2007年 04月 23日

メンドクサイ挨拶

日本人の挨拶は、今や有名、、、どうもどうもとお辞儀型。
一時帰国で日本に帰ってあっちこっちでその光景を見つけると、もう懐かしくってねえ。。。
あー、日本に帰ってきた!と実感する瞬間のひとつです^^

さて、こちらモロッコの挨拶は、ほっぺたにチュッ、チュッの抱擁型、もしくは握手型。

そして、何が面倒くさいって、あ、どうも、で挨拶が済まされないのが面倒の極致。
やれやれ、それだけ挨拶が重要視されているってことなんですが。

例えば、、、街中で、大きな道路の反対側に知り合いを見つける。
双方気がついたら、片手挨拶ではすまされない。 可能なほうが道路をずんずん渡ってきてチュッチュ、チュッチュが始まる。
そしてですね、この時に相手の家族のご機嫌も伺うのが普通ときてるので、どんどん名前をあげていくわけ。 相手の両親に始まって、兄弟姉妹(これが又多い場合はぞろぞろ名前が出てくるという仕組み)。 良くまあ、これだけ名前を覚えてるなあ、というほど、誰彼誰彼と名前が出てくるので感心します。

で、ようやくお互いの家族の安否を確認したところで本人たちの近況やら世間話やら。
ここに至るまでの長いこと。

そして、本当にどうかと思うのが、車に乗っていてですね、知り合いを見つけて挨拶をするために、お互いの車を寄せようとする場合が多々あるんですよ。
交通の邪魔この上なく、第一危ない! 命より大切な挨拶か!とウンザリする光景に何度出くわしたか。

歩行者でも横断歩道の真ん中で知り合いに会っちゃったら、その場で挨拶が始まって、信号が変わってもまだやってる。 車が器用にその人たちを避けながら走り始める。 慣れてるったって、危ない!迷惑! って思うのは私だけかのように、挨拶してる本人たちは、周りに無頓着なんだから、びっくりします。

昔はそれで良かったでしょうけどねえ、、、

それに、この挨拶、久しく会わなかった人だけでなく、ついさっき一緒だった人にもちゃんとしなくてはいけない、、、メンドクサイ、メンドクサイ。

想像するに、昔はこんなにしょっちゅう人との交流がなかったから、挨拶が重要だったんでしょう。 電話もなく、郵便の発達もまだの時代。。。それが変わらずに現代にまで続いている。。。ということなんでしょうが。 もう少しあっさりならないものだろうか、、、と感じつつ20年以上経ってしまいました。 もう変わらないんでしょうねえ、きっと。 そんな気がする今日この頃です。

さて、今日の画像は、散歩中に見つけた花。 なんだかフジの花に良く似ていますが。
e0092286_2331687.jpg

[PR]

by nmariomama | 2007-04-23 23:05 | ひとくちモロッコ | Trackback | Comments(24)
トラックバックURL : http://petitmario.exblog.jp/tb/5558204
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kakeru922 at 2007-04-24 00:13
シリアのラタキアでは通りすがりの知らない(ま、知らなくて当然なんだけども)パン屋のおじさんに握手を求められ抱擁も受けました
力強くてヒゲがジョリジョリして痛かったですけど、受ける側としては歓迎されてるようでなんだか嬉しかったです
Commented by snowdog at 2007-04-24 02:02 x
こちらも面倒なホッペへのチュ~挨拶です。
職場でもパーティでも、どこでも誰か来る度に
立ち上がってチュ・チュ。
遅れて着けばテーブルやデスクを1つ1つ周り、
1人1人にチュ・チュの挨拶。
スーパーのレジとかで散々待たされた後に
誰かが出勤してきて
またレジの手を止めてチュ・チュの挨拶されると
思わず「手は休めるな~」と言いたくなります^^;

フローラちゃんがいると、まりおくんが大きく見えますね♪
ウィンダちゃんはフローラちゃんに優しくしてくれてるかな?
Commented by mitsuko_beauty at 2007-04-24 10:56
こんにちわ♪
抱擁挨拶は日本では嫌われちゃうかもね~ 挨拶もろくに出来ない人がいますからね よって手を上げるだけの挨拶は友達関係だけど若い子の中では目も合わせない人がいっぱいいます 
ホッペにチュも う~ん 最初からの風習があればなんてこと無いけど
私は苦手かも(^^ゞ ヒゲジョリジョリ痛くないですか アハ
Commented by nmariomama at 2007-04-24 16:08
☆kakeru922さん
あはは、旅人として熱烈歓迎されたんですね。
そのままどこかに連れ去られなくて良かったですね(笑)
ムギューって感じでしょう。 こっちは加減がわからず無抵抗だし苦しいんですよね^^; でも、旅の思い出のひとつ、良かったですね^^
Commented by nmariomama at 2007-04-24 16:14
☆snowdogさん
ラテン系の国はやはりそうなんですね。
まさにこっちと同じです。 パーティなどの集まりで遅れていった時も、、、というのなど、光景が目に浮かぶようです^^ゞ
あれだけで、どれだけ時間食ってるだろうか、なんて思っちゃいますけど、彼らにとっては生活の一部、自然なんでしょうねえ。。。。
フローラとまりお。 そうなんです。 まりおを見て、あれ、こんなに大きい犬だったっけ、なんて思っちゃいます^^
ウィンダとはまだしっかり会わせてないんですよ。
なんか、フローラがあまりに小さすぎて、、、コワイ気が・・・・^^ゞ
Commented by nmariomama at 2007-04-24 16:20
☆mitsuko_beautyさん
日本では握手だってそんなにしないし、他人と頬を触れ合わすなんて慣れないとちょっと引いてしまいますよね。
外国人から見たら日本のお辞儀の挨拶のほうが難しい、なんて思ってるかもしれないし、まさに風習ですね^^
あはは、髭は確かにジョリジョリ痛いからなるべくそういう人とは握手だけで済ませたいものです^^;
Commented by arc1017 at 2007-04-24 17:22
「死にてぇーのかっ、バカやろうっ!!」っていうドライバーの掛け声はないんですね。道の真ん中で立ち話しとる人達をよけて運転なんて、けっこう気が長い人らなんですねぇ。
まりおママさんのお話聞いとると、モロッコって家族とか友達とか、人と人とのつながりとかをすごく大切にするんかなぁ、って印象を受けます。
まぁ面倒やけど、でもそういうの、すごい温かい感じがするからええなぁと思いますよ。ま、その場におったら違う意見でしょうけどね^^;。
Commented by elderman at 2007-04-24 17:45
藤、イランにもありました。日本のものより野生的な感じでした。
挨拶ねぇ・・・ 中東も南米も、まぁ、濃厚ですね。(苦笑)
日本人が妙にあっさりしているように感じたときもありましたが、帰国した今はそれがさっぱりしていていいなぁ。(笑)
Commented by ルート38 at 2007-04-24 20:25 x
ご挨拶も命がけ。。。なんですね!
でも、そうした人との繋がりを大切にする心って
大事なことなんですよね

昔は近所のおっちゃんでも普通に話してた
そんなちっちゃな頃を思い出してました(^・^)
Commented by guraseri at 2007-04-24 20:33 x
所かわれば挨拶の仕方も色々ありますね。
周りに無頓着はちょっと困りますが・・・・

藤のお花に似ていますね。
東京も今綺麗に藤棚に藤の花が咲いてます。
藤の花を撮りに出かけなければと思っていますが・・・
Commented by ゆらら at 2007-04-25 00:02 x
時間がゆったり流れているからこそ、できることかもしれません。
人のつながりを大切にする、と考えればいいんでしょうが、
長いと、いい加減にしろ、といいたくなっちゃうかも。
けっこう気が短いσ(^-^)。
でも、モロッコの人にしてみれば、家族全員の安否を確認しないなんて、
そんな薄情なことできない!んでしょうね。
濃いよね、人間関係。犯罪は少ないんでしょうか?
でも、頬にチュチュは、慣れてないんで勘弁です(汗)。
Commented by nmariomama at 2007-04-25 03:38
☆arc1017さん
きゃー、うるわしさん、過激~って思ったら、あはは、そういうことか^^
いや、そういうことで怒鳴ってる人は見たことないですなあ。
もうそれが普通、そういう状態がインプットされて運転してるって感じですね。
これもひとつの技術? すごいって言えばすごいです。モロッコでもし運転するならこのことも頭に入ってないといけないということですね^^;
家族の繋がりは濃い、なんてもんじゃなく、日本がサラッとした麦茶なら、こっちはベトベト砂糖入りのコンデンスミルクってとこかも^^ゞ
ま、いいこともあれば悪いこともあります。 必要性も感じる反面、勘弁して!というところもね^^>
Commented by nmariomama at 2007-04-25 04:04
☆eldermanさん
藤の花って何だか日本的ですが世界にあるのですね^^
藤といえば、藤棚ですが、これは伸び放題に普通に生えているといった具合。 まさに野性的な感じでした。
そうですよねえ、挨拶は、簡単なほうがどれだけいいかわかりませんよね。
私も日本に帰ると、さっぱり挨拶にホッとします^^
Commented by nmariomama at 2007-04-25 04:08
☆ルート38さん
人と人との繋がりは大切なんですけどねえ、、、限度ってもんが、、、とグチになりますが^^;
お辞儀だけでも心をこめられるし、それで心も伝えられる日本人はすごいと思います^^ まあ、その日本も変わりつつあるということで、寂しいですねえ。。。こっちこそ、少し挨拶の濃さが薄まらないかしら^^?(笑)
Commented by nmariomama at 2007-04-25 04:12
☆guraseriさん
周囲も暗黙の了解ってところなので、もうどうしようもないですね。
風習だとあきらめるしかないでしょう^^ゞ
多分藤の花だと思うのですが、何しろ藤棚になってないので何だか他の花にも見えてしまいます。 機会があったら是非、藤の花の写真撮ってくださいね^^>
Commented by nmariomama at 2007-04-25 04:18
☆ゆららさん
まあ、悠長なんでしょうね。 それでいい時もあるけれど、私も結構せっかちなんで、付き合いきれない時が多々あります^^;
犯罪は最近は増えてますね。 これは核家族化に伴って、家族関係が多少気薄になってきてるのかもしれませんが、、、日本の変化に比べりゃまだまだって感じです。
そう、抱擁挨拶は慣れないと、初めはタイミングがわからず変なとこに顔を突き出したりしてね(笑) 日本に帰るとホッとします^^
Commented by bbwan at 2007-04-25 14:42 x
この間、 今私がはまっているアメリカのドラマ  「デスパレートの妻たち」を見ていたら、車を近くにくっつけて運転したままずっと話をしていた場面があって、この記事を読んで思い出してます。  
モロッコにはまだまだそういう人間らしい付き合いが残っていてある意味平和ですね。    
 そういえば、アジアは挨拶するとき、距離がありますね。 ヨーロッパでもハグするけれど、それどまりかも。 車のすれ違いにそんなことしたら、罵倒にクラクションの嵐でしょうね。 
Commented by nmariomama at 2007-04-25 16:19
☆bbwanさん
そう、ある意味で平和だからできることなんでしょうねえ。
そう考えたら微笑ましいかもしれませんが、微笑むというよりは、やっぱり苦笑だなあ、私から見ると・・・^^;
アメリカのドラマの車同士というのは、アメリカの車社会の様相でしょうか。
大きなアメ車が二台横付けで話してる、この光景に比べたら、モロッコの挨拶云々は可愛らしく思えてきました^^
アジアの距離間、こちらのくっつき、しっかり検証したらおもしろいかもしれませんね。 この違いはどこにあるんだろう^^?
Commented by sakurada noko at 2007-04-25 18:56 x
ほっぺたにチュッ、チュッの抱擁型~
うう~もし、もしもですよ。
好意を寄せてる方から、モッロコ流挨拶をされたら。。私は、嬉しい^^;って不謹慎ですな(笑)
実家の母からお嫁にくる時「ご近所の方に会ったら朝晩の挨拶だけは必ずしなさいよ」っと言われたことを思いだしました。
最近のご近所の方、挨拶しても、して悪かったようなそぶりを感じたりで、モロッコと日本半分くらいの挨拶がちょうどいいのかな^^
Commented by mie at 2007-04-25 19:29 x
ジャカランダでは?!1999年にFESで満開の並木道を車で通った時は
夢の中にいる様でした。あの青紫はとてもエキゾチックですね。
Commented by nmariomama at 2007-04-25 20:49
☆sakuradaさん
あはは、いいんじゃないんですか。
で、お相手は、あの方ね^^♪
挨拶はほんと、大事ですよね。 朝のお早うの一言で、家族の健康状態がわかっちゃったりするじゃないですか、私たち主婦は^^>
ご近所は、最近では実家のあるマンションでも挨拶がしにくくなったと母が言ってましたから、ほんとね、モロッコと日本と足して2で割ったらちょうどいい感じのよう^^ゞ
Commented by nmariomama at 2007-04-25 20:55
☆mieさん
こんにちは^^
コメントありがとうございます♪
うーん、ジャカランダにはまだかなり早いんですよ。
色はちょっと似てますが、これは完全に花が房状で、木もツル状でしたので、藤そのものではなくてもあっち系統の花でしょう。
Fesにいらしたのですね、ちょうどジャカランダの季節に。
気候的にも良い時だったでしょう。
街があの色で包まれる季節、私も毎年楽しみです^^
Commented by mie at 2007-04-26 11:46 x
早速のお返事ありがとうございます。モロッコにはまって延べ2ヶ月滞在しましたが、いつも冬に旅行していたので初めて春にジャカランダを見たときは感激でした。RAM、CTM、グランTAXI、鉄道などいろいろ使って
あちこち行きました。もちろんラバトにも。王宮の周りにもジャカランダの
木がたくさんありました。2008年の春に久々にモロッコに行く予定です、
ジャカランダと懐かしい友人達に逢う為に。
Commented by nmariomama at 2007-04-26 16:21 x
☆mieさん
リピーターでいらっしゃっていたんですね。 うれしい限りです^^
しっかり足を地につけてモロッコの旅を楽しんでいらっしゃるようで素晴らしいです。
春から初夏にかけてのモロッコも又格別ですので楽しみですね。
世界情勢が不安定な世の中ですが、次の春、無事に再来モロッコが実現されますよう祈っています^^>


<< 安心してどうぞ、、、      写真、、、も無事でした^^ >>