2014年 10月 29日

ウダヤ地区散策

日曜日、朝のワン連れ散歩とは別に、午後に久しぶりでワン無しお散歩を決行。


行き先はラバトの街はここから始まったという所以のあるウダヤの城砦跡

ここはワン連れでは入れないのでフローラはお留守番でした。

e0092286_2311413.jpg

12世紀、ここを拠点とし、スペインのアンダルシア征服のため造られた要塞。

上の写真の城壁はその12世紀の名残りです。

城砦の中は18世紀にほとんど破壊された後、20世紀になってからアンダルシア式庭園が
造られ、今は無料で入れる市民の憩いの場所となっています。

e0092286_23174511.jpg



e0092286_23203995.jpg



庭園ですので、四季折々花が、、、と期待したいところですが、

春ほど期待できなく、、、、、


なんの花か、薄紫の綺麗な色の花でした。
e0092286_23212165.jpg



秋バラはどうかな、と思いましたが、まだ蕾が多くてとらほら程度。
でも、バラのスペースがかなりとってあったので、一斉に咲いたら綺麗だろうな、と。
e0092286_23255065.jpg



芙蓉でしょうか、かなり背高くなっていて、花は上のほうに。
これも蕾状態のほうが多かったな。
良く見ると、ひと枝に紅白で花がついていたのでびっくり。

e0092286_23295024.jpg



庭園を出て、横にあるテラスカフェから、海が見えます。
e0092286_2331325.jpg



このカフェを抜けて上に登っていく所にウダヤの住居地区があります。


e0092286_233218100.jpg


モロッコからのアラブのスペイン侵入は、アンダルシアに文化的にも大きな影響を与えましたが、

ここは、15世紀終わりのグラナダ陥落で、キリスト教徒に追われモロッコに戻って来た人たちが

住み着いた場所でもあり、ちょっと地中海的雰囲気に醸し出された地区です。


e0092286_23425540.jpg



玄関の庇に当たる部分のタイル模様
e0092286_23435986.jpg



e0092286_23474045.jpg




大抵は二階建てくらいですが、傾斜を使って4階建ての家も。

e0092286_23491020.jpg

反対側になりますが、トップからは綺麗に海が見えるはず、
いいですねえ、こんな場所も^^




というところで、ウダヤ地区散策、次回に続きます^^>




e0092286_23534689.gif





**************************************************
[PR]

by nmariomama | 2014-10-29 00:01 | ワン無しお出かけ | Trackback(1) | Comments(19)
トラックバックURL : http://petitmario.exblog.jp/tb/22522947
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from dezire_photo.. at 2015-04-25 00:24
タイトル : 地中海を望むアンダルシアの魅力の宝石
ミハス Mijas  ミハスは、アンダルシア州のコスタ・デル・ソルにあり、白い村として有数の観光地となっています。スペインと聞いて白い村をイメージするほど白い村を訪ねてスペインへ足を運ぶ人は少なくありません。白い村が点在するのはスペイン南部のアンダルシア地方で、ミハスやアルコス・デ・ラ・フロンテーラ、カサレスなどがあります。 Mijas Pueblo is Andalucian White Village.Mijas Costa is the part of the municipali...... more
Commented by mitiko-aran at 2014-10-29 15:05
こんにちわ!
エキサイト、別窓に成って、コメント書いてる途中に、
もう一度、画像を見たい時、コメント画面が消えるから
前の方が、好きだわ、
12世紀、凄い歴史ですね、20世紀に庭園に、成り、
憩いの場に成ったのね、矢張り、壺の模様や壁のモザイクに
魅力感じるわ、
紫の小花、今日、私が載せた花ですね
プータンルリマリン、綺麗な好きな色です、
挿し木で簡単に増えますね、
秋バラも綺麗、、いい香りが漂いそうね
Commented by LALA at 2014-10-29 21:08 x
素晴らしい写真にまじまじと眺めいってしまいました。
お庭の植物はほぼ゙同じなのに景観が違うととても素敵ですね~。
次回も楽しみにしてます(^^)
Commented by tetsuro-w at 2014-10-30 08:10
ウダヤの住居地区、
ホント、地中海地域の街の雰囲気ソックリですね~。
こんなカラフルな色合いの街に
ネコさんが居たらめちゃくちゃ絵になりますよね。
続きのご報告、とっても楽しみにしております。
Commented by mitiko-aran at 2014-10-30 08:30
追伸
間違えました、
プータンルリマルリ(イソマツ科)でした
Commented by kimagure-dog at 2014-10-30 08:47
おはようございます
お天気のいい日に、ゆっくりお庭を散歩いいですね。
芙蓉の花、紅白の花が一枝から咲くのですか?
また、お花がいっぱい咲いて時に行ってみたくなりますね。
歴史のある場所って、見ていて続々します。
Commented at 2014-10-30 08:54
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ゆうか at 2014-10-30 11:37 x
お久しぶりです♪
色彩あざやかな、ふとした町の路地が、いつみても絵になる町ですよね^^
傾斜地に立つ家に住むのって、アコガレます^^
朝起きて、そんな海の見える風景・・優雅だわ!
しかも、おだやかな気候の町なんですものね!
・・と思ったら、10月だけど30度越えですか。
カラっとした暑さだとそれもいいかも~なんて思っちゃいます♪
Commented by nmariomama at 2014-10-30 18:37
☆mitiko-aranさん
古いですよね、12世紀!
まだその頃のものが残ってるというのにいつも驚きます。
市民の憩いの場、オープンな公園とは又違った雰囲気が楽しめて、
とても良い場所になってます。
あ、やっぱり同じ花ですか、ブータンルリマツリですね、
似てるとは思いながらまさかねえ、と思っていたのですが、了解です^^
バラはまだ蕾が多かったですけれど、一斉に咲いたら香りも楽しめそうです。
Commented by nmariomama at 2014-10-30 18:40
☆LALAさん
カメラをどこに向けても絵になる場所です へへ
そうですね、日本でもお馴染みの花が咲いていても、
やっぱり背景が違うと雰囲気が違って見えますね。
バラは種類は少ないけれど、生産量は世界でも指折りのモロッコです^^
はい、次回も喜んでいただけるかと思います^^>
Commented by nmariomama at 2014-10-30 18:45
☆tetsuro-wさん
この雰囲気、正に地中海的でどこぞに迷い込んだかと思うほどです^^
広い地域ではないので、散策にもちょうど良く、住居地区を越えて行くと、
海も見える場所があるのでその辺の場所は、昔、よくまりおをも連れてきた場所、
思いで深い場所でもあります。
はい、猫さん、次回でご期待ください^^>
Commented by nmariomama at 2014-10-30 18:49
☆kimagure-dogさん
中は広くはないんですけれど、ゆっくり歩いた後、
ベンチにでも座って時間を過ごせる場所です^^
多分芙蓉の花だと思うんですが。
スイフヨウという花びらの色が段々白から赤っぽく変わっていく種類があるらしく、
それかもしれないなあ、、、とも思ってます。
春がやっぱりいいでしょうね、
ワン連れで入れないので中々来れないのが残念です。
ほんと、私も史跡とか大好きで、訪れると時間を忘れてしまいます へへ
Commented by nmariomama at 2014-10-30 18:51
☆鍵コメ(2014-10-30 08:54)さん
お気遣い、ありがとうございます。
了解です、後ほどメールにてお返事しますね^^>
Commented by nmariomama at 2014-10-30 18:59
☆ゆうかさん
地中海のように明るい雰囲気、
建物の中はスペインのパティオ様式になっている住居が多いそうです。
ねえ、いいですよね、年中海が窓から眺められる生活、
一度してみたいと思います^^
あはは、ほんと、今年の10月は例年になく暑い10月でした。
とても秋とは思えなくて、、、
そうですね、すごく乾燥をしてたから汗が出ないのは助かりましたけれど。
これで急に寒くなったら体調狂うし、いやだなあ、、、という気もしてます。
そちらはもう寒いでしょうね、
お忙しいでしょうけれど、
ゆうかさんもどうぞ体調にお気をつけて。
Commented by ゆう野 at 2014-11-01 09:39 x
素晴らしい歴史的景観ですね。
こんな綺麗で、海のそばの街並を歩いてみたいものです。
Commented by Hanatuzuri_puri at 2014-11-01 12:45
こんにちは♪~
長い歴史を重ねた雰囲気の有る街ですね。
エキゾチックでその中に佇むとタイムスリップした様な
気持ちになるでしょうね~~!
酔芙蓉や薔薇も日本で見るのとはまた違った感じがして
素敵です❤
次回も楽しみにしています^^
Commented by きゃふ at 2014-11-01 12:52 x
こんにちは。
まりおままさんのお写真を
拝見させていただいて
文章を読んで、、、
一緒にここを歩いているような
そんな気持ちになりました(o^^o)

続きも楽しみにしています!
Commented by nmariomama at 2014-11-03 15:54
☆ゆう野さん
お返事遅くなりましたm(__)m
日常のちょっとした時間を12世紀の遺物に触れながら過ごせるって、
やっぱり素晴らしいことですね。
12世紀だと思うとあらためて感慨深いです。
新市街とは又全然違った趣で散策ができるのが嬉しいです。
Commented by nmariomama at 2014-11-03 16:01
☆Hanatuzuri_puriさん
お返事、遅れてすみません(__)m
モロッコの街はどこも新市街と旧市街に分かれているんですが、
ここは旧市街とも別に造られた場所なので、
又もうひとつ趣きが違って楽しめる場所です。
そうそう、タイムスリップ^^
薔薇は種類は少ないですが、どこの街角にも植えてあってポピュラーな感じです。
芙蓉はやっぱりスイフヨウでしょうか、
まだ蕾ばかりでちゃんとたしかめられなかったんですが。
だとしたら、ここでは珍しいです。
はい、次回もお楽しみに^^>
Commented by nmariomama at 2014-11-03 16:07
☆きゃふさん
お返事遅れてすみませんm(__)m
ありがとうございます。
拙い写真に文章ですので、どこまで雰囲気が伝わるかといつも心配ですが、
そう仰っていただけて嬉しいです~^^
ここの住居地区はまりおも一緒に散歩したりしたんですよ。
あのコは本当にどこでも平気で歩いてくれて助かりました(笑)
はい、遅くなっていますが、続きも頑張って載せますね^^>


<< ウダヤ地区の猫たち      かえって元気だった御大^^ >>