2015年 12月 08日 ( 1 )


2015年 12月 08日

パトリック、旅立ちの11月

パトリック追悼第二弾です。


10月、食べる量は減ってましたが、それでも食欲はまだあり、
何も心配はしてませんでした。

ところが、11月に入った途端、めっきり食欲が落ちて、、、、


11月15日、居間のテーブルの上の陽だまりで。

e0092286_23235991.jpg


2週目を過ぎたあたりから大好きなササミが全然食べれなくなり、、、

ニンジンとササミのゆで汁とヨーグルト状態のホワイトチーズしか口にしなくなりました。


ほどなく水しか飲まなくなり、、、

テーブルの上にも乗れなくなり、

11月18日
e0092286_23245154.jpg


絨毯の陽だまりのお日さまだけがご馳走みたいな・・・


ところが、11月20日の午前中、びっくりしたことに突然窓辺に置いてあった小さいテーブルに
飛び乗ったのです。

e0092286_23325058.jpg

じーっと外を眺めてました。

後で思えばこの時にこの世とのお別れをしてたんだなあ、、、と


パトリック、って呼んだら振り返ってくれて。

e0092286_23342461.jpg

随分長いことここにいた後いつの間にか下に降りてましたが、、、


結局写真はこの時が最後となりました。


この後、亡くなる二日前からはもう何も口にせず、、、昏々と眠り続け、


11月21日の晩あたりではもうそろそろかなあ、、、と。


22日の夜、本当にもうお別れか、と思ったのですが、

なんと雷雨の一夜となり、まりおもきっと迎えをためらったのでしょうね。

そのまま何とか持ち直し、23日明けて完全にお天気が良くなってから旅立ちました。


静かな静かな旅立ちでした。


立派な猫生だったね、長い間一緒にいてくれて本当にありがとう。

又いつか会いましょう。


翌日からぐんと朝晩の冷え込みがきつくなりました。

きっと本格的に寒くなる前に旅立ちを決めたのでしょう。

ストーブにしがみつくようにして過ごした去年の冬がよほど辛かったのかもしれません。


もう大丈夫だね、

そちらは快適でしょう、コービーやステフィー、ずっと先に逝ってしまったトニー、

そしてお母さんのナナちゃんやお父さんのビンゴとも会えたかな。



ある意味わが家の猫歴が一区切り終わったという感じです。


彼らとの暮らしは、それはそれは素適な暮らしでした。


あらためて、ありがとう。


そして、若猫たちのために、

空からみんなで見守っててください。




最後になりましたが、

まりおの部屋にいつも来てくださる皆様!

これまでのパトリックへの応援に対して厚く御礼申し上げます。


本当にありがとうございました。



めそめそはしてませんが、足掛け三年ばかり老猫たちの世話、介護が続き、

大きな仕事を終えた時のような脱力感が続いてます。

実際のところ、日々、とても楽になったのに、いつも何かし忘れてるような感覚に襲われて、、、

しばらくはこんな状態かもしれませんね、時にまかせましょう。


ブログの再開もこんな中、ちょっと浮遊状態かなあ。。。。


撮り溜めてある写真はあるので、これのアップからいきますね。

次回がいつになるか、、、ってのはあると思いますが、

お時間ある時に又ふらっと立ち寄っていただければ幸いです。


それでは、今日はこの辺で。。。





e0092286_23512164.gif





**************************************************
[PR]

by nmariomama | 2015-12-08 00:07 | 我が家のニャン | Trackback | Comments(20)