続・まりおの部屋

petitmario.exblog.jp
ブログトップ
2008年 04月 20日

歴史のかなたに寄り道

さて、いよいよ旅は終盤に入ってきました。

が、フェズを堪能して、ラバトへ戻る途中、まだまだ見所があるモロッコであります。
ラバト直帰じゃもったいな~い。

ってことで寄ったのは、ムーライ・イドリスという、モロッコでは聖都と呼ばれる街。

ムーライ・イドリス一世という、モロッコで初めてアラブ民族によるイスラム王朝を築いた人の廟がある街です。 そのため、サウジアラビアのメッカ巡礼の代わりに、聖地をお参りするという意味でここを訪れる人が後を絶ちません。 巡礼の季節が毎年定められていて、大勢の人がお参りに来ます。

街の様子。 以前はもっと鄙びた感じだった街が、かなり手が入り、綺麗にされているのでちょっとびっくりしました。
e0092286_18322973.jpg


アーケードのお店に、ずらーっとぶる下げられている大きなろうそくがご覧になれるでしょうか。
ここは聖地にも当たるので、このろうそくを護符代わりに買って、家に飾ったりします。
e0092286_1840384.jpg


朝、のんびりフェズを出て、ここに着いた時はすでに正午。
なんか食べなきゃあ、、、

ちっちゃなレストランの店先から炭焼きのひき肉のいい匂い。
レストランはいっぱいあって、それぞれ客引きで忙しい、、、私たちもどこにしようかなあ、、、
で、決めたのが、このおじさんのいた店。
ちょびひげのなんともユーモラスなこのおじさんのお店のひき肉はちょっとスパイスが効き過ぎた感があったけど、美味しかったよ~ で最後に写真を撮らせてもらいました
e0092286_18442641.jpg


お料理の写真は食べるのに夢中で忘れた~~~^^;

余談ですが、ここ、ムーライ・イドリスの街は聖なる街でもあるため、街には一切アルコールは置いてません。 持込も厳禁と聞いています。

お腹いっぱいになった所で、もう一箇所寄り道の場所。

ここは私が大好きな場所なので、プログラム的にちょっときつかったのですが、是非友人たちにも見て欲しくて無理やり引っ張ってきた感強し・・・^^ゞ

モロッコの歴史は古く、フェニキアの時代まで遡りますが、ここは古代ローマ時代のローマ人が造った街の遺跡が残る所。 広さ約40ヘクタール、周囲は低い山があるのに、ここだけ広々とした平野が開けています。

e0092286_1854272.jpg



この続きは叉、下のMOREをクリックしてね。




ここに街ができたのは、起源2~3世紀のこと。 ローマの歴史から言うと、もう衰退の時期にあった頃でしょうか。 ローマの属州として、ここに約1万5~6千人に人が住んでいたと言われています。

ここは20世紀に入ってから発見された遺跡です。
初めはフランス人によって始められた発掘ですが、今はモロッコ政府が担い、発掘は今なお続けられているということです。

e0092286_2291323.jpg


この他モロッコには、北の地方に2~3、叉ラバトにもローマ時代の遺跡は残されていますが、規模からいったらここがダントツ、遺跡のひとつひとつを丹念に見て周ったら、3時間はかかります。
今回は時間がなかったので、入り口から半分くらいの所、見晴らしはききますので、周囲をぐるーっと見てもらいおしまいとなりました。

館の後。 各区切りでひとつの部屋になっていたんでしょうねえ。
e0092286_22292559.jpg


館の跡からは、床の装飾であったろうモザイクも見つかっています。
出土された時のそのままの状態だそうです。
e0092286_22163750.jpg


そして、こちらは浴場の跡。
ローマ人にとって、お風呂は非常に大切なものだったと言われています。
リラックスのため、叉社交など情報交換の場でもあったようです。

本当にそのままの姿で残ってますので、浅いプールのような場の淵に腰掛けて、古を思ったり・・・時間を忘れてしまいそう。。。^^ゞ
e0092286_22214785.jpg


叉ここでは、オリーブの栽培、採取、食用のオリーブ油を精製、そして遠路はるばるローマまで運んだというのですから、悠久な話ですねえ、、、、

さて、ここから街のメインストリートと、北の門(ローマに通じる門)と呼ばれる門を眺めて、我々一行は元来た道を引き返したのであります。 何せ広い!
e0092286_2234582.jpg



というところで、今日はおしまい。

次回、いよいよ旅の終章です^^


最後に、今日の画像、MORE以降のヴォリュビリスの写真は友人、Mさんのをお借りしましたこと、お断り致します。
ワタクシ、叉ドジりまして、カメラの電池の換えを家に置き忘れ、電池切れになってしまったんです^^;


ではでは、、、次回まで。。。
[PR]

by nmariomama | 2008-04-20 22:41 | 2008年春、モロッコ国内旅行 | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://petitmario.exblog.jp/tb/7781426
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ゆらら at 2008-04-20 23:29 x
え~、モロッコもローマ帝国だった地域があるんですね。知りませんでした。
勉強になります。遺跡ってけっこう好きです。
兵どもが夢の跡って感じで…。

髭のジちゃんのレストランで、何を食べられたんでしょう?
見たかったですぅ(by食いしん坊)。
Commented by nmariomama at 2008-04-21 02:48
☆ゆららさん
そうなんですよ。北アフリカに属州をたくさん持っていたのですが、その内のいくつかはモロッコだったってわけです。
遺跡、いいですよね。 時間があればもっとゆっくりしたい場所でしたが、残念でした。
あはは、食い気に負けてテーブルに料理が運ばれてきた途端、みんなでがっついてしまいました。 メニューは牛挽きの炭焼き(網焼き)にサラダ、フライドポテト、最後にミントティーというモロッコ旅行で一番安上がりな、でも、外れのない定番食です^^ゞ
Commented by tablemei2 at 2008-04-21 08:24
こんにちは〜mariomamaさん^^
スゴイですね、歴史を感じます。空も広い雄大な地にローマ人が作ったという遺跡。。。住んでいた人になったような贅沢な気持ちも味わえます。
moreへとうまく写真がつながりましたね、言わなかったらmariomamaさんのお写真だと思ってたよ^^*
Commented by lagoon at 2008-04-21 10:14 x
ママさん、お久しぶりです。
モロッコにはローマ時代の遺跡が残っていたり、見てて飽きないですね!
アルコールは置いてなくとも、お酒の飲めない僕には関係ないので、この遺跡とレストラン群だけで十分楽しめそうです^^
レストランがたくさんあると、どこにしようか迷いますよね(笑)
Commented by nmariomama at 2008-04-21 19:35
☆tablemei2さん
こんな所に街があり、たくさんの人が住んでたんですねえ。
しかも、モロッコ人ではなく、ローマ人なんですから歴史っておもしろいですよねえ。 当時は~ なんて思いを馳せてると、あっという間に時間が過ぎちゃいます^^;
あはは、私より、ずっと良い出来映えの写真、もう一人の友人もメモリーカード切れだったので、ほんと、助かりました^^ゞ
Commented by nmariomama at 2008-04-21 19:40
☆lagoonさん
こんにちわ~^^♪
モロッコも歴史上いろいろな国が通り過ぎていった国ですので、中々楽しめます^^
あはは、アルコール云々は本当に余談でした^^; 
レストランったって、ほんとにちっちゃな店で、でも、このおじさんが目立ってましたので、ついここへ入ってしまいました(笑)
Commented by sora at 2008-04-21 23:21 x
なんせ広い・・・って言う説明の通り、写真を見ても広さが
分ります。
すばらしいですねえ。
モロッコにローマ人が住んでいたんですねえ?
プールのようなお風呂なんて気持ちよかったでしょうね。

護摩のろうそくもおもしろい。
ままさん、立派なツアーコンダクターになれますねえ。
説明がお上手だし、モロッコ行ってみたいなあ~という
気分になりますもの!
Commented by nmariomama at 2008-04-22 02:23
☆soraさん
モロッコのことですから、手入れをあまりしてないんですよ^^;
でも、それが叉荒涼とした雰囲気を醸し出してるかなあ、なんて。
モロッコとローマ人、歴史ってどこで繋がってるかわかりませんね。
興味が尽きないです^^
あはは、まだまだ舌足らずの旅レポートです^^;
Commented by bbwan at 2008-04-22 04:08
わーすごいじゃないですか、この遺跡。 状態もいいですし。
ローマ人が住んでいたというのは知っていました。古代ローマはとても力があったのですね。 海を越えてモロッコまでも。
説明もよくわかりました。
Commented by nmariomama at 2008-04-22 16:51
☆bbwanさん
手付かずのままで現存しているのですよ。 珍しいかもしれませんね。
遺跡の好きな方なら、ほんと、歓声があがる場所です^^
場所的に近いですし、ヨーロッパの歴史とも深い繋がりを持つモロッコです。
>説明もよくわかりました。
ありがとうございます。 それが心配で、こういうのは難しいですね。
説明し過ぎても退屈だし、ま、自分がわかってる範囲でしかできませんが。。。ムーさんのプラハの街の説明もいつも楽しませていただいてます^^
Commented by MIE at 2008-04-23 20:27 x
まりおまま、懐かしいメクネスやフェズの写真、楽しく拝見しました。
来月、モロッコに行きます。
1999年以来、5度目ですが、友人たちやその家族との再会が
とても楽しみです。
そして、ジャカランダにももう一度会いたくて?5月14から10日間
滞在することにしました。
パリ経由でマラケシュとフェズがメインです。
Commented by nmariomama at 2008-04-24 05:15
☆MIEさん
5度めの来モロッコということで、もうモロッコ通でらっしゃいますね。
暑くなる手前の5月はモロッコでもいい季節、ジャカランダもちょうど見ごろだと思いますので、楽しみにおいでください。
我が家の近所のジャカランダはちょっと早めでもうかなり咲いています。
近日中に写真が載せられればと思いますが。
フェズのメディナ、もう何度も行かれたと思いますが、懐の広い街ですので、何度訪れても新しい発見があるでしょう。
マラケッシュも、もし時間があれば、トゥブカル山の方に足を延ばしたり、如何かななんて思います。 いずれにしても、Bon Voyage!! 
Commented by 竜ママ at 2008-04-27 05:30 x
こんな素敵な遺跡、どうして20世紀まで発見されなかったのでしょう?
そのほうが不思議だわ。

ポンペイに似てますけど、こちらのほうがダントツに良い景色。
ローマ帝国って本当に広大だったんですね。
Commented by nmariomama at 2008-04-27 07:09
☆竜ママさん
本当ね、でも、それだけに手つかずで残っていて、本当にすばらしいです。
他の遺跡に比べて野ざらしっていうところがとにかくいいんですよ。
って、単にモロッコ政府にお金がないだけなんですが、まだまだ発掘が続いてるんですよ。 これも資金不足で中々進んでいないという話です。


<< 旅・・・終章なり~      歩きのメディナ >>