2006年 04月 24日

ラバト、ウダヤ地区

ラバトの海側に、ウダヤと呼ばれる地区があります。
ここに12世紀の砦の跡が残っています。
ラバトの街はここから始まったと言われている場所です。
因みにラバト(Rabat)とは、そのものずばり、砦という意味だそうです。

砦の大きな門に入る前に写しました。
土曜日の夕方で人がいっぱい。右手が旧市街で、前方彼方がラバトの街の中心部。
左手の大きな壁が砦の壁。12世紀に建てられたもの。
e0092286_2253428.jpg


砦の中には庭園がありますが、この日はまりおと一緒だったため、入れませんでした。
で、中の庭園の写真はこちらで

で、この庭園に入らず、ずっと上っていくと、ウダヤの住居地区になります。
15~6世紀、スペインまで勢力を伸ばしていたアラブ勢力が、十字軍によって滅ぼされましたが、このウダヤの住居地区には、その時に追われて、モロッコまで逃げてきた人たちが多く住んでいたと言われています。
彼らはスペインで得た富を持ち帰りましたから、ここに住んでいる人たちの先祖はお金持ちだったわけで、今でも金銀財宝が隠されているのではないかと、真しなやかなる噂が残っています。
真相は如何に?
住居地区はこんな感じ。ちょっと地中海を思わせる雰囲気。
e0092286_22144541.jpg

まりおもここで、パチリ!でも人が多く通っていたので落ち着かず。。。
e0092286_2218546.jpg

最後砦の一番上の所に行くと海が見渡せます。
写真は海からの敵に対して作られた、見張りの塔。
e0092286_22201668.jpg


住居地区で良く見られる、ドアノッカーのお話があるんですが、それは明日に。
[PR]

by nmariomama | 2006-04-24 22:29 | 自然・花・風景 | Trackback | Comments(24)
トラックバックURL : http://petitmario.exblog.jp/tb/3295463
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by yoridorimidorii at 2006-04-24 23:12
まりおママさんこんばんわ〜
日本の田舎に住まいして
遠く離れたエキゾチックな異国の歴史と地理のお勉強ができて
毎日が本当に楽しみ〜〜っ!!
Commented by arc1017 at 2006-04-25 00:19
お家の写真、可愛い!
ラバトってけっこう大きい街なんですね。実は田舎かと見くびってた私です。
旧市街地もあるとは、観光客とかも多いんでしょうか?
Commented by こぎたん at 2006-04-25 00:55 x
まりおくん♪
ハァハァして、あっち向いてホイですね(汗
海がキレイ~~~~~
凄い素敵~~~~~~
見張りの塔ですかぁ?!

上文章は、わたしには難しいです(涙
Commented by nmariomama at 2006-04-25 05:45
☆yoridorimidoriiさん
ありがとうございまーす。
つたない説明で申し訳ないですが、これからもよろしくです^^
Commented by nmariomama at 2006-04-25 05:53
☆arc1017さん
いえいえ、首都とはいえ、100万をちょっと超えるくらいの小さな都市ですよ。
政治の中心地なので、官庁街が主でして、観光的には地味です。
良い見所はあると思うのですが、大抵、半日滞在して、内陸の派手な(?)見所、有名所に行ってしまいます。
旧市街は主だった街には必ずあります。
必ずしも旧市街が観光の場所になっているとは限りませんが、一番有名なのが、その旧市街が迷路のようになっている、フェズという街です。
いらっしゃいませね♪
Commented by nmariomama at 2006-04-25 05:58
☆こぎたんさん
まりお、人がいっぱいで気が散って、モデルが勤まりませんでした、あ、いつも、勤まってないか・・・^^;
あはは、大したこと書いてませんから、写真見てくれたら充分でーす^^>
見張りの塔、あそこ入って、こぎたん姫を守るのじゃ!????
中世のお話です^^;
Commented by guraseri at 2006-04-25 07:37 x
なんと美しい写真なのでしょう!
白色と青色のコントラストはなんともいえませんね。ミントティで有名なシディ・ブ・サイドの建物の色と同じですね。
私もチュニジア旅行でメディア(旧市街)の世界遺産を見学しましたが
どこも素晴らしい建物が残っていました。
マリオ君、人の多さにビックリですか??
Commented by aranofrion at 2006-04-25 07:37
おはよう!いい風景ですね、
モロッコって!感じで、見とれています、
読んでて、そんな歴史が有ったんだ!と、改めて
風景を、見直しました、今日の様な
写真は、私には、嬉しい新鮮です、
まりお君!いい姿で、パチリ!ね、モデルが、上手に、
出来てるね。
Commented by nmariomama at 2006-04-25 16:53
☆guraseriさん
白と青はチュニジアの色でもありますよね。
モロッコも海側はこの色が代表的です。
土曜の午後、夕方でしたのでかなりの人で、まりおはちょっと神経質になってました^^;
Commented by nmariomama at 2006-04-25 16:56
☆アランママさん
風景の写真、もっと大きく載せるといいのでしょうね。
容量の問題があるから、中々思うようにいかないわ。
まりお?人が多かったから、落ち着かなくて、あっちキョロキョロ、こっちキョロキョロで全然写せなかったの。
たった一枚、まだマシってやつがこの写真だったのよ^^;
Commented by mwakao at 2006-04-25 18:55
城があり、砦があり、海があり・・・・・・
近くにこのような所があるなんて、良いなぁ~~~
日本の城とは、まったく違った雰囲気ですよね。
外国の城に憧れるけど、しろって、なんか幽霊が出そうで怖いよ、、、
Commented by のこのこ at 2006-04-25 19:54 x
日本のお城は、お堀とかありますけど、ラバドのお城の周りにはないですか?その代わりに砦なんですかね。
そっか、雨が少ない?から、お堀を作っても水の確保が大変なのかな・・・や~ん地理に詳しくないのがバレバレです。(^_^;)
砦、高さがかなりありますよね!ここを上って敵地に入る人いたんでしょうか~。
Commented by nmariomama at 2006-04-25 21:59
☆mwakaoさん
モロッコのお城はちょっと雰囲気違いますね。
これは砦そのものなんですよ。海からの攻撃に備えて。
ヨーロッパのお城とか、ロマンチックそうだけど、実際に住むとなると、とっても大変そう。あはは、ほんと、幽霊も出そうだしね。
Commented by kazinvic at 2006-04-25 22:02
モロッコって、乾燥したイメージがあるんですが、こんなに緑豊かな庭園もあるんですね。ラバトの街の建物が、みんな白くて、とってもきれいですね。こんなところを、ゆっくり散策してみたいなぁ。。。
Commented by nmariomama at 2006-04-25 22:04
☆のこのこさん
そう、多分掘りを掘らないのは水不足のせい・・・でしょうねえ・・・いや、私も確信は持てませんが・・・
この砦は海からの攻撃に対してなんですよ。この時代、敵は海から攻めてきたようです。
いずれにしても、すぐには攻め込まれないように高くしてあるんでしょう。
日本のお城も城壁は高いですよね^^
Commented by nmariomama at 2006-04-25 22:57
☆kazinvicさん
モロッコも地方地方で随分違うのですよね。
砂漠のイメージをもっとお伝えしたいなあ、と思いながら、日常的にはこんな風な所にいるものですから中々できないんですよ^^;
大西洋側に住んでいると、モロッコ人にとっても砂漠は遠い地域のようですよ。
Commented by cafesuzie at 2006-04-25 23:00
あ~昨日は眠くて、皆さんのところ、回れなかったので、出遅れてしまった~。
街中にこんな歴史的建造物が、違和感なく残っているってすごいですね。
まりお君は庭園には入れないのね、残念でした。
ラバトは「砦」という意味なんですね。勉強になりましたー。
Commented by bbwan at 2006-04-26 04:39
モロッコはアフリカなのに、アラブやヨーロッパの影響も受けていてとてもエキゾチックな街ですね。 このウダヤ地区は今でも高級住宅地ってことですか? 
庭園は犬だめなんですか? マリオくんガイドご苦労さん。
Commented by nmariomama at 2006-04-26 06:27
☆cafesuzieさん
お疲れ様、ご無理のないようにね。
そうですよね、で、その建造物が市民の憩いの場のようになってるんですから、とてもいいことだと思います。
中の庭園に猫はいっぱいいるのに、犬は入っちゃだめなんですって^^
でも、これもね、門衛の人によって、抱いてれば良いとか、いろいろ違うんですよ^^;
この日は、真面目腐ったおっさんでした、残念ながら・・・
Commented by nmariomama at 2006-04-26 06:33
☆bbwanさん
ここは、住宅のタイプとしては古い建物で、高級住宅地という雰囲気ではないんですが、ご紹介したエピソードのように、昔住みついた人たちが、お金持ちだったために、今でも割りに財を抱えた人が多いという噂なんです。
モロッコの旧式の建物って、外からみただけじやわからないんですよ。
外は質素でも、中は豪華だったり・・・^^
庭園に、はっきり犬禁止、とはなってないんです。
大体、だめなんですが、門衛のひとによっては抱いてればいいとか、いい加減なんです。
この日はダメおじさんの門衛でした^^;
Commented by ジャリル at 2009-10-14 20:45 x
まりおままさん
写真本当にありがとうー
そいえば・・私はジャリルです、モロッコ人です・・ラバトで住んでいます
よろしくお願いします!
あのーいつモロッコへ行きましたか。
どうでしたかモロッコ?
またモロッコへきてください・・私は日本が大好き。。。日本人の人は好き好き好き・
もしお手伝いがモロッコへあったら...私にれんらくします
よろしくおねがいします

m.illusionist@hotmail.fr
Commented by nmariomama at 2009-10-14 23:43
☆ジャリルさん
こんにちは、コメントありがとうございました。
日本語、じょうずですね。
モロッコ人からの、日本語でのコメントは初めてなので、びっくりしています。
日本が大好きとのこと、うれしいですね。
わたしはモロッコに住んでいて、このブログを発信しています。
こちらこそ、よろしくお願いします。
Commented by ジャリル at 2009-10-15 10:17 x
こちらこそありがとうございました。
ああ、日本語のこと・・・まだ上手でわありませんとう思います
でもがんばりまーす
日本語はねー大学で日本人の先生と勉強します
あのーどちらで住んでいますか・
もしよかったら・・会いましょう。幸せになります・・・日本人がだいすきですから^^
またねー
Commented by nmariomama at 2009-10-16 18:40
☆ジャリルさん
こんにちは^^
日本語はむずかしいとおもいますが、がんばってくださいね。
会うことはできませんが、また、コメントをくだされば、うれしいです。


<< ファティマの手      お馴染みですが・・・ >>