続・まりおの部屋

petitmario.exblog.jp
ブログトップ
2011年 06月 12日

お出かけはお出かけでも~~

今日(11日)はフローラの予防注射の日でした。

いつもの獣医さんからフローラの予防注射のお知らせが来なかったので、まりおのこともあるし、、、、
この際だからと、獣医さんを変えてしまいました。


実のところ、まりおを最後に連れて行った時のことを思い出してしまいそうで、もうあそこへは行きたくなかった。。。


長く通った獣医さんだったけれど、、、、もう先生もかなりのお年だし。。。


で、今度はちょっと遠いけれど、いろいろな点で新しい設備も完備されていそうな獣医さん、

ここは、モロッコの北の玄関口、Tanger在住のブロ友さん、TERRAさんから教えていただいた所。
ご自身の愛犬をいつも連れていっていらっしゃって、ここは、トリミングもしてくれるし、犬も預かってくれる、
ということで、へ~~ モロッコでも随分モダンな動物病院ができたんだなあ、、、、と関心はあったのですが、
そう簡単に獣医さんを変えるわけにも行かず、お話だけはいつも伺っていたのです。


でも、ちょうど良いと言ったらなんですが、良い機会と思い、思い切って新しい所に行ってみました。



場所は、いつも海方面へ行くルートの途中を隣街、テマラという街方向へちょっと入った所。
だから、フローラはてっきりいつものお出かけだと思ったでしょうねぇ

海が見えて来たら、窓にへばりついてましたから^^ヾ


ところがどっこい、着いた所は、、、、、


と言っても、外見は普通の一軒家。


e0092286_2152574.jpg


看板は出てますが、それがなかったら普通のうちと同じ。


それでも、フローラは何か異常を感じたか、ずっと私の腕の中で震えてました ^^ヾ


中に入ったら、あらま、とっても綺麗。

前の獣医さんはなんの飾り気もなしで殺風景だったのでびっくり。
大体、モロッコの動物病院なんてそんなもんだと思ってたし。。。


入ってすぐの受付

ちょっと待ってくださいね、受付のおねえさんが奥に消えた隙に一枚パチリ。。。

e0092286_2153627.jpg


なかなか戻って来ないので、待合室をきょろきょろ。

椅子のある場所の正面には、グッズも。。。。すごい値段がついてたけど^^;

e0092286_2154427.jpg

上の写真の向かって左の下にある機械、、、、モロッコの獣医さんで初めて見た体重計。
お~~~ 体重計もある~~~~  と感激 へへ

この体重計の左手の奥が診察室。

そして、ふと壁を見ると、時計が。。。。

可愛いワンちゃん時計^^♪

e0092286_216053.jpg



そう言えば、中に入る時の玄関マットは猫さん柄だったけ、撮り忘れたけど。


とまあ、今までにない雰囲気、こんな感じで私が楽しんじゃってもしょうがないんだけど、

肝心の先生、モロッコ人の男の先生、温厚な感じでとても親切に丁寧に診てくれました。
前の先生は、ちょっと聴診器をあてただけで、後は何にもしてくれませんでしたが、

全身の状態、目、耳、歯、、、検温。。。 そして、予防注射。

垂れ耳なので、気をつけること、定期的に虫下しを飲ませたほうが良いこと。

その場でそれぞれの薬も出してくれました。

これは助かります、ちゃんとした動物用の薬、
モロッコではまだたいていの獣医さんがニンゲンの子供用の薬を処方しますから。

フランスからの輸入になるので値段は高いのですが、やはり動物には動物用の薬が一番だと思いますよね。


こんなこと、日本や欧米では当たり前でしょうが、モロッコではまだまだ動物医療は遅れているというわけです。


さて、最後に体重を計ってもらいました。。。。


又最近ちょっと太ったような気がするフローラ、、、、果たして正確には何kgあるのでしょう~


怖がって、計りの上で固まってしまったので、きちんと計れたようです、いいコねえ~~  あはは


で、何キロだったの?         4、5kg    でした~~~

ああ~~~ やっぱり4kg以上あったんだなあ。


で、先生に恐る恐る、太りすぎでは? と聞いた所、


いや、このくらいで大丈夫だよ、触った感じでその感触、つまり太りすぎという感触はない、とのこと。

5kg以上にすると、飛行機でキャビンに一緒に乗れないから、気をつけたほうがいいね、
と冗談まじりで付け加えてくれました。

ま、フローラを連れて飛行機に乗る旅はしないと思うけれど、、、、
一応、覚えておこう~ へへ


というわけで、無事、今年も予防注射を終えたフローラでありました。



帰って来てから、ぐったり~~~ おつかれ~~~ のフローラ

e0092286_2162818.jpg




さて、、、、、今日は最後にもうひとつ。。。。

もうご存知の方もあろうかと思いますが、作家の村上春樹さんがカタルーニャ国際賞を受賞の件、
その時の受賞スピーチをもうお読みになりましたでしょうか。

全文が紹介されて賛否両論あるようですが、私はこのスピーチはとても良かったと思います。

内容は、福島第1原発の事故に触れ、「日本人は核にノーと言い続けるべきだった」というもの。

こちらに その内容が載っていますので、まだ読まれてない方、是非目を通していただきたいなあ、、、と思います^^>


それでは、今日はこの辺で。。。。


e0092286_2173234.gif



                             ブログランキングに参加しています。
                             どちらか応援ポチッ よろしくお願いしま~す。

                                   にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村                          にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ
にほんブログ村

                                                        ありがとうございました。


*****************************************************
[PR]

by nmariomama | 2011-06-12 03:34 | フローラ | Trackback | Comments(28)
トラックバックURL : http://petitmario.exblog.jp/tb/14938477
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by mitsuko_beauty at 2011-06-12 08:06
おはようございます♪
お久し振りです
マリオちゃん お星様になったのですね
暫くブログお休みしていた間に、カシュー シェリーの時には、暖かいお言葉いただいたのに すみませんでした
お空の向こうで、一緒に遊んでいるかなぁ
Commented by セシリア at 2011-06-12 10:22 x
新しい獣医さん、良さそうな方だし、近代的な設備もあるようだし。お薬、今までは動物用じゃなかったんですね!ビックリです。今度は、動物用だそうで、安心ですね。多少お値段が掛かっても、やはりちゃんとした方が、結果安心を得られるので、お得ですよ、きっと。体重計、うちの病院のは、診察台のトップが体重計になってます。フローラちゃんの病院の体重計が、テーブルになっているんですよ。なので、診察台に乗せると、嫌でも体重が測れます。ゆずは、デブで、2.3kgあったのですが、最近2.0kgになったようです。手術と、フードを替えて、食べない日が続いていたからです。今は、1日分の半分くらい食べてます。ウンチョスも出てます^^;どうにか落ち着いているようです。
フローラちゃんも、良さそうな先生に出会えてよかったですね。
あと、モロッコって(他も?)5kg以下だと飛行機のキャビンに乗れるんですか?驚きです。日本も?日本は貨物だったような?
Commented by ゆう乃 at 2011-06-12 10:56 x
こんにちわ~
フローラちゃんの精神的にバテバテの図、新しい獣医さんで診察と予防注射しただけで。へへ・・・
日頃天国のような生活をしていると顔に書いて有るようなものです。あはは・・・
野良猫へーちゃんが知ったら噴出しちゃう?

 作家の村上春樹さんのスピーチ、大きな痛手を受けた人々にとっては至極尤もな。

昨日 日本各地で反原発のデモ、今までの政治的なものと違って人数は少なくても若い人達の三々五々自発的な参加があったようです。
これから幼い子供を育てようとしている世代にとっては他人事じゃありませんから。
私のような年寄りは、”福島の野菜を売っていたら買おうか”と言っていられますが。
Commented by tetsuro-w at 2011-06-12 13:07
病院を変えるのって、
人間でもなかなか難しいことですが、
思い切って変えてみて、良さそうな獣医さんに出会えて
本当によかったですね。
フローラちゃん、ぜひ体重を5kg以下にキープして、
一度ぜひ日本に連れて来ていただけたら嬉しいなぁ~
なんて夢想してしまう私です・・。
Commented by きゃふ at 2011-06-12 13:39 x
素敵な病院ですね。
日本と変わらない感じです。
が・・・
今までの病院とは全く違うんですね(^^;

動物用のお薬もちゃんと処方してくださって
診察も丁寧で
こちらに移った甲斐がありますね(*^_^*)
Commented by nmariomama at 2011-06-12 22:39
☆mitsuko-beautyさん
お久しぶりです、お元気そうで安心しました。
まりおのこと、突然だったのでかなりへこみました。
こちらこそ、お知らせせずにごめんなさいね。
シェリーちゃんとカシューくんと、きっと今頃は一緒だと思います。
みんな一緒、平和に暮らしてるでしょう。
ブログの方、まりお亡き後ですが、何とか細々と続けてます、
mitsukoさんは、再開されたのかしら、又遊びに来ていただけたら嬉しいです、
又よろしくお願いしますね^^>
Commented by nmariomama at 2011-06-12 22:46
☆セシリアさん
そうなんですよ、今までの獣医さんも良い方だったけれど、
変わるのも仕方ないかな、、、、比べてみたら、随分旧式だったし。。。
体重計もなかったんですものね。
ああ、そうか、診察台がそのままだったら計りやすいですよね。
でも、フローラは固まってしまってたから大丈夫でした(笑)
フローラはダックスが入ってるから、4kg以上あっても問題ないようです。
ゆずちゃん、2kgですか、やっぱりちわわちゃんは軽いなあ。。。。
フローラの半分ってことですよね~^^ヾ
でも、とにかく元気になって良かったですね、ほっとしたでしょう^^
飛行機、こちらはそうなんですよ、国内とヨーロッパ辺りなら5kg以下なら
手荷物扱いになるそうです へへ
Commented by nmariomama at 2011-06-12 22:51
☆ゆう乃さん
もうね、ほんと外が苦手で、街中、他人の家、初めての場所、がちがちに
固まってしまいます~
相当なストレスなんでしょうねえ、、、、本ワンにしてみれば^^;
あはは、へ~ちゃんに笑われちゃいますよねえ。
村上氏のスピーチは、的を得ていると私は思いました。
廃止の方向で話が進むと良いですけれどねぇ。。。。
そうなんです、要は子供たちの未来を守らなくていけない、ってことなんだと思います。
今すぐに影響が出ないということが怖いですよね。
Commented by nmariomama at 2011-06-12 22:57
☆tetsuro-wさん
そうそう、人間の場合でも、いろいろ考えてしまいますものね。
まあ、良い機会だったので変えてみましたが、正解だったようです^^
あはは、太りすぎだと思っていたのですが、大丈夫と言われて安心したものの、
まあ、この辺が限度を思っておいたほうが良さそうです~油断するとね^^ヾ
このキャビン、5kg以下OKというのは、ヨーロッパラインの話だと思うんですよね。
やはり、ロングフライトとなると話は違うので、日本までは無理だろうなあと思います。
そもそも日本のラインは動物はみんな貨物扱いだったような。。。???
まあ、残念ながら、フローラが飛行機に乗るということ機会はないだろうなあ。。。
Commented by nmariomama at 2011-06-12 23:03
☆きゃふさん
私、日本で獣医さんって行ったことがないから良くわかりませんが、
こんな雰囲気ですか? 
一歩中に入ったら、前の獣医さんの所とあまりに違うのでびっくりしちゃいました(笑)
その場でお薬をいだけるし、何より体重計があったのが嬉しかったなあ へへヾ
初めてちゃんと計れました、フローラ、、、
獣医さんからは大丈夫と言われましたが、これが限度ではないかなあ。。。
これ以上重たくなったら抱っこは勘弁ですのでねえ(笑)
中々病院を変えるってできなかったのですが、思い切って変えてみて
良かったです^^
Commented by Terra at 2011-06-12 23:25 x
こんにちは、ご無沙汰しています。
少しずつですが、ブログを再会しました。
近々、プーの近況も報告して参りたいと思っています。

Mimosa、行ってきたのですね。先生が、とても親切に見て下さるのと、まりおままさんが書かれていたように、
フランスからお薬を輸入しているので、少し高いですが、とても安心です。

なによりも、日本で使っていた薬と同じものがあるので、継続して服用させられるのが、嬉しいです。

フローラちゃん、4.5kgですかぁ・・・プーも先月の一時帰国前は4.5kgだったんですよ。
(私たちが、一時帰国している間に、やせてしまいましたが・・・)

それから、トラムのテスト開通したのですね。
かなり、カッコイイですね~~~。今度乗ってみたいです。
Commented by LALA at 2011-06-13 01:07 x
あら~フローラちゃんもワクチンだったのね。
病院は獣医さんとの相性がありますね。
私は病院ジプシーで、程度によって3箇所使いわけてます。

フローラちゃん、4.5kgって猫みたい~^^。

村上春樹さんのスピーチはツイッターで回ってきました。
彼のスピーチはとてもわかりやすい表現でわたしは好きですよ。
原発問題は、小さな子供を抱える親にとっては大きな恐怖を伴う問題です。
わたしの身近にもやはり原発を避けて沖縄に避難してきた家族がいますが、土地を離れることできつい非難もあったようです。
安心して暮らせる日が来るのかも不安だし、いつ地元に帰れる日が来るのかもわからない不安の中でも暮らしは楽ではないと思います。
何より見えない感じない放射能というのを意識しなければ、何もかわらず同じ生活を続けられることが一番怖いですね。
数十年後にどんな結果が出ても、今の役人たちはとっくに引退しているから関係ないってことになるのでしょう。
Commented by nmariomama at 2011-06-13 02:41
☆Terraさん
お久しぶりです、来てくださってありがとうございます、嬉しいです^^
はい、プーちゃんの近況報告、楽しみにしています♪
Mimosa、正直、もっと早くに変えれば良かったかなあと思いました。
そう、お薬は高くなりますけれどね、人間の子供用なんて、初めは
びっくりしましたもの。 ちゃんと効いているんだろうか、って思ったし。
あら、ぷーちゃんも意外に体重あるんですね、4kgないかなあ、、と塑像してました^^
そうそう、トラム、開通しましたよ、まだ土曜の午後と日曜は運休で、
この後の運行がどうなるかわかりませんが。。。
今度いらっしゃる時は是非試し乗りしてみてください。
あ、でも、ぷーちゃんは乗れないので残念です。
Commented by nmariomama at 2011-06-13 02:49
☆LALAさん
あら~ 三軒、回し使いですかあ。
こちらは、まずそんなに獣医さんの数がないので、選べないという難点があるんですよ。
私がここに来た時なんて、それこそラバトに三軒くらいしかなかったですから^^;
村上氏のスピーチ、私もツイッターで知りました。
そう、とてもわかりやすくて、自分の考えていたことを代弁してくれたようで嬉しかったので、
つい、皆様にも、、、と載せてしまいました。
避難できる方は避難したらいいと私は思うのですけれどね。
これにしてもいろいろ言う人がいるのでしょうね。
全く目に見えないものを相手にするのだから厄介、
そして、影響がすぐに出ないと言うことが、すべて後手後手に回っている
原因にもなってるように思います。
直ちに影響はありません、、、、ってひどい言い方ですよね。
>数十年後にどんな結果が出ても、、、、
正にそのとおりでしょうね、目先の利益だけを追ってる証拠ですね。
子供たちだけは、何とか守らないといけないと強く思います。
Commented by りとるふっとママ at 2011-06-13 08:47 x
フローラちゃんの予防注射 お疲れ様でした。
病院も変えられたんですね
マリオ君のこともあってのようで・・・
私も 大が亡くなってから 少し疑問に思い
思い切って変えたおかげで いい方向に転んだと
今では ホッと胸をなで下ろしています。
最新の検査機器を入れているところは 経営が前向きですのもね
私も以前通っていたところは 仲人さんでもあり・・・
でも跡継ぎが居ないので 検査機器も古いものが多く
格段の差でした><; 

村上春樹さんのスピーチ見させていただきました
いいお話をされていて 代弁していっていただけたようで
なんだか 読んでいて スカッとしましたよう^^

Commented by tnysatcmo at 2011-06-13 12:24
フローラちゃん、おつかれさま〜。
お医者さんへ行くのはおばちゃんも嫌いだから気持ちはわかるわ〜。
でも痛くならないうちにちょこちょこ行った方がいいのよ〜。
まりおくんが良い病院を紹介してくれたと思って頑張ってねー。
にゃんままさんもおつかれさまでした^^。
村上氏のスピーチ、明快ですね。
新聞に毎日各被災地の人の今が写真付きで載るのですが、
まあ皆さんけなげすぎて涙が出ます。
父も今月半ばか末には仮設に入居できる様です。
仙台だし、もう年金暮らしだから仕事の心配はしなくてもよいし
他の被災者の方、とりわけ福島の方々に比べればラッキーな方です。
感謝しなければ。
Commented by nmariomama at 2011-06-13 15:10
☆りとるふっとママさん
フローラは、基本外は好きなんですけれどね、場所によってはほんとにストレスになるようで^^;
病院って人間もそうですが、ちょっと縁故関係なんかもあったりすると、
(ママさんの場合、仲人さん?@@)中々変えられませんよね。
前の先生もいい先生だったのですけれど、もうだいぶお年だったことが、
まりおの最後の診察の時にちょっとひっかかっていたものですから、
申し訳ないなあ、と思いながらも思い切って変えてしまいました。
結果、とても良さそうなので、安心したしだいです。
やっぱりモロッコと言えど、時代が変わってきているのだから、
動物たちもそれに合った治療をさせてあげたいし。
村上氏のスピーチも読んでくださってありがとう。
そうでしょ、私もすっかり代弁してくれたような気がして、読み終わった時、
何だか気持ちが晴れ晴れしました^^
未来のために子供たちばかりでなく、原発から動物たちも守らなければ、、、と思います。
Commented by nmariomama at 2011-06-13 15:31
☆tnysatcmoさん
フローラはほんと、笑っちゃうでしょう、全くの内弁慶お嬢です。
ほんとですね、まりおが連れって行ってくれたのかもしれませんね。
何にしても、獣医さんにお世話になるのは、一年に一回ですんでくれますように。。。^^
お父様、仮設住宅待ちももうじきだということで、良かったですね。
いえいえ、被災なさった方々のご苦労は、皆さん同じだと思います。
政府の対応が後手後手になっているようで、なんだか見ていても歯がゆい思いですが、
地元の皆さんが自ら立ち上がろうとしている姿に、却って勇気付けられます。
村上氏のスピーチは本当にわかりやすくて、まさに自分の気持ちを代弁してくれた、
という気がしました。
世界にも名の知れた作家の方が、このような言葉を発信してくれたということも
とても嬉しく思いました。
Commented by ruggine at 2011-06-13 17:47
新しい病院が見つかってよかったですね。
昔通われていた病院だとまりおクンを思い出してしまう・・・ってお気持ちスゴクよくわかります。
過去にお世話になった人や好きだったモノ・・・全てのモノがまりおクンに繋がっていますからね。
時間の流れと共に「素敵な思い出」となるまでにはもう少し時間が必要かな?って思います。
フローラ姫、お疲れサマでした~~~~。頑張ったね♪エライ、エライっ。
って、たったの4,5kgですかっ!!ウチのボスより軽いわ~♪

村上春樹氏のスピーチ、早速読ませていただきました。
とてもわかりやすく日本人の性質を説明されていらっしゃいますね。
>日本人はそのようなあきらめの中に、むしろ積極的に美のあり方を見出してきました。
本当にその通りだとは思いますが今回の原発問題に関してはそうあってはダメだと言うコトですよね。
Commented by nmariomama at 2011-06-14 00:13
☆ruggineさん
前の先生も良い方だったけれど、いくらモロッコでも旧式過ぎた、、、
ということもあるし、やっぱりまりおのことが一番大きいですね。
まあ、申し訳ないけれど、良い機会だったと思ってます。
ほんとに、未だにいろんなことがまりおに結びついてるのには、自分でも驚いてしまいます。
仕方ないですね、時間に任せます。。。
あはは~~ とにかく普通の猫よりサイズは小さいですから、
でも、それでも4kg以上あるということは・・・???
ルッジネくんはボスですもの、ボスたるものはまずは風格ですものね、
体重を落とすわけには行きませんよね(笑)
村上氏のスピーチも読んでいただけて嬉しいです。
ほんと、日本人の性質から今回の原発事故までの流れをうまく説明してますよね。
そうそう、今回の原発問題では、日本人の殻を破らなければいけないってことですよね。
そもそも原発問題は、地震津波に関連したことではあっても、自然の問題ではなく、
ニンゲンが為したことなんですものね。
そちらの国民投票は、どうやら脱原発が勝利できたよう?
Commented by kobakoba-134 at 2011-06-14 10:27
おはようございます!
(*^^;;・・フローラちゃん、お疲れさま~!
でも、いいお医者様が見つかって良かったですね!
掛かりつけのお医者さま移動は、なかなか出来ないものですが、
思い切って、良かったと思います・・
信頼の置ける方、設備の整った所が一番ですものね・・
それに動物用のお薬もあって~(*^^;;・・
原発は、もちろんの事、私たちは、目先にとらわれないで、
全ての生き物が、安心して生きていける地球を維持して、
守って行かなければ、いけないように思いますね~!
Commented by oton at 2011-06-14 13:04 x
こんにちは、広くってキレイな病院ですね。
それにおしゃれな感じがします。
うちで行っているところは下町情緒があるかなぁ^^
フローラちゃん、ルビィと同じ重さです。
犬的には人間の手をすり抜けていくのには丁度良い大きさですね。^^
村上さんのさんのスピーチは気を配りながら核心を突いたメッセージでしたね。
TVでもダイジェストを拝見しました。村上龍のルックスを取り違えていたことが分かり、恥ずかしい限りです。^^
起きている現象に、私は、なすすべはナシ、というのが現在の心境で、今後、のことには積極的にかかわろうと思います。
しかし、空母寄港をあれだけ反対していたのに、うかつでした。
Commented by nmariomama at 2011-06-14 15:28
☆kobakoba-134さん
前からお話は聞いていたのですけれど、今回思い切って良かったと思います。
ねえ、お薬がニンゲンの子供用、ってびっくりしますよね。
これで一安心という気がしました。
とは言え、お世話になるのは年に一度ですむことを願いますが^^
原発のはやはり安全とはどうしても言い難いと思いますので、
それに代わるもので、なんとか日本の暮らしを立て直すべきだと思います。
本当に、すべての生き物が安心して生きていける地球にしなくてはいけませんね。
Commented by nmariomama at 2011-06-14 15:40
☆otonさん
今までの所と雲泥の差というのでしょうか、、、、^^ヾ
長いことお世話になった獣医さんだったので、代えるのは心苦しい気もしたのですが、
思い切って良かったと思います。
下町情緒もいいでしょうね、先生とも懇意になれそう^^
あ、ルビィちゃんはもう5kgくらいあるかなあ、、、と ^^;
ラサの体重はは毛で騙されますね(笑)
そうですね、フローラもこれ以上重くなったら片手でひょいとというわけにはいかなくなるし、
これをリミットにしたいと思います へへ
村上氏のスピーチ、まさにおっしゃるとおり、気を配りながら核心を突いたメッセージ、
ですね、見事だったと思います。
そうですね、これから国民がどう動くかで、日本の未来も大きく変わるでしょう。
とにかく子供たちの将来がかかってますので、今、オトナたちが必死で戦わないと、という気がします。
Commented by 秋津 at 2011-06-15 11:43 x
病院疲れですか、フローラちゃん(^_^;)
うちも秋田犬とマスチフは獣医が違います。
秋田は昔からの実家の犬たちのかかりつけ、マスチフは断耳の上手な所です。
秋田のかかりつけの獣医さんはCTもあるし良いんですが、マスチフはあんまり診たことがないとかで…
よい病院に巡り会えて良かったですね。
Commented by nmariomama at 2011-06-15 15:17
☆秋津さん
そうなんですよ、完全な内弁慶だから、外ではものすごいビビリで。。。へへヾ
なるほどね、犬種によっても獣医さん対応は気をつけないといけないですよね。
我が家も初代のシェパは、元気が良すぎたので、同じく若い熱血漢に燃える先生に診てもらっていました、
って、これは犬種じゃなくて、性格の問題だったですが(笑)
今度は、いろいろな意味でバランスのとれた所のようで、安心して続けられそうです。
ニンゲンと同じく、動物も病院選びはちゃんとしてあげないと、ですね。
Commented by 竜まま at 2011-06-17 11:28 x
わー、素敵な獣医さん♪
医療に関しては何でも新し物好きなオーナーでいてほしいですよね。
お値段はやはり高めですか?
そちらで先端のものを買いそろえると言うことは
リスクも伴いますよね。

ほんとに動物好きの先生みたいで良かったですよね。
Commented by nmariomama at 2011-06-17 15:15
☆竜ままさん
一歩中に足を踏み込んだら、別世界でした(笑)
いや、ほんとにね、そのくらい今までの獣医さんと違っていたのでびっくり。
>医療に関しては何でも新し物好きなオーナーでいてほしいですよね。
ある意味、本当にそうですね、
値段はね、普通の診療に関しては一緒ですが、薬が皆輸入物になるのでかなり高めです。
でも、今まで人間の子供用の薬だったんですからねえ。。。
これが普通なんだと思えば、高いと文句を言う気になれません へへ
まあ、獣医さんとあんまり懇意になっても何だし、、、、
でも、これだけちゃんとした設備の獣医さんにいつでも駆け込めるという安心感はいいものですね。
もっと早く変えておけば良かったかな、、、、とちょっと後悔も。。。


<< ラサ・アプソの赤ちゃん、リリィ...      へ~ちゃんですよ~^^ >>