「ほっ」と。キャンペーン
2009年 04月 04日

サレの街へ その2

さて、グランドモスクをちょっと覗かせていただいた後、隣にある14世紀に建てられたと言うイスラムの神学校へ。

ところで、学校のことはアラビア語で、マドラサ と言います。
現在も学校のことはこう呼びますが、古くはマドラサと言えば、神学校を指したようです。

ここは今は使われていないので中も入れます。

昔、一度だけ来たことがあるのですよ。
ところが、当時は本当に訪れる人も稀だったと見えて、建物の鍵をもっているおじさんがちょうど不在で、中に入るのを諦めたという思い出がある場所です。

今は、ちゃんと時間が決まっていますが、一日開いているようです。

入り口の扉についていた、ドアノッカー
e0092286_0221045.jpg


建物の下の部分が教えた場所、又礼拝の場所でもあったようです。

これはミハラブと呼ばれるもので、これがある方が、サウジアラビアのメッカの方角になります。
お祈りをする時、こちらに向いてします。
普段のお祈りの時も、必ずメッカに向いて礼拝を行います。
因みにモロッコでは、メッカは東の方向。
e0092286_0225186.jpg


水盤。 この場所の真ん中にあります。 礼拝前、必ず身体(普段は頭、顔、手足、腕)を清めますが、その際に使われる水です。
e0092286_0292977.jpg


天井の装飾  天井の上の部分は杉の木です。
e0092286_0325614.jpg


e0092286_0345953.jpg


壁の装飾 漆喰の彫刻です。
e0092286_0361040.jpg


この壁の装飾に主に使われるのが、アラビア書体、装飾アラビア文字というものです。
この書体にはいくつか種類がありますが、モロッコで多く見られるのが、このクーフィと呼ばれる、現在のイラクのクーファで開発された書体です。
特徴は幾何学的な形の直線文字で、文字の他にまわりに唐草模様を配することが多いようです。
文字の内容は、コーランの一節です。

イスラム教は偶像崇拝を禁止した宗教で有名ですが、そのせいで絵画が発達せず、その代わりにカリグラフィーとして、このような装飾文字が発達したということです。

上を見上げると、二階があります。
e0092286_0421123.jpg


こんな階段を登って上に。。。
e0092286_0455539.jpg


すると、せま~い、ほんとに人一人が通れる程の廊下があり、そこに小部屋がいくつも並んでいました。
写真の向かって右側です。暗くてよくわかりませんが。。。
e0092286_0474370.jpg

これは、学生たちが暮した部屋なんですね。
つまり、学生たちはここで寄宿しながら勉強したということです。
部屋は全部で24あるということですが、当時、モロッコだけでなく、他のイスラム諸国からも留学生が学びに来ていたという話でした。

二階から下を見るとこんな感じ。
e0092286_0504456.jpg


二階には、小さなテラスもあり、そこからの眺め。
サレの旧市街が見えます。
e0092286_0524423.jpg



というわけで、初めて中を見ましたが、素晴らしい創りなので、すっかり感心してしまった私です。

モロッコの神学校としては、フェズの、ブー・イナニアという、同じく14世紀に建てられた学校が有名ですが、それに勝るとも劣らず、立派で見事な学校だと思いました。

観光的に何もない所だけに、訪れる人もほとんどいない場所ですが、もし、時間に余裕があったら是非立ち寄って欲しい場所のひとつですね。

さて、この後、まだちょっとぶらぶらと歩きましたので、次回はその辺を。。。。


                         応援ポチッ よろしくお願いします^^>
                               にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
[PR]

by nmariomama | 2009-04-04 01:09 | ワン無しお出かけ | Trackback | Comments(18)
トラックバックURL : http://petitmario.exblog.jp/tb/9975899
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by たぬクロ at 2009-04-04 02:52 x
ふぅ~、ホント見事に美しい彫刻ですね。ガイドブックに載っていました。「アブー・エル・ハッサン・マドラサ」。でもガイドブックは活字の説明だけで写真は1枚も載っていません。
まりおままさんに感謝ですね。こんなにステキな“穴場”を紹介してくださって!!
次も楽しみにしています。
*今日中に出してくれる約束の見積書を待って、こんな時間になりました。もう今日ではなく明日になったのに・・・やっぱり、中国人はウソつきです。信じた私がバカだった。(愚痴をこぼしました)
では、もう寝ます。
Commented by nmariomama at 2009-04-04 04:26
☆たぬクロさん
お仕事、お疲れ様です。
大変でしょう、わかっていても、やっぱり信じてしまうんですよね。
こちらでも多々あることです。
信じた私がバカだった、、、こちらでも十分通じる言葉です^^;
そういう時はもうぜーんぶ明日です。 インシャッラーで片付けてしまいましょう^^ゞ
マドラサ、そうです、それです、私ってば名前を載せてませんでした><
載ってましたか、ガイドブックに。
でも、わざわざ見に行く人いないだろうなあ、、、、写真がないのでは。。。
是非、実物ご覧になってくださいね^^
Commented by agapi at 2009-04-04 06:29
美しいですね。昔の人は偉かった!
今の建築よりもはるかに細部まで装飾があって、よく作ってあります。
このような遺産の修復なども大変ですね。
同じように技術を受け継がないとできないかもしれません。
日光東照宮もすごいですが、ここもすごいですね。
このように紹介してもらわないと知らないことが多いです。
勉強になりました。
Commented by りとるふっとママ at 2009-04-04 08:37 x
歴史を感じ 建物のすばらしさも 伝わりました。。。
手が込んでいて 出来上がるまでには 
歳月がかかったでしょうねぇ~
廊下が こんなに狭くては 私が通れば
すれ違い不可能ですよ^^;
何か 意味合いがあるのでしょうね。。。
ここで寄宿しながら 学んだ方々が世界に広がり
なんだか 住む世界が違うせいか 不思議な気がします!
なかなか 見ることの出来ない グランドモスク 堪能出来ました
Commented by mitiko-aran at 2009-04-04 09:42
おはよう~、入り口のドァーの金具のアンチークさを見て居ると、
中世の騎士が馬に股がい、出て来そうです、
歴史を感じます、水盤の模様も噴水口もお洒落ですね、
この時代、どれだけの年数を掛けて、どれ程の方達が、
造ったのでしょうね、民族衣装を着て、作業する姿を想像しています、
二階から、見た、下の細工も
町全体の風景の、素晴らしいわ、アジアでもヨーロッパでの無い、
アラビアンナイトの世界に入り込んだ気分を、味わって居ます、
Commented by ごくらく鳥花 at 2009-04-04 12:12 x
続きだ続きだと心ときめかせて拝見しました
幾何学模様の連続にただただ感心 文字までアートにしてしまう
人間って制約(偶像崇拝禁)があったらあったでこんな
芸術を発達させてしまう 中々面白い生き物ですよネ
Commented by ゆらら at 2009-04-04 13:06 x
すてきなところですね。
アラビア風?の意匠、こういうの好きです!
ヨーロッパの建築みたいに、ゴテゴテしてないで、シンプルでいいですね。
14世紀のまんま?
手入れがいいのでしょうか?崩れたりしてませんね。 
続きも楽しみしています^^。
Commented by きゃふ at 2009-04-04 13:09 x
見事な彫刻ですね(@@)
どれだけ手間がかかるか・・・
想像すらできません。
昔の方は、本当に根気よく物を創り上げていったものだと
感心するばかりです。

二階のテラスからの眺め。
気持ちよいです!
素敵な写真をたくさん見せて下さってありがとうございます。
モロッコに行ってみたいです♪

Commented by nmariomama at 2009-04-04 16:15
☆agapiさん
本当に、細かい細工でため息が出ます。
モロッコでは、この手法がまだ現代にも生かされて、新しいモスクなども
この装飾方法で成されますので、しっかり伝統が受け継がれていると言えるんですよ。
ただし、その伝統を守るにはものすごいエネルギーが要るのも事実のようで、
その辺がやはり、今後の課題のようです。
Commented by nmariomama at 2009-04-04 16:19
☆りとるふっとママさん
この伝統的な装飾手法は現代にも伝えられているんですよ。
あはは、廊下の狭さ、どうでしょう、多分オトナではすれ違えないと思うのですが。
意味があるとすれば・・・???? うーむ^^;
学生たちが真剣に学んだ学び舎ですね。
どんな雰囲気だったんでしょうねえ、、、想像がどんどん広がります^^
Commented by nmariomama at 2009-04-04 16:25
☆mitiko-aranさん
ドアノッカーの装飾のアンチークさ、中々良かったです。
タイルに水は良く合いますね、そうそう、お洒落な感じ。
こつこつと創りあげていく職人さんたちの姿が目に浮かびますね。
相当時間がかかったのでしょうが、今とは時間の観念も違って、だからこそ
こんないい物ができたのかもしれませんね。
この装飾手法は現代にも伝えられていますので、伝統が続いていくといいなあと思います。
お天気が悪かったので、街の風景が暗い感じになってしまいましたが、
少しでも雰囲気が伝わったかしら?
青空だともう少し印象が明るく伝わったと思うので、ちょっと残念。
続きがありますので、又月曜日にでも見てくださいませ^^>
Commented by nmariomama at 2009-04-04 16:29
☆ごくらく鳥花さん
そう、このイスラムアートは本当に素晴らしい芸術だと思います。
ほんとですねえ、制約の中でも人間って可能な限り、脳を働かせられるんですね。
しかし、凡人(ワタクシめ)はただただ感嘆するばかりで、何やってんだか~~
の毎日です^^;
Commented by nmariomama at 2009-04-04 16:34
☆ゆららさん
そうそう、ヨーロッパは必ずこういう場所には宗教画があって、ゴテゴテしてるのが、
ちょっと苦手な人の(ワタシもそうですが)にも、シンプルに受け入れられる空間ですね。
どの程度修復されているかわかりませんが、装飾の部分は手付かずだと思います。
やはりこちらは石の文化ですね。 耐久性の度合いが全然違うようです。
Commented by nmariomama at 2009-04-04 16:39
☆きゃふさん
全く根気のいる作業だと思いますが、この装飾手法は現代にも伝えられるものなんですよ。
だから、今でも伝統の職人さんがいて、こつこつ仕事をしているはずです。
時間の観念が違う、という感じですね^^ゞ
お天気が悪かったので、街の風景の色合いが残念ですが、気に入っていただけて嬉しいです。
いいですねえ、、、7チワワんズ、月の砂漠を行く、、、7頭のラクダと共に、、、
なんてタイトルの記事を想像してしまいました。。。。へへ
Commented by tetsuro-w at 2009-04-04 23:11
本当に素晴らしく繊細な彫刻の数々、
建築にとっても手間のかかった神学校ですね。
14世紀に建てられた建物がこんなに綺麗に保存されていて、
中を自由に観て回れるというのも素敵ですね~。
イスラム文化の偉大さを垣間見るようで、とっても勉強になりました。
Commented by nmariomama at 2009-04-05 03:17
☆tetsuro-wさん
イスラムアートって、まさに異文化なんですが、結構興味を持っておられる方も多いと聞きます。
途中で中断する形で衰退してしまったイスラム文化ですが、ほんと、改めて
すごい文化だったんだなあ、、、と実感できる神学校でした。
そうですね、石の文化は保存がきくということもあるし、結構最近まで使われていた、
ということもあるようです。
異文化に触れる、ってやはり大事なことですね。
Commented by kumako-93 at 2009-04-06 17:03
おひさしぶりです。今二人がちょうどお昼寝していて、久々にお邪魔できました。

モスクって本当に美しいですよね。
見学したとき、ちょうど地元の人か観光客の人がお祈りしていたのですが、シーンと静まり返った中で神様と向かい合っている姿に感動して(異教徒が不謹慎なのかもしれませんが)思わず一緒に両手を杯のように掲げてしまいました。ここに神様が降りてくる意味かな、と勝手に解釈しましたがどうだったのでしょうか。
Commented by nmariomama at 2009-04-06 23:30
☆kumako-93さん
こんにちは^^
こちらこそ、御無沙汰でした。
お子様二人同時にお昼寝してくれないと、中々他のことができないでしょうね。
貴重な時間にコメントありがとうございます^^>
お祈りはちょっとした場所があれば、モスクでなくてもやっているし、
そんな姿を見ると、厳粛な気持ちにさせられますね。
>両手を杯のように
手のひらを上に向ける仕草のことかなあ、、、と思いますが、お祈りをする時の決まりの形です。 
仏教で手を合わせるのや、キリスト教の手(指)を組むのと同じ。
ご覧になったのは、それとは違うのかな。
私なんか、ここに暮してるのに、お祈りとは程遠い暮らしをしてるので、それこそいつも不謹慎ばかりです^^;


<< サレの街へ その3      サレの街へ その① >>