「ほっ」と。キャンペーン
2007年 01月 18日

モロッコの食事のマナー

そう言えば、料理の話ばかりで、それをどうやって食べるかと言う話、していなかったように思います。
まあ、別にマナーなんてものではなく、モロッコ式食べ方、でしょうか。

一般的なこちらでの食べ方は、取り皿無し、右手で直接大皿から食べます。
この時、たいていはちぎったパンと一緒に食べます。

↓の写真は、先日の犠牲祭の時の写真ですが、気がつかれたでしょうか、これはもう食べる直前、後はパンを切って、みんなに分配するだけの状態。
テーブルの上に、ナイフもフォークも小皿もありません。
これが一般的なモロッコの家庭の食事時のテーブルの上です。
e0092286_1795493.jpg


そして、タジン(肉の煮込み料理)の場合、大皿の真ん中に、野菜などに隠れるようにして肉の塊が乗っています。
しかし、いきなり肉に突進してはいけません。
まず、周りの付け合せで一緒に煮込んである野菜などからチョボチョボと食べていきます。
で、まあ、いろいろな場合がありますが、家族で食べている場合、頃合を見計らって、その場の一番の長、つまり、普通なら父親がその肉の分配を行います。

年かさの順に配られるわけですが、男の年かさから女へと。
兄弟姉妹の場合は男兄弟から姉妹、という、食事でも男上位が明らか。

又、細かいことを言えば、稼いでいる場合のほうが上で、兄妹でも、兄が失業、妹が職アリで家にもお金を入れていると言う場合は妹のほうが上になり、肉もたくさんもらえたり、、、
しかし、この場合も長男は別格。 長男はいつ何時でも大切にされるようです。

後は、大家族制で男兄弟の妻子も一緒の場合、肉はその男兄弟に分けられた後、自分の妻子に分けます。
つまり、私の場合は夫に分けられた肉を夫からもらうわけ。

右手でというのは、イスラム教では左手は不浄とされているからで、左ギッチョの人も食べる時は右手で食べています。
ただし、他の食べ物のでフォーク、スプーンを使って食べる時は、左手で食べても構わないようですね。
直接手で食べる時だけこだわるようです。

初め、手で食べるというのは何となく抵抗がありました。
何となく、つまみ食いをしてるみたいで落ち着かないんですね。
パンと一緒に食べると言うのも、これも案外に難しく、中々うまく食べれません。
パンにたくさんつけて食べようとして、最初の頃はよくボロボロこぼしたものです。

今は慣れてしまいましたし、トリや、魚は結構手のほうが食べ易かったりして、、、
日本に帰った時に、汗、、、という場面も^^;

まあ、こういうマナーも今は段々変わりつつあるみたいで、取り皿にナイフとフォークが出される家庭も出てきているし、、、我が家では常にフォークは置いてあります。
一時、息子が日本のお箸に凝って、何でもお箸で食べた時期もあったなあ、、、あ、これは余談ですが^^;

でも、大勢で大皿を囲み、腕を伸ばして食べるというのはやはりその中で一緒に生活させてもらえてるなあ、という実感の証のようなものでしょうか。
この食事の仕方に慣れた時、初めてモロッコ人に親しみの意識が持てた、、、といってもいいような。
食の文化に入り込むって、中々大変だけど興味が尽きないということも確かのようです^^

e0092286_17441998.gif
ボクは手では食べないもんねえ^^
e0092286_17373780.jpg

[PR]

by nmariomama | 2007-01-18 17:49 | ひとくちモロッコ | Trackback | Comments(30)
トラックバックURL : http://petitmario.exblog.jp/tb/4953380
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by elderman at 2007-01-18 19:37
手で食べるというのは、なかなか楽しいものです。食欲のないときもなんだか食が進みます。^^
肉の食べ方、これは知りませんでした。そう言えば、イランでも肉のかたまりはご主人が切り分けていました。先に手を出さなくてよかった。ホッ ^^
Commented by sakurada noko at 2007-01-18 19:55 x
こんばんは~今日は、日中暖かでした。
>大勢で大皿を囲み・・・
昔の日本もそうでしたよね。
我家は、肉じゃがや煮物は、大皿に盛ります。
で・・・「あ~おとん食べすぎ~!もう食べたらいけません」っと私が注意します^^;
モロッコでやったら大変なことになりますね(笑)
Commented by tablemei2 at 2007-01-18 23:35
慣れないと大変だったでしょうね、手で食べるの!!
丸テーブルでみんなのお顔を見ながら食べるのですよね。
我が家みたいにTVの方見なくていいんだ^^
ちょっとうらやましい気がします。お箸も手も。。。ハートで慣れるってことでしょうね♪
Commented by nmariomama at 2007-01-19 05:13
☆eldermanさん
手で食べるのは楽しい。 そう、その通りですね。
垣根を取っ払って食べてるような気分になるような・・・^^???
これが他のイスラム国でもそうかどうかはわかりませんが、イランでもそんな雰囲気ありそうですね。
食事の仕方も各国風習を持っていたりして、うっかり、ってことありますよね。
初めはキョロキョロ周りを見ながら食べてたりして^^;
Commented by nmariomama at 2007-01-19 05:15
☆sakuradaさん
鍋とかもみんなで突っついてですから、そんな雰囲気を想像してくださればいいかな^^
あはは、おとんさんはモロッコに来たら、太ってしょうがないかあ・・・^^ゞ
Commented by nmariomama at 2007-01-19 05:22
☆tablemei2さん
一体どんな生活なんだ!って理解に苦しんでいらっしゃるでしょうねえ、みなさん^^;
いや、やっぱり家族だけでも大勢だとTVなんかついてて、ちょっと見えない!なんて文句言いながら食べたりしてますよ^^ゞ
まあ、(怖ろしいことに、)慣れてしまえば何でもなくなる、ってこともたくさんあるし、心開けば理解できることもあるし、、、でしょうか^^
Commented by snowdog at 2007-01-19 07:10 x
あら~、私は いきなりお肉に突進タイプなので
知らないとマナー違反で白い目で見られるところでしたね^^;
こちらで手で食べるのはタコスくらい。

>日本に帰った時に、汗、、、という場面も

いや~、分ります。つい習慣というのが出ちゃうものだし
日本は進化が早くて いつも浦島太郎子状態で
まごついてしまいます。
どっから見ても日本人だから回りの人に変な目で見られちゃうのが
恥ずかしかったりする^^;
Commented by arc1017 at 2007-01-19 07:43
クスクスなんかは、手で食べるの、難しそうですね。
うまいこと掴めなさそうですし^^;。
私もオーストラリアに来たばかりの時も、日本との食べ方に最初驚きました。こっちの人もね、手で食べる人、たまにいるんですよ。特にチャイニーズレストランとか行くと、春巻きとか手で食べるんです。熱い時でも・・・。
私も今度、オージーテーブルマナーなんか書いてみようかな。
って、モロッコほど興味深いことはありませんけどねぇ・・・^^;。
Commented by elderman at 2007-01-19 08:55
nmariomamaさん、イランという国はちょっと他のイスラム教の国とは違っています。
からり欧米化しているということです。25年前までは米国と大変仲が良かったということが原因かも知れません。
食事では、手で食べるということはまずないでしょう。お弁当でもちゃんとスプーンとフォークがついてきます。プラスティックですけどね。
私の手で食事をするという経験は、パキスタンとマレイシアでした。^^
Commented by わんぱくラム at 2007-01-19 09:56 x
確かに手で食べるってなれないと大変でしょうね。
でも私なんて料理つくりながらつまみ食いはしてますがまた感覚が違うよね。
大皿を真ん中に置いて食べるって食卓はこちらでも昔は丸い円卓で食べてた時の思い出はありますよ。大勢で食べる食事って美味しいよね。
食事を配る事についても昔の日本も男上位でしたね今では全然お構いなしです。我家なんて女性上位・・・?なんてね!!
Commented by のっこ at 2007-01-19 11:22 x
やはり異国の習慣は興味深いものがありますね!
あの右手だけで食べるのってほんとに難しそうですよね。
一度経験してみたいものですが。
まりお君のアップ、可愛い☆
毛、艶っつやですね!
HPのアドレスが変わりました☆
お暇なときにいらしてくださいね~☆
Commented by ルビー at 2007-01-19 15:13 x
そぉーなんだぁー♪ いきなり肉に行ってはいけないのね←一番好きな物から食べるタイプの私はたぶん肉から手を出してしまいそう 。いい事を教えてもらったわ^^♪ そーいうのが決まりなのに いきなり がっつり肉にいったら「なんてやつ・・」と顰蹙をかってしまうもの。
まわりの人達に合わせるって大切なことだもんね♪^^
私も まず まわりを見てから マナー違反にならないように気をつけよう♪^^と反省
Commented by guraseri at 2007-01-19 15:14 x
食事マナーもお国によって違いますね。
日本人にとって手で食事をするなんて出来ませんね。
日本では手で食べるなんておにぎりや、にぎり寿司ぐらいですよね。
私も一度モロッコ料理を手で食べる挑戦をしてみたいような気がしますが・・・とても難しいことでしょうね。
Commented by kazinvic at 2007-01-19 16:20
手で食べるのって、慣れるまでは、難しいでしょうね。
熱いものは、どうするのですか? やけどなんて、しないのかな。
スープは、パンに浸して、ですか? って、うちがそうなんですけど。
前にどこかで聞いたんですが、手で食べる国の人たちは、まず目で見て楽しみ、鼻で香りを楽しみ、手で手触りを楽しみ、舌で味を楽しむ、って。
一つの食べ物を、4回楽しむことができるので、ナイフ・フォーク・お箸などを使う人よりも、はるかに食事を楽しむことができるんだそうですよ。
Commented by nmariomama at 2007-01-19 16:51
☆snowdogさん
こちらにいる時は意識しなくても、日本に帰ると結構こちらの習慣がもうしっかり身についていたりして、自分でもびっくりすることが多々あります^^;
ほんと、浦島太郎子ですよねえ。。。><
で、こちらに帰って来て又日本との違いを改めて感じさせられて、そのギャップの大きさにグッタリしたり、、、その繰り返しです^^ゞ
Commented by nmariomama at 2007-01-19 16:55
☆arc1017さん
そう、クスクス、あれはちょっと技術があります。
でね、結構みんなスプーンで食べてます。熱いしね、手のひらでうまく丸めて食べるんですが、難しいですよ。 うちのダンナはできない^^ゞ
私も数回試しただけで、後はずーっとスプーンで食べてます^^
そちらの食事マナーで、何かおもしろそうなことがあったら知りたいですね。
よろしく^^>
Commented by nmariomama at 2007-01-19 17:02
☆eldermanさん
あ、そうなのですか。 わざわざお知らせいただいてすみません。
なるほど、曰くつきの25年前の米国寄りの時代ですね。
お話のほうは、パキスタン、マレーシアでしたか。それだと何となく想像できるような気がします^^
Commented by nmariomama at 2007-01-19 17:06
☆わんぱくラムさん
そうそう、最初はそのつまみ食い感覚からどうしても抜け出せなくて、なんか中腰で食べてる感じだったですねえ。。。
男性上位の昔の日本もそうでしたから、こちらでも少しずつ変わるかもしれませんが、伝統的食べ物に関しては残って行くような気がします。
何にしても大勢で食べるのって、たのしいですね^^
Commented by nmariomama at 2007-01-19 17:13
☆のっこさん
あ、アドレス変更のおしらせありがとうございます。了解です。 
あれから又ご無沙汰してしまって、ごめんなさい・・・必ず伺いますね^^>
食の文化っておもしろいですね。 
生活との密着性から言っても興味深いものがたくさんあります。
まりお、カメラ近付けたら、何だよー、って感じでした^^;
Commented by nmariomama at 2007-01-19 17:18
☆ルビーさん
普通は野菜などで肉は隠れてるので、先に野菜を食べてから、ってことにもなりますねえ、、、肉ばっかりはダメよ!ってことね^^
そうなんですよねえ。外国に行って、ありゃ、これどうやって食べるんだろう、何て時も、まず周りをキョロキョロですねえ。
で、恐る恐る食べ始めるって感じでしょうか^^ゞ
Commented by nmariomama at 2007-01-19 17:21
☆guraseriさん
チュニジアでも同じだと思いますが、でも、観光で行くようなホテル、レストランではモロッコでもちゃんと取り皿とナイフ、フォークが出ますから、手で食べるというのは中々経験できないでしょうね。
実際、感覚的に言って、初めは難しいものです。
これも慣れですね^^;
Commented by nmariomama at 2007-01-19 17:31
☆kazinvicさん
そうそう、それなんです。
私、猫舌なんで、よくあちち、って舌ヤケドするのですよね。
でも、手で食べるとそんなことは絶対起きません。
だって、手で触れないような熱いもの、口には入れませんもの^^
手で触れるくらいに冷めてからゆっくり食べればいいということで、こんなことと思われるかもしれないけれど、私には非常に新しい発見だったんですよ。
スープは陶器ですが、おわんのような形のもので飲みますので、これも基本的にはスプーンナシです。 でも、具沢山の場合は飲みにくいのでスプーンの場合もあるし、いずれにしても具は小さく切りますので、そのままで飲んでしまう人も、、、これも結構難しい、、、サバイバルの域かも^^;
なるほどね、、、4回楽しめる。 これは良いことを教えてくださったわ。
五感の成せる技ですね。 これぞ食事の楽しみ方なのかもしれませんね^^
Commented by mitsuko_beauty at 2007-01-20 11:37
国によって食べ方もいろいろですね 日本は最初から箸 スプーン だったでしょ 手つかみするとバシット叩かれて 手で食べる国は躾はどうしてるのでしょうね ナイフ フォークを使うとビシット叩かれる??
ニュースで人種差別と問題になってました インド人は手で食事する汚いと
テレビの中で、ののしったことで、抗議デモを起こしたそうです
日本人でも生の魚を食べると嫌われたが今は外人さんが 寿司 天ぷぅら~なんてブームになってるもんね おかしなもんだね

Commented by nmariomama at 2007-01-20 17:04 x
☆mitsuko_beautyさん
あはは、まさか、フォーク、スプーンを使ったからといって、バシッ!はないし、そういう意味では食事に関しては鷹揚なのかもしれませんね。
食べると言うことに関しての価値観の違いともいえるかなあ。
形を重んじるか、食べること自体を重んじるか、、、、
そのニュースの件は、一般論で言ったならば当然問題になるでしょうね。
ほんと、価値観なんてコロッと変わっちゃう場合もあるので、その内に手で食べたほうが美味しい、なんて流行るかも^^ゞ
Commented by アンジン at 2007-01-20 21:50 x
手で食べるのは、シンガポールに駐在していたとき、マレー人が
そうやって食べるのをみました。マレー人の運転手の娘の結婚式に
招かれていったとき、手で食べなきゃいけないのかとドキドキしていたら
日本人のところには、ナイフとフォークを持ってきてくれました。
ママさんはすっかりモロッコ人になってますねえ。感心!
何でもその家の長から・・・年長者から・・という順番は、
私が小さい頃の実家でもそうでした。
Commented by lagoon at 2007-01-20 22:34 x
海外に住んで先ず大変なのが食文化と言いますけど、例に違わずモロッコでもそうなのですね。
男性優位なのは何となく分かりますが、稼ぎでの優位性もあるといのはなかなか面白いですね^^ それでも長男だけは別格というのは、長男にとってはかなりのプレッシャーですね^^;
Commented by nmariomama at 2007-01-21 05:55
☆アンジンさん
シンガポールも中国系とマレー系がありますものね。
まあねえ、慣れの問題もありますが、ど真ん中に放り込まれたら、見よう見まねで泳ぎ出さないと、溺れちゃいますものね^^;
そう、昔は日本でもそうでしたよね。
でも、もう若い人たちの世代では通じないでしょうねえ。。。
Commented by nmariomama at 2007-01-21 06:03
☆lagoonさん
食文化は味と様式がありますが、まあ、味が受け入れられれば何とかなるものです。
食べれなかったら悲劇ですものね^^;
日本でも、北と南、関東と関西でさえ出身が違うと食文化が違いますものね。
こちらでは、長男は長男だというだけで、大事にされ期待されますので、真面目な人ほどプレッシャーは大きいようです。
まあ、長男でもいろいろなタイプの人がいますが、見ていると、やっぱり大変だなあと思わされることがしばしばですね^^ゞ
Commented by bbwan at 2007-01-23 14:37 x
この記事興味深く読みました。 シンガポールにいたころ、インド人の友達と一緒にインド料理屋によくいきましたが、不思議と他の人同様手で食べるほうが、スピーン&フォークで食べるより味がおいしかったです。 でもきれいに食べられない私は、手も大してよごさない、お皿もきれいなままな友人の食べ方をよくウォチングしてました。
  この写真のマリオくん、目がきらきらしていて王子様顔ですね。
Commented by nmariomama at 2007-01-23 17:31
☆bbwanさん
そう、私も手で食べるのは美味しいと思います^^
まあ、もちろん物によりけりですが、、、
体験されているのですね^^
手で綺麗に食べるって結構難しいのですよね。
私も最初はボロボロこぼしたり、たくさん食べれなかったりしたりしました。
こちらでは、手で食べること、自前のフォークあるからねえ♪(フォークなんて必要ない)って冗談でよく言います^^
王子様顔ですか、ありがとう^^ でも、そろそろ又切らなくちゃナぁ、、、
一仕事です^^;


<< 朝焼け雲の西空      春の気配 その2 >>