続・まりおの部屋

petitmario.exblog.jp
ブログトップ
2006年 08月 26日

静かなる(まりお無しの)散歩

一ヶ月に一度くらい、シェッラの墓地跡という所に行きます。
ここは犬は禁止なので、まりお無しの散歩。
一応ラバトの名所旧跡なのですが、観光客も少なく、静かなので私のお気に入りの場所。
又、ここは、たくさんの猫たちが住み着いている場所でもあるので、猫写真もついでに撮ります。
(その様子は、別館『モロッコで猫三昧』 でどうぞ。)

カラカラの大地ですが、そんな中でも昼顔がたくさん咲いていました。
e0092286_06107.jpg


ナツメヤシの実が生り始めているのを見つけました。
ただし、残念、これは食べられない種類だそう^^ゞ
e0092286_075982.jpg


中央のモスクの塔のてっぺんにコウノトリの巣があります。
でも、空っぽ。そろそろ、彼らも南に下がる時期。もう、旅立ってしまったみたいですね。
e0092286_0104267.jpg


と思いきや、まだ残っている人、いや違った、コウノトリさんもいました。
屋根の上、わかりますかな?
この丸い屋根の建物は、マラブーと呼ばれるモロッコ聖者がまつられている建物です。
e0092286_01389.jpg


それから、ここにも。 このコウノトリさんは、まだ若そう。
まだ旅立ちの準備ができていないのか、何だか頼りなげに一羽、巣に残っていました。
e0092286_0145056.jpg

[PR]

by nmariomama | 2006-08-26 00:17 | 自然・花・風景 | Trackback | Comments(16)
トラックバックURL : http://petitmario.exblog.jp/tb/4048971
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by au-kiki-haru-wan at 2006-08-26 00:42
なんて綺麗な藍なのでしょう。グレデーションのように咲いているのがまた、ステキ!
野生のコウノトリが居るんですね。
こちらでは、一定の場所で保護管理されいるのにー 羨ましいです^^
趣味の散策は、満喫されましたか?
Commented by nmariomama at 2006-08-26 01:38
我が家の頭上をコウノトリの群れが夕方通過します。
でも、落し物のありますので要注意!なんですよ^^;
「趣味の散策」、あー、この言葉、いいですね。
今度使わせていただこう。
たくさん歩く時はまりおがいたほうが歩けるんですが、写真を撮りながらという時は「趣味の散策」のほうがいいですね^^
はい、おかげさまで満喫いたしました^^>
Commented by tablemei2 at 2006-08-26 07:52
ブルーの大好きなんです。お花もお空も・・・・きれ〜い☆
実際にその場を歩いてみたいです〜♪
下のコウノトリさんは巣の中がなごり惜しいのでしょうね。。。
もうすぐ飛び立てるのかな?頑張って巣立ってほしいです^−^
Commented by aranofrion at 2006-08-26 08:11
おはよう!久し振りのモスク嬉しいです、
モロッコの代表のような、モスク大好き!
昼顔、こんなにアサガオの様な色があるのですね、
ピンクの昼顔しか?見た事がないので、不思議です、
一面のブルー自分の目で見ると、美しいでしょうね。
Commented by メルママ at 2006-08-26 12:56 x
こんにちは♪ お仕事中にちょっと見てましゅf^_^;
まりお君はお留守番だったのね 皆とお散歩出来なくて寂しかったね!

ままさんのとこでは、コウノトリさんが良く登場してくれるでしょう? 岡山でも飛来する所があるんですよ(^O^)
私は鳥さんは苦手なので見に行けないけど。。。
Commented by nmariomama at 2006-08-26 16:00
☆tablemei2さん
この日はちょっと暑かったけど、空も綺麗に晴れて、気持ち良かったです。
特に午前中の早い時間は人気も少なく私のお気に入りなんですよ。
コウノトリ、中にはここって越冬してしまうのもいるらしいのですが、大半はもっと南に飛び立ってしまい、冬はガラーンとしちゃいます。
多分まだ若いので飛行準備に時間がかかっているんでしょうね。
無事に旅立ってほしいですね^^
Commented by nmariomama at 2006-08-26 16:02
☆アランママさん
モロッコのモスクはどっしりした形で安心感があるような気がします^^
ピンクのもあるのよ。 でも、この色のほうが多いみたい。
自生しているかのようにいっぱい咲いているのを見かけます。
カラカラの中、よくぞ咲いた!って感じよ^^
Commented by nmariomama at 2006-08-26 16:08
☆メルママさん
お仕事なのね、今日も。もう、終わったかな?お疲れ様^^>
どこにでも連れていくまりおだけど、そうも行かなくて。。。仕方ないわね^^ゞ
日本でも山陽地方のあたりで人口飼育してるのかな。
鳥さん苦手でも、遠めなら平気?
コウノトリは大きいものねえ^^、、、
残暑厳しいみたいだけど、体調気をつけてね。メルくんによろしく♪
Commented by lagoon at 2006-08-26 17:34 x
観光名所なのに人が少ないなんて、ゆっくり出来そうなところですね。僕は遺跡とか好きなので、こういうところだったら一日中でもいられるかも^^
そう言えば、初めてコウノトリを見たときはビックリしました。あんなに大きなトリだったとは^^; 巣に留まってるコウノトリは気になりますね。ちゃんと皆と一緒に飛んで行けるかな。。。
Commented by nmariomama at 2006-08-26 18:25
☆lagoonさん
時々団体の観光客が来ますが、中は広いし、そんなに長居をしないで行ってしまうので気になりません^^ 私も時間が許せば、一日でもいちゃうほうですね♪
大きいですよ、コウノトリ。 まじかで見られる機会はあまりありませんが、たまに我が家の屋上にいる時、低空飛行としたりすると、バサッバサッと羽音がすごいんです。 圧倒されます^^
まだ寒くなるまでには時間があるので、この若コウノトリさんもしっかり準備してから飛び立ってくれるといいですね。
Commented by kazinvic at 2006-08-26 20:27
とっても涼しそうな色の昼顔ですね。パッと明るくなるでしょ!
野生のコウノトリ、見てみたいです。
野生のペリカンが群れで頭上を飛んでいくのも、すご~いと思いますが、
低空飛行はしてくれないので、羽音は聞こえないし。
コウノトリって、ペリカンより大きいのでしょうね。
Commented by mwakao at 2006-08-26 22:06
ホントにコウノトリさんが、、、、、
巣の中には、子供がいるのかしら・・・
コウノトリと言えば、皇太子の言葉が思い出されます。
アレから、雅子様は辛い日々の連続なのでしょうね。
籠の鳥のように思えます。もっと、自由に好きなことをさせてあげたいと思うのは私だけではないと思います。
・・・・・・・違う話になってしまってゴメンネ。
Commented by bunga3 at 2006-08-26 23:50
あ、この紫色の花、昼顔だったの?
あちこちで見かけて、名前は何?って思ってました。
モスクのてっぺんに巣をつくるコウノトリは、場所選びがすごい
ですね。(笑)
モスクから許可されているんですね?
ところで、猫三昧・・・見せていただきましたが、あんなに
いっぱい猫のいるとこって恐くないですか?
いっぱい集まってくるとちょっと恐いような?
Commented by nmariomama at 2006-08-27 00:27
☆kazinvicさん
周囲が枯れ草の中、しっかり咲いてました。
ペリカンが飛んでるところ、見てみたい^^
うーん、コウノトリのほうが大きいでしょうねえ。
アシも長いし、何と言っても羽が大きいわ。飛んでる姿は雄大です。
Commented by nmariomama at 2006-08-27 00:33
☆mwakaoさん
子育てはもう終わっているのよ。
春に生まれて、この時期までには飛び立てるまでに成長するの^^
いえいえ、一枚の写真から、その方なりのストーリーを感じていただければ本望よ^^
雅子さまは、今オランダとか、NHKのニュースで見ましたが。
皇室使節団、海外部門のトップの役とかやっていただくとか、何とかならないものかしらね。何て私も思います。。。。
Commented by nmariomama at 2006-08-27 00:39
☆bunga3さん
昼顔のようです。
内陸のもっと乾燥した地方でも、咲いているのを見ますから、結構強い花なんだなあ、と。 海岸沿いに自生してたりも。
あ、このモスクは古くてすでに廃墟なんです。
高さと言い、幅と言い、巣に最適みたい、妙に合ってません?
あはは、見ていただけました?猫のほうも。
猫大好き人間にはタマラナイ場所です。
苦手な方が見たらびっくり!でしょうね。そう、怖いかも?


<< 昨日の散策の続きです♪      又咲き始めましたが。。。 >>