2011年 05月 25日

「想い出のまりお」 ラサ・アプソとまりお

前回でまりおがラサ・アプソという犬種だということが判明した時のことをお話しましたが、

今日は、ラサ・アプソとは? の話を、まりおに照らし合わせながら進めたいと思います^^


さて、まずはラサ・アプソという犬種についてですが、

私も初めて聞く犬種だったのですが、日本では100頭位しか、登録がないそう。
それも減少の傾向があるそうで、とても残念です。

で、ラサは、チベット原産の2000年も古い歴史を持つ犬なんだそうです。

ラサはご存知、チベットの首都名、そして、アプソはチベット語で山羊を意味するそうですが、

山羊はチベットでは神聖なものとして扱われ、アプソは詳しく言うと、黄金色の被毛を持つ山羊の意。

人の死後「魂が宿る犬」と信じられ、ラマ教の僧侶の庇護を受けて飼育されていたのだそうです。

現在でも幸福をもたらす(魔除け)犬と信じられているということで、
う~~む、まりおはお守り犬だったのか、と改めて感慨深いものを感じるしだいです へへ


又、ラサ・アプソは中国の朝廷へ雄犬が献上された事があり、
この犬がシーズーの祖先犬になったのでは、と考えられています。


さて、ここで、日本のラサ・アプソをご紹介したいと思います。

唯一、ラサ繋がりでお世話になってるブロ友さん、ダンディ・リリィ&ルビィ の Otonさんちのお子様方です。



☆ ダンディくん  4歳 おとこのこ  アンダーコートがたっぷりの立派な被毛

e0092286_1541514.jpg



☆ リリィさん、 4歳 おんなのこ  ベージュ系の優しい色合い、被毛はまりおに似て、アンダーコートが少なめ。

e0092286_15414035.jpg



☆ 末っ子のルビィちゃん  2歳 おんなのこ  まだまだやんちゃ盛りだけど、最近少しレディの雰囲気も。

e0092286_1542337.jpg



そして、リリィさんは、ただいま妊娠中で、来月が出産予定。
おとうさんは、もちろん、ダンディくん。

定期健診は順調だそうで、今のところ、5匹生まれるのではないかと獣医さんのお話だそう。


う~~ん、楽しみですねえ、りりィさんのお子さまたち、早く見たいなあ。。。
どんな毛色だろう^^

又その時になったら皆さんにもご紹介させていただきますね♪



さて、ラサ・アプソのお話の続きですが、ラサは、聴覚がきわめて鋭く発達してるそう。

なるほど、納得です、まりおがいろんな物音にすごく敏感だったこと。

ニンゲンの言葉にも敏感に反応したのもそのおかげだったんだなあ、、、、

人の認知も匂いもさることながら、遠くから知人と他人を見分ける能力に秀でていると言われてるそう。

うむ、まりおも匂いより、聴覚でその能力を発揮していたんだな、きっと。

だって、夜中に物音がしても、それが我が家の人間が発した音は、スルー 
猫が立てた音でも、それが我が家の猫ならスルーでした。
でも、他の物音には吠え立てていましたから、、、、、ってほんとかいな、いや、ほんと!(笑)

外門を開ける音もちゃんと、おとうさん、息子、あるいは訪問者か、聞き分けてましたものね。

すごいぞ、まりお! へへ


さて、他の性格としては、ラサは他のチベット原産の犬種に共通の気質、

主人に忠実で情愛深いが他人に対しては警戒心が強い事が挙げられています。

これもぴったり!

だから、番犬もしっかりこなしてました。

小さくても、ウィンダ亡き後、室内ではあったけれど、夜中でもちょっとした物音には目を覚まし、
怪しげな物音にはしっかり吠えていましたから。

フローラにその気質はありませんので、フローラはただ自分が怖い!ってだけで
吠えまくるだけですから、、、、、だから、考えてみれば、今我が家は無用心なんですよね へへ;


それで、ある犬種紹介の本には、この吠えるというのが、日本では室内飼いの小型犬としてのラサの欠点、問題行動とされ、
人気がない、とありました。 

ちょっと憤慨、それこそ、犬種の本来の気質を無視してるじゃないですか、
私がルーツを知りたい、と思ったのはそこなんですよね。

吠える、、、ニンゲン側の都合で煩いからそれは欠点だ、ってしては、犬の立つ瀬がないじゃないよねえ。

吠えるって元々は犬の仕事みたいなもんなんですから。

案の定、まりおも良く吠えましたが、でも、良く観察してると、それは決して無駄吠えではない。

そして、きちんと教えれば、吠えるのはやめます、それが大事なんです。

言ってみれば、警戒心が強くて良く吠える、というのは、原産のチベットでは長所だったわけで、
それを良く考えてあげなければ、犬は不幸になってしまうでしょう。


ただ、今はラサ・アプソも改良が進んで、吠えないようにブリードされているとのこと。

又、顔つきも、よりシーズーに似たほうが人気ということらしく、そういう傾向が強くなっているそうですが、
欧米では、原種に忠実にという考えも又出てきてるようだし、
全く犬種も人間の勝手が横行して、何がスタンダードだかわからなくなるってもんです。

ワンちゃんたち、いい迷惑よね! へへ


というところで、ラサ・アプソの紹介、おしまいです。

いつものごとく、舌足らずの説明で申し訳なく、何かご質問あれば、コメント欄でご遠慮なくどうぞ^^>


最後に、まりおのパピー時代の写真、これは、本ブログ初公開。

3ヶ月過ぎて、本格的にお出かけが始まった頃のもの。

海岸近くの砂浜を必死に歩く、パピーまりおです。

e0092286_15253175.jpg



この頃から、びっくりするくらい良く歩きました。


もう一枚、遅れてはと、必死でおとうさんの足元に付いていくまりおです^^

e0092286_15251929.jpg




というところで、本日は失礼いたします^^>


e0092286_1543099.gif


                                ブログランキングに参加しています。
                                どちらか応援ポチッ よろしくお願いしま~す。

                                        にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村                               にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ
にほんブログ村

                                                         ありがとうござました。



*******************************************************
[PR]

by nmariomama | 2011-05-25 17:04 | 想い出のまりお | Trackback | Comments(34)
トラックバックURL : http://petitmario.exblog.jp/tb/14839207
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ゆうか at 2011-05-25 18:57 x
ラサちゃんのコってグレーのお色のコが多いですね^^
まりお君はライトブラウンかな?
優しいお色の毛のリリィちゃんも美人さんですねぇ♪
しかももうすぐママになるのね!すご~い^^
どんなコが何匹生れるかとても楽しみです^^
ほんと、本来の犬の気質を飼いやすいように変える傾向が特に日本はあるきがします。
ウィリーの種類、ゴールデンレトリバーも、飼いやすいように、「小型化・毛量を少なく」されたあたらしいタイプのコが
最近は本当に多くて・・・
まぁ、みんな「うちのコ」になったら可愛いんですけどね^^
私は大きい犬は大きく、お手入れが大変でも毛は長いコが好きだけどなぁ~^^;
Commented by りとるふっとママ at 2011-05-25 21:07 x
 まりおくん登場ですね^^
ラサ・アプソという犬種だと言う事が分かったのは
随分たってからだったんですね!
普段は気にならないけど 気にしだすと気になりますよねぇ
特に ママさんの言う 犬種によっての性質の違いが特に
まりおくんは 絵に描いたように ラサ・アプソの性質が
出ていたんですねぇ
シーズーは ラサアプソとペキニーズが祖先のようですね

ペキニーズは 我儘で自由奔放とすると シーズーのこの飼いやすさは・・・まんざら別世界のお話ではないので 非常に興味が有ります。

まりおくんの パパさんに一生懸命ついて行く姿が
とても可愛いですねぇ~
Commented by セシリア at 2011-05-25 22:04 x
パピーの頃のまりお君、可愛い♥ぬいぐるみみたいね。
ラサアプソ、日本にもいるもんなんですねぇ。知らずに見たら、ヨーキーだと思っちゃうかも?あ!!昔父が、ペットショップで知り合った人から貰って来た犬。その人は、転勤で犬が飼えないから、ペットショップに相談に来ていて、父が引き受けて来たんですよ。本家で飼っていたんだけど、珍しい犬種だと聞いたそうで、父は忘れちゃってて。それが、まりお君に似ているんですよ。まさか?ヨーキーにも見えたけど、それにしては大きいの。血統書が手元にないから何とも言えないけど、珍しい犬種で、まりお君似って、もしかして、もしかするかも?もう他界してますけどね、ボビーって名前だったんですよ。
そうだ、今日、緊急でゆず、手術したんです!簡単な手術で、無事終わり、家にいます。入院より、在宅がいいだろうとの判断です。これで治まらないと、お腹を開く、大手術になるみたいです。
Commented by 小太郎 at 2011-05-25 22:24 x
そうですよね、赤ちゃんは泣くのが仕事
ワンちゃんは、吠えるのが仕事。
うるさいと虐待される赤ちゃんもいたりして
世の中変なのですね。

いまさらですが、まりおくん可愛いなぁ。
Commented by 秋津 at 2011-05-25 22:34 x
チベットの犬で思い浮かぶのがチベッタンマスチフ(大型好きな物で・・・)チベッタンスパニエル、チベッタンテリア、ラサ・アプソ。そういえば最近ラサ・アプソ見ませんね。
ゴールデンレトリバーで思い出しましたが、グレートデンもハスキーも小柄な個体が増えているそうです。室内飼いが増えて来て、それにあう小柄な子が好まれるせいでしょうか。
日本だけではなくて、海外でも小柄なハスキーを作りだしたりしているみたいです。
うちは来月秋田犬の子犬が来ます。そして多分年内に土佐の子犬が来ると思います。
Commented by LALA at 2011-05-25 23:16 x
ラサアプソでもいろんな毛色がいるもんですね~。
私が見たのは、ルビィちゃんに近いタイプで、もっと茶色が濃かったな。
仔犬の頃のまりおくん、こんなのが家にいたら、もう可愛いくてたまりませんね~。
ほんと、動くぬいぐるみ!。
犬が吠えるのは理由がありますね。
ただ単に無駄吠えする犬も多いので、これは困りものですが、ワケあって吠えるのは犬の習性ですよ。
でも、うちの犬たちはちっとも番犬になりません^^:。
Commented by nmariomama at 2011-05-26 00:26
☆ゆうかさん
そうですね、グレー系がわりに多いのかな。
リリィさん、美人さんですよね、パピーが楽しみです^^
ゴールデン、なんかもそうなんですか。
もうどんどん変えられていっちゃうんですね。
確かに時代に合わせるとそういうことになるのでしょうが、
あまりに無理があると心配になります。
そうそう、大型犬は大きいから魅力があるのであって、ロングの毛のコも、
ロングだからこそいいのであって、あんまりそれから外れてほしくないですね。
Commented by nmariomama at 2011-05-26 00:33
☆りとるふっとママさん
そうなんですよ、もう1歳半を過ぎた頃でしたのでね、
もうちょっと早くわかっていたらどうだったかな、とも思いましたが、、、、
まあ、万事こちらのことで、わかっただけでも、、、ってとこです^^ヾ
いろいろテリア系か、とか、他の犬種に照らし合わせてみても、どれもしっくり来なくて、、、
ラサだと判ったとたん、まるでジグソーパズルが全部はまったようでしたよ。
そうそう、中国に渡って、ペキニーズとのかけ合わせがシーズーだと言われてるようですね。
ふふふ、シーズーもペキニーズも熟知しているママさんにとって、
このラサの存在は大きいでしょう(笑)
otonさんの所で生まれるそうなので、今度はラサを手に入れる気がありませんか?
なんてそそのかしてみる(笑)
まりお、この頃からほんとに歩くのが大好きでした^^
Commented by nmariomama at 2011-05-26 00:41
☆セシリアさん
ラサは一度飼ったら虜になる、と言われれ知る人ぞ知る、の犬種なんですよ。
ヨーキーより、随分大きいですよ。ヨーキーは耳が立ってるしね。
でも、そのお父様のワンちゃん、もしかすると、、、、かもしれませんね。
小型犬でも大きい部類ですので、、、、
え? ゆずちゃん、結局手術になったんですか?
今朝伺って、病院に行ったというので、まずびっくりしたのですが、
処置がすんでおうち、とあったので、ちょっと安心してたのですが。。。
どうか、開腹手術になんかならないで、治まりますように。。。
Commented by nmariomama at 2011-05-26 00:44
☆小太郎さん
本来のものを勝手に否定されては、赤ちゃんも犬も本当に立つ瀬がないですよね。
(赤ちゃんと犬と一緒にするな、と言う方もいるかもしれませんが。。。
でも、子育ても、仔犬育ても同じだと私は思ってます^^ヾ)
あはは、いまさらながら、、、、なんて仰らずに、何時でもどうぞ~
まりおのやつ、きっとおなか見せて喜びますよ(笑)
Commented by nmariomama at 2011-05-26 00:54
☆秋津さん
そうそう、そちらでちょっと保護犬のことで記事で、大型犬を引き取るのに室内飼いが条件だと読んで、びっくりしました。
犬を大切に思うあまりのことだと思いますが、
引取り手の環境を十分を調べた上で判断してほしいものですね。
ちょっとなんだか変だな、と感じました。
そういう流れから、室内飼いの大型犬の小型化、なんてのも出てくるんでしょうねぇ。
チベット系の犬、マスチフもいるんですね、やっぱり毛が長いんでしょうか。
ラサもご存知でしたか、日本では散らばって100頭くらいということですので、
中々逢えないでしょうね。
チベットでも、もう純粋なラサは存在しないのではないかと言われているそうですが、
ラサもどんどん手が加えられているので変わっていくようです。
秋田犬の仔犬、まだかなあ、、、、なんてブログを覗かせていただく度に思っていました。
来月ですか、楽しみですね。
加えて土佐犬も! 和犬の魅力がとっぷりと味わえますね^^
Commented by nmariomama at 2011-05-26 01:02
☆LALAさん
結構毛色はさまざまのようですね、
でも、グレー系が多くて、好まれるようですよ。
ふふふ、動くぬいぐるみ、、、まさにそうだったんですよねえ、親ばかなんですけれど。
可愛かったですよ、このまりおで私は小型犬に対する評価(?)が変わりました。
元来は大型犬が好きだったのですが。
そうそう、犬が吠えるには、絶対何か理由があるんですよね。
無駄吠えにしても、原因があるはずなので、それを取り除いてあげなくてはいけない、
ということでしょうね。
あはは、ララちゃん、やさしいもの^^
うちは、今フローラじゃねえ、いばりんぼのくせに、びびりやで、
ただ怖いから吠えてるだけ、なんですもの^^;
Commented by りこりん at 2011-05-26 04:30 x
うわっ、前回にひきつづき、とっても濃い内容。
私などは知らないことばかりで、ノートをとらなくちゃいけない感じ(笑)。まず、ラサ・アプソという犬種名・・・聞いたそばから出てこない・・・ごめんよ、まりおくん。

それと、みんなそれぞれ違うのも面白いですね~。
これでは、もし道端で見かけることがあっても、分からないかもしれません・・・(汗)。ま、まりおくん似に会えたら、それだけで満足ですが。

犬種と特性のお話、ごもっともですね。
人間の都合で改良していくのは、弊害も起きるだろうし、あんまり賛成できません・・・。私も血統書とかには興味がないたちですし。

Commented at 2011-05-26 10:59 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by oton at 2011-05-26 12:28 x
こんにちは、まりお君と同じページに載せてもらい、うちのラサズも光栄です。
ラサ・アプソ、なんと覚えにくい名前なのでしょうね、
落語の寿限無・・・・・・でも覚えられるのに・・・・・・。^^

最初の頃は聞かれて答えるのも大変だったのを覚えていますよ。^^;

うちはママンがめぼしをつけたケアーンテリアが行儀がわるく、
そばにいた吠えない犬、ダンディを連れ帰った次第です。

また、次回を楽しみにさせていただきます
Commented by きゃふ at 2011-05-26 14:23 x
ラサ・アプソの性格がよくわかりました!

小さいのにお父さんのあとを追いかけて
必死について行く・・・
本当に従順な性格なんですね(@@)
Commented by nmariomama at 2011-05-26 15:08
☆りこりんさん
まあ、光栄でございます^^ヾ
そう、覚えにくい名前ですよねえ、実のところ私も苦労しました。
通称、ラサで通してます、ラサ,といってから、ゆっくり思い出して、
ラサ・アプソ、、、とか。。。(汗
毛色はさまざまなようなので、ほんと見ただけではちょっと判断がつかないでしょうね。
そちらではどうかしら、ラサはいるかな、英仏では結構人気種のひとつらしいです。
改良は、本当に改良であるならいいのですけれどね。
ニンゲンの都合と勝手だけでなんてのは許されないですよね。
Commented by nmariomama at 2011-05-26 15:10
☆鍵コメ(at 2011-05-26 10:59)さん
いつもありがとうございます。
早速又差し替えさせていただきますね^^>
Commented by nmariomama at 2011-05-26 15:18
☆otonさん
いえいえ、こちらこそ、オン・パレードでお三方、ありがとうございました。
又時々お願いに上がるかもしれません、よろしくお願いいたします^^>
ほんと、覚えにくい名前ですよね。
フランス人なんかはラサで通じるので、犬種を聞かれたりすると、
もうそれで通してしまっています へへ
え!そうなんですか、最初からラサに興味がおありだった、のかと思っていました。
ふふふ、ケアーンテリアね、
なんか対照的だったダンディくんの姿が目に浮かぶようです^^ヾ
良かったですね、ダンディくんで^^/
はい、又ぼちぼちでお話していきたいと思いますので、又よろしくお願いいたします♪
Commented by nmariomama at 2011-05-26 15:22
☆きゃふさん
ラサ・アプソの紹介、遅ればせながらですがちゃんと皆様にお伝えできて良かったです。
全国で100頭くらいということなので、中々街中で出逢うチャンスがないと思いますが、
もし見かけたら、ラサですか?って聞いてみてくださいな。
きっと喜ばれるとおもいます^^
この頃から、まりおは歩くのが本当に好きでした。
遅れないようにと必死で後を付いていく姿、今でも良く覚えています^^
Commented by ruggine at 2011-05-26 17:08
へえ~、チベットが原産なのですねぇ。
言われてみればこの長い毛もとても高尚に見えます。フフフッ。
お友達さんのトコロはこれから5匹も産まれるんですねー。
可愛いんだろうなあ・・・。
やはり日本は住宅事情etcよく吠えるワンちゃんってあまり歓迎されないのですね。
犬本来のお仕事というか性質なのに・・・。

それにしてもお父さんの後を必死について行くまりおクン、可愛過ぎます。
私ならスグに抱っこしちゃいます♪
Commented by bbwan at 2011-05-26 20:25
おとうさんのあとについていくまりお君、毛玉みたいで可愛いですね。
バンコクのサロンにラサアプソをよく見たと書きましたが、飼い主はどれもタイのお金持ちのかたでした。 その他にチベタンテリアもいましたね。
犬の持っている気質とか役割があるのですけど、人間の都合で問題になりますね。  以前インターネットの相談のところでポメラニアンが吠えてうるさいという書き込みがあったとき、 ポメラニアンはベル代わりで吠えるものだから、 それをうるさいというのはお門違いと書かれていました。   住むところによって吠える犬を極端に問題にするところありますね。 大阪はおおらかだったから、ブルートも慣れるまで吠えていたようですが、慣れたら静かにいられて飼い主はほっとしたのですが、今のところは 細かいっていうか神経質にいろいろいうので、ものすごく気をつかいます。
Commented by 鍋コ。 at 2011-05-26 20:28 x
こんにちは。
はじめまして^^
モントリオールに住む、鍋コと申します。

ラサアプソ、カナダに来て出会った犬種です。
こちらは、ラサアプソが非常に多いです。が、自称ラサアプソが多いのかもしれません^^;
北米では、一時期ラサとシーズーが混同されていた時期があったらしく、その名残なのか(?)何匹もシーズー、そしてラサを見ていますが、どう見てもシーズーなのに「ラサ」と言われたり、この頃区別がつきません==;(こちらの家庭犬の話です。図鑑を見れば一目瞭然なのですが^^;)

まりお君のパピー時代のお写真、とってもかわいいです☆
また更新楽しみにしております。
Commented by 秋津 at 2011-05-26 23:21 x
ええ、チベッタンマスチフは長毛です。勇猛で知られて、チベットの獅子犬と言われていた事もあるらしいです。中国では今、チベッタンマスチフが金持ちのステータスとして高値で売買されるとか。
チベットの犬ってお寺に縁があるみたいですね。チベッタンスパニエルもマニ車を回す犬ということでしたしね。
確かに吠えるのは意味があるんでしょうが、場合によっては吠えて欲しくないときもありますから・・・家の犬達はサイレンに反応する遠吠えは諦めていますが、やはり夜中に吠えるのは田舎でも後で言われたりするので、一応叱ります。叱るとすぐに止めますが。
Commented by nmariomama at 2011-05-27 00:10
☆ruggineさん
ねえ、原産を聞くとびっくりですよね。
どうしてこんなところまで来たんだろう、なんて(笑)
ラサは仔犬の時の毛が黒っぽいので、ほんと、熊の仔みたいなんですが、可愛いですよ~ 
できることなら、産まれたら、、、又、、、、と思っちゃいますけれどねえ。。。。
その犬に合った環境で飼ってあげられれば一番ですけれど、
完全にペット業として商業化されてしまってますものね。
ニーズに合わせて、ということになってしまうのでしょう。
まりおはほんとに歩くのが好きなコでした。
抱っこすると、歩かせろ、って煩かったです(笑)
Commented by nmariomama at 2011-05-27 00:20
☆bbwanさん
まだこの頃は毛も揃っていなくてどんな犬になるのかも想像つかず、でしたねえ。
やはりタイでラサというのも暑そうで大変だと思いましたが、
お金持ちに飼われていると聞いて、納得。
そういう意味でいうと我が家はねえ、、、、きちんと手入れもしてやれず、
すまなかったねえ、、、、という感じです^^ヾ
こちらでは、犬は吠えてもそれほど気にしません、しょうがない、っていうか、、、
というより、人間も煩いですからねえ。。。
日本では、やっぱり地域差があるのでしょうね。
関西のほうが大らかなのかしら。
あんまり気を遣うとそれが飼い主さんのストレスにもなり、引いては犬にも影響したりと
考えられるので大変ですよね。
Commented by nmariomama at 2011-05-27 00:34
☆鍋コさん
こんにちは、いらっしゃいませ^^>
モントリオールにお住まいでいらっしゃるんですね、
ラサアプソは欧米では結構知られている犬種のようですね、
やはり日本人と好みが違うのかなあ、、、なんて思いましたが。。。
北米でのお話、一時期シーズーとの掛け合わせもあったようで、
それで、どっちなのか、、、なんて混乱があったのかもしれませんね。
ヨーロッパでは、又ラサの本来の気質が尊重されるべきだ、なんてことも言われてるようで、
原種を守るということはニンゲンのいろいろな思惑も入り、
大変なことなんだなあ、、、、と思いました。
ありがとうございます。
まりおは、本来は大型犬もファンであった私を小型犬の虜にした犬だったんですよ^^
又いつでもお気軽にコメントを残していただければ嬉しいです。
後でそちらのブログにも訪問させていただきますね^^
これからもよろしくお願いいたします^^>
Commented by nmariomama at 2011-05-27 00:47
☆秋津さん
チベッタンマスチフも秋津さんの興味下にありそうですね(笑)
でも、中国のお金持ちのステータス、、、というとちょっとイメージ狂いますねえ^^;
ほんと、日本だとお寺と縁があるのは猫ですが、やはり高地ということで、
犬との関わりのほうが多いんでしょうか。
そうですね、吠えるのも大概にしてもらわないと、やっぱり煩いですし。
でも、吠えてもきちんとやめさせられれば、それでいいのではないかと思います。
サイレンに反応するのも群れの習性だと言われてますから、
仕方ないといえば仕方ないなあ、なんて私なんか思います。
こちらでも、お祈りの合図がモスクから聞こえてくると、必ず呼応するように
遠吠えする犬が近所にいますよ。
特に日暮れ時は、近所の大型犬が一斉に、なんてこともあるし。
私は犬の野生味を感じられて好きなんですが^^ヾ
Commented by kobakoba-134 at 2011-05-27 09:36
おはようございます!
私の家にもクロシバがいますが、私は、ワンちゃんの事は
余りよく分かっていないんです~(*^^;;・・
まりおくんの事も珍しい犬種だな・・って、思っていたのですが、
ラサ””って言う、犬種なんですね~(^^♪
余分な吼えもしないって、本当におりこうさんですね!
3ヶ月のまりおくん、足もとにちゃんと付いて、お散歩~!
コロコロした感じも、とってもく可愛らしいですね~(^^♪
Commented by mitiko-aran at 2011-05-27 10:17
おはようございます
ラサって!私の近くでは見かけない犬種ですから
訊いたのも初めてです、
ブロ友の方の犬、素晴らしい毛並みですね、
まりお君に、負けない立派な毛並み
パパの後ろから、小さな足で、ヒョコヒョコ付いて歩く、
後姿、なんて!可愛いのでしょう
何をしても許せる、一番愛らしい時期ですね
チベット原産だからこそ!この毛並みが必要なのだと
今日、知りました、
アランはドイツ原産なのよ、
Commented by tetsuro-w at 2011-05-27 13:09
まりおくんはとっても親しみやすかったので
あまり感じませんでしたが、
こうしてお写真を拝見すると、
ラサ・アプソって、とっても高貴で
プライドが高そうなワンちゃんなのですね~。
しかしその犬種の気質を改良と称して
人間の都合よく交配で変えてしまったら、
まったく個性がなくなっちゃいますよね。

ご主人さまの後をちょこちょこついて歩くまりおくん、
めちゃくちゃカワイイです。
Commented by nmariomama at 2011-05-27 14:53
☆kobakoba-134さん
コロちゃんはクロシバちゃんでしたか、さぞかし可愛いでしょうねえ。
柴犬も飼ってみたい犬種のひとつです^^
私も犬に関しては詳しくないんですよ、ラサのことも全然知らなかったし、
犬種についてなんて人並み程度の知識しかありませんでしたし。。。
犬が吠えるのって、どんなことにも原因があると言いますから、
ちゃんと向き合ってあげることが必要なんでしょうね。
幸いまりおはどんなに吠えていても、言って聞かすとやめる犬でしたので助かりました。
あはは、この頃から歩くのが大好きで、必死でついてくる様子がなんとも可愛かったです^^ヾ
Commented by nmariomama at 2011-05-27 14:58
☆mitiko-aranさん
日本でも散らばって100頭くらいだというから、中々偶然では出逢えないようですね。
まりおはろくに手入れをしてあげなかったので、あんなでしたが(^^ヾ
本当は、ものすごく綺麗な毛並みなんですよ、本物を見ていただけて良かったわ(笑)
そうそう、高地で暮らしていた犬ですものね、この被毛のわけがわかりますね。
ポメのアランちゃんは、ドイツ原産、いかつい大型犬が多いドイツの中では、
飛び切りに可愛いワンちゃんよね♪
まりおは本当にパピーのこの頃から歩くのが大好きで、びっくりするくらい良く歩いてました^^
Commented by nmariomama at 2011-05-27 15:04
☆tetsuro-wさん
ふふふ、本物をご覧いただけて良かったなあ、、、
まりおは毛並みの手入れもままならなかったし、こうして見ると別犬に見えちゃいますね へへ
でも、気質は確かにラサのものでした^^
ほんとですね、改良が本当の意味で改良ならいいのですけれど、
ニンゲンの都合と勝手でなされるとしたら、それは許されることではないような気がします。
ころころの姿でオシリをぷりぷりさせtながら必死で歩く姿は本当に可愛かったです~^^ヾ


<< 久しぶりに朝食カフェ      「想い出のまりお」 まりおの犬... >>