「ほっ」と。キャンペーン
2008年 07月 11日

ちょっとタイムスリップ^^

まりおだよ、全然出番がなくてねえ、ボクの部屋なのにィ。 今日はうちのお兄ちゃんが行ってた小学校の学校祭の様子なんだって。 ま、楽しんでいってね!
e0092286_21594551.jpg


e0092286_2150395.gif


6月末のことになってしまいますが、息子の友人の兄弟が行っている小学校で学年末の学校祭があるとのことで、ちょっと覗いて来ました。
息子の母校でもあるので、4年生まで送り迎えをしていた私にとっても、ちょっと懐かしい場所。
久しぶりに大勢の小さな子供たちも目にして、しばしタイムリップした気分でした。

校庭の広い学校でして、それが変わらずにあったので嬉しかったですね。
e0092286_21183175.jpg


モロッコは義務教育制度がありません。
一応、小学校から(6歳入学)公立校が設備されていますが、就学は親の考えや家庭の貧富でも左右されますし、就学率は地方に行くほど低くなり、男女で言えば女子のほうが低くなります。

今はどうでしょう、10年ほど前までは首都のラバトでさえ、小学校の就学率は100%ではありませんでした。 地方へ行けば、まだまだ子供が重要な働き手だったりしますし。政府はもちろん学校へ行くことを推奨していますし、それぞれの地域で、学校に行けなかった人のための文字を教えるコースを設けたりと力はいれているようですが。

さて、学校祭の写真はあまり撮れませんでしたが、ちょっとでも雰囲気が伝わればいいな、と。

それぞれ学年で代表の生徒たちが演技していたようです。

うちの息子もこんな時期があったんだよなあ、、、^^ゞ
e0092286_213497.jpg


広い校庭なので、テントが張られてそこがステージになっています。
父兄も大勢。 自分の子を撮ろうと必死のおとうさん族がたくさんいたのはどこの国でも同じなんだなあ、、、
e0092286_21383370.jpg


生徒たちの演技を動画にも撮ってみましたが、最初のが1分半、次が2分半、と長くなってしまっているので、適当にご覧になってみてください。


モロッコの伝統的な音楽を縦笛と歌で演奏。
6年生の演技です。




1年生の可愛いフラメンコ。 あんまり可愛くてつい長く撮り過ぎてしまいました^^;



エンディングの時の様子。 子供たちがモロッコの盛装をしてます。
e0092286_21465042.jpg


というわけで、久しぶりに子供パワーを浴びてきました。
この子たちが成人する頃、叉モロッコは変化してるんだろうなあ、、、良い方へと願わずにはいられません。


e0092286_2155831.gif

[PR]

by nmariomama | 2008-07-11 22:00 | 徒然何でも在り記 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://petitmario.exblog.jp/tb/8286691
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by しろくま at 2008-07-12 00:08 x
モロッコに義務教育制度がないとは知りませんでした。 
都会と地方との格差がかなり大きいようですね。(どこの国も同じ問題を抱えているのかもしれませんが・・)
子供達のフラメンコでかかっている音楽はジプシーキングスですよね。私、大好きなので嬉しくなりました。日本人はシャイなので人前での踊りはなかなか・・・ですが、モロッコの子供達は素敵に踊ってくれますね。
Commented by nmariomama at 2008-07-12 01:39
☆しろくまさん
あ、良かった、動画見ていただけましたね。
今日はネット接続が切れ切れでやっと更新できたと思ったのに、自分でアップした動画がうまく再生できなくて、、、長めの動画なので皆さんはどうかなあ、と危惧していたんですよ。
モロッコはスペインに近いこともあって、音楽も随分入ってきてるんです。
良くご存知で、、、こちらでもとてもポピュラーです^^
小さい時から踊ってますからこちらの子たちは平気ですね。
特に女の子はおしゃまさんが多いです^^
モロッコもまだまだ教育の地域格差が大きくて、徐々に改善されていけばいいんですが・・・
Commented by mari_ca at 2008-07-12 02:15
義務教育がないというのは知りませんでした。
そうなると、子供たちがたとえば小学校に行くかどうかさえも、完全に親の選択となるわけですか?
でも、よく考えてみたら、ほんの数十年前の日本もそんな感じだったんですよね。

アメリカでは義務教育制度はありますが、こちらに来て知って驚いたのが、Home Schoolで勉強している子供が意外といるということです。
それも、インターネット越しに学校の授業を受けるでも、家庭教師などをつけるのでもなく、「叔母さんが美術の教師をやっていた経験があるので、彼女がすべて教えている」とか、首をかしげるようなケースも。
小学校、中学校とそうやって学んできたものの、高校程度の授業内容になってそれまで先生役だった親や親戚の誰かが「教えきれなくなってしまい」初めて公立の高校に通いだし、カルチャーショックで登校拒否になってしまった...なんてこともあるようです。
日本じゃ考えられませんけどね~。^^;
Commented by nmariomama at 2008-07-12 15:36
☆mari_caさん
そうなんです、義務教育ではない、なんて思いもよらず、私もこちらに来てしばらくしてから知ったしだいなんですよ。 え?という感じでした。
そうそう、まさに親に選択権がある、ということでして、兄弟が多かったりすると一応上の子は通わせて、下の子が上がるとやめさせちゃうとか。
宗教的に女の子は外に出さない、なんて親もまだいますからね。
そんなのも影響するし、さまざまです。
アメリカもいろいろなんですねえ。
画一化し過ぎる日本も考えものですが。。。
Commented by yuki113m at 2008-07-12 16:54
こんにちわ!午後から、義母の、お見舞いや
お中元を送りに行ってて、遅く成りました、
まりおク~ン♪凄く、いい顔、笑顔が可愛いよ、満面の笑顔って!最高ですね、国が違えれば学園祭も違いますね、
こんなに小さな子達の学園祭は可愛い、、民族衣装で
どの子も楽しそうです、BSなどで、モロッコを放映してますと、
必ず見ますが、独特の音楽で、私は好きです、
伝統的な音楽に合わせて歌うなんて!可愛いですね、
変らないで、いい所は変わらないで欲しいですね
今日は本当に、新鮮でした、
Commented by nmariomama at 2008-07-12 21:21
☆yuki113mさん
お義母さま、いかがでらっしゃいますか?
暑い時、ご病人はさることながらお見舞いも大変ですよね、おつかれさま。
まりお、出番が少ないって怒ってるんです。 屋上の写真ばっかりなんで叉週末のお出かけを待たなければ^^;
一年の締めくくり、これが終わると長い夏休みですので、どの子の表情も明るいんですよね。 伝統も大切にしなくちゃいけないし、若い人たちはモダンにしたいし、モロッコも今交錯期って感じでしょうか。
日本でも最近は結構モロッコ関係の番組をやるみたいで嬉しいですね。
全く違う世界だけど、子供たちが元気なのが一番だといつも思います^^
Commented by sora at 2008-07-12 22:01 x
まりおくん!そうやっていい笑顔見せないと、↓なんてすっかり
小鳥さんだけで終わってますよね。
がんばれ~~マリオくん~~!!

モロッコの伝統的な音楽って軽やかで明るいんですね。
一年生のフラメンコ、女の子の腰の振り方は大人顔負けですね。
男の子は立ってるだけで女の子のみ踊ってるというところも
おもしろいですね。
子供の発表会って実際に見るとちょっと感動的ですよね。
Commented by mitsuko_beauty at 2008-07-13 14:25
モロッコは義務教育が無い 日本の子が聞いたら羨ましいって言うでしょうね 日本も学力が落ちているそうです
子供はどこの国でも可愛いですよね 私も娘と孫が同じ小学校で
役員をしている時が懐かしく思えます
Commented by nmariomama at 2008-07-13 15:45
☆soraさん
あはは、まりおにエール、ありがとうございます^^>
主人公ですので大事にしなければ、、、ですが、どんどん雑多で何のブログかわからなくなっていきそうです^^;
モロッコの音楽は西洋音楽と音階が違うのと、メロディーは単調なのが多いですね。 ちょうど日本の雅楽みたいなのがこちらの昔の宮廷音楽にもあるのが興味深いです。
やっぱり、主役は女の子! モロッコもある意味女性が強いという証拠ですかね(笑) ま、この年齢、女の子のほうがおしゃまさんだし^^
カメラを構える親族の姿を見て、自分の子が出てるとなると、どこの国の親も同じなんだなあ、、、なんて変なところで感心してしまいました。
Commented by nmariomama at 2008-07-13 15:52
☆mitsuko_beautyさん
日本の教育もあれだけ熱心なのに学力が低下してきている、というのもオカシナ話ですよね。 まあ、底辺を上げようとすればそういう現象も起こってくるのかもしれないけれど。。。
ここは厳しいですよ、小学校でも成績が悪ければ、どんどん落第させられますから。 ほんとに勉強する子だけが残っていくシステムです。 実際のところどっちがいいかわかりませんがねえ。。。
子供の小学校時代って、一番子供に関わっている時代かもしれず、そういう意味でも懐かしいですよね。


<< 昨日の土曜日の夕方      アオカワラヒワ >>