2012年 06月 18日

バタバタの週末

バタバタの週末で全然PC開けず、、、開いても落ち着いて何にもできず、、、、

の週末でした。


で、仔猫たちの写真しかないのですが、それも整理してないので、日曜に朝の散歩に行った時に
撮ればいいか、、、、なんて更新のことを考えていたのですが。


いつもどおり、昨日の日曜は海岸のほうに行ったのですが、霧が出ていてあらら~~


e0092286_1649139.jpg



周辺も早又枯れ野になってしまって、お花も少なく、ふと見たらどこかのお宅の生垣付近に^^

これも香りがそうだったのでローズゼラニウムだと思うんですが、お花が立派。

e0092286_165181.jpg


お花が大きくて、我が家のローズゼラニウムと見栄えが全然違う~^^;

ちょっと盛りは過ぎていて、もう枯れてしまったのが多かったのですが。

e0092286_16523634.jpg

中々綺麗に咲いていました^^


このお花くらいで後は撮るものもなし、じゃあ、カフェに行くか、
写真も後はカフェでフローラを撮ればいいかって車に戻ろうとしたら、
おとうさんの携帯に電話。 なんだなんだ、日曜の朝から、、、嫌な予感~~


電話はすぐ下の弟からで、嫁さんの陣痛が始まり取り合えず急いで病院に来たところ。
すぐ家に戻って荷物と一緒にお母さんを病院まで連れてきてくれないか、、、と。


はいはい、すぐ行きますよ~~~


朝食カフェはお預けとなり、即、家にUターンということになりました (*゚ー゚)


まあ、こういうことはよくあることで、病気もそうだけれど、出産に関しても、誰かが病院に入ったとなったら、
オール親戚が全員それに集中~~~ってことになるのはこちらの習慣といってもいいでしょう。


しかも、今回は40過ぎてからやっと結婚した弟に子供!とあって、更なる注目を浴びていたのだからねえ。


弟の嫁さんは、詳しいことはわからないけれど、お昼ごろに帝王切開で無事女の子を出産。

で、夕方さっそく親戚中が入れ替わり立ち代わりで病院に赤ちゃんを見に行くという、
病気見舞いの時と同じ現象が起こるというわけ。

普通分娩じゃないから、なんて言い訳にならず、病室に行ったら、彼女はもちろん手術後と同じ状態で
動けないのに、人は病室に溢れ、来ては寝てる彼女にハグ、帰る時にもハグ、、、、

傍らのベビーベッドの、生まれてまだ何時間?って赤ん坊にもチュッチュしていく。。。

まあ、こういうほうが強く育っていくのかもしれませんね。

日本のほうが無菌状態、抵抗力がなくて後々のことを考えたらどっちがいいのか、
本当のところはわからないのかもしれません。


まあ、そんなこんな、赤ちゃん誕生のお祝い、命名式も兼ねているお祝いが、
ちょうど7日めに行われるので、今週は又人が集まって大変になりそう。。。


そこへ持ってきて、息子が独立すべくアパートを決めてきたので、そっちのほうでもバタバタしてるし。。。

更新が更に滞るかもしれませんが、どうぞよろしくお願いいたします~ m(__)m



次回は写真の整理を何とかして、仔猫話題をお送りしたいと思っていますが、、、、どうなるか。



e0092286_17124289.gif




****************************************************
[PR]

by nmariomama | 2012-06-18 17:18 | 徒然何でも在り記 | Trackback | Comments(20)
トラックバックURL : http://petitmario.exblog.jp/tb/18203626
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by cecilia at 2012-06-18 18:20 x
姪子さんの誕生、おめでとうございます!本でも読んだことがありますよ、モロッコのお見舞い事情^^;日本みたいに、家族、親族などの関係が希薄になるより、温かさを感じるけれど、お見舞い、しかも産後だけはゆっくり休みたいな~と思うのは日本人なんですかね?あちらの女性は子供の頃からそれを見て育つわけだから、何とも思わないのかしら?赤ちゃんにチュッチュ!?ひゃあ~、さすがにやめて~ってなるのも日本人だからか?こちらだと授乳の時だって、母の胸を消毒しますよね、哺乳瓶から何から何まで。どっちがいいか分からないけど、ひとまず育児ノイローゼで殺しちゃととか無いんだろうな、助ける手がたくさんあるから。
お、息子さんの引っ越し終わったんですか?まだ途中ですか?
いろいろ大変なんだろうなぁ?うちの息子は一生ひとり者で実家暮らしと宣言してますから、トホホです。
Commented by tetsuro-w at 2012-06-18 22:56
姪子さんのご誕生、おめでとうございます。
誕生とともに親戚一同、病院へ駆けつけて、
祝福の嵐とは、いかにもモロッコらしいですね~。
そんな風に揉まれて育った赤ちゃんは、
きっと逞しく成長していくのでしょうね。

あら、ご子息、ついに独立されるのですね~。
そのサポートもあって、本当にお忙しいですね。
どうぞお疲れが出ませんよう、お身体ご自愛下さい。
Commented by nmariomama at 2012-06-19 00:23
☆セシリアさん
ありがとうございます。
あはは、そう!正にその本のとおりです。
こちら産休、3ヶ月取れますのでね、それに有給を足して連続4ヶ月休むことも可能。
子供は宝、という観念があるので妊婦も産後もすごく大切にされます。
まあ、それだけ昔は出生率が低かったこともあるんでしょうが。
周囲の助けがたくさんあるから、それだけ産むことにも懸念はないみたいですね。
セシリアさんのところはまだ若いではないですか、
そんなことを言っても、ある日突然独立宣言をするかも、ですよ~(笑)
Commented by nmariomama at 2012-06-19 00:30
☆tetsuro-wさん
ありがとうございます^^
赤ちゃん誕生はいかにもおめでたい、喜ばしいことではあるけれども、
何せ騒ぎすぎで、ほんと言って辟易なんですよ^^ヾ
赤ちゃんとしても、たくさんの人に囲まれて育った方がいいんでしょうけれど。
不肖の息子でやれやれなんですよ へへ;
独立と言っても、なんやかや完全独立はまだ先って感じだし。
少しずつでも、うまく生活を始めてくれればと思っています。
Commented by oton at 2012-06-19 11:33 x
ご無沙汰しています。
おばちゃん?になられたのですね。^^;
おめでとうございます。
何はともあれ、繁栄の象徴ですからね、ハグの嵐もしかたありませんねぇ。

息子さん、自立されるとのこと、たくましい社会人になっていかれることでしょう。楽しみですね。
ウチは伜が居候です、居心地がいいんでしょうね。困ったもんです。^^;

あじさいが咲き始めたこの頃です。
では、また。



Commented by きゃふ at 2012-06-19 15:14 x
まりおままさん、こんにちは。
結婚式に関しても
病気のお見舞いに関しても
とにかく親せき一同が集って
大変だということは以前のブログで
拝見させていただいてましたが
こりゃまた出産も大イベントなんですね?

そういえば・・・
まりおままさんは
日本に帰国されて息子さんを出産なさったのかしら?
このことは聞いていなかった(^^;

息子さんが独り立ち???
さみしくなりますよね(^^;
Commented by nmariomama at 2012-06-19 15:58
☆otonさん
おばちゃんになったのは、もう随分前から、これで何人目だろうという感じで、
この弟の結婚が遅かったものですから、もう最後というところでしょうね。
そうですねえ、正に繁栄の象徴。
全く喜ばしいことなんですが、もうちょっとどうにかならんもんか、
なんて思ってしまう私です~
男の子のほうが甘えたですね。
女の子のほうがしっかりしてる、そんな気がします。
うちのもいつまでも甘い顔してると、ずーーーーっと居座りそうなので、
今が潮時と言う感じです(笑)
梅雨の最中、アジサイの花が見れるのは心なごみますね。
こちらにも西洋アジサイがありますが、乾季の中、
お日様ぎんぎらぎんの下で咲いてます^^ヾ
Commented by nmariomama at 2012-06-19 16:10
☆きゃふさん
はい、相変わらずのモロッコでございます。
そうそう、出産も然り、、、、
でも、その分、妊婦も出産後もとても大事にしてくれるので、
女性にとって、とても有難いことですが。。。
しかし、騒ぎすぎでねえ、、、、こういう中で赤ん坊は育つのだから、
たくましく育つと言えば言えますよねえ へへ
私はモロッコで全部すませました。
日本、出産費用も高いし。。。
>さみしくなりますよね
ぜ~~んぜん、この日を待っていました(笑)
Commented by kimagure-dog at 2012-06-19 16:44
姪御さんの誕生おめでとうございます!
でも、お見舞いの状況聞いて、びっくり!
私、絶対無理です。生まれて間もない子にチュチュなって。
きっと、バイ菌つけないでぇ~って叫びそう 笑
お国によって、色々風習が違うから、しゅうがないかな。
みんなに大事にされるって事はすばらしいですね。
暫くお祭りが 続きますね!

家にも肉食息子が2人、頑張っています。
早く独立してほしいと、願う母です。
Commented by りとるふっとママ at 2012-06-19 17:56 x
ママさん 忙しそうですね!
親戚中で直ぐにお祝いしてくれえるんですね
でも 帝王切開後 私も2人帝王切開でしたが
1~2日は傷の痛みか 子宮の収縮の痛みなのか???
兎に角痛くて 赤ちゃんは 時間で看護婦さんが
連れてきてくれるので それ以外はのんびり出来ましたが
そちらは 大変なんですねぇ

息子さん 独立ですか?
ちょっと寂しくなりますね
お近くなのかな?
我が家も 娘にお好きなところに どうぞ!
と申しておりますが なかなか居心地がいいのか?
そんなはずはございませんが 先ガ見えません><;
私も そろそろ孫が見たいのに・・・
Commented by ryonouske at 2012-06-19 21:34
姪子さんの誕生おめでとうございます。
ママさんゆっくり休みたいでしょうに(^^;
だけどこれがモロッコの習慣となると
そうもいってられないのでしょうね。
ん~にても一週間くらいはほっといてもらいたいなんて
つい思っちゃう私です。
Commented by nmariomama at 2012-06-20 00:40
☆kimagure-dogさん
ありがとうございます^^
ねえ、びっくりでしょう?
もう、ほんと、病状なんてお構いなく病室に押しかけるんです。
お見舞い命!って感じ、まいります ><
そうそう、ほんと、生まれて一日もたってない赤子に、ですから、
私も初めて目撃した時はびっくり仰天。
慣習って恐ろしい、、、、と思いましたよ(笑)
まあねえ、これだけの人たちが見守ってるいるんだから、こちらでは
お母さんが子育てでノイローゼになるってことも少ないし、
(私は別な意味で子育てノイローゼになりそうでしたが。。。)
まあ、結果としては良いのかもしれませんね。
息子の独立は、まだまだスパッとはいかず、結構もたついてますが、
取り合えずはアパートが決まってホッとしました へへ
男の子だと、いなくなると食費がぐっと違いますよねえ(笑)
Commented by junko at 2012-06-20 00:43 x
Ciao まりおママさん
姪ごさんお誕生おめでとうございます

それはさぞかし大騒ぎでしょうねえ
イタリア人のその大騒ぎを10倍くらいにすればいいのかな?? 笑
Commented by nmariomama at 2012-06-20 00:47
☆りとるふっとママさん
いえいえ、ママさんの忙しさに比べてたら。。。。
他のことではのほほんとしてますので^^ヾ
そうそう、帝王切開、お産としては楽だと思いますが、後はやっぱり大変ですよね。
外科手術にかわりはないんですもの。
まあ、でも、手があるので、本人は休めるし、これが普通だと思ってるから、
特にどうということはないみたいです~
息子の独立は、本当にやっと、と言う感じで、、、、
いやいや、全然さびしい、ってことはなく、せいせいしますよ~
お嬢さんなら、家にいてくれたほうがいいんではないかしら。
男の子はなんの役にも立たず、正に良く食う居候と言う感じ^^;
まあ、なんにしてもうまくやってくれればいいんですけれどねえ。
Commented by nmariomama at 2012-06-20 00:52
☆yonouskeさん
ありがとうございます^^
そうなんですよ、逆に誰も行ってあげなかったらという感じなんでしょうね。
というか、行くのが義務という感じですねえ><
ほんと、静かに放っておいてほしいと思いますよね、それが普通。
でも、こっちでは人が押しかけるのが普通で、慣習って恐ろしい~~;
まあ、その分、手があって、なんでもしてくれるので、楽だと言えば楽なんですが。
赤ちゃんもたくさんの人に囲まれながら育つのは悪くないといえば言えるかもしれません^^ヾ
Commented by nmariomama at 2012-06-20 00:57
☆junkoさん
イタリアも、全般的に子供に甘いと聞いてますが(北と南では又ちょっと違うかもしれませんが)、
出産に関してはどうなんでしょう。
え? そっちの10倍? そうなんだ、、、
おんなじくらいかと思ってた、、、(笑)
まあ、生まれた後も、手はたくさんあるので、子供が独りで留守番、
なんてことはあり得ず、いつも誰かが傍で見てる、、、
こういう点はやっぱり子供にとってはいいんだと思います。
私は逆の意味で、子育てノイローゼになりそうだったですけど(笑)
Commented by ゆう乃 at 2012-06-20 13:40 x
こんにちわ~

義理の姪御さん誕生と、ご子息の独立準備、慌しい週末でしたね。

文化、習慣の相違、それに宗教も絡むと・・・・せねばならぬ・・・・となってギャップが大変ですね。
ただ出産後大切にしてもらえるのはいいですね。
スペースがあれば大家族が経済的で、誰が病気になっても人手は足りますが、意見が違い摩擦は増えますよね。
子供は兄弟、親戚大勢の中で育つと、社会性やコミュ能力は鍛えられるでしょう。
戦後66年余徴兵制もなく平和で、こんな有難いことはありませんが、一朝ことあれば、難民になってでも生き抜く気概と逞しさはあらまほしきものですね。

何事にもいい面と悪い面があって。
Commented by ミルクの母さん at 2012-06-20 14:55 x
わあ!お忙しいですね!!

ミルクと母さんがパワーを送ってあげますよ。

pppppppppppppp届きました??

日本の無菌大好き状態ってあんまり好きではないの。おおらかって言葉が死語になりそうで。

文化の違い面白いですね!でも・・・お花が綺麗なのはどこでも同じみたい(^▽^)
Commented by nmariomama at 2012-06-20 15:14
☆ゆう乃さん
普段ほんとにのほほんとしてるので、ちょいとこんなことが重なると、
すごく慌しく感じてしまいます^^ヾ
全くもってして仰るとおりですねえ~
一長一短、大家族制も良いところばかりではないし、核家族も又然り。
この世界しかない、と思えばそれはそれでいいんでしょうが、
日本とつい比べてしまうので、いろいろ思考が飛んでしまいます。
こちらは、ほんと、妊婦と出産後は大事にしてもらえて、それはワタシも
自ら経験したところですが、助かりました。
まあ、とにかく船頭が多いの、その中でうまく泳ぎきって大人になるんですから、
こちらの子供は逞しいとも言えますが、頼り切ってオトナになる子も出てくるわけで、
正に何事もいい面と悪い面がありますね。
Commented by nmariomama at 2012-06-20 15:22
☆ミルクの母さま
日本の生活に比べたら、普段は本当にのんびりしちゃってますので、
忙しいったってタカが知れてるんですけれど^^ヾ
あはは、ミルク姫と母さまのパワー、しかと受け取らせていただきました~
後日、コービーに地下帝国より秘密のお土産を御礼にとどけさせますです~ (笑
そうそう、日本の無菌状態って、ちょいとやり過ぎのような気も。。。
無菌という言葉で安心してしまってますものね。
ニンゲンは適当に雑菌と付き合っていかなければ生き延びられないんじゃないかと思ってます^^
お花はいいですね、ほんと、どこも同じに綺麗で癒してくれて、心和みます♪


<< 仔猫たちその後^^      そう言えば、我が家のニャン へへヾ >>