2012年 03月 23日

最終地アガディールへ

エッサウイラの郊外で、木に登るヤギたちを見た後は、一路アガディールへ。

距離にしたら100kmほどなんですが、道があまり良くなくて、思ったより時間がかかったように思います。


アガディールは、モロッコでは昔から保養地で有名な所です。

と同時に大きな港町でもあり、ここに、各国の大西洋沖での遠洋漁業の船が立ち寄ったりする
漁港でもあります。


アガディールの港

e0092286_2154791.jpg



街は左手のほう。 
右手に見える大きな入り江がビーチになっていて、シーズンはたくさんの人で賑わいます。

e0092286_224484.jpg



上の二枚の写真は街の小高い所から撮ったもの。

e0092286_2262328.jpg



ここはね、実はその昔はここがアガディールの街があった所なんです。

ところが、、、、1970年にモロッコでも強い地震があり、街が壊滅してしまったんですね。
          ↑ すみません、1960年 の誤りです。

現在のアガディールの街はその後に新しく建設されたものなんです。


どんな状態であったか良くわかりませんが、街は壊滅の後、全部埋められてしまったとのこと。

こんな風に穴が開いている所があるんですが、実は、この下に街があったというわけなんです。

e0092286_2213056.jpg


ちょっとびっくり、、、というか、かなりびっくり。

ここは、小高くて眺めのいい展望の場所として、今は多くの人たちが訪れる所なんですが、
その足元にはそんな歴史が、、、、

日本では大震災があったばかりですので、ちょっと複雑な気分にさせられた、姉と私でした。。。。



そこから見た夕陽、、、、

e0092286_22151899.jpg



新しい街が出来上がった後のアガディールは、その後、港と共に、モロッコでも有名な保養地として
発展してきた、というわけです。

保養地ですので、特になんにもありません。

みんなのんびり海岸をそぞろ歩きしたり、、、、カフェでまったりしたり、、、、


で、まあ、私たちもそんな感じで二泊三日、過ごしました^^


写真は、カフェでの朝食の一部。

こちらではスミダのスープと呼ばれている、シリアルをお粥状にしたもの。
上に、クミンパウダーとオリーブオイルがかかってます。
e0092286_22313336.jpg



普通のパンの代わりに、これもスミダというシリアルを粉状にして水を加えて練って焼いたもの。
上にはちみつがかかっています。
e0092286_22333036.jpg



その他の食事も海岸沿いのカフェレストランみたいな所で簡単に。
ちゃんとしたレストランはやっぱりワン連れでは入れず、姉には気の毒なことでしたが。。。


ま、そんなことは知ってか知らずか、ってまあ、フローラはアタシには関係ないのに、
こんなとこまで連れて来られて、、、、ってとこでしょうが。。。


海岸沿いの遊歩道で。

e0092286_22294727.jpg



これは朝の散歩で写した時のもの、まだ人影も少なく、フローラもご機嫌さんで歩きました^^

e0092286_22373085.jpg



で、アガディールでは、リゾート型ホテルに泊まりました。
長期滞在用にキッチンもあって、中々良い所でした。

e0092286_22401934.jpg


ワンに関しては、小型犬、1匹、5kg以下、という条件が宿泊条件になっているようで、
良かったねえ、フローラ、4,5kgで へへ;


部屋にはかなり広いベランダがついており、フローラはそこで遊べたし、用足しも新聞紙の上で、
うまくしてくれたので万々歳でした^^

でね、ホテル内にバーがあったので、行ってみたんですよ。
フローラを部屋に置いていくわけには行かないなと思ってたんですけれど、
聞いてみたら、OKというので。

実は、二泊三日の中日、おとうさんのお誕生日だったもので、乾杯したいね、と。

で、バーとやらに行ったら、誰もいなくて、カクテルくらい飲もうと思ったけれど、
結局ビールしか置いてなくて、なんなんだこのバーは、と密かに大笑い。

まあ、貸切状態、フローラもバー初体験、無事にビールで乾杯、めでたしめでたしでありました。


帰路は高速道路をマラケシュ経由ですっ飛ばしてラバトまで一気に戻り、往復1200kmの旅を
終えたわけですが、姉は、結局、北はタンジェから南はアガディールまでの海岸線を踏破した、
ということになります。 全長、、、タンジェからアガディールまで、約1000km ってことになりますか、
やったね! \^^/


おとうさん、運転おつかれさまでした~^^>



というところで、昨年10月、姉と一緒のモロッコ国内旅行の話題もこれでおしまいです。

やっぱり時間が経ってしまうと、いろいろ忘れてることもあり、旅のレポはすぐにしないとなあ、、、と
つくづく思いました。

従って、拙いレポになってしまい、申し訳なく、、、、

それでも、最後までお付き合いくださいまして、ありがとうございました、感謝でございます。


次回からは、又我が家話題をお送りいたします。

そうそう、ラバトに新しくできた動物園にも行ってきたので、そのご報告もしなくては。。。


それでは、皆様、素敵な週末をお過ごしください ^^>



e0092286_22492835.gif



*****************************************************
[PR]

by nmariomama | 2012-03-23 23:03 | 2011年秋 モロッコ国内旅行 | Trackback | Comments(20)
トラックバックURL : http://petitmario.exblog.jp/tb/17592062
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kimagure-dog at 2012-03-23 23:32
本当にお父さん運転、お疲れ様でした。
1200キロって、大阪から九州の端までの距離だと思います。

地震があって、街が崩壊し、埋められ、穴が開いてる・・・
考えてしまいますね。

フローラ姫ちゃまも1200キロの旅お疲れ様。
一緒に連れて行くって大変ですけど、
お留守番させるより、安心ですね。

スミダのパン美味しそう!食べてみたくなりました。



Commented by りとるふっとママ at 2012-03-24 07:59 x
2泊3日 1200Kの旅 まずはお疲れ様でした。
私もいい旅経験させていただきましたよ~ん♪
ポルトガル領の貯水槽 幻想的で素敵ですねぇ
こんなところで過ごしたらあっという間に時間が経ってしまいそうです。動けなくなりそうですよ^^
エッサウイラ 日本の観光地とは 一味違い
いろんな時間の過ごし方があるんだな・・・
ゆっくりと時間が流れてる気がしました
子犬ちゃんも居ましたね
きっと私なら 駆け寄ってしまいそうで・・・
なんとも愛らしかったです。
木登りする山羊にもびっくり!!
必要に迫られると何でも出来るということですね^^
パパさん お誕生日おめでとうございました。
随分経ってしまったので 今更ですが・・・へへ
フローラちゃんもずっとご同行されていたんですね
我が家も必ず 1匹は連れて出るので
特に食事する時は不安になりますが
一緒になんとバーにも入ることが出来てよかった!
家の子達はまだ未経験ですよ
良いたび ご姉妹で楽しかったでしょうねぇ
普段離れているだけに 楽しさもひとしおですね
パパさん ご苦労様でした。
Commented by tetsuro-w at 2012-03-24 14:50
お姉さまをお連れして往復1200kmもの旅、
どうもお疲れさまでした~。
お姉さまと一緒に私も旅を楽しませていただいたようで、
とっても楽しかったです。
しかしモロッコには素敵なスポットがたくさんありますね~。
木に登るヤギさん、素晴らしいですね~。
私もぜひいつか、モロッコを旅をしてみたい想いに駆られました。
動物園のご報告も、とっても楽しみにしてますよ~!
Commented by セシリア at 2012-03-24 16:23 x
足元のその下に、街があると思と、不思議な気持ちになるでしょうね。発見されず、眠ったままの方もいるでしょう。1970年は、パパの産まれた年です。43年も埋もれたままなんですね。
スミダ‼多分それですよね?以前ママさんに伺った、本に出てた白いハリラみたいなやつ。あ、あの本、見ました?ん〜作り方が知りたいわぁ。アメドさんと連絡とれないしなぁ。
フローラ嬢、良い子に出来て良かったですね!ゆず、トイレは完璧だったんだけど、無駄吠えがねぇ^^;
ホテルのバー、ビールだけだったんですか!イスラム圏だから、あるだけいいのかな?観光客が泊まる様なホテルだとしても、そんな感じですか?どーしても酒がきになるわぁ(汗
昨日、お酒を一口飲んでビックリ!まずい‼って思ったの。ワインを試してもダメ。まぁ、これは酸化して不味かったんだろうけど、焼酎も美味しく感じず、ぺ!ってしちゃいました。何故?多分、体を気にするから美味しくないんでしょうね。これで、心置き無く断酒を継続できますよ!
Commented by nmariomama at 2012-03-24 16:56
☆kimagure-dogさん
ほんとに、おとうさん、頑張りました~
あ、大阪からだとそんな距離になりますか、九州のはじっこまで行っちゃうのね、びっくり。
40年前のモロッコなんて、戦前の日本くらいなものだから、地震の後の活動も大変だったと思います。
しかし、ほんと、ぽこんと穴が開いてて、囲いも何にもない、、、
ってのが恐かったですへへ
そうそう、ワンを逆にお留守番させていったら、心配で心配でちっとも楽しめないと思いますよね。
ワンには迷惑なのかなあ、、、と思う時もあるけれど、可能な限り連れて歩きたいと思います^^
スミダのパン、香ばしくてすっごく美味しいです、味は素朴なんですけれどね。
地元産のはちみつも美味しかったです^^
Commented by nmariomama at 2012-03-24 17:04
☆りとるふっとママさん
ほんと、それぞれの場所でのんびりしてしまって、、、、いつも以上に(笑)
こちらは日本と違って観光地と言っても何にもなくて、、、
日本人だったら何して過ごしていいのかわからなくなるかも、、、
でも、あんまり観光地化されるよりいいなあ、、、と。
あはは、木登りのヤギ、そうそう、必要に迫られる必要性があるなあ、と
ヤギたちを見て思いました(へへ;
あ、おとうさんにもありがとうございます。
旅先だから祝えてもらえた、って感じでした(笑)
そう、フローラもずっと一緒。
車ではほとんど寝てるコだから、道中は楽、
まりおのように、しょっちゅう用足しで車を止めることもなく、問題ない旅でした^^
食事はしょうがないですね、姉には申し訳なかったけれど、我が家の事情に付き合ってもらいました。
皆一緒に行けてよかったです^^
Commented by nmariomama at 2012-03-24 17:08
☆tetsuro-wさん
はい、ありがとうございます。
一番疲れたのは一人で運転したおとうさんでしょうねえ。
私は楽チンな旅をさせてもらいました^^ヾ
姉もこれだけ旅ができるとは思っていなかったみたいで、すごく満足してもらえて良かったです。
まあ、ちょっと姉にとっては不自由なワン連れの旅になりましたけれど^^ヾ
モロッコも海側だけで、いろいろ見所はたくさんあります。
コレに加えて内陸の砂漠、山岳地方、ほんと、いつかいらしていただける日が来るといいなあ。
動物園の話、ぼちぼちで載せていきますね。
Commented by nmariomama at 2012-03-24 17:17
☆セシリアさん
そうですねえ、1970年と言ったら、モロッコはまだまだいろんな点で遅れていたでしょうから、
地震の後も大変だったと思います。
それにしても、ちょっと複雑な気持ちにさせられましたね。。。
スミダのスープ、セシリアさんの言っていた白いハリラ、だと思います。
そうね、アメドさんに詳しいこと聞けるといいわねえ。
ツイッターのほうからでもだめですか、相互フォローしていたらDM、送れると思うけれど。
あはは、あそこのバーね、一応メニューにはカクテル類もあったんだけど、
実際はビールだけでした^^;
ひょっとすると夏のシーズンだったりすると、ちゃんとしたバーテンがいるのかもしれない。
泊り客、少なかったし。
お酒って不思議よね、私なんかも体調が悪かったりすると、全然飲みたくないし、
飲んでも不味いし。
セシリアさんの場合も今はちゃんと体のほうでコントロールが効いて、
ほしくない、と言う風になってるのでは?
Commented by arc1017 at 2012-03-24 18:35 x
モロッコ国内旅日記、楽しませてもらいました。
背景知識も一緒やから、勉強にもなりましたしね^^。
下の記事の、アルガンの木に登るヤギさんですが、アルガンの芽を食べるのなら、そのヤギさんの乳はこれまた若返りのミルクなのではっ!と勝手に想像してしまってます。
こちらオーストラリアでは、牛乳にアレルギーがある人にはヤギのミルクが良いらしく、ヤギのミルクで作られた石鹸は、アトピー肌の人や超敏感肌の人達に人気なんですよ。
アルガンの芽を食べるヤギさんのミルクで作った石鹸なら、若返り&肌にも優しい、すんばらしー石鹸になりそうですねぇ☆と、少しうっとりとしてしまいました^^;。
Commented by ruggine at 2012-03-25 01:35
地震で街全体が埋められてしまったなんて・・・なんだか想像できません。
こちらの地下から遺跡が見つかるのとも違いますものねぇ・・・。
うーん、当時そこに住んでいた人達って今どんな気持ちなんでしょう・・・。
長年住み慣れた場所にもう二度と住めなくなるって非常に悲しいことですよね。

お父さん、運転お疲れさまでした。
まりおままさんもお姉さまとの旅行、よかったですね♪
ハッ!!5kgまでですかっ!!
ボス、アウトです~。(笑)6kgでーす。
Commented by nmariomama at 2012-03-25 15:49
☆arc1017さん
ありがとうございます。
いや~ 旅レポって難しいですね。
うるわしさんがいつも、難なく旅レポをこなしてるのは、すごい才能だと思いました。
時が経つと忘れちゃうし、どんぴしゃの写真を撮ってなかったり、、、
四苦八苦でした~
ヤギさんのミルクから石鹸ですか。
う~~ん、ここもいろんな石鹸あるけれど、それはまだ聞いたことないですねえ。
手作りしないと、ですね。
こちらはヤギのチーズはたくさん食べますけれど、そうか、ミルク自体、
アレルギーにいいんですね。
アルガン石鹸もアトピーにいいらしいから、ほんとだ、その芽を食べる
ヤギのお乳から作る石鹸は最強かも(笑)
ヤギのお乳を手に入れて、作ってみたくなりました へへ
Commented by nmariomama at 2012-03-25 15:55
☆ruggineさん
そう、この地震で壊滅してしまった街のお話を聞いた時はショックでしたね。
石は瓦礫と化したら、その後片付けは本当に大変でしょうね。
そうは言っても、そこを離れなければならなかった人たちの気持ちを思ったら、
大震災のことを考え合わせて、胸が詰まる思いがしますね。
はい、無事に旅が終えられて良かったです。
最初はこんなにあっちこっち行けると思ってなかったので、
姉もすごい満足して帰ってくれました^^
あはは、そうか、ルッジネボスさま! ダイエットしないと、このホテルに泊まれないぞ~
フローラもちょいと油断したら危ないかも、気をつけないとねえ へへ;
Commented by きゃふ at 2012-03-25 16:06 x
まりおままさん、こんにちは♪
夕陽のお写真、素晴らしいです!

あたり様が当ててくれたら・・・
必ずモロッコに別荘を!
お約束いたします(*^_^*)

あたり様・・・
いつになったら、当ててくれるのやら(^^;
Commented by sora at 2012-03-25 19:33 x
1200キロをご主人さま一人で運転・・・すごいですね。
その最中にお誕生日を迎えられて、それは盛大にお祝いを
しなくてはいけなかったですね。なのに、ご希望のお飲み物がナイ!

やはり夕日もきれいですね。モロッコでも地震があった
んですね。最近は地震恐怖で…と言いつつまだ準備も
してない我が家です。(恥)
お姉さまとご一緒の旅、楽しそうな雰囲気がよく伝わって
きましたよ。
Commented by bbwan at 2012-03-25 22:59
旅のレポート 興味深く読ませていただきました。
ご主人 運転ご苦労様でした。  フローラちゃんも一緒でいろいろと勉強したでしょうね。   あちこち犬と一緒に旅をしてみると犬も学習してくれるのだと思います。 
旅の思い出は、旅の途中で立ち寄ったカフェとかで飲んだものや食べたものなんかを覚えているものですね。 
Commented by Dewi at 2012-03-26 14:26 x
お父さん、お疲れ様でした~!!
1200キロの旅、楽しませていただきましたよ。

ヤギの木登り、この目で見てみたいです~~。
落下する、どんくさいヤギはいないのかしら?(笑)

破壊したアガディールの街を
全部埋めちゃったという発想が凄い!
確かに復興するにはお金も時間もかかりますもんね。

日本人にはない発想ですよね。(インドネシアなら、同じくやりそう・笑)

フローラちゃん、色んな所に行けていいな~。
ご本犬は自覚してないかもしれないですが。
Commented by nmariomama at 2012-03-26 17:05
☆きゃふさん
ありがとうございます^^
空気が綺麗だと、夕陽も綺麗に見えますね。
少し霞みがかっていたのが、かえって良かったかも、です^^
あはは、お待ちしてま~す。
モロッコの各リゾート地に、
あたりさま! おねがいいたしま~す へへ
Commented by nmariomama at 2012-03-26 17:10
☆soraさん
私が運転をしないものだから、1人でということになり^^;
元々運転は大好きな人なので、全く苦にならずのようでしたが。
まあ、普段はもうお誕生日といっても何もせずでしたが、
旅先ということもあって、じゃあ、お祝いしようか。。。
あはは、そうなんですよ、私がちょっと久しぶりにカクテルなんぞ飲みたいなあ、、、
なんて思ったのですが、いえ、メニューには載ってたんですが、
結局その時にちゃんとしたバーテンがいなかったってことなんでしょう。
モロッコも過去にこんな地震がありましたので、これからもないとは限らないんでしょうが、
全く地震対策なんてしてない国ですので、かえって怖いです~
はい、おかげさまで、姉もまんぞくしてくれた旅となりました^^
Commented by nmariomama at 2012-03-26 17:14
☆bbwanさん
ありがとうございます^^
旅のレポってつくづく難しいと思いました。
いろんなこと忘れてますものね。
そうそう、食べ物関係はわりに鮮明に。。。へへ
ワンにとってはどうなんでしょう。。。
飼い主の都合であちこちと、、、なんて気もしないでもないんですが、
ワンはワンなりに、その場所その場所で何か吸収してくれてることが
あれば、いいのですが。。。
Commented by nmariomama at 2012-03-26 17:20
☆Dewiさん
楽しんでいただけましたか、嬉しいです、ありがとうございます~^^
そう、運転手は疲れるでしょうねえ、私が運転しないものだから、
みんな任せっぱなしで、私は楽チンな旅をさせてもらいました。
あはは、そうそう、たまにはいるんじゃないかしらねえ、
どんくさいヤギやら、お調子者で登りすぎて降りられなくなったヤギとか。。。
なんて、私も想像してましたが。。。
壊滅の街を埋めてしまう、、、、1960年のモロッコの話ですから、
瓦礫の処理なんか、大変なことだったんだろうなとは思いましたが、
やっぱりちょっと複雑な気分でした。
旅にワン連れ、、、、どうなんでしょうねえ。
本ワンはどう感じてることか、、、へへ


<< まりおの花が咲いたよ^^      木に登るヤギたち >>