続・まりおの部屋

petitmario.exblog.jp
ブログトップ
2006年 07月 18日

インシャラー & ビスミラー

さて、昨日予告致しましたとおりのタイトルです。
もう一つくっついていますが、これはワンセットみたいなものなので、一緒にご紹介してしまいましょう。

では、まず、インシャラー。

この言葉は皆さんもどこかで耳になさったりしているんではないでしょうか。
直訳すると、『アラーの神がお望みならば』、ということになります。

つまり、完全に宗教的な言葉ですが、もう、本当に日常的に使われます。

で、どういう時に使われるかというと、大雑把に言って、約束を含む未来系の会話の最後には、すべて付け加えられます。

「明日会えますか?」 「はい、会えますよ、インシャラー。」

というのが一番良い例でしょうか。

おいおい、それじゃ、アラーの神が望まなければ会えないのかい、といいうことになりますが、早い話、そうなんですよね。
不都合で会えなくなっても、それは神がそうしたことだから・・・となるわけです。

これをビジネスの世界でやられると、本当に疲れる、とは良く言われること。
律儀にインシャラーの言葉通りに考えていた日には、アポイントを取ったって、オチオチしてられません。
ましてや、契約書にサインとなると、ヒヤヒヤしてしまいます。

タクシーに乗っても行き先を告げると、まずインシャラー、なんですよ。
神が望まなければ、ちゃんと目的地に着けないかも知れず、なんて考えてしまいますよね。

一見言い訳のように聞こえる言葉ですが、すべて、アラーの神が中心に動いている世界ですから、仕方ありません。
アラーの神の日常生活の浸透率は大変高いものですから。

でも、乗り気でない誘いに、まあ、行ければ行きますが、行けなかったら、すみません。というような、ニュアンスを含めたい場合には、大変便利です。
ゴチャゴチャと言い訳するより、最後ににっこり笑って、ありがとう、インシャラーとくっつけておけば、事前に事は解決する、という具合です。

さて、これに平行して頻繁に使われるのが、ビスミラー、という言葉です。

これは、直訳すると、「アラーの神のご加護のもとで」 となります。

この言葉はちょっと、安心ですね。
これは、何かが成される時、つまり、行動を起こす時に必ず用いられる言葉です。

ビジネスの世界だと、契約書にサインをする時、この言葉をぶつぶつと口にした後、おもむろにサインがなされます。
タクシーの例で言えば、行き先を告げ、インシャラーの後に、車を発車させる時に使われます。

それから、食事の前、日本語のいただきます、に当たるのもこの言葉。
物を受け取る時も同じです。

日本も知らぬ間に、日常の中で仏教の教えの言葉を使っていたりしますが、こちらではもっと意識下に置いて、アラーの神が言葉の端々に出没する、というお話でした。

e0092286_025536.gif


☆しつこく簡単ケーキです。

先週、乾燥プラムの実を紅茶で煮て柔らかくし、ケーキの生地に混ぜて見ました。
煮汁の紅茶も一緒に使ったら、味の良いプラム入りケーキが出来上がりました♪
e0092286_09288.jpg

[PR]

by nmariomama | 2006-07-18 00:16 | ひとくちモロッコ | Trackback | Comments(21)
トラックバックURL : http://petitmario.exblog.jp/tb/3831570
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ヒロ at 2006-07-18 00:27 x
ウチの近所に「いんしゃらあ」という名前の居酒屋サンがあります。
前々からどんな意味なのかしら??と思っていたので、ひとつナゾが
解けました♪ ありがとうございま~す^-^
Commented by nmariomama at 2006-07-18 06:08
☆ヒロさん
え、居酒屋さんで、しかも、ひらがなで!
へー、洒落た居酒屋さんですね。
ヒロさん、いらしたことは? 胸張って、いらっしゃれますね!^^???
Commented by pvyuyu at 2006-07-18 07:51 x
宗教の教えは基本的にどこの国も同じ意味合いがあるんですね。
なるほど、日本にも仏教の教えの中には当て嵌まりますものね。

大変分かり易い説明に、アラーの神を敬う気にもなりますー^^;)ゞ

ビジネスにはあまり使いたくない言葉ですが、「まりおママさん、明日お会いできますか?」もちろん「インシャラー」ですよね^^

まりお君、ウィンダちゃん、猫ちゃん達にビスミラーでありますように^^♪
って如何かな・・・、ヽ`(~д~*)、ヽ`乗っちゃいましたぁ~

乾燥プラムケーキ、ヘルシーなケーキですね!


Commented by cafesuzie at 2006-07-18 09:38
インシャラーは聞いたことありますが、ビスミラーは初めて知りました。
日本人から見るとええっと思えることも、こういう背景を知るとよく理解できます。これからもいろいろ教えてください。

プラムケーキ、プルーンではできないかしら?レシピの公開希望^^。
Commented by アラン at 2006-07-18 11:23 x
挨拶なのよね、オハヨウ!コンニチワの様な物?
宗教って!日本に、居たら、感じないけど、
大事な言葉なんですね、
お腹が、空いたよ、もう!ペコペコ、
朝が早い食事なので、この時間は、お昼よ、
出かけていましたので、熱いコーヒーに、ケーキ
今、頂きたいです。
Commented by nmariomama at 2006-07-18 16:22
☆yuyuさん
日本でも何気なく使ってる言葉でも、仏教の言葉がありますものね。
それと同じなんですね。
こちらの日常語の中にもよーく聞いてみると、頻繁に言葉の中にアラーの神が出てくるんですよ。子供なんか、知らないで使ってたりするんでしょうね。
私なんかもそのクチで、アラーの名が隠れている言葉がまだまだありそう^^
そうそう、乗ってみてくださいね~♪
悠々さんや、J_J君、キリちゃんの一日が、今日もビスミラーでありますように。
プラムケーキ、結構いけますよ。
カリフォルニアプルーンなら、更に美味しさ倍増間違いなしでしょうね^^
Commented by nmariomama at 2006-07-18 16:34
☆cafesuzieさん
言葉にはその国の宗教も含めた日常がしみ込んでいるので、ちょっと調べると面白いですよね。
案外に深い意味があったりして、簡単に使えなくなったりすることもありそう。
ビスミラーは日本では知られてないでしょう。
何か始める時に、みんなこの言葉を口でブツブツ言うの。
最初は何だろうって思ったわ^^;
プラムケーキ、そうそう、プルーンって書かなきゃいけなかったわね。
うっかりしてました。プルーンのことです。
レシピ、載せますね。基本の生地はいつもの簡単ケーキのヤツなのよ。
これもバカみたいに簡単で恥ずかしいくらいです^^;
Commented by nmariomama at 2006-07-18 16:38
☆アランママさん
そうね、挨拶の言葉のように、日常に溶け込んじゃっています。
日本でも知らない間に仏教の言葉を日常的に使ってたりするでしょう、あれと同じかな。
言葉ってほんとに面白いですね^^
またまた簡単ケーキです。レシピ、後で載せておきますので、また作ってみてね。

Commented by kazinvic at 2006-07-18 17:34
周りのみんながモスリムだったら、何か約束してインシャラーでも、全く問題ないですよね。
問題になりそうなのは、モスリム以外がたくさんいる場合。
こちらで、例えば大学の課題の提出日だとか、ビジネスのアポイントメントなどで、インシャラーと言われると、モスリムでない人たちは、頭を抱えてしまいます。
宗教や文化の違いって難しいな、と思う一こまです。
Commented by nmariomama at 2006-07-18 17:49
☆kazinvicさん
本当ですねえ。ほんとにその辺のニュアンスをムスリム(モスリム)以外の人が掴むのは至難の業ですね。
ムスリムの人はそれが当たり前だとして接してきますからね。
そちらでもご経験ありますか?
Commented by mwakao at 2006-07-18 18:38
やはり宗教が重要な役目を果たしている国というのは、イロイロなことで規律があったり、守らなくてはならない事や言葉があるんですね。
勉強になります。
Commented by arc1017 at 2006-07-18 19:46
おお、「サハ」に続いての、モロッコ何気な用語!
インシャラーとビスミラーですね。ふむふむ、メモメモ・・・。
ビスミラーは英語で言う、「(God) bless you」のようなものなのかな?
くしゃみをしたりした後に言ったりする・・・。
でも英語のよりも、もっと意味ありげに使ってるような感じがしますね。
人に向かって言うよりも、自分で自分に言いかけるような感じでしょうか?
Commented by au-kiki-haru-wan at 2006-07-18 21:51
数年前、比叡山延暦寺でお坊様のお話を聞いた時を思い出しました。
「いただきます」について説明してくださって、今度、来た時には「ごちそうさま」を説明しますねと、、、、、その時まで知らなかったのです、仏教からきた言葉だったとは!不思議の国、日本には、知らない事が沢山です。
Commented by nmariomama at 2006-07-18 22:42
☆mwakaoさん
そうですねえ、何しろ、宗教で日常が成り立っているようなものですから。
まあ、こんな世界もある、ということをちょっと頭の隅っこにでも入れておいてくだされば幸いです^^
体調如何? 復調されたのならいいのだけど・・・
Commented by nmariomama at 2006-07-18 22:47
☆arc1017さん
クシャミの後に言ったりするのは、また他にあるんです。
これ、忘れたわ。一緒に説明すれば良かった。
今日の更新に使わせていただこうかな、思い出させてくださって、ありがとう^^
そうですねえ、あんまり仰々しい感じではなく、さらっと言うって感じかなあ。
口癖的に、すらっと出てくる・・・というか。言わないと何か忘れている気分になるというか^^
Commented by nmariomama at 2006-07-18 22:50
☆au-kiki-haru-wanさん
「いただきます。」も仏教の言葉だったんですか?
いや、知りませんでした。ごちそうさまも?
そうやって見ていったら、きっともっとありますね。
Commented by bbwan at 2006-07-19 05:35
ままさんが、モロッコで生活するうえでこれらの言葉がわかってないといけていけないのでしょうか? ひょっとして最初におぼえた言葉ですか? これらの言葉が自然にでるようになったら、生活に慣れて来たって感じなんでしょうか?
Commented by nmariomama at 2006-07-19 06:25
☆bbwanさん
そうですね、これらの言葉が違和感なく自然に口に出来ればOKですね。
でも、とにかく頻繁に、人が口にする言葉ですから、否が応でも耳に入ってくるし、この言葉ナシにはこっちでの生活は成り立たないという感じですね。
最初に覚えた言葉と言えばそう言えるかな。
まあ、こんにちは、さようなら、ありがとう、の次くらいでしょうか・・・
Commented by ryu_ma_ma at 2006-07-21 17:05 x
無意識で気がつかないけど日本語も
こんな風に使ってる言葉ってあるでしょうね。

ビジネスの時、後につけてほしいのは
「アラーの神に誓って!」というのですね。
それは何ていうのでしょうか?

「アラーの神に誓って、インシャラー」とくっつけられたら同じか。
Commented by たみぞう at 2006-09-19 15:57 x
モロッコは、アラビア語なんですね?
初めて知りましたー!ものすごい勉強不足ですみません(^^;
本で少し読んだ事があります。
「イン・シャー・アッラー」と書いてありました、それと同じですね。
あとたみぞうが覚えてるのは、
「アッラー・フ・アクバル」アラーの神は偉大なり☆
違ってたらごめんなさーい、学生時代に見たので相当前の話です。
全て「アラーの神」に結びつけて使う挨拶が美しいですね(^^)
Commented by nmariomama at 2006-09-19 16:52
☆たみぞうさん
そうなんです、公用語がアラビア語で、フランスの保護領だったこともあり、都市部ではフランス語が通じます^^
合ってますよ。 お祈りの一番最初の文句がそれです。
日常的にアラーの神が顔を出しますねえ、それだけ宗教が生活に密着してるってことなんですね^^>


<< アルハムドゥリラー      鉄砲玉 >>