続・まりおの部屋

petitmario.exblog.jp
ブログトップ
2014年 09月 02日

青の街、Chechaouen(シュシャウエン)

チビ猫たちを留守番させて、息子たちが旅行に行った先の写真を入手しましたので、

借り物で恐縮ですが、モロッコの地方の街を又お楽しみいただければ幸いです^^>



                       ☆    ☆    ☆    ☆     ☆




モロッコの北にはリフという山岳地方があり、

その山間に、Chechaouen(シュシャウエン)という街があります。

e0092286_17425057.jpg

山と言っても岩肌の見える、岩山のような山麓にへばりつくように存在する街といったところ。


ここは15世紀、ポルトガル占領時代、ポルトガル軍と闘うための拠点地域として創られた街です。

その後も随分長い間西洋に対して閉ざされていたらしく、ミステリアスな街だったよう。


そして、赤い街として有名なマラケシュに対して、ここは街の外観がブルーなので、

モロッコでは青の街として知られている街です。



こんな風に。。。。


e0092286_17565048.jpg



e0092286_17572047.jpg


歩いているとブルーに染まりそう。。。


e0092286_17574660.jpg



e0092286_17584510.jpg



ホテルも

e0092286_17592015.jpg




おまけ・・・・道端のぶどう

e0092286_175953100.jpg



同じ内陸でも、南の砂漠地方とは又全然違った雰囲気、これもモロッコなのであります。




(次回に続きます)



e0092286_1824822.gif




***************************************************
[PR]

by nmariomama | 2014-09-02 18:20 | 徒然何でも在り記 | Trackback | Comments(18)
トラックバックURL : http://petitmario.exblog.jp/tb/22352446
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented at 2014-09-03 08:52
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by nmariomama at 2014-09-03 15:33
☆鍵コメ( 2014-09-03 08:52)さん
大変な時に訪問ありがとうございます。
心中お察しいたします。ゆっくり休んでから再開してくださいね。
またまた息子の写真で申し訳ないけれど、そう仰っていただければ嬉しいわ。
この青の色合いはモロッコでも独特なんですよ。
ま、考えてみれば留守の間のにゃんこの世話は私がしたのだから、写真はお土産ね へへ
Commented by kimagure-dog at 2014-09-03 16:18
こんにちは
綺麗な色の町ですね!
日本では考えられないわ。町全体が同じ色で統一されるなんて。
夢の中のような町ですね。
行ってみたいなぁ~
子猫ちゃんのお守りのお礼に、写真は当たり前ですよ!
Commented by tetsuro-w at 2014-09-03 17:52
青色に染まった街、
他の色がむしろ強調されて
その組み合わせがとっても綺麗ですね~。
こんな街の中にネコちゃんがいたら、
ものすご~く絵になりそうですね。
Commented by きゃふ at 2014-09-04 14:26 x
こんにちは。

息子さんご夫婦の旅行先。
本当にきれい!

ブールーに染まる街。
神秘的で、魅かれますね(#^.^#)
Commented by ゆう野 at 2014-09-04 15:16 x
スンバらしいですね。青に染まる街、行ってみたいですね。
特に3枚目の写真、壁に半開きの扉や素敵な女性が描かれているんでしょう?右のは公衆電話?
いたずらっけと絵心が溢れていて。。。
青い街の葡萄、この赤みがとても美味しそうで。 あはは・・・
Commented by nmariomama at 2014-09-04 19:35
☆kimagure-dogさん
そうそう、日本は色やら形やら高さやら、統一されてるなんてことないですものねえ。
街を歩いてると違う次元にいるような気分になるでしょうね。
ですよねえ、子守賃は高い! あはは
Commented by nmariomama at 2014-09-04 19:38
☆tetsuro-wさん
内陸だとマラケシュなんかのように土のいろがそのまま土壁なってたりするんですが、
ここはなぜかブルーに。
確かに、不思議な色合わせですね。
そうなんですよ、ここも他のモロッコの街同様、猫さんにしっかり逢える街です。
ただ息子のカメラにちゃんと納まってなくて、、、、
少しはあったので次回にアップしてみますね^^
Commented by nmariomama at 2014-09-04 19:40
☆きゃふさん
このブルーが不思議に周囲の景色と調和して、
ほんと神秘的な雰囲気を醸し出しているようです。
次回こそはあたりさまに当てていただいて、
是非この当たりの地域にもひとつ別荘でも^^
Commented by nmariomama at 2014-09-04 19:46
☆ゆう野さん
長いこと閉ざされていた地域だったこともこの街に一層の神秘性をもたらしているようです。
三枚目の写真、女性はこの地方特有の衣装をまとっています。
花を持って入って行く姿、後を付いて入っていきたくなるような へへ
そう、公衆電話です~ 
ちゃんとかかるという保証はありませんが(笑)
こんな地域でも今は携帯の時代ですからねえ。。。
Commented by kat at 2014-09-04 21:50 x

あおいですね.
どんな染料を使っているのでしょう.
石かなあ、植物かなあ、
その土地のいろいろな条件が揃って
その土地だけの青色が出るのでしょう.
この青色のもとはなんだろうなあ.

Commented by Hanatuzuri_puri at 2014-09-04 22:24
こんばんは♪~
青い街・・・この街の中にいるとほんと、自分の体も青に染まっていく
ようなそんな気がしますね~!
深い海の底のような。
何故ブルーなんでしょうね??不思議ですね。
ぶどうの葉の緑と実の色がホッとしますね^^。
Commented by nmariomama at 2014-09-05 15:36
☆katさん
う~ん。青色のもと、なんでしょうねえ。
モロッコは今でも染色には自然のもの、主に植物を使ったりします。
ブルーは藍、赤・オレンジはヒナゲシ、黄色はサフラン、緑はミント・・・
しかし、この街全体の装飾としての色となると、、、、大量を要すると思われ、
やはりその土地特有のものがあるのでしょうね。
北とは言え、山間部内陸の夏はやはり暑く、こんな色に出逢うとホッとします。
Commented by nmariomama at 2014-09-05 15:41
☆Hanatuzuri_puriさん
ブルーの中を時代を超えて浮遊していくと、不思議な気分にもなるでしょうね。
そうそう、深海の気分。
海側は案外ブルーの建物が多かったりするんですが、
内陸では珍しいのです、なぜブルーなのか???
ほんと???です~
道端のブドウですので実はちゃんと食べれるかどうか、、、ですが、
でも、葉っぱだけでも涼しげでいいですよね。
ぶどうの葉っぱって、ちょっとアートっぽいし^^
Commented by bbwan at 2014-09-05 20:51
青の街、すてきです。
青が好きな私は、青というとイスラムの世界のイメージがあります。若者の写真も新鮮です。
Commented by nmariomama at 2014-09-06 15:23
☆bbwanさん
いい雰囲気ですよね、私は随分前に一度この地を訪れたことがあるんですが、
カメラがその時はなく、又自分で写真を撮りに行きたいです。
イスラムの色は元来は緑なんですが、そう言えば砂漠の民のトゥアレグ族の衣装はブルーですね。
何か関係があるのかわかりませんが。
Commented by cocomerita at 2014-09-06 23:57
うわあああ、、、
行ってみたい!
もっと見せてくれるんですよねえ、、
楽しみにしてます
Commented by nmariomama at 2014-09-07 15:00
☆cocomeritaさん
あ、すみません、シュシャウエンのブルーはほぼこれで終わりなんです~
まあ、小さな街ですので大体こんな雰囲気ということで。。。
是非この北のリフ地方も行ってみてくださいませ。
スペイン色が濃いので、北には本当のモロッコはない、と言われてますが、
私はそれも又好きで、時間があれば立ち寄っていただきたい地域、お勧めです^^>


<< ChechaouenからAsi...      黒白猫はそこらじゅうにいれど。。。 >>