「ほっ」と。キャンペーン

<   2006年 07月 ( 28 )   > この月の画像一覧


2006年 07月 31日

いつもの朝の屋上で。

朝日です。(当然ね^^;)
e0092286_22363485.jpg


何でしょう、落し物?
e0092286_223822.jpg


何で尻尾だけ写すの!
あ、ごめんごめん。こちらが本体ね。
e0092286_223965.jpg


e0092286_22405783.gif


【おまけ】
もう一匹誰かいるね^^
e0092286_2244277.jpg
[PR]

by nmariomama | 2006-07-31 22:54 | まりお | Trackback | Comments(8)
2006年 07月 30日

日本から。。。

二枚写真が届きました。

7月の初旬、うちでもハイビスカスが咲いたよー♪ と姉から。
剪定したけどうまく冬が越せたかわからないと言っていたハイビスカスだったのですが、大きな花が咲いたようで、良かった良かった。
ベランダでの鉢栽培です。
e0092286_23142534.jpg


そして二枚目は母から。
そちらも暑いでしょう、涼をどうぞ♪と水中花の写真でした。
e0092286_2385267.jpg

[PR]

by nmariomama | 2006-07-30 23:16 | 自然・花・風景 | Trackback | Comments(18)
2006年 07月 29日

それでは私たち・・・

お別れしましょう。
                                        ふんッ!
           フンッ!
e0092286_23102845.jpg

[PR]

by nmariomama | 2006-07-29 23:08 | ワン・ニャン ショット | Trackback | Comments(14)
2006年 07月 28日

お飲み物

さて、ぶどう棚を作ったという話から、ワインでも・・・?なんてご質問も随分あり、ちょっとそっちの話なんかいってみましょうか。
ま、あんまり大きな声では話せない話題なんですが。

モロッコはイスラム教国なので、当然宗教的に禁酒の国であります。
しかし、現状を言えば、アルコールに対して中近東のような厳しい管理はありません。

大体のアルコール飲料は手に入ります。
まあ、田舎や非常に宗教色の濃い町では持ち込みも禁止、というところもありますが、ラバトやカサブランカでは日常的に問題なくスーパーなどで買うことができます。

その他、ホテル、レストラン、バーなど誰でもオーダーできます。
但し、モロッコ人はテラスなどの屋外では注文できません。
飲みたければ中でどうぞ、ということになります。
つまり、本音と建前みたいなもので、一応戒律に禁酒とあるのでおおっぴらにはしないこと、ということなんですね。

種類はビール、ワイン、ウィスキー、各種リキュール、なんでもあります。
(が、日本のものはありません。)
このうち、ビールとワインはモロッコ産が存在します。
そもそもここですよね。ま、ここがモロッコの可愛いところ、愛すべきモロッコなのであります。

ワインは白、赤、ロゼ、そして、グリ、なんてのもあって、これは製造過程がまた、ロゼとは違うようなのですが残念ながら私は詳しく知らないので解説は抜きます^^;

ワインの値段はやはりピンからキリまでありますが、安いので一本3~400円くらいから、高いのは・・・えーまあ、ぐーんと高く、、、
この値段はモロッコの一般庶民の懐具合から言ったら、決して安くありません。

さて、この飲酒ですが、建前は先ほど言ったように、飲まない!んですよね。
ですから、みんな、普段全然飲まないという顔をしてます。
特に大家族で住んでいる場合は、信心深いおじいちゃん、おばあちゃんがいたりしますから、家族一緒のご飯の時には絶対飲めません。
核家族化が進んでいる都会などでも、突然の訪問を受けたりするので、のんびり飲んでいられません。
万が一、飲んでいる時にドアがノックされたらどうするか。
まず、何が何でも隠します。 そして、ドアを開けて訪問客が飲酒にヤバイ人であれば、そこで中断。
なーんだ、ナントカちゃんだ、ってことになれば、またビンが出されてまあ、一杯と。。。

笑っちゃうでしょう。
やっぱり、飲酒というものに何となく罪の意識みたいなものがあるんですねえ。
我が家は二人とも好きですので、まあ、こういう間隙を抜けて適当に飲んでいます。

では、なぜ、イスラム教ではお酒は禁止されているのでしょう。

アルコールは理性を失わせる、というのが理由のようです。
アルコールが起こすさまざまなトラブル。飲酒で人間が変わったみたいになってしまう人もいるでしょう。
喧嘩も始まるかもしれません。果てはもっと深刻な事態を引きこすかもしれず。
それを回避するため、と言われています。

しかし、モロッコ自体、古くににワイン造りは始まっており、14世紀にはギリシャなどから輸入も行われていたと史実にはあるようです。
その後、長いことフランスの保護領だったこともあり、パンと一緒にフランス人にワイン造りも仕込まれたに違いありません。

アルコールもその飲み方でしょう。
ということで我が家では健康的に飲んでおります^^

こんなモロッコですが、宗教的な祭日にはアルコールは買えません。
都会の大きなスーパー、ホテルなど、外国人は買えるような所もありますが。
後は、断食の月には、決して飲酒はしません。全部閉まっちゃいますしね。

今日は、急にこの話題に決めたので、それに因む、つまりアルコール類の写真などの用意がなく、又機会がありましたらご紹介することにします。

まあこんな感じですので、我が家の葡萄だなにもし実が生っても、大人しく実を食べるくらいにしておきます^^
e0092286_23384658.gif

[PR]

by nmariomama | 2006-07-28 23:41 | ひとくちモロッコ | Trackback | Comments(24)
2006年 07月 27日

退屈・・・

退屈だわあ。。。
e0092286_2244148.jpg


なんかいいことないかしら。。。
e0092286_2255174.jpg


あ、おとうさんだ♪
e0092286_2263970.jpg


パトラのことがあって、この間の週末、ウィンダの大切なお出かけをつぶしてしまいました。
ごめんねえ、、、
[PR]

by nmariomama | 2006-07-27 22:12 | ウィンダ | Trackback | Comments(14)
2006年 07月 26日

葡萄棚

ブドウ棚を作りました。
と言っても、鉄棒を置いて針金を渡しただけなんですが・・・

最初はこんな感じ。放ってあったんですが。。。
e0092286_22362617.jpg


すごいツルが伸びてきちゃったので、棚にすることに。
苗も買い足しました。
e0092286_22385954.jpg

e0092286_22394169.jpg


さて、実は果たして生るのか、葉っぱだけの鑑賞で終わるか・・・
[PR]

by nmariomama | 2006-07-26 22:41 | 自然・花・風景 | Trackback | Comments(20)
2006年 07月 25日

大丈夫です。

みなさま、ご心配かけましたが、何とか元気回復です。

何しろ14年一緒にいましたから、思い出があり過ぎます。。。

一番所在なくなってしまった気がしたのは、みなさん、お笑いになるかもしれないけれど、独り言を聞いてくれる相手がいなくなったということなんです。

良く、一人暮らしの方が、飼っている動物相手に独り言を、というのは耳にしますが、私の場合日本語を聞いてもらう、っていうのが正しいでしょうか。
パトラがその相手だったんですよねえ。

文句だったり、嬉しいことだったり、ほんとに何でもないことだったり、、、、

パトラは別に返事をしてくれるわけではありませんけど、いえ、寡黙な猫だったのでむしろウンともスンとも言いませんでしたが、あの目でじっと私を見てくれた。
ちょっと距離を置いた位置から、私の言葉をみんな吸い取ってくれたんだなあ。

この写真は今年の2月くらいのもの。
この前アシを伸ばして寝るのがパトラのお気に入りのスタイルでした。
今は雲に乗って、こんな風にしてるかな。 スーパーウーマンキャット!だね♪

e0092286_18472268.jpg

e0092286_18504593.gif


「ねえ、まりお、パトラさんてまりおにとってどうだった?」
「うーんとね、ちょっと近寄りがたいコワイおばあさんだった。」
「そうか、そうだねえ、まりおが赤ちゃんで来たとき、パトラさんはもう9歳だったんだもんねえ。」
e0092286_18562595.jpg

[PR]

by nmariomama | 2006-07-25 18:57 | 我が家のニャン | Trackback | Comments(20)
2006年 07月 23日

お空に、、、

7月に入ってから体調を崩していた我が家の一番猫、黒猫パトラが、モロッコ時間7月22日午後4時45分、永眠致しました。

14歳と1ヶ月あまりの猫生でした。
モロッコの猫としては大変長生きしたと言えますが、一番猫で一番思い入れが強い猫でもありましたので、まりおまま、ガックリきております。
申し訳ありませんが、元気を取り戻すため、2~3日、更新をお休みさせて頂きたく、よろしくお願いします。ごめんなさい。
[PR]

by nmariomama | 2006-07-23 03:37 | 我が家のニャン | Trackback | Comments(15)
2006年 07月 22日

お帰り、デジカメ♪

デジカメ、無事戻りました!
あ、息子も、なんかちゃんと帰ってきました^^;

でも、残念ながら、今回はフェズの期待したような画像はありませんでした。

観光っぽい所は行かなかったようです、、、

「列車の中からなんか撮れなかったのぉ?」 母は厳しく追及!
「寝ちゃったんだよー、疲れてたしぃ」 と息子。
「3時間半も寝るな!」

すみません、不詳の息子を持つとこういうことに・・・

で、しょうがない、今朝早速まりおを撮りましたが、ねぼけ眼のボサボサ頭です。
どいつもこいつも・・・ためいきですね、やれやれ。

とにかく アップいたします。

e0092286_0261649.jpg


e0092286_0265029.jpg


e0092286_0283566.jpg

[PR]

by nmariomama | 2006-07-22 00:31 | まりお | Trackback | Comments(14)
2006年 07月 21日

いいねえ、、、

e0092286_23361981.jpg


まりお 「いいねえ、あの鳩さんたち。love loveだね、きっと」
パトリック 「うん、まあね、でも両方ともオスかもしれないよ。」
まりお 「え?じゃあ、僕達みたい?」
e0092286_23392731.jpg

(まあ、確かに君たちはオスだが・・・)

何か二匹で変な会話をしておりますが、画像はちょっと前のものでございます。

e0092286_23482961.gif


で、吉報ですが、今日の夜にはデジカメは戻りそうです、あ、息子が帰ってくるということですね^^;
インシャラーとは言ってませんでした。
さすがに、息子も私との日本語の会話の中では、使いません。
使ったら、私はつい、突っ込みたくなるでしょう。

「ちょっと、インシャラー、ってどういう意味よ、はっきりしないってわけ?」

とかなんとか。
息子もその辺の呼吸はわかっており、うまく使い分けているようです。
[PR]

by nmariomama | 2006-07-21 00:02 | ワン・ニャン ショット | Trackback | Comments(24)