2006年 05月 29日

ルリマツリ(瑠璃茉莉)

先週の金曜日から、モロッコは変な天気が続いてます。
モロッコの広い範囲で突然雷雨があり、それは砂漠の地方でも発生したようで、今の時期、大変珍しい現象です。

しかも、一時に大量の雨をもたらしたので、砂漠で洪水が起き、何と、家が崩れるという騒ぎが!!!
都市部では何でもない雨でも、雨が少ない砂漠地方では家の建て方が違います。
日干し煉瓦や、ただ藁を混ぜて土を捏ねただけの家は、ちょっと多めの雨が降っただけで崩壊してしまうのですね。

砂漠で洪水というのもオカシナ話ですが、雨季には川、乾期には道路、といったような場所がたくさんあり、思わぬ時に一時に大量に雨が降ると、道路が突然川になり、濁流が走る、という現象が起こるのだそうです。
砂漠で溺れ死ぬ、ということもあり得るんですね。
笑い話のようですが、本当に起こるそうです、お気をつけを。。。

さて、今日は、また、我が家のお花の写真を。

ルリマツリ(瑠璃茉莉)といいます。
実はこの花の名前は、『メルボルンらいふ』のkazinvicさんのところで教えていただきました。
彼の地は季節が反対ですので、あちらで写真がUPされていたのは、確か2月くらいだったでしょうか。
あ、これうちの庭にもある!とびっくりして、うちでも咲いたらUPしますね、と約束していました。

KAZさん、我が家のルリマツリです。同じでしょう?
その節は名前を教えていただいてありがとうございました♪

e0092286_17394113.jpg

花期が長いので、これからの真夏の季節、このブルーが庭を涼しげにしてくれます。
e0092286_17402634.jpg


因みに、ルリマツリはイソマツ科に属し、原産は南アフリカの常緑小低木です。
耐寒性には弱いようですね。
ジャスミンに似ていることからこの名がついたそうです。
ガクの部分に何て言うんでしょう、腺毛(?)のようなものがあって、それがネバネバしているので、良く猫や犬が庭で遊んだ後、毛にいっぱいくっつけてきて後が大変です^^;
[PR]

by nmariomama | 2006-05-29 17:50 | 自然・花・風景 | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://petitmario.exblog.jp/tb/3528702
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kazinvic at 2006-05-29 22:02
わぁ、たくさん咲きましたね! 
そうそう、暑い夏には、この薄いブルーが、とっても涼しげなんですよね。

砂漠で洪水、はい、よ~く分かります。こちらも内陸部はとても乾燥した砂漠・荒地なのですが、たまに豪雨に襲われると、やはり洪水になってしまいます。普段乾燥している土地は、急に雨が降っても土に沁みこまないで、土の表面を流れてしまうんですよね。
なので、例年より雨が少なくて、旱魃の被害に悩まされている土地が、せっかくの恵みの雨を吸収できなくて、洪水の被害に遭う、なんて皮肉なことになってしまいます。
でも、家が崩れてしまうというのは困りますね。大雨は降らないという前提なんでしょうね。
Commented by cafesuzie at 2006-05-30 00:17
砂漠で溺死!そんなこともあるんですね。自然て脅威だわ。こちらも、すっきり晴れないですね。
もう梅雨入りしてるんじゃないかと、街角気象予報官は思うのです^^。
ルリマツリ、名前がきれい。ほんとジャスミンかと思った。色が涼やかなでいいですね。
Commented by bbwan at 2006-05-30 04:33
それぞれの土地でいろんな災害があるんですね。 自然には立ち向かえませんね。 今年はチェコでも洪水の被害があり、夏は蚊が大発生するといわれています。 
瑠璃茉莉という名前から、お花の香りが漂って来そうです。
Commented by nmariomama at 2006-05-30 06:23
☆kazinvicさん
やっと咲きそろったと言う感じで写真が撮れました。
遠いオーストラリアと同じ花が季節に合わせて咲くなんて、何だか不思議な気がします。
砂漠で洪水、そうですよね、そちらも広大な砂漠があるんですもの、同じ現象が起きるということですよね。
雨のことなんて考えてないんでしょうね、家を造る時に。
でも、最近は、局地的に大雨が降ることが多くなってきているようです。
異常気象の影響もあるかもしれませんね。
Commented by nmariomama at 2006-05-30 06:27
☆cafesuzieさん
本当に自然には敵いません。街中に住んでいるとこんなこと思いもよりませんよね。
ルリマツリ、後で調べたら、結構日本でも植えられているようですよ。
お庭に一本いかが?
Commented by nmariomama at 2006-05-30 06:35
☆bbwanさん
どうあがいても、自然には敵いませんね。
チェコの洪水も深刻でしたでしょう。蚊の発生に繋がってしまうなんて、また別の心配が起こってしまいますね。大したことがなければいいですが。
瑠璃茉莉、ジャスミンから花の名前が、ということですが、残念ながら、香りは大してないのですよ。とにかく、この薄いブルーがさわやかで、好きなお花のひとつです^^
Commented by aranofrion at 2006-05-30 07:17
砂漠に洪水なんて!怖いですね、土石流の様に成るのでしょうね、
雨の少ない国は、建物も、違うと、言う事を、昨日のジャワの
地震でしりました、
薄紫の優しいお花なんですね、名前は知っていますけど、
お花は、始めてかな?
Commented by imashimi at 2006-05-30 11:37
なんだか色んなところで異常気象ですね・・・
春には中国大陸の黄砂が日本によく飛んできましたが、それがまた
花粉症を悪化させたり・・・陸で繋がっていると、余計に自国のことだけ
でもないでしょうに。こちらは今月は日照時間が少ないようで、野菜が
育ちません。あぁ、また値上がりかしら。
Commented by bunga3 at 2006-05-30 14:16
砂漠で大雨・・・しかも溺死なんて、ちょっと考えられないですね。
世界中気象状況がおかしいですよね。
雨も降るときはどしゃぶり!振らないときはカラカラ・・・・
雨がしとしと・・・・なんて光景はもうないかも?
ルリマツリ・・・モドキが我が家にありますが、まだ花は咲いてません。
葉っぱは、どうやらよみがえってきたようですので、もうすぐ
花が咲くのでは?と期待しております。
ほんとに名前は「ルリマツリもどき」という名前の花ですよ。
Commented by nmariomama at 2006-05-30 16:37
☆アランママさん
ジャワの地震も震度の割には、大きな被害、これも家の建て方なんですね。
一口に雨といってもいろんな降り方がありますし、自然相手のことに対処しようと思うと容易じゃありません。日常暮らしてると、そんなこと思いもしませんが。。。
ルリマツリ、薄いブルーなんです。とっても涼しげで、夏にピッタリの花よ♪
Commented by nmariomama at 2006-05-30 16:39
☆imashimiさん
本当にねえ、世界中が異常気象に見舞われてますね。
地球は生きている!ってことでしょうか。
野菜の値段が直撃されるのは痛いですね。
こちらも天候次第で野菜の値段はすごく左右されます。
Commented by nmariomama at 2006-05-30 16:45
☆bunga3さん
何だかねえ、おかしいですよね、雨の降り方が。
加減というものを知らない降り方になっているみたいですね。
砂漠で溺死は本当にあるそうで、考えると怖いですね。。。
へー、なんで、「もどき」なんでしょう。
ルリマツリは日本にも入っているようです。耐寒性にはあまり強くないけれど、結構強い、丈夫な木なので育てやすいらしいですよ。
花が咲いたら、是非UPお願いします^^>


<< ちょっとだけ、切ったじょー。      シシカバブ ・・・ 肉の串焼き♪ >>