2012年 01月 25日

大照院

さてさて、今回は大照院というお寺です。


大照院に続く道  又猫に出逢う・・・・ 黒白猫さん、ああ、へ~ちゃんはどうしているだろう、、、
なんてモロッコに想いを馳せた一瞬でもありました へへヾ

e0092286_21524013.jpg



大照院は8世紀末~9世紀初めに創建されたお寺。
が、どうも創建の経緯などは良くわかっていないらしい。

現在の本堂は1747年に火災に遭い、再建されたもの、とのこと。

しかし、私たちが訪れた時も修復の最中だったのでしっかりとは見ることができず残念。


e0092286_21525388.jpg



e0092286_2153316.jpg



e0092286_21531227.jpg



e0092286_21563213.jpg



本堂は諦めて、、、、

ここのもうひとつの見所、国の史跡になっている境内の奥にある萩藩主の毛利家の墓所を見に。

墓前に藩士が寄進の石灯篭がならんでいるのですが、その数、600数基が圧巻。

e0092286_21564929.jpg



e0092286_21565985.jpg



しばらく境内内を散策した後、お昼の時間に向けてお目当ての場所に移動。


【あじろ】 という和食のお店。 結局は又萩城の近くまで戻ったことになるのですが、
とっても美味しかったので、萩を訪れる機会があったら、是非どうぞ^^♪


e0092286_21571463.jpg

向かって左はゴマ豆腐、これも中々のお味でした^^


刺身定食を所望、ここでも出たフグが、お刺身もコフグのから揚げも
ひょっとしたら、下関で食べたのよりも美味しかったかも~
e0092286_21572130.jpg



というところで、この日の午後のお話は又次回に。。。

もう一回だけ萩のお話続きます~ 最後に泊まったホテルのことなどもちょっと^^


e0092286_21581734.gif



******************************************************
[PR]

by nmariomama | 2012-01-25 22:27 | 帰京日記- 2011 | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://petitmario.exblog.jp/tb/17273072
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ryonouske at 2012-01-25 23:03
萩とても懐かしいです。小学生の時の修学旅行が萩でした♪
nmariomama さん萩焼購入されましたか??
Commented by tetsuro-w at 2012-01-26 00:10
私が新入社員の時、
実習で3ヶ月間、北九州に居た時に、
休日に萩まで足を伸ばした時のことを
懐かしく思い出しました。
胡麻豆腐もお刺身も、とってもお上品で
見るからに美味しそうですね~。
Commented by セシリア at 2012-01-26 09:43 x
う~ん、やっぱり猫が似合いますねぇ。
それに、まりおママさんって、写真の構図が上手ですよね。
私は全然写真の才能が無いので、羨ましいです。

美味しそうなお料理です!
ゴマ豆腐、私も好きです。ちょこちょこっと、あれこれ出てくる料理って、目でも楽しめていいですよね。
和食は、器とかもあれこれ楽しめますね。どこの国の料理も、美味しく頂けますが、やっぱり日本人、和食はホッとします。
器の選び方とか、盛りつけとか、こうやって見ることで、勉強にもなりますよね。
Commented by きゃふ at 2012-01-26 11:29 x
どっしりとお行儀よく並んでいる灯篭に
歴史の重さを感じます。
すごいですね。

ゴマ豆腐とフグ。
大好きなんです!
食べたいっ!(^^;
Commented by ゆうか at 2012-01-26 15:05 x
こんなにたくさんの石灯篭がある場所、はじめて見ました~^^
しかも、道のつくりというか、不思議なお庭ですね。
二つの鳥居が台形の道の先にあります。
こういう史跡を拝見すると、つくづく、東のお江戸は江戸時代以降の数百年の歴史なんだなぁって思います^^
そちらはほんとうに、お料理が、ふぐふぐ!
福♪なんですね♪
きっと上品な良いお味なのでしょうね☆美味しそう!
Commented by nmariomama at 2012-01-26 16:39
☆ryonouskeさん
あ、そうだったんですか。
小学校の修学旅行で萩、ってなんか渋いなあ(笑)
でも、山口の歴史がいっぱい詰まった街ですものね。
萩焼、残念ながら私は今回は買いませんでした。
焼き物は大好きなんですが、モロッコに持って帰るのに難儀なので。。。
Commented by nmariomama at 2012-01-26 16:42
☆tetsuro-wさん
おお、北九州時代というのがおありだったのですね。
若かりし頃^^
北九州からなら近いですものね、懐かしんでいただけて嬉しいです^^
そう、このお店、ちょっと量的に上品過ぎて男性には物足りないかもしれませんが、
前日ふぐ料理を食べ過ぎていた私にはちょうど良かったです(笑)
Commented by nmariomama at 2012-01-26 16:47
☆セシリアさん
あはは、猫ばかり目についてしょうがありません。
この猫さんは多分飼い猫だったよう。
構図、、、どうでしょうねえ、それなりの方から見たら、まだまだでしょうね。
でも、褒めていただいて嬉しいです、ありがとうございます^^
ゴマ豆腐、いただいた川越のお豆腐のゴマ豆腐も美味しかったですけれど、
これも中々だったんですよ。
ほんと、和食は器も楽しめるしいいですよねえ。
ここのはちょっと上品すぎるくらいの盛り付けでしたが、目でも、というのがあるので、
ちょうど良かったくらいでした^^
Commented by nmariomama at 2012-01-26 16:55
☆きゃふさん
ほんと、この灯篭の数にはびっくりでした。
さすがここの見所だったという感じで、周囲がうっそうとした森のような所なので、
尚更歴史の重みを感じさせる場所でしたよ。
あはは、次回のご旅行で、ちょいとバニ号を下関に回して是非、味わってくださいませ~
ゴマ豆腐のほうは、今はいろんな所で食べられますが、ここのは美味しかったし、
他のお料理も素材が良かったという印象でした^^
Commented by nmariomama at 2012-01-26 17:02
☆ゆうかさん
灯篭ってひとつあるだけで雰囲気があるのに、こんなにたくさんの灯篭って!
とにかくすごい数にびっくりでした~
みちの造りはどうなんでしょう、結構奥域がある場所なのですが、
道は後から造ったのか、、、、もっと素朴に灯篭だけ並んでいたのかもしれませんね。
西の歴史の重みって、本当ですね、東のそれとは比べ物にならない史実がたくさんあって、
こういう史跡も訪ね甲斐がありました^^
フク、ふぐはあっさり美味しくいくらでも食べれてしまうので、
キケンな食べ物でもあります~(笑)
Commented by Dewi at 2012-01-26 18:22 x
ものすごい昔、会社の出張にくっつけて、萩津和野、秋吉台をひとり旅した事があります。
大分忘れちゃってるんで、初めて見るような気持ちでお写真見てたんですが、このたくさんの灯篭の写真を見て、思い出した!あ、ここ行った事があるって(笑)。

萩焼もそういえば、買ったな~。でも一人ってやっぱり食事がつまらないですね。
ゴマ豆腐も刺身定食も、ごっくんものです。美味しそう!!
Commented by LALA at 2012-01-27 00:44 x
日本の木造建築って見事ですよね~。
お寺にはあまり馴染みがないので、しげしげと眺めてしまいました。
紅葉にはまだ少し早かったのでしょうか。
色づきはじめたモミジと、イチョウの落ち葉がきれいです。

あはは、やっぱり猫チェックは欠かせないですね!。
こんなとこにへ~ちゃんが(笑)。
石灯篭の数にびっくり。これは圧巻です。

旅の楽しみは食べること♪。(←大事ですよね~)
おいしそうなゴマ豆腐とフグとは羨ましい・・・。
和食は目でも舌でも楽しめるので大好きです♪。
Commented by nmariomama at 2012-01-27 18:48
☆Dewiさん
会社の出張ついで、というのがすごいですねえ。
良い時代だったのでしょうか(笑)
秋吉台は今回行かなかったし、行ったのは私も大昔なので、もう忘れてるなあ。
又行ってみたいですね。
大照院、見覚えがありますか、団体さんの観光コースからは外れるのか、
全然人がいなかったので、かえってのんびり楽しめました^^
そうそう、気兼ねないといえば一人旅の独りの食事もいいですけれどねえ、
やっぱり話し相手がほしいですね、食べながらでsも。
ここのお店、中々のお味でした^^
Commented by nmariomama at 2012-01-27 18:57
☆LALAさん
ああ、そうか、そちらは所謂こういうお寺は少ないんですねえ。
日本の文化って幅広い!(笑)
紅葉、まだまだのようでした。 
11月の初めでしたし、この時期は結構暖かい日が続いたし、
イチョウが綺麗だったので、せめてものなぐさめだったです~
馴染みの深い同じ柄の猫さんに会うと、もうだめですね。
つい、思いを馳せてしまいました へへ
この灯篭は見ごたえがありました。
写真たくさん撮ったけれど、私の腕ではみんな同じような写真に見えてしまって。。。へへ;
お料理、お上品な盛り付けでしたけれど、和食は器の数でも楽しめるし、
ナニはともあれ、前日食べ過ぎていたのでちょうど良かったです(笑)


<< 萩、泊まったホテル      萩城跡 >>