2006年 11月 04日

引き続きマラケッシュ

モロッコはずっと王朝が続いている国ですが、今日は16世紀のサアディアン朝という王朝の時代の王族の廟の部屋、内部の装飾の写真です。
しっくいと天井の繊細な彫刻細工が見事です。 壁はタイルのモザイクです。

e0092286_0485995.jpg


天井です。
e0092286_0501445.jpg

e0092286_051657.jpg


部屋の入り口などに見られる装飾アラビア文字。
偶像禁止のイスラム教では、絵画が発達しなかった代わりに、このような文字による装飾が、
多数見られます。
e0092286_0551899.jpg


**** おまけ ****

モロッコ各地、どこにでもいる猫^^/
e0092286_0565135.jpg


この時代は、モロッコの南から発掘された金が、この王朝に富をもたらしたと言われています。
次回は、この時代に一番栄えた王の宮殿跡の写真をUPし、マラケッシュの締めくくりにしたいと思います。
[PR]

by nmariomama | 2006-11-04 01:06 | 自然・花・風景 | Trackback | Comments(16)
トラックバックURL : http://petitmario.exblog.jp/tb/4481846
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ikunak at 2006-11-04 04:33 x
すごい数の猫ちゃんたちですね。全部、野良猫なの?それとも?今日はこれから登山家の野口健さん達と富士山麓の清掃活動に行って来ます。富士山が世界遺産になっていないことが残念ですからね。
7月にも行ったのですが、その時は暑くて大変でしたが、今度は寒そうです。
Commented by bbwan at 2006-11-04 06:12 x
16世紀というと、こちらではルネッサンスからバロック建築へと変化が見られる頃です。 きれいですね〜。 このようなアラビア文字は王宮など以外に、一般家庭の入り口などにも見られるのでしょうか?
Commented by nmariomama at 2006-11-04 06:19
☆ikunakさん
全部ここの場所に住み着いている半ノラさんですね。ご飯は確保してもらってる幸せな猫ちゃんたちです。実際はもっと数いると思いますよ^^ゞ
富士山の清掃! お疲れ様です。 どうしてゴミを捨てるんでしょうねえ。
山麓辺りでも、もうかなり寒いでしょうね。
寒いの苦手でしょう。風引かないようにね^^>
Commented by nmariomama at 2006-11-04 06:36
☆bbwanさん
色づかいが綺麗なんですよね。 
日本人の私たちにも割りにスンナリ入ってくる感じがします。
一般の家庭ではあまり見ませんねえ。
一般の家庭でよく見られるのは、コーランの一節などを装飾文字にして額に入れて部屋に飾ってあるのが多いですね。錦糸でアラビア文字を刺繍などしたものとか。画自体あまり飾りませんので、こんなのが部屋でのインテリアになったりしてるようです。
スペインまで行っていたイスラム勢力が15世紀で滅びますので、それ以降のヨーロッパの歴史はヨーロッパ独自のものが出来上がっていくのでしょうね。 それがちょうど、ルネッサンス、そしてバロックへと・・・
おもしろいですね、歴史って。
Commented by kakeru922 at 2006-11-04 11:49
今は全然勉強してないので忘れてしまいましたが
アラビア語を少々書けましたよ、簡単なモノだけですが
アレは実に面白かったです
アノ楽しさを共有できる者が居ればまた勉強し直したいんですが、一人でやっても日本で使うには皆無なのであまり筆が進みません
イラッレカー
Commented by arc1017 at 2006-11-04 14:52
おおっ!マラケッシュに行かれたんですか?
下の屋台、ええアングルから撮ってますねぇ。
アラビア語、タイ語よりは覚えやすいように思いましたけど、書き・読みは絶対にあかんな、とつくづく思います。うちのダンナは、アラビア文字は右から左へ書くんではないか、とかいろいろ想像してましたけどねぇ。
Commented by nmariomama at 2006-11-04 18:37
☆kakeru922さん
私もこちらに来る前に、少し勉強しました。
今でも自分の名前くらいは書けますが・・・使った試しがなくて^^;
もう大昔ですが、NHKの文化センターで、本田孝一先生という方のアラビア語講座に少しの間出ましたが、、、、この先生はアラビア語の書道のほうで有名な先生です。 シリアなんかにも良く行かれた先生なので、kakeru さんのシリア人の先生もご存知かも?クラスにはアラビア語をグラフィックとして興味を持っている人もいましたよ。
本当に、アラビア語は綺麗な書体ですよね。段々見慣れてきたら、その美しさに惹かれてしまいました。
あはは、誰か仲間を募ってみては? 私の今使っているパソコンのキーボードはアラビア語も使えますが、日本向けには使えないでしょうね^^;
マア サラーマ、 イラッレカー ^^
Commented by nmariomama at 2006-11-04 18:42
☆arc1017さん
おー、うるわしさん、お帰りなさい^^/ いかがですか?
いえね^^ゞ 私じゃないんです。息子なんですよ、マラケッシュに行ったの^^;
言いませんでしたっけ? うるわしさんたちがいらしたあの翌週くらいかな。
だから、写真は息子が撮ったものです。今頃になってUPしてます^^;
ダンナさまの推測、凄い! そうなんです、アラビア語は右から左です。
見慣れてくると大変綺麗です。グラフィック関係の方で、アラビア語に関心がある方もいらっしゃいますよ^^>
Commented by bahasa at 2006-11-04 23:05
アラビア文字って絵画のようになっているんですね。
王族の部屋というのは、こうやって公開されているんですか?
これは見てるだけで楽しそうですね。
息子さん、ちゃんとポイントを押さえて撮ってますね。
うまい!
猫ちゃんたち、ノラにしては毛がきれいですね。
Commented by nmariomama at 2006-11-04 23:57
☆bahasaさん
きちんとアラビア書道というのもあるし、こういう風に装飾体もあるし、
アラビア語は中々奥が深いです。
ここは王族の廟なんですよ。 公開されています。
前国王の廟がラバトにありますが、これも一般公開されています。
あはは、ありがとうございます、息子に申し伝えます^^
ご飯もらってるノラちゃんですから、毛並みも良かったりして。。。
Commented at 2006-11-05 07:23 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kazinvic at 2006-11-05 14:58
タイルのモザイクもきれいだし、天井の装飾も素敵ですね。
へぇ、これが文字なんですか? ほんと、絵に見えますよね。
アラビア文字やタイ文字は、絵のようで、とても文字には見えないんですが、日本語初心者の生徒達が、ひらがなや漢字を、絵のようだと言うのと同じですよね。
ちゃんと勉強すれば、ある日、これが文字に見えるようになるんでしょうね。
Commented by nmariomama at 2006-11-05 17:27
☆鍵コメさん
そう、保存状態がいいのがまずびっくりします。
これは雨が少なく、乾燥しているからで、変色もあまりしないのでしょう。
日本のように湿気でカビの心配もないし。
モザイクのタイルがもっと大写しだと良かったですね。
又機会があればご紹介しましょう^^
Commented by nmariomama at 2006-11-05 17:35
☆kazinvicさん
あはは、アラビア文字は私も初めはミミズが這った後にしか見えませんでした^^;
でも、ちょっと勉強すれば、この文字が大変美しい、芸術性を持った書体だということに気がつきます。
この魅力にとりつかれて、グラフィックに取り入れて勉強している方もいらっしゃいます。
日本語も、ほんとにそうなでしょうねえ、、、
文字って不思議ですね^^>
Commented by tablemei2 at 2006-11-05 21:11
天井の装飾もすごい文化が残されてるみたいです^^
壁がタイルなんて思えませんが、タイルが綿密に計算されて作られている精巧さがすべてを物語ってるようにも思えました。
素敵なレポをありがとう〜^−^
Commented by nmariomama at 2006-11-06 00:20
☆tablemei2さん
壁のタイルのモザイクは、下絵なしに職人が頭の中でイメージを描きながら作っていくそうです^^
精密な天井画も、いつも見るたびに感心させられます^^
又機会があったらいろいろご紹介しますね^^>


<< バディ宮殿      ジャマ・エル・フナ広場 >>