2007年 01月 26日

あー、日本語、、、息子の日本語

e0092286_194716.gif
去年の秋から息子が仕事を始めました。
少しは日本語も関係してるようで、日本語が使えるというのが採用の大きな利点になったようなのです。

今日はその息子と日本語のお話でもしようかと、、、

息子はこちらで生まれ、今年もうすぐ22歳になりますが、生まれた時から私が、しつこくしつこく日本語で話しかけたので、今でも私との日常会話は日本語です。
何回か日本にも行きましたので、日常会話にはほぼ不自由しません。
もちろん、日本で生まれて育ったお子さんには敵いませんが。。。

良く聞かれるんですよね、ハーフでこちらで生まれたお子さんに、日本語を話させたいのだけど、どうすればいいか、って。。。

そういう時、まあ、たいていはお母さんが日本人なんですが、
「おかあさん、あなたがお子さんに直接日本語で毎日話しかけてください。」と答えます。

たいていのお母さんはご主人との会話もあるし、お子さんとの会話にもフランス語か英語を使ってしまうんですね。
そのほうがお子さんの将来の為にもいいだろうと。
ここにいて、日本語は役に立ちそうに思いませんものね。
最初はそういう考えでも、ここで暮らしていくと、子供はもう一つの母国語、アラビア語をどんどん吸収していく。
当然でしょう。 一歩外に出るとアラビア語に取り巻かれる日常生活です。
でも、そうなってくると、母親は一種の焦りを感じてくるのだろうと思います。
多くの方はアラビア語がわかるという立場にはありません。
自分がわからない言語を子供がどんどん吸収していく。

あーやっぱり、子供には日本語も理解してほしい、、、

で、お子さんを日本語の補習校に通わせたりしてみるけれど、中々うまくいかない。
そんなこんなで、うちのが一応話せるので、良く聞かれるのです。

何でもないことなんです。 
おかあさん自身が子供に日本語で話しかければ、自然に子供は日本語を話すようになりますよ。 それは、母親と子供の大切なコミュニケーションの手段の一つだからです。
誰かに教わるより何より、お母さんとの会話で覚えていく、こんな素敵なことないじゃないですか。
とにかくあなたが日本語でお子さんに話しかけることから始めるのが一番ですよ。

うちでは夫と私の会話はフランス語。 私と息子は前述のように、日本語。
そして、夫と息子はこちらのアラビア語。 で、三人の共通言語がフランス語です。

で、ここで又良く聞かれます。
三つも言語が入って、子供は混乱しません?
いいえ、混乱しません。
小さい時からそういう環境にしてしまえば、環境の成せる技とでも言いましょうか、子供はすんなりその中で育つものです。

でも、ここで又問題が起きます。
子供が段々大きくなると、そうですね、中学校くらい、13歳あたりからでしょうか、親より友達、外の世界のほうにより興味を持つようになると、日本語が続かなくなるのですね。

親との会話より、友達との会話のほうが楽しいし、日本語が段々邪魔になってくる。
そうすると子供は話さないようになります。

これは私も経験しました。 特に男の子ですので段々母親といる時間も短くなってくる。
息子も一時日本語離れを起こしそうになりました。

それで私が考えた日本語引き止め作戦は、彼が興味を持っている話題を日本語に持ってくるというもの。
彼の趣味に徹底的に付き合おうというもの。

モータースポーツ、F1やら、モトGPやら、ラリーやら。。。
バスケットのNBAやら、、、ギター、ロックのアーティストやら、、、
それらのテレビも一緒に見て、ああだこうだ、いろいろ聞き、いろいろ言わせ、、、

ああ、しんど、、、でしたが、これらのことで彼に付き合ったおかげで、今彼の日本語が健在だと言えるのではないかと思います。

これが幸いして、思春期の難しい時期も日本語とともに、何か乗り切ったような気がします。

今、彼は漢字の読み書きに四苦八苦してます。
早くにやらせておけば良かったのですが、話すだけでもできれば御の字、という気持ちがあり、まあ、まさか日本語を必要とする仕事なんかしないだろうとタカをくくっていたのです。

でも、嬉しい気はしています。
まだまだ、これから先はわかりませんが、しつこく日本語で育てた甲斐があったかなあ、、、と。

余談ですが、私が息子を日本語で育てたのは、特に深い考えがあったわけではありません。
タダタダ、日本語で話しかけるのが一番楽だったからです^^
私の怠け心が功を奏したか。。。

そして、もうひとつ、息子の日本語の会話は、送ってもらったビデオのどらえもん、しんちゃん、ガンダムなどが基礎となっており、カタカナ、ひらがなは、漫画のドラゴンボールで、易しい漢字の教科書は、やはり、漫画のスラムダンク・・・・(彼はこれを読んで、バスケットを始めた奴です^^)
e0092286_1472741.gifあはは、これで日本語も使って仕事してるんだから大した度胸だあ!

と、唐突にテーマにした息子の日本語について、、、とりとめなく記してしまいましたが、
お付き合いいただき、ありがとうございました^^>
e0092286_1503157.gif

[PR]

by nmariomama | 2007-01-26 02:00 | 徒然何でも在り記 | Trackback | Comments(24)
トラックバックURL : http://petitmario.exblog.jp/tb/5016317
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by シンコー at 2007-01-26 04:55 x
謙遜されながら述べられていますが、お母さんにとっても息子さんにとっても言葉の問題はかなり大変であったと推察いたします。
うちは子供がおりませんが、家内が台湾人ですので子供がいたら言葉は何語が中心になっていただろうかとこのブログを拝見して思いました。
以前私が駐在していたマレーシアは国民の約3割が中国系ですが、中国系の人の子育てもなかなか大変なようです。まず英語と中国語の1つ(例えば標準語/マンダリン)から始めてそれからマレー語ともう1つの中国語(例えば広東語)を勉強するといったところです。平均的な中国系マレーシア人は普通で4つから5つの言葉を話します。
一方インドネシアは最大の華僑人口を抱えているのですが、中国系人口の比率が小さいことと(全人口が多いため)スハルト大統領の時代に中国語の使用に大きな制約があったことなどから中国系インドネシア人で中国語を話せるのはごく少数派です(特に若い世代は)。中国系の人のほとんどはインドネシア語onlyです。
言葉の勉強というのは大変ですね。
Commented by nmariomama at 2007-01-26 06:35
☆シンコーさん
今思えば良くやったかもしれません^^
でも、それほど意識してエネルギーを使ったという気がしてないことも確かです。
東南アジアなどは、お話を伺うところ、もっと複雑なのですね。
こちらの比ではないような、、、
いずれにしても、言葉の問題は中々一筋縄ではいかないですね。
私など、アラビア語でまだ四苦八苦です^^;
こうして考えてみると、国際結婚で一番問題を多く抱えるのは本人たちではなく、その子供だというのが良くわかるような気がします。
Commented by sakurada noko at 2007-01-26 07:39 x
おはようございます^^
う~ん、興味深いお話しありがとうございました。
息子が、「英語の早期教育(教育までいかないですよ、英語あそび)を受けてた子供は~日本語がおかしくなるんだって~」なんて言ってたもんですから・・・ちょっと心配してました。
たしかに、息子の日本語おかしい^^;っというか日本語は、荒れてます。
英語に興味があって、流暢に話せるわけではないんですけどね・・・。大学では、フランス語も勉強してるようですが~^^;息子くんが、これは、アラビア語、日本語、フランス語っと整理して吸収されていったんですよね~凄いことだと思います。
私が、英語に興味を持ったのは、ベイシティローラーズの歌を聞いた時、もっと勉強しておけばよかった(笑)

Commented by apr12pixtupi at 2007-01-26 11:57
良かったですね~
日本語を嫌いにならずに仕事にも生かして・・・すばらしいです
やはり、日本は『漫画』大国みたいで、各地に行くと
蚤の市では、ドラゴンボールなどの漫画が売っているのが見受けられました
でも、漫画も大切な役割を果たしているんですね!
漢字は、バリバリの日本人でも、難しいと思います
最近、脳トレなども流行っていますよ~かなり硬くなってきた頭なので・・・
Commented by のっこ at 2007-01-26 12:32 x
言葉って言うのは面白いものですね。
そして子どもの能力っていうのも限りない可能性があって素晴らしいですね☆
ウィンダちゃんやまりお君も数カ国語を理解してるの?
私は何一つ満足にできないような気がします。
せめて日本語は大事にしていかなければp(^^)q
Commented by arc1017 at 2007-01-26 16:10
お仕事で日本語が使えるくらいなら、きっとけっこうハイレベルなんですね。
それにしても漫画から日本語を習うとか、なかなか楽しい方法ですね。
特にドラゴンボールなんかは、キャラクターの名前がすごいですからね。そういう意味も知ってたりするんでしょうか・・・?
まりおママさんのお話を聞いて、全然路線は違いますが、うちのダンナのことを思い出しました。彼は日本語を話せるようになりたいんですけど、なんせ勉強嫌いなので、「習う」ってのがイヤらしいんです。
うちは私ができるだけ話すようにしてあげてます。
そのせいか、他の日本人+オージーカップルにしては、日本語話せるようになってると思うんです。でもやっぱしね、女言葉を使うのがいただけませんがね・・・。
Commented by nmariomama at 2007-01-26 16:55
☆sakuradaさん
言葉って何のためにあるんだろう、ってことかなあ。。。
使わなかったら、日本人だって日本語を忘れてしまうし。
早期英語教室にしたって、ただそこに子供を送り込んだだけでは何にもならないのではないかなあ、という気がします。
言葉 = 生活 生きるってこと。 息子にとって、日仏アラビアの3ヶ国語は日常に不可欠だったのですよね。 だから吸収できた。 でも、日本語の場合はちょっと助けが必要だった、ってことでしょうか。
でも、大人になってからそれをやろうとしても大変。 私が良い例です^^;
子供の吸収力って凄い!って改めて思わされました^^
Commented by nmariomama at 2007-01-26 17:01
☆apr12pixtupiさん
仕事に生かしてるったって、まだチョボチョボでこれからが勝負でしょうね。
問題の漢字を克服しなければ、日本語を理解してるということにはなりませんものね^^
そう、日本の漫画は凄いですよ。 結構奥も深いし、タカが漫画って言えません^^ゞ
でも、子供に与えっぱなしっていうのはいけないと思います。
さりげなく一緒に付き合って、どんな理解の仕方をしているかフォローすることも大切なんじゃないかって思ってます^^
Commented by nmariomama at 2007-01-26 17:06
☆のっこさん
ほんと、子供の脳の柔軟性、これは宝ですね。
大人になってから、こんなことはできない、難しいと思います。
でも、言葉って、イコール、生活なんですよね。
どうしても必要だって思ったら何とかなるものです^^
日本にいたら、そんな感覚になることはないだろうし、必要性もなくなってしまう、だから英語も中々進まないのでしょうね。
Commented at 2007-01-26 17:12 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kazinvic at 2007-01-26 17:18
そうそう、最近は、漫画が好きだから日本語を勉強したいという若い子が増えています。きっかけは何であれ、日本語に興味を持ってくれるのは、うれしいですね。
国際結婚カップルにとっては、子供を何語で育てるか、というのは大事な選択ですよね。ま、うちは子供がいないので、その経験はないんですけど。
子どものいる友達を見ていると、やっぱりその家庭によって、いろいろですね。
日本語は覚えてほしいけど、自分が面倒になって、つい英語で話しちゃう人もいるし、お宅のように、子供とお母さん、子供とお父さん、夫婦間で、三ヶ国語を使い分けている人もいるし。
前に、日系三世アメリカ人の友人が、「祖父母は日本語だけ、両親は英語と日本語、僕の世代は英語だけしか分からないので、両親の通訳がないと祖父母と話せないんだ」と言ってました。彼はそれが悲しくて、日本語を勉強していましたけどね。やはり公用語以外の言葉って、親が意識して教えないと覚えないんでしょうね。
ママさんのところは、大成功! おめでとうございます&お疲れ様でした。
Commented by tablemei2 at 2007-01-26 17:20
言語を通じての子育て、あっぱれです。
日本語だけでの息子達との接点も会話なんですが、なかなか思うように実践できないものです。
nmariomamaさん、尊敬します〜^^
Commented by nmariomama at 2007-01-26 17:20
☆arc1017さん
いや、そんなにスゴイ日本語じゃありませんよ。
日常会話レベルで、丁寧語なんかアヤシイというか、ちゃんと使い切れてないし、、、
漫画から、と言うのは結構、駐在で出てるお子さんたちが使う方法みたい。
例えば、日本の歴史の漫画とかね。 漫画も侮れません^^
ドラゴンボールは特に彼がお気に入りでしたが、そうそう、キャラの名前、全部説明しましたよ。 あの頃でどのくらい理解してたかわかりませんが^^ゞ
ダンナさまの日本語というのも中々大変でしょう。
本当に覚えてもらいたかったら、うるわしさんが全部日本語で話してあげるのが一番! 私が息子にやった方法、これしかない!(笑)
あ、そうそう、女言葉ねえ、、、うちも困っちゃいました。
だから、私、男言葉を使いましたよ。 それから、これも漫画を使って、例えばドラエモンを見てたら、静かちゃんの言葉は使っちゃダメ。 ノビタかジャイアン、でも、ジャイアンの言葉でも、これは乱暴だからダメ、とかね。
中々細かいでしょ^^ 大変だった反面、結構私も楽しんでたかも^^ゞ
Commented by nmariomama at 2007-01-26 17:55
☆鍵コメさん
嬉しいコメントをありがとうございました。
すべて了解です。こちらこそ、よろしくお願いいたします^^
そちらにも伺わせていただきますね。
Commented by nmariomama at 2007-01-26 18:06
☆kazinvicさん
そちらでも日本の漫画は受けてますか^^?
こちらでもね、日本の漫画は最近ネットで簡単に見られるでしょ。
それで覚えてくるモロッコ人がいるんだけど、何にもバックグラウンドなくて使っちゃうから、変な日本語を覚えて困るって、こちらで日本語教師をやっていらっしゃる先生がおっしゃってました。 さもアリなんです。
良い方法だけど、必ずフォローが必要なんですよね。
時代劇漫画のせりふをそのまま使われてもねえ。。。^^(笑)
まあ、そんなこんなで、外国にいると、日本語に対しては、日本にいる時よりもっと敏感になる気がします。
うちはうまく行ったほうかも知れませんが、今漢字で四苦八苦してるのを見ると、やっぱりもっと早くに読み書きもしておけば良かったかなあ、、、と。 でも、これで漢字が本当に身につけば、彼の日本語は最終的には彼自身が勝ち取ったと言うことになり、ま、いいか、というところでしょうか。 欲を言ったらキリありませんものね^^ゞ
Commented by nmariomama at 2007-01-26 18:14
☆tablemei2さん
いやだ、meiさん、そんな大それたことじゃないんですよ。
照れますよー^^ゞ
日本ではこれだけ日本語に向き合うってことないですものね。
当たり前の環境の中ですもの。幸せなんです、それが。 
大切にしてくださいね。
日本語って素晴しい言語だと改めて思います^^
Commented by ゆらら at 2007-01-26 21:42 x
まりおさん、その努力はすごいです!
皆さんのコメントを読むと、海外在住の方は皆さんお子さんの言語には苦労されているよう。
だから、息子さんに対する教育は、大成功でしたね。
家の中で日本語を話せるのは、まりおさんにとっても、日本語を忘れないという点でよかったのでは?
日本語オンリーで育った私には、バイリンガルならぬ、トライリンガルの息子さんもすごい。ただただ、羨ましい。
これから日本とモロッコの架け橋になってくれるといいですね。
Commented by bbwan at 2007-01-26 23:36
言葉 特に親の母国語が使えたら、それは国際結婚カップルの子供にとっては大きな財産になりますよね。 謙遜されたますが、日本語にこだわって育てたママさん 偉いですね。
私もシンガポールにいたときに、多民族国家のうえに、近隣諸国から出稼ぎでくる人も多く、普通に4カ国は理解できる人たちに驚いたものです。 
今私と交換勉強しているチェコ人の若者は、ほとんどアニメ、好きな歌手の歌などから日本語を習得してます。 もうびっくりするくらい上手で、今の若者の日本語が話せます。 
ちなみに、我が家の犬ブルートも、タイ語、英語、日本語、そしてチェコ語の4カ国理解できます。(笑)
Commented by nmariomama at 2007-01-27 03:25
☆ゆららさん
あはは、日本語に関しては、まあまあの線でいったかな、ってとこですがね、子育てにはいろいろ他にありますもんねえ^^;
まあ、何もかもうまくはいかないのが世の中の常ですので、こんなところでしょう^^
そうそう、私にとっても良かったですね。 無意識にそのことを勘定に入れてたかも^^;
架け橋になれるかどうか、、、まだまだ日本は遠い国です。
Commented by snowdog at 2007-01-27 03:30 x
家の中で3ヶ国語ですか 語学苦手な私には凄い!^^としか言えません。
きっとまりおままさんは
上手に息子さんにバイリンガル教育をされたのでしょうね。
ご両親が日本人で、家庭では日本語オンリーでも
通っている学校で全く日本語を使わないと
可愛らしくも面白い日本語を話す子供達になったりしますよね。
スペイン語を日本語に頭の中で瞬時に直訳して話すみたいな
(段々と直るのでしょうが)
「○○ちゃん、夫もってるの?」とか真面目な顔して小さい子に訊かれると
思わず笑顔になってしまいます。

bbwanさんのブルート君すご~い4カ国語だって!
衣紗はスペイン語と日本語だけよ^^;
Commented by nmariomama at 2007-01-27 03:33
☆bbwanさん
どうやら邪魔にならず、息子もここまで日本語で来たので良かったのかなあ、、、と。
まあ、話せても日本人としてのバックグラウンドは欠けてますので、その辺は心配です。
でも、何もかもここで要求するのは息子にとっても重荷になるでしょうから、後のことは彼の自主性に任せます。
チェコの若者もすごいですね。 日本語の国際放送が衛星放送のフリーでもっと入れば、日本語の普及には役立つのに、って思ってますが。
あはは、ブルートくんも天晴れです。
でも、うちのも3ヶ国語ならいけるかな^^
Commented by nmariomama at 2007-01-27 03:47
☆snowdogさん
うちの中だけで使う言葉は、やはり閉鎖的で続けるのは難しいですよね。
そうそう、それってあります。 スペイン語的表現をそのまま日本語に持ってきちゃうのね、わかります。 うちもそれはありましたよ。
「夫もってるの?」 は可愛いなあ、、、^^
ねえ、ブルートくん、すごいですよねえ。
うちは、3ヶ国語、、、負けたなあ^^;
でも、スペイン語だけですむんだから、楽ですよ、羨ましい、衣紗ちゃん^^
私が四苦八苦してまーす^^ゞ
Commented by kumako-93 at 2007-01-27 11:18
3ヶ国語、すごいですね。
息子さんも色々あったけど、結局はお母さんに感謝という感じでしょうか。
日本でもけっこうみなさん小さいうちから英会話教室に通わせているんですけど、英語に親しみは持ててもあれで話せるようになったりするのかしら・・・。
まあ、その前にうちの王子様には早く日本語を話してもらいたいんですけどね。
私も語学を勉強したいんですが、記憶力が怪しくて。
子供の吸収力って本当にうらやましいです。
Commented by nmariomama at 2007-01-27 17:01
☆kumako-93さん
子供には敵いませんねえ^^
王子様もきっと、日本語の後は世界を目指して頑張ってくれますよ♪
私はもうダメ。 最近は日本語が恋しくて、サイトで日本語版のドラマやら映画、漫画を捜しまくってます^^;
kumakoさんはまだ若い! これからでも充分いけますよ~^^> 


<< 春だ春だと浮かれていたら、、、      やっと雨! >>