「ほっ」と。キャンペーン
2011年 03月 14日

サバイバル

11日の日本での大地震以来、気持ちの落ち着かない日が続いています。

こちら、NHKの国際放送のニュースが見られるので、ここ終日TVをつけっぱなしにしています。

津波の映像には目は覆うばかり、最終的な犠牲者の数を耳にして、唖然です。


まだ取り残されて救出を待っていらっしゃる方も大勢だそうでとても気がかりです。

そして、避難所で満足な食事や暖をとることもできないで北国の冬空にいらっしゃる方々。


どうぞ、どうぞ、命を繋いでください。

生きる希望を失なわないでください。


こんな遠いところにいて、何にもできないと、悶々としていたら、同じ海外組の、ローマ在住のJunkoさんが、
こんな記事を出していらっしゃいました。


                     災害対策用ロケットストーブ なるもの、屋根瓦で作ったストーブなんですよ。


e0092286_2346428.jpg



詳しくはこちらで・・・・    私がローマで独りで始めたわけ


詳しい作成方法、オリジナルの記事は こちらになります・・・・  焚き火小屋の備忘録



ガスも電気もない被災地の方々が現地その場で手に入る材料でできるストーブ。

料理とそして暖も取れる。。。。


私のブログでは非力だと思いますが、これは本当にとても良いアイデアだと思います。

どうか、この記事を読んでくださった方、被災地で活用できるよう、繋げてあげてください。


これって、このままこちらでの生活にも使えそうな代物で、あらら~~ と思っちゃったのですが、



                        被災地のみなさん!

                        サバイバル!
              是非、がんばって、命を繋げてください!



                                     毎日サバイバルのモロッコからも、皆応援しています。



e0092286_2347567.gif




*********************************************************
[PR]

by nmariomama | 2011-03-14 00:07 | 徒然何でも在り記 | Trackback | Comments(19)
トラックバックURL : http://petitmario.exblog.jp/tb/14425949
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by LALA at 2011-03-14 00:48 x
このストーブ、すごくいいアイデアですね。
これなら、廃材を利用して暖も取れるし煮炊きも出来ますね。
冷え込みの厳しい地域の方は、暖を取れない状況は生死にかかわりますもの。
こちらは是非紹介させて下さい。
Commented by cocomerita at 2011-03-14 02:19
Ciao まりおママさん
早速のリンクありがとうございました
そして、上のLALAさんもすぐに紹介してくださるとのこと、有難いです
こうして、人がどんどん集まって、被災者の方のほんの少しのぬくもりでもお届できたらいいなあと思います
火ってさ、見てると元気出るもんね
海外組、がんばろう!!
Commented by nmariomama at 2011-03-14 03:12
☆LALAさん
微力だけど、早速、発信を受け取ってくださってありがとうございます。
嬉しいです、では、沖縄からの発信、よろしくお願いしますね!
もう、ほんと、まだまだ寒い彼の地なのが、なんとも気になります。
温かいものが食べられるだけでも少しは元気も出るでしょうから。
こちらもね、瓦があるんですよ、作り方覚えておくと、こちらでも役立ちそう^^ゞ
Commented by nmariomama at 2011-03-14 03:17
☆cocomeritaさん
いえいえ、拙い紹介記事で申し訳ない。
こういうの、うまいことできなくて、とにかく発信しないと、と思って必死で載せました。
せっかく6年もブログをやっているのだから、少しはお役に立たないと。
使えるものは使わないと、ですね。
火は、使い方で本当に命を繋ぐこともできますね。
このロケットストーブのぬくもりが被災地で活躍してくれたら嬉しいですよねえ。
はい、がんばりましょう!
Commented by nature21-plus at 2011-03-14 04:20
じいです。焚き火小屋の!…(笑)
まりおママさん、ありがとう。。
皆さんがこんなに懸命につないでくださって…。
必ず、被災地の方々に伝わると思います。いや、もう伝わって、岩手で被災された方のご家族から「ありがとう」というコメントが入ってます。。
ネットって、凄いです!。
正直を言えば当初には、一人で「こんなものを作っても…」という気分もあったのですが…。主に「海外組」の皆さんの凄い熱意に大きなエールをいただきました。。ありがとう。。
今後も宜しくです。。
Commented by nmariomama at 2011-03-14 05:31
☆nature21-plusさん
焚き火小屋のじい、、、、さま、、、、^^
Junkoさんのブログのようなわけにはいきませんが、
こちらこそ、微力ながらお手伝いさせていただけて嬉しいです。
もう、被災地の方から連絡がありましたか、すごい!
ほんとにね、ネットの力には脱帽です。
こちら、普段はシンプル極まりないワンニャン、動物ブログですが、
自然のままに、自然と一緒に生きていければと思っています、
こちらこそ、よろしくお願いいたします。
そうそう、kotoriさんの所にも遊びに行って、同じ記事を見つけ、びっくり。
違う経路でぐるりとブログの輪が繋がったという感じで、本当に嬉しく思いました。
少々遠いですが、、、、ストーブが被災地で活躍しますよう、祈っていますね^^>
Commented by mitiko-aran at 2011-03-14 09:24
おはようございます
日が経つにつれて、被害者の多さに、テレビを視のが辛く
成り、泣き出しそうです、
日本中が悲しみに包まれています、
焚き火小屋?瓦って!熱が逃げないから、素晴らしい発想
ですね、
東京近辺は、今日から時間差停電です、
ママさんの実家も停電に入りますね、仕方の無い事ですが、
心配ですね
Commented by ごくらく鳥花 at 2011-03-14 09:53 x
私のブログでも早速 取り入れます
訪問者の少ない ブログですが何とか伝わればと祈りをこめて
Commented by cecilia-1127 at 2011-03-14 14:21
こちらは、計画停電といって、各都市をグループわけして、3時間ずつの停電をして、電力をやりくりするそうです。
私は、第2グループ。朝と夜に停電がありますが、情報が錯そうしてます。当面見送りとTVで流れたかと思うと、市の放送では、決行・・・町には、トイレットペーパーもなくなり、電池、ろうそく、カセットガスも売り切れ、灯油、ガソリンも売り切れてます。この瓦の方法、凄くいいな~と思うけど、専門家の方がいうには、なるべく「火」は使わないで欲しいとか。
火災被害にならない為のようです。
広い土地で、これをするなら効果的ですよね、グラウンドとか。
Commented by nmariomama at 2011-03-14 16:50
☆mitiko-aranさん
本当に、どうしてこんなことが起こったのかと未だに信じられないですね。
この瓦ストーブ、とっても素晴らしいアイデアだと思いました。
そうそう、熱の効率が良いので少量の焚きつけで長く火がもつそうです。
計画停電、みなで負担をもつ、良いことだと思いますが、実際は大変ですね。
母が心配だったのでメールしたら、実家の周辺は今日はないようだと返事がありました。
お気遣いありがとうございます。
Commented by nmariomama at 2011-03-14 16:52
☆ごくらく鳥花さん
わ、嬉しいです! ありがとうございます。
いえいえ、ごくらく鳥花さんのブログのネットワークで、
たくさんの方の目に触れると思います。
それだけでも有難いこと。
よろしくお願いいたします。
Commented by nmariomama at 2011-03-14 16:58
☆セシリアさん
さっき母の所にメールを入れたら、実家周辺は今日はないそうです。
仕方のないことですけれど、実際は大変でしょう。
みんな備えのために買いだめしてるのですね、過度にならなければいいけれど。
瓦ストーブ、そうね、使い方、場所には気をつけないといけませんね。
ただ、とにかく政府の援助を待つだけではどうにもならない被災地の方もいらっしゃるでしょう。
被災された方たちがご自分たちでできることをやっていく、ということも必要でしょう、
その手助けになればと提案されたストーブです。
きちんと使えば、素晴らしい助けになると思います。
Commented by nmariomama at 2011-03-14 17:07
☆ゆう乃さん
まさに東日本が滅亡しそうな巨大地震、巨大津波でしたね、
でも、必ずや立ち直るでしょう、希望を持って進んでほしいと思います。
そう、陽は又昇る、明けない夜はない、ということですね。
そして、仰るように本当に、日々生きてるということだけでも有難い、と思いますね。
荷物は出来るだけ少ないほうがいい、とも思いました。
身一つでも生きていけるくらいに。
いえいえ、義援金は大切ですよ。 それぞれができることをすればいいのでしょう。
私など、こんな所にいると、本当に何にもできないともどかしく思います。
せめてこんな記事を載せるくらいかなあ、、、と。
あとは、原発の問題、すごく心配です。。。
Commented by 秋津 at 2011-03-14 18:31 x
瓦、石、缶など燃えない(燃えにくい)物なら何でもかまど代わりになります。入れ物は竹、缶など燃えにくければ鍋の代用になります。河原は食べ物を焼いたりする事ができるのであれば便利です
日本人はいざと言う時になるとその強さを発揮すると信じています。若い人も老人の方もみんな頑張って欲しいです。

私の親族も被災しています。災害がひどい地域なので半ば諦めています。友人は丁度旅行中で難を逃れましたが、帰れず、家族とも連絡がつかず心配しています。
Commented by 小太郎 at 2011-03-14 22:47 x
悲惨な映像ばかり、映しすぎかなとと思います。
もっと、独自な視線で温かさや希望を追い求める
局があってもいいかと…
頑張らないとね、日本。
でも、震災はまだまだ悪夢の途中ですが。
Commented by nmariomama at 2011-03-15 00:15
☆秋津さん
なるほど、瓦自体もその上で何か焼いたりできるのですね。
歩き回って材料が揃えられる現状かどうか難しいかもしれませんが、
何とか見つけてほしいですね。
今は立ち上がれないくらいに萎えてしまっているでしょうが、
暖がとれて、何か温かいものがお腹に入れば、きっと生きる活路も見出せるのではと思います。
そして、ほんと、特に若い人、がんばって欲しいですね。
ご親戚の方々、どうかどこかでご無事でいらっしゃいますように。。。
Commented by nmariomama at 2011-03-15 00:22
☆小太郎さん
NHKしか見れないので、なんとも言えませんが、
確かに繰り返し同じように悲惨な映像が流れてますね。
これからは明日を見据えるようなルポも欲しいですね。
考えてみれば、がんばって! ではなく、がんばりましょう、
と声をかけたほうがいいかな、なんて思いました。
がんばろう、日本!
計画停電とやら、、、そちらはいかがでしょうか。
Commented by きゃふ at 2011-03-15 15:05 x
こんにちは。
せれぼ軍団、みんな本日も元気です!
ご実家のお母様やお姉さまのご様子は大丈夫ですか?
こちらでも流通が悪くなり
日常品があちこちで売り切れ続出の状態です。

お母様のことで
なにかこちらでお力になれることがあったら
遠慮なくご連絡ください!

今は、みんなが助け合わなくてはなりませんから。
Commented by nmariomama at 2011-03-15 16:01
☆きゃふさん
まだ余震があるのでしょう、気が気じゃありませんよね。
でも、みなさんお元気とのことで、安心しました。
おかげさまで、母も姉も大丈夫のようです。
お気遣いありがとうございます。
何かの時にはお願いするかもしれません、その時にはよろしくお願い致します。
何だか買いだめが始まっているのですか、
日本で物がなくなるなんてこと、考えられないけれど・・・
本当に、未曾有のことで、気持ちが焦るのはわかります。
余震、早くおさまるといいですね。


<< こんな時だからこそ      コービーが来てくれた^^ >>