2011年 03月 19日

気になっていたこと

今回の大震災が発生してから、実の所気になって気になって、
そして気がかりでしょうがなかったことのひとつに、
被災地での動物たちのことがありました。

どうしても人命が優先されるであろうこういう場合、彼の地で取り残された動物たちはどうしているのだろう。
このことも考えると本当に胸が苦しくなる思い。。。。


被災地からの中継で、ニンゲンの他の動物、、、海鳥が飛んでる姿、カラスの声、、、、
はしても、地上ではニンゲン以外見当たらず、、、、

何日めかで、どこの避難所だったか、一匹の犬を連れた男性を見かけ、あ、っと思いました。
でも、その男性、避難所の入り口の近くで犬をかばうようにとても遠慮がちに座ってらした。

やっぱり動物連れは歓迎されていないんだろうなあ、、、、又胸が苦しくなる。
でも、あのワンちゃんは飼い主さんと一緒に避難できたんだ! ちょっと光が見えた思い。


で、その後ペット連れOKの避難所もあるらしいこと、そして、動物愛護団体の方々がちゃんと活動されていることや、
実際救助されたワンちゃん、ネコちゃんたちの話題を他のブロガーさんの所で拝見するようになってきて、
大いに安心したしだいです。


そんな記事のひとつ、、、ブロ友さんの きゃふさん の所でも紹介されていたのですが、

助け出されたワンちゃんのこと、避難ペットたちの義援金に関してなどの情報です。

                         ↓

                       こちら、セレブのぼやき をクリックしてね。



さて、我が家でも気になってことがありました。


何かって言うと、パトリックが屋上に一緒に上がって来なくなってしまったこと、先日もお伝えしましたが、

一昨日、とても良く晴れた午後に、やっと上がってきてくれました^^


パトリックの中でどういう変化があったのかわかりませんが、

安堵です。。。。。なんと言うことなく復活してくれて嬉しい限り。。。


今日はその時の画像です^^


いつものように上がってきた後、、、、最初はここでちょっと待機、
中々私のそばに来ませんでした。 やっぱり久しぶりでちょっとためらいみたいなものがあったか。。。???

e0092286_20155422.jpg



e0092286_201653.jpg



e0092286_20161714.jpg



しょうがないので、その間、フローラを撮ってみました。

結構風が強かったので、お耳が立っちゃったフローラです へへ

e0092286_20162917.jpg

どうも、新しい風見犬は、風が強い時にはお耳でキャッチのようです(笑)



さて、少し待ったら出てきました、我が家の大将、

で、全く何もなかったがごとく、そのまま陽射しを受けながらグルーミング。

e0092286_20163964.jpg

この後はもう、いつもの通りでした。

私のほうが、ちょっと又喪失感に襲われて、、、、茶色の物体が見当たらない、、、、、

誠に寂しいのでありました、、、、グス



これからは、この黒白コンビになるのねえ。。。

e0092286_20165244.jpg




ま、よろしく頼むわ、大将!

e0092286_2017331.jpg


e0092286_2018448.gif


                               ブログランキングに参加しています。
                               どちらか応援ポチッ よろしくお願いしま~す。

                                       にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村                              にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ
にほんブログ村

                                                       ありがとうございました。


********************************************************
[PR]

by nmariomama | 2011-03-19 20:35 | 我が家のニャン | Trackback | Comments(22)
トラックバックURL : http://petitmario.exblog.jp/tb/14457844
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by セシリア at 2011-03-20 00:02 x
震災以来、娘の学校も、息子の学校も休校となり、娘は卒業したし、皆家にいて、私のPCを使いまくってます。皆、自室にPCあるのに、我が家は皆リビングに集まり、私のPCを使ってます。なので、なかなか更新出来ませんが、こちらは元気です。
さっき震度4の地震がありました。TVは、だんだん普通の番組を放送しだしてます。少しずつですが、前進してます。
ペットOKの避難所が、1ヶ所だけですが、出来たと知り、安心してますが、ペットダメって、どうなんだろうか?私は、ゆずを置いては、逃げられません。同じ避難所の中で、ペットOKの部屋を作るとかしてくれたらと思います。これだけのペット大国なんですから。
Commented by nmariomama at 2011-03-20 01:32
☆セシリアさん
あらら、でも、全員集合はセシリアさんのおかあさんとしての吸引力ですね。
いいことだわ^^
被災地も少しずつ片付きはじめてるのかしら。
今は原発のほうが最終的にどうなるんだろうと気になりますね。
ほんと、これだけペットがたくさんの国なんだから、もうちょっと対策をあらかじめしてほしいわね。
そういうことができて、初めてペット大国と言えるのでしょうから。
まあ、動物アレルギーの方とか、いろいろ問題はあるのでしょう。
それどころではない、飼い主の責任でやってくれ、というのがまだ概ねの意見かもしれませんね。
そんな中、ちゃんと動いてくれている方たちがいること、頼もしく思えました。
Commented by LALA at 2011-03-20 02:00 x
被災地のペットたちを思うと、ほんとに心が痛みます。
逃げるのに必死でなんとか助かっても、置いてきてしまったペットのことが気がかりで探しまわっている方もいるようです。

原発がどうも不穏な状態なので、沖縄に避難してくる家族もかなり多いですよ。
一時避難でペットを預けて来てる友人は、やはり頭から犬猫たちが離れなくて辛そうです。

パトちゃん、やっぱり屋上が似合ってる!。
猫は陽射しの中で日向ぼっこしてる姿がいいですね。
あら~、フローラちゃん、お耳が立つとまた変わった表情で可愛いわ♪。

そう、風景に欠けてしまったものが寂しくなることありますね。
白黒コンビの姿に慣れる日まで、パトちゃん、お嬢、ままを頼むよ~!
Commented by nmariomama at 2011-03-20 04:22
☆LALAさん
神戸の時もペットたちの避難場所、その後の里親募集とか大変でしたよね。
あの時のことがアタマをよぎります。
そうでしょうねえ、やっぱり一緒に連れてくれば良かった、と思っても、
現実問題難しいのだろうし。。。
パトリック、安心しました。 どういう心境の変化があったのか、、、
聞いてみたくなりましたが(笑)
フローラの耳、普通は半立ち加減だけど、完全な垂れ耳じゃないから
風でめくれちゃうんですよ、可愛い? ありがとう~ へへ
もうね、一ヶ月以上経つことになるんだけど、、、、
まだやっぱり折に触れてね。。。
Commented by きゃふ at 2011-03-20 11:07 x
被災地の動物たちのことは、本当に気がかりです・・・
でも
人が大変なのに ペットどころではない
という考えのかたもいらっしゃるし
あとは、ボランティアさんの力に頼るしかありません

ペット一緒にOKの避難所
あっという間にもう満杯とかも書かれたり
本当に難しいです(涙)

パトリックちゃん、屋上に上がってきてくれてよかったです♪
Commented by ゆうか at 2011-03-20 13:32 x
ご無沙汰しておりました!
ちょっと元気になりました^^;
フローラちゃんのお耳が・・?風になびかれて、黒いキツネさんみたいですね^^
パトリックちゃん、どうだったかな?日向ぼっこ^^
リーダーの風格の横顔を拝見です☆

被災地のひとつ、宮城県の仙台市の近くでの、迷子さんで保護されたわんちゃんの情報を、ツイッターで得ました。
やっぱり、少しでも誰かの力になれたらと思って、ブログで
そのコのこと紹介しています。
気持ちが落ち込んで、ショック受けてばかりの自分に、渇です(笑)
Commented by nmariomama at 2011-03-20 16:09
☆きゃふさん
これだけペットが増えているのだから、何かあった時のペットも一緒に避難できる場所の確保も
必須になってきていますね。
これを機会に是非考えていただきたいと思いました。
でも、中々難しい問題なんでしょうね。。。。
パトリック、ほんと安心しました。
このまま老け込んじゃっては、、、と思っていたので^^ゞ
Commented by nmariomama at 2011-03-20 16:18
☆ゆうかさん
ああ、良かったです、少しはお元気になられたようですね。
誰もが今回のことには非常にに大きなショックを受けたし
少なからず精神的なダメージも受けましたよね。
こんなに遠くにいるのに、私も気持ちが落ち着かない日々でしたもの。
でも!みんなで立ち上がりましょう、大丈夫ですよ!
迷い子ワンちゃん、飼い主さんが見つかるといいですね。
そうそう、ブログを最大限活用しましょう^^
私なんかそれくらいしかできることないし。。。
あはは、クロキツネフローラ、耳が半立ち気味なので風の強い時は
すぐにこうなっちゃうんですよ。
でも、それで風の強さがわかったりして、、、新しいタイプの風見犬の登場です、よろしく(笑)
パトリックにはまだまだ大将役をやってもらわなくてはいけないので、
屋上に戻ってきてくれて、ほんと、安心しました^^
Commented at 2011-03-20 17:30
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by nmariomama at 2011-03-20 20:41
☆鍵コメ(2011-03-20 17:30)さん
いえいえ、どうぶつのこととなると、ブレーキがきかなくなって却って困ります(^^;
あ、そのお話もネットで拝見、嬉しかったです。
そして、本当に良かったですね、ご家族のこと。
お知らせありがとうございました、安心いたしました^^
Commented by ryonouske at 2011-03-20 23:48
こんばんは^^

ペットは家族の一員。。まさに今はそんな時代ですものね。
はやく相棒とともに平穏に暮らせる日が一日でも早くくることを
願わずにはいられないです。
知り合いの友人がこの地震で飼っていた猫ちゃんがパニック起こしてしまって逃げてしまったそうです。
探すもその時運悪く津波に襲われ命を落とされてしまいました。
やるせない気持ちでいっぱいです。
Commented by nmariomama at 2011-03-21 02:15
☆ryonouskeさん
ご友人が命を落とされてしまったのですね。。。
それは本当にお辛いことでしょうね。。。。

どうか、二度とこんな悲しいことが起きませんように、と祈るばかりです。
Commented by wewe at 2011-03-21 02:41 x
まりおままさん、コメントありがとうございました
weweは、11日にの地震のあと、被災地の動物たち
特にワンコやニャンコがきにかかっていました。
たまたま見た雑誌の中に、
被災地の泥沼化した町を歩くワンコの姿と
瓦礫に中で、遠吠えをするワンコの姿が
あったのです・・・(ブログにアップしてあります)
たまらなく、なんとか自分でもできることを!
と、思いました。
一人の力は小さくても
その力がたくさん集まれば
きっと大きなサポートになると思います!
過酷過ぎる現実で
そして、それは決して他人ごとではないと
感じます・・・・
早く、本物の春になることを祈るばかりです・・・
Commented by nmariomama at 2011-03-21 06:09
☆weweさん
じつのところ、私も一番気になることだったのですよ。
でも、こちらにいると中々どんな状況なのかわからないし。。。
後でブログにお邪魔して記事を拝見させていただきますね。
多分当初からボランティアの方や、愛護団体の方々は動いていらっしゃったのだと思いますが。。。
ほんと、小さな力でも無力ということはありませんね。
自分もワンニャンと暮らす身として、現実を見なければなりません。
こちらの暖かさを被災地の方やワンニャンに分けてあげられればいいのにとつくづく思います。。。
Commented by sora at 2011-03-21 14:03 x
災害のとき、動物たちのことはほんとに気がかりですよね。
海外の災害救助犬が活躍するところを放映していましたが
足をケガしないかとハラハラしながら見ていました。
案の定、1匹が足をけがしていました。

パトリックちゃん、まりおくんがいないところには
行きたくないのでしょうか?
彼の心にもぽっかりと穴があいているかもしれませんね。

地震の後遺症か日々が落ち着きません。
Commented by tetsuro-w at 2011-03-21 14:12
被災地は人の救助、救援で精一杯の状況であることは、
当然かとは思いますが、やはり同じ命あるもの、
動物たちのことが気掛かりで仕方ないです。
私もきゃふさんのブログで動物たちの救援に
活動されておられるたくさんの方々がおられることに、
救われた想いがしました。
飼い主さんとはぐれてしまった動物たちが、
一匹でも多く、早く元の穏やかな生活に戻れることを
祈るばかりです。

パトリックくん、屋上に復帰してくれてよかったですね。
フローラちゃんとともに、気持ち良さそうに日向ぼっこする姿が、
ままさんの喪失感もやさしく癒してくれるよう、
心から願っております。
Commented by Dewi at 2011-03-21 14:12 x
私も人命はもちろんですが、
咄嗟に気になったのはペット達の事でした。

だけどあの当日の映像を見てしまうと、
人々でさえ逃げるのに必死だったんですから、動物達は?なんて言えなかったですねえ。

避難所でも犬猫が癒しになってくれればいいですけれど、
そうは思えない、それどころじゃないという方々も一杯いるでしょうし。

我が家も海の近くで、今までは2階にみんなで避難すればいいやと思ってましたが、
あれだけの津波が来たら全然ダメですね。
今までまるで危機感ゼロでしたので、
少しは意識を持たないとダメだなと痛感しました。

フローラちゃん、可愛い!おみみが見事にピン!ですね。
パトちゃんも屋上に上がってきてよかったですねえ。
Commented by nmariomama at 2011-03-21 15:49
☆soraさん
救助犬の活躍は素晴らしいものがありますよね。
でも、時には人間では行けないような危険な場所にも行かされたり、
そうそう、足場が悪い所を歩かされるわけだから、私もいつも気になっていました。
怪我したワンちゃん、大事に至りませんように。
ペットと一緒に避難というのは、やはりまだ中々難しいのでしょうね。
これだけペットが増えているのだから、何か対策がとられるべきだと思いますが、、、
原発のことなど、気になることが多くて、ほんと不安感が先に立つ日々が続きますが、
どうぞ少しでも被災地の復興がすすみますよう、とおくからお祈り申し上げます。
パトリックはまりおとの行動が多かったので、やはり相棒がいなくなったことで、
影響があるのでしょうね、でも、こうして又屋上に上がってきてくれるようになったので、安心しました。
Commented by nmariomama at 2011-03-21 15:56
☆tetsuro-wさん
そうなんですよね、実の所、真っ先に気になったのが動物たちのことで、
動物の本能で逃げ切ってくれれば、と切なる祈りをこめていつもニュースを見ていました。
それにこちらでは限られた情報しかないので、心配していましたが、
当初より、それぞれの方が動いていてくださったのだなあ、と安堵の思い、
多分、少し落ち着いた今辺りから、もっと注目されてくるかなあ、と更なる期待をしています。
本当に一匹でも多くのワンちゃんが救助され、飼い主さんの元に帰るか、
もしもの時は新しい落ち着き先が速やかにきまりますようにと祈ってやみませんね。
パトリックのことも我が家では気になる状態でしたので、やっとと言う感じでホッとしてます。
どういう変化があったのか、、、、
何か乗り越えてくれたのかもしれませんから、私もそれに応えなくていけないなあと思いました。
Commented by nmariomama at 2011-03-21 16:08
☆Dewiさん
どうしても人命優先ということになってしまうのは仕方のないことだとは言え、
やっぱり気になって気になってしょうがなかった、、、
動物好きさんは皆そうだったと思いますが、ほんとあの状況では口に出せなかったですよね。
寒い避難所でワンニャンがそばにいたら、温めてもらえるのになあ、
猫なんて一緒に毛布にくるまったら、最高の暖房なのに、、、なんて
私なんて思っちゃいますが、まあ、そういうわけにいかないんでしょうね。
自然相手のことだから、ほんと予測がつかないし、難しいですよねえ。
こちらも地震に関して言えば、ないことはないけれど、めったにないから、
却ってなんにも備えがないので怖いです。。。
Commented at 2011-03-23 00:49
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by nmariomama at 2011-03-23 05:22
☆鍵コメ(2011-03-23 00:49)さん
貴重な情報ありがとうございます。
すでにたくさんの方々が動いていらっしゃるのですね。
安心いたしました。
本当に心から、一匹でも多くの動物たちの命が繋がることを願っています。


<< アプリコット      ほのぼのあかり >>