続・まりおの部屋

petitmario.exblog.jp
ブログトップ
2006年 06月 15日

早朝のシェッラ

日曜日にまた、シェッラの墓地跡に行ってきました。
ここは、昔は無料だったのですが、今は有料になりました。その代わり、少しは中が綺麗になった気がします。
朝は開門が8時半なので、9時ちょっと前に入ったら、まだ誰もいない様子でした。

ここは14世紀に建てられたモスクに併設された、僧侶の修道所みたいなところも跡が残っています。

これは僧侶たちが修行を始める前に体を清めるために使われた水盤。
まわりに、その僧侶たちが使った部屋も残っています。
e0092286_18305262.jpg


壁の一部。タイルの装飾が少し残っています。
e0092286_1838238.jpg


歩いていたら、目の前に突然孔雀が!羽を広げていなかったのが残念^^
何回も来ているのに初めてです。朝早くて人気がなかったせいもありますね、ラッキー♪
e0092286_18414256.jpg


コウノトリの巣。 子供の頭が見えました。子育て真っ最中の様子^^
e0092286_18482338.jpg

[PR]

by nmariomama | 2006-06-15 18:52 | 自然・花・風景 | Trackback | Comments(18)
トラックバックURL : http://petitmario.exblog.jp/tb/3637712
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by mwakao at 2006-06-15 21:00
今日も、パパさんと仲良く行ってきたのかな?
近くに、ステキな名所・旧跡があって羨ましいね。
こちらも、先日オフ会してきましたが、温故知新を感じますね。
何か、目に見えないものを感じます。それが力になれば良いのですが、、、
コウノトリ・・・ ま・ま・ま・まさか!ママさんのところにぃ!!!
って、馬鹿な事言ってます o(^▽^)o ゲラゲラ
Commented by cafesuzie at 2006-06-15 21:00
こういう遺跡がすぐ近くにあるのって、すごいですね。
朝のお散歩が、遺跡って、東京じゃ考えられない。
え~、孔雀は野生なんですか?
Commented by lagoon at 2006-06-15 22:59 x
鳥たちも普通に居て、とても素敵なところですね。こういう異文化の史跡にはすごく惹かれてしまいます。
こんなところに誰もいないなんて、贅沢な時間ですね!
Commented by bunga3 at 2006-06-15 23:51
こんなところに早朝いると、気持ちが落ち着きますね。
孔雀、随分大きいですねえ。羽が長い~~。
こうのとりがこんな近くで見れるなんて・・・・
きっとこうの鳥がやってくるかも??
日本語入力直ってよかったですね。
Commented by nmariomama at 2006-06-16 06:14
☆mwakaoさん
そう、仲良くおとうさんと行って来ました^^
遠くても私の力にもなってくだされ^^>
え?コウノトリ? あ、もう、うちは避けて行きます^^;
Commented by nmariomama at 2006-06-16 06:18
☆cafesuzieさん
でも、東京も日曜の朝早くとか、結構散歩コースでよい所があるのでは?
遺跡は無理か、やっぱりね^^
この孔雀、何だろう、野生化しちゃってるんだろうか、何せここで見たのは、私も初めてだったのでびっくり! 後で、写真見ながら、何でこんな所に???でした^^;
Commented by nmariomama at 2006-06-16 06:23
☆lagoonさん
本当にいい所なんです。もう、のんびりできて・・・
これからは、ちょっと暑くなってしまいますが、木陰は涼しいし、ぼんやり時間を過ごすのに最適です^^
Commented by nmariomama at 2006-06-16 06:26
☆bunga3さん
日本語が使えないと、いくらネットが見れても役にたたないんですよねえ。
ほんと、直って良かったです^^
孔雀、立派でした。
羽を広げて欲しかったんですがね、そう、うまいことはいきませんでした^^;
コウノトリですか?大丈夫、あり得ません^^>
Commented by aranofrion at 2006-06-16 07:54
おはよう!まりお君!
タイルに、壁画ですね、大事に管理しているので、
昔の文様も、消えないのでしょうね、
お金を、取るって!いい事だわ、そのお金で、
綺麗に管理が出来るのでしょうね、
風景、建物が、モロッコらしくて、嬉しく成りました、
異国の歴史有る建物を、見るには、行く事が、出来ないので、
大好きです。
Commented at 2006-06-16 08:40 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by nmariomama at 2006-06-16 16:18
☆アランママさん
せっかくの歴史あるものも、そのままではどんどん風化してしまうので、とにかく管理が必要なんですね。そのためのお金なら私も必要だと思います^^
時々しか披露できないけれど、楽しんでいただけたら嬉しいわ^^>
Commented by nmariomama at 2006-06-16 16:19
☆鍵コメさん
了解です。
それで良かったと思いますよ^^
私もまた、そちらにお邪魔しますね♪
Commented by kazinvic at 2006-06-16 16:53
この遺跡がお散歩コースなんですか、いいなぁ。
し~んとして、のんびりできそうですね。
湿度が低いから、カビも生えずにきれいに残っているのでしょうか。
確かに古いものを管理保存するのは大変ですものね。
そのために使われるのなら、入場料ぐらい、喜んで払うでしょうね、私も。
Commented by のこのこ at 2006-06-16 18:14 x
土の匂いとか、レンガの匂い・・・どんな感じなのかな・・・
大散歩中に孔雀や、こうのとりがみれちゃうなんて!
うらやましいです。
タイルの装飾は、モザイクのような感じですか?
先日、ベネチアンガラスの展示を見に行ってきたとき、モザイク画も一緒に飾られていて素敵でした。
Commented by nmariomama at 2006-06-16 23:32
☆kazinvicさん
とってもいい場所なんですが・・・まりおは連れて行けないのが難なのです。
静かですよ。コウノトリが時たま、カタカタカタ、というような妙な鳴き方をするぐらいですものね。団体の観光客が来ないこともありませんが、マレですので、それに中は広いし^^
湿度が低いのは保存には良いでしょうね。何しろ14世紀のものが目の前にあるので古いものが好きな人にはたまらないでしょう。
Commented by nmariomama at 2006-06-16 23:43
☆のこのこさん
あー、ニオイですね。どう、言いましょうかね。
乾いた感じのニオイかなあ。日本とニオイのイメージが違うかも知れません。
特にこの時期は極端に空気が乾いているので、梅雨の時期の日本の空気のニオイとはまるで違います。
タイルの装飾はモザイクです。
イタリアのように洗練されてはいないかもしれません、でも、素朴な良さがあるかな。
べネチアンガラスの展示会なんて、いいなあ。良かったでしょうね^^
欲しくなっちゃった?
Commented by bbwan at 2006-06-17 00:05 x
こうのとりに、くじゃく、なんだか縁起がいいような気分です。
そうか、やっぱり僧侶が体を清めるところがあるのですね。 ふむふむ。 イスラムの国はこのモザイク模様がすてきです。 形に意味があると聞きました。
Commented by nmariomama at 2006-06-17 00:38
☆bbwanさん
あ、そうですね。確かに縁起良さそう。でも、なんかいいことあったかしら^^?
モザイク模様は、偶像禁止で絵画が発達しなかったイスラムの国での芸術表現の一つとでも言いましょうか。モロッコでは全部が意味のあるモザイク模様ではないようですが、時には太陽を表したり、花を表したり、といったことはあるようですね。


<< まりおと向日葵      直りました♪ >>