:42 | 工芸品関係 | Trackback | Comments(12)
2007年 06月 27日

早速お出かけ~♪

昨日、おとうさんが早く帰ってきたので、早速フローラを連れ出しました^^

森は午後では暑いし、カラカラ天気で土ぼこりもすごいだろうし、、、、ということで、
お散歩デビューに安心な場所、犬のクラブの敷地内に行って来ました。
クラブはもう夏期の休みで閉まっていますが、広い敷地内、ゆっくりフローラを歩かせられます。

お散歩結果:

いや、タフなコです、フローラ。
まりおの先を行こうと飛ぶようにして歩いていきます。
いつもまりおが歩くクラブの敷地内お散歩コースを難なくこなしました。

さて一応歩き終わった後、どうしてもまりおとツーショットが撮りたくなり、頑張りました^^ゞ

こんなのや、、、、
e0092286_22185880.jpg













               わー、又だめー、のこんなのや、、、、e0092286_2220992.jpg















大騒ぎした後、やっとこさでまあまあのが撮れました。
ま、これもおとうさんがリードを離してから素早く撮るはずのところ、焦った私がシャッターを早く押しすぎたり、カメラ目線とも程遠いし、、、今後に課題を残した写真となりましたが、、、^^;
e0092286_22282391.jpg


e0092286_2243545.gif


一人でも写してもらいまちた、、、見事に舌がでちゃいました。 暑かったでちゅ。
e0092286_22305338.jpg


まー、まりおはちゃんとフローラに付き合って、いつもどおりだったので安心しましたが、タフなフローラにびっくり。 人間のほうが気疲れしてしまったお散歩デビューでした^^;
[PR]

by nmariomama | 2007-06-27 22:44 | フローラ | Trackback | Comments(18)
2007年 06月 25日

思い出話

フローラの首輪が見つかった同じ引き出しの中から、写真が一枚出てきました。
アルバムに貼り忘れてたのか、懐かしい、息子が小学校の時の写真。
多分一年生の冬、、、だろうと思われる時期の思い出の一枚ですね。

まだ低学年のうちは子供の足で家から20分ほどの所でしたから、送り迎えをしていました。
その迎えの時のついで、教室から出てきた所で写したもの。
真ん中が息子です。 当時は軽い斜視ということで矯正のめがねをかけていたんでしたっけ。

e0092286_222362.jpg


息子が通ったのは、モロッコの私立の幼稚園からある小学校。 
うちの様なハーフのお子さんの多くの親御さんは、たいていフレンチスクールに行かせたがります。 子供の将来をモロッコに見ていない方が多い。
それは、モロッコの教育のレベルの低さを憂慮してのこと。
又は、他のモロッコ人の子供たちとうまくやれるかどうか、、、

我家もいろいろ考えました。
フレンチは、まずはお金がかかることもありましたが、もし、幼稚園から高校まで子供をそこに送り込んだらどういうことになるか。 
フレンチスクールは小さいながらも完全にフランスの世界です。 親の片方がフレンチならばそれでいいかもしれませんが、うちはそうではありません。
日本のことはさておいて、父親の母国であるモロッコにいて、フレンチスクールに行く?
これってどうなんだろう、日本もモロッコも知らない子供、、、に育ってしまうという危惧のほうが私の頭を掠めました。
しっかり、モロッコの学校に行かせて、そして、それから自分で選ばせて外に出たらいいじゃないか。 まあ、其の過程でうまく行かなければ其の時点で考えよう。
結局はいつもどおり、暢気な考えに落ち着いたと言えなくもなかったのですが・・・

公立の小学校は確かに問題がありそうでした。 まずは夫がそう言ったし、誰に相談しても小学校の公立はやめたほうがいいと。 それで、うちから一番近い、歩いていける距離の私立の幼稚園からある小学校を選んだわけです。 (注・・・幼稚園に公立はありません。)

第二に、他のモロッコ人の子供たちとうまくやっていけるか、という問題。
これも確かに危惧されることでした。 モロッコの学校にもイジメはあります。
といっても今の日本の曲がりに曲がったひねくれイジメではなく、もうちょっと素朴な(?)、日本も昔はこんなだったよね、という感じのもの。

それに加えてですが、こちらでは、アジア人は珍しいこともあり、まあ、侮蔑の意味合いも含めて、シノワ(フランス語で中国人)と呼ばれます。 排他的な呼び方とも言えるでしょうか。
このことで、他のお子さんで登校拒否までになったお子さんもいらっしゃるし、軽んじることはできない問題で私も神経を尖らしました。

案の定、私が送り迎えで学校に姿を見せると、あちこちの子供の間から、シノワ、シノワという言葉がもれ聞こえてきました。 うーん、やっぱりまずいか!

でも、幸いに幼稚園の最初のクラスの担任の先生がとても気にかけてくださって、ある日、少し早めに迎えに行ってしまった時、私を教室まで入れてくれたのです。
そして、私が○○ちゃんのおかあさんで日本人であること、おとうさんがモロッコ人であること。 たったこれだけのことを子供たちの告げただけだったんですが、一人の女の子が席を立って私の所に走り寄ってきて抱きついてきたんです。 びっくりしてる暇もなく、其の後ダーッと他の子も来て、、、^^
それから、私が送り迎えに行くと、息子のクラスの子はみんな挨拶してくれるようになり、気がついてみると、シノワという耳障りな音は聞こえなくなっていました。

ですので、その担任の先生に今でも深く感謝です。 ああして、積極的に懐に飛び込ませてくれたから、垣根が取れたんだなあ、、、としみじみ思いました。

その後、同じ学校の小学校に進みましたが、息子はたくさんの友人もでき問題なく無事卒業できたという次第です。

この経験は大きいでしょうね。
息子は其の後ずーっとしつこく、教育はモロッコ路線を辿りましたが、今は何とか仕事もうまく行っているようで青春を謳歌しているようです。

でも、後で大きくなってからですが、
「ねえねえ、本当にシノワって苛められたことなかった?」
と聞いたら、
「うん、あったよ。 でも、気にしなかったから別にどうってことなかった。」
という答えだったので、親の私がどうとかという問題ではなく、息子の器が母が案ずるより大きかったということか、、、と何やらおかしく思えたことも事実です。

一枚の昔の写真から、随分長い話になってしまいました。
最後まで呼んでくださった方、どうもありがとうございました^^>

e0092286_23111848.gif

[PR]

by nmariomama | 2007-06-25 23:13 | 想い出の一枚 | Trackback | Comments(26)
2007年 06月 23日

お出かけ準備

フローラは3ヶ月が過ぎ、予防注射も終わり、さて、いよいよお出かけ準備です。

あんまり小さすぎて首輪が見つからない!と記事の中でもすったもんだ言っていたんですが、なんと幸いなことに使い古しではありますが、昔、猫に使った首輪、日本で購入してきたものが見つかったのです。 引き出しを引っ掻き回してたら出てきたんですが、、、^^ゞ

しめしめ、ちょうど良いではありませんか。
色も黒と赤の混ざった模様、、、実はこれ、去年亡くなった黒猫パトラが3歳くらいまでつけてた首輪なんです。 パトラはその後太ってしまい首輪が小さくなってしまったのでしまい込んであったようです。

黒猫から黒犬に!へへ/

そして、問題のリードですが、やはり極細はなく、色も黒しか見つからなかったのですが、細めということで、ま、これでいいか、あんまり細いのも持ちにくいだろうし。

ということで、まずは家の敷地内で、リードをつけて歩く練習です。
最初はピョンピョコピョンピョコ跳ねて、釣り上げた活きのいい魚みたいでしたが、じきに何とか前に進んで歩くようになりました。
e0092286_21234496.jpg


はい、初めてリードをつけた記念写真♪
e0092286_21253013.jpg


余裕だねえ、「ふーん、これがゼラニウムかあ、、、」 って、葉っぱ食べちゃだめだからね!
e0092286_21272165.jpg


部屋に帰る時は階段も上っちゃったりして^^ (降りるのは怖くて抱っこでした^^ゞ)
e0092286_21292620.jpg


とまあ、何とかなりそうな雰囲気。
近々お出かけデビューが実現できそうです^^>
[PR]

by nmariomama | 2007-06-23 21:38 | フローラ | Trackback | Comments(22)
2007年 06月 21日

ラバトはさわやかな真夏を迎えています^^♪

e0092286_18145973.jpg

[PR]

by nmariomama | 2007-06-21 18:19 | 自然・花・風景 | Trackback | Comments(16)
2007年 06月 20日

サフィの焼き物

先月、夫が出張先で、ばかでかいロウソク立てを購入して帰ってきたのをご紹介しましたが、実はあの続きがあり、後の荷物として先週に届きました。
とりあえず、あのポットの形をしたロウソク立てだけ持ち帰ったというわけ。

荷物としてどうやって届いたかというと、宅急便なんてありません。
昔ながらの運搬方法。 サフィからラバトに来る知人に託されてやって来ました^^

何か地方の物で買いたいものあると、現地にいる人に頼む。
手に入ったら、こちらに来る人に託してもらう。 お金も信頼する人が動く時に一緒に頼む。
まあ、確実といえば確実だし、運送料が要りませんので安上がりなんですが、何と言っても時間がかかってしょうがありません。

でも、この原始的な方法も、息子の時代では変わるでしょうね。
すでに、息子はパソコンの部品など、インターネットを使って購入してますので。

ま、この話は置いておいて、肝心の焼き物です。

最初はタジン(モロッコの代表的は煮込み料理の名前)の入れ物。 蓋の形が普段使っているのよりも少し丸っこい感じです。 これはこれが作られたサフィの特徴。
絵柄がなんとも素朴です。
e0092286_0253086.jpg


次もタジンの形ですが、これは飾り用、又はお菓子を入れてもいいかな。
蓋の部分がスケスケです^^
e0092286_0274687.jpg

これは色付けがちょっと新しい手法のようですね。 最近流行っているとか。。。
蓋をとるとこんな感じ。
e0092286_0293990.jpg


後、こんなのも・・・
まあ、これも飾り用でしょうね。 右の入れ物にはキャンディーでも入れてもいいかも。
左はお花でも?花瓶かな、と思ったのですが、星型や月型の模様のところが穴になっているのでお水は入れられません。 お線香でも立てる? 斜めだから灰が落ちるなあ。。。
e0092286_034943.jpg


もうひとつ、スープ入れセットがあるのですが、又後日にUPします^^>
[PR]

by nmariomama | 2007-06-20 00:40 | 工芸品関係 | Trackback | Comments(20)
2007年 06月 17日

気晴らし

この国いると、中々気晴らしというものがうまく行きません。
日本にいれば当たり前のような毎日の外出も、そうそう行く所もなく、ついつい家で遊んじゃう。
この2ヶ月は特にフローラが来てかかりっきりになり、本当に最小限の必要な外出しかしてなかったような。。。体調を崩した原因にそれもあるかもしれません。

昨日は暑かったし、フローラが来てからカフェにも行ってないことに気づき、お昼をすませてフローラがケージの中で寝入ったのを横目に、まりおを連れてお散歩がてらカフェへ♪
アイスクリームを食べて来ました。

ここは前にもUPした、イタリア系のカフェ。 アイスクリームが揃ってます。

三口程食べてしまってから、あ、写真!と気づいたので、山が崩れております^^;
e0092286_16543644.jpg

まだ3時ごろの中途半端な時間で、他にお客さんもいない静かなカフェ、、、
のんびり味わったアイスクリーム、今日はヨーグルト味ともうひとつ、モカ風の色のは、ドルチェノッテ、と称していたもの。 イタリア語ですな、甘い夜? 気を惹かれてそれを注文したら、、、要するにカフェオレ味でした^^ゞ ちょっと甘味が強すぎてたかな。
ま、ドルチェだからしょうがないか。 ヨーグルト味はいつも通り美味しく、ブルーベリーのソース入り。 ブルーベリーは目にも良いというので、、、ま、この程度食べても効果は期待できないでしょうが、気は心^^

夫はいつもは普通のコーヒーだけれど、今日はカプチーノを。。。
e0092286_1744518.jpg


ここは言わなくてもお水も出してくれます。 ま、水道の水ですが・・・
涼しげにいい感じ。。。
e0092286_1763027.jpg


退屈げなまりお、、、それでもおとなしく待っていてくれます。
フローラはどうだろうか、、、ちょっと不安。。。
e0092286_178211.jpg


カフェのすぐそばで、まだ咲いていたジャカランダを発見。
他は大方散ってしまっているので、あー、これで今年はもう最後かな、、、と。
まだ若い木のようで、花は小さめでしたがすごく綺麗でした。
e0092286_17114925.jpg


さて、一時間半ほどのお留守番。フローラはどうしてるやら、、、、
ちょうど、息子は家にいたのですが、全然鳴かなかったらしい。
どうやら、ずっと寝ていたみたい、何とかクリアー。
いい子のようだったようで、ホッとしました。
フローラ、これからもよろしくね^^>
[PR]

by nmariomama | 2007-06-17 17:25 | 食べ物関係 | Trackback | Comments(24)
2007年 06月 15日

その後

フローラでしゅ。
ママが臥せってた時は、パパにべったりでちた。 (助かりました、ハイ)

少しオトナっぽくなったアタチを見て! (どこが・・・^^;)
ベランダでパパのお膝の上でしゅ。 みんな、このアタチの頭の毛を見て笑うでしゅ。 
そんなに可笑しいでしゅか? (うん、すごく可笑しい、笑える^^ゞ)
e0092286_0413597.jpg


一方、いまだ続く屋上の密談。

どうだろうねえ、、、やっぱ、オレ、あいつは苦手だわ。  と、猫のパトリック君。
あ、うん、、、そうだねえ、、、ちっちゃすぎるよねえ、、、  と、答えになってないまりお君。
e0092286_056409.jpg


フォーカスされていると気づき、伸びとグルーミングでごまかすご両君
e0092286_0472950.jpg


実のところ、パトリックはいまだにフローラはだめ。
でも、まりおはフローラのオシリの匂いを嗅ぎにいくまでになっています。

で、フローラ&まりお 初ツーショット! 
まりおの後を付いてまわるフローラ、といっても後姿なんですが。 
前から撮ると、フローラがこっちに来ちゃって撮れないんですよね。
でも、とにかく、ちょっと寄られるとたちまち逃げていた最初のころに比べたら、二匹とも、随分落ち着いてきたようです^^ 今後に大いに期待したいところ^^/
e0092286_0525552.jpg

[PR]

by nmariomama | 2007-06-15 00:59 | ワン・ニャン ショット | Trackback | Comments(12)
2007年 06月 12日

ハニーコーム

モロッコは蜂蜜も豊富です。
朝の食卓にはジャムと共に並びますし、モロッコの伝統的なお菓子にもたくさん使われます。

さて、ハニーコーム。 ハチの巣入り蜂蜜といえばいいのでしょうか。
名前は聞いていたのですが、見たのは初めて。

夫の友人がやっている農場の自家製のを少し分けてもらいました。

e0092286_16374160.jpg


これはユーカリの蜂蜜のコームです。

夫がこれは体にすごくいいんだぞ、と言いいます。最近わたしが調子が悪いことを意識して、これをもらってきてくれたらしく、感謝^^
蜂蜜が体にいいのは知ってますが、このコームは何故? 早速検索してみました。

ハニーコームには、プロポリスが豊富だとありました。
プロポリス? どこかで聞いたことあるような、、、
そうだ、日本に帰った時に、プロポリス入りキャンデイーとかあったような・・・^^?

で、もう少し検索してみたら、このプロポリスはミツバチが巣を無菌状態に保つために作り出すんだそうですね。 外から帰ってきたミツバチが、有害菌を巣の中に持ち込まないために、巣の極狭い入り口の部分につくり、その入り口を通ったミツバチが殺菌されるようになっているとか。すごい、ミツバチって!と感心^^

では、これが人間にどのように効能するか、、、

いわゆる、天然の抗生物質の役割を果たすのだそうです。
具体的にどの病気に効く、とかそういうのではなく、プロポリスが身体の活性化、自己免疫力を高める、健康維持に大いに役立ってくれるというわけのようです。

食べてみると、味は蜜が絡まってますので蜜の味なのですが、食感がちょっと悪いかな。
これはほんとに自家製で、日本などで売られている洗練されたのとは違うかも知れず。
どなたか食べた方、コームの食感はどんな感じか教えてください^^

というわけで、毎日ちょっとずつこれで元気が回復できればお慰み。

皆さんもお試しを^^>
[PR]

by nmariomama | 2007-06-12 16:58 | 食べ物関係 | Trackback | Comments(26)
2007年 06月 09日

お知らせ・・・・中間報告^^

皆様、いつも来ていただいてありがとうございます。

再開はまだか、、、と覗きに来ていただいているか、それとも忘れられているか、、、

体調の方は何とか持ち直しているのですが、今回、ちょっと目にも来て、パソコンは程ほどに、なんていう医者からの有難くないお言葉を頂戴し、ゲンナリしているところであります><

今日は中間報告ということで、まだしっかり再開できないのですが、一応復調に向かっていること、ご報告させてください。

この後、ボチボチで遅れているコメントのお返事を入れさせていただきたいと思いますので、
よろしくお願いします^^>


さて、ワン・ニャンとも皆元気にしておりますが、代表でまりおが・・・
と言っても、飼い主がだらしなく沈没しましたので、まりおももうひとつ調子が出ないようで
こんな格好で失礼致します、、、  <_ _>

「もうちょっと待ってねえ~~~」 ・・・ まりお
e0092286_19373169.jpg

[PR]

by nmariomama | 2007-06-09 19:40 | 徒然何でも在り記 | Trackback | Comments(12)