「ほっ」と。キャンペーン
2011年 01月 25日

友より

本日はですねえ、現在アルジェリアに駐在して仕事をしている友人が、
お正月休みに行った砂漠の写真を送ってくれたので、
それを少し御紹介したいと思います。


アルジェリアも日本ではあまり馴染みのない国だと思いますが、
国の位置としては、モロッコと同じ北アフリカ、モロッコの東のお隣さんになります。

モロッコと同じようにフランスの保護領だった後、独立した国。
でも、独立後、モロッコとは国境線で争いがあり、陸路の国境は閉鎖されたままです。

独立後、アルジェリアは社会主義の道歩んだので、王政のモロッコとはちょっと国の雰囲気が違うようですが、
それでも、民族的には、先住民族は同じベルベル人であり、そこにアラブ人が侵入。
もうひとつアルジェリアと並ぶチュニジアと、マグレブ三国と呼ばれる国です。


アルジェリアも内陸に行くと広大なサハラ砂漠に覆われた国。

モロッコにも砂漠はあると言え、この砂漠はサハラ砂漠のほんの入り口に過ぎないんですよ。

それに比べると、アルジェリアは本格的なサハラ砂漠が広がります。
モロッコで見られる砂漠なんて可愛いもんで、いわゆる、エルグ、と呼ばれる大砂丘は、
アルジェリアの内陸まで行かないと見れません。


友人が仕事をしてる地は北のほうなので、そんな内陸に行くのはショートホリデーではやはり大変なよう。
今回は断念したようですが、それでも、綺麗な砂漠の風景と砂漠の街を堪能して来たとのこと。

ラバトに張り付いてる私は、中々こんな風景を見にいけないので、写真を送ってもらったというわけ^^ゞ



まずは、2011年、明けて元旦の初日の出。

今年は私は撮らなかったので、代わりにアルジェリアの初日の出をどうぞ~  へへ

Zerfana
e0092286_1627160.jpg



それから砂漠に向けて出発、砂漠の手前の風景、、、、Kantra

e0092286_1628819.jpg



面白い形の地形、風化してできたんでしょうね、
岩なのか、砂丘が固まってしまったみたいにも見えて興味深いです。 Oualgra

e0092286_16283221.jpg



砂丘です^^

e0092286_16282297.jpg



綺麗ですね、ほんとにうっとりとしてしまいます。

e0092286_16525546.jpg



でも、こんな風景の中に放り出されると、つまり、地平線が360度の世界に放り出されると、私も経験がありますが、
方向感覚がなくなって、じっと立っているだけでめまいがして来ます。
砂漠で迷子になったらどんな運命が待ち受けてることか。。。。
考えるだけで空恐ろしい~~~


でも、こんな所を地元の人はスイスイと歩いて行くし、ジープも走らせます。
経験、土地勘、しかし、砂の紋や小さな砂丘は一陣の風で姿を変えてしまいますから、
砂漠で生きるって本当に大変なことでしょう。


そうそう、サハラ砂漠でいつも思い出すのは、サンテグジュペリの星の王子様、
この舞台は、このアルジェリアの砂漠だろうと言われてます。
登場する砂漠のキツネ、フェネックはモロッコにもいますが、こちらが本場なんですね、
いつか、砂漠で本物のフェネックに逢ってみたいものです。


さて、友人はこの後、ガルダイア(Ghardaia)の街へ。

街展望
e0092286_16284959.jpg

この街は、中世の建築様式が良く保存された街で、地域一帯のムザブ谷の中心に位置するそう。
一部は世界遺産に指定されているということです。


街の一部

e0092286_1629114.jpg



ムザブ(Mesab)の街の女性。
車の窓越しからの撮影だと思いますが、これは大変私にも珍しい光景。

e0092286_1629029.jpg



最後に元旦の夕空

e0092286_16292249.jpg




いかがでしたでしょうか^^

私にとっても珍しい光景ばかりなので、送ってくれた友人に大変感謝をしているしだいです^^>


尚、アルジェリアの写真、めったに撮れないとても貴重なものなので、
申し訳ありませんが、お持ち帰り禁止とさせていただきます。
どうしてもという方は、コメント欄にて、ご一報くださいませ、よろしくお願い致します。


e0092286_16301850.gif


                               ブログランキングに参加しています。
                               どちらか応援ポチッ よろしくお願いしま~す。

                                     にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村                            にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ
にほんブログ村

                                                       ありがとうございました。



********************************************************
[PR]

by nmariomama | 2011-01-25 17:33 | 自然・花・風景 | Trackback | Comments(34)
トラックバックURL : http://petitmario.exblog.jp/tb/14048212
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by セシリア at 2011-01-25 21:48 x
凄いですね~アルジェリア!モロッコ、アルジェリア、チュニジアの3国で、何となく、1番怖い国ってイメージでした。
1番安心な国がモロッコってイメージです。
アルジェリアの女性、よく写真に撮れましたよね、車からと言っても。サハラ、行ってみたいです。砂漠の風紋も見て見たい。ラクダのミルクが美味しいって本当か確かめたい。世界は広いですね。
息子、インフルエンザになってしまいました。
ただ今38・8度と高熱が出てますが、なんか元気にTV見てます^^;
Commented by LALA at 2011-01-25 23:59 x
これは珍しいものを見せていただきました。
素晴らしい風景ですね~。
砂漠の夜明けは美しいとよく聞きますが、実際みたら壮大で感動するでしょうね。
モロッコ、チュニジアは友人が旅行で行ったので話し聞くこともありますが、アルジェリアは誰もいったことがない国で未知の世界です。
水平線はみることがあっても、狭い島国暮らしには地平線を見る機会はほとんどありません。
砂漠でラクダに乗ってみたいです~。(←鳥取砂丘じゃなくて!)
Commented by うさぎ at 2011-01-26 00:54 x
写真が素晴らしくて、まるで絵葉書のようです。
エキゾチックで時が止まってしまったような風景・・・
水平線はしょちゅう見ますが、地平線は見たことがないように思います。360度地平線って、想像もつきません。
Commented by nmariomama at 2011-01-26 01:01
☆セシリアさん
政治体制が違いましたからね、でも、フランスとの繋がりはモロッコより強固でしたから、
昔は結構観光客もいたのではないのかな。
最近テロでそれも激変、少し落ち着いてきたところだと思います。
まあ、モロッコも本当言ったら何が起こっても不思議はない国なんですよ。
政変なんてあっという間に起こりますからねえ。
この女性たちの写真、ほんと、車からだとは言え良く撮れたと感心しました。
砂漠は本当に美しいです、是非ご自分の目で見ていただきたいです。
息子さん、大丈夫ですか、38.8度で元気にテレビ、っていうのがおかしいけれど、
若いし、治りは早いと思いますが、お大事に。。。。
Commented by nmariomama at 2011-01-26 01:11
☆LALAさん
私も中々見れない風景、光景に大喜びでした^^ゞ
砂漠は一度行くと、本当に魅了されますよ。
夜明けも夕暮れも最高です^^
ニンゲンの小ささを思い知らせてくれる、という点では海原と同じかもしれません。
そう、アルジェリアはちょっと社会体制が違ったり、最近はテロがあったりと、
でも、世界遺産もいくつか持ってる国ですので、本当は魅力ある国なんですよねえ。
こちらのらくだ、ひとこぶラクダなので、結構乗るのがむずかしいんですよ。
一度、運悪く、機嫌の悪いラクダに乗せられて、危うく振り落とされそうになりました^^;
Commented by nmariomama at 2011-01-26 01:15
☆うさぎさん
かねてから、砂漠の風景を皆さんに御紹介できたらなあ、と思っていましたが、
友人の協力によってやっと実現、嬉しいです^^
ほんと、砂漠は時間が止まってしまったような不思議な空間です。
砂漠のど真ん中に立ってると、まるで大海原にいるかのような感覚になるんですよ。
ぐるり地平線だと、ああ、地球って丸いんだなあ、、、って実感できます^^
Commented by ruggine at 2011-01-26 06:27
わあ~~~素晴らしい風景ですねー。
アルジェリアもイタリアと近いとはいえこの風景はやはりアフリカの風景ですね。
風で砂漠の景色も変化したりするのでしょうねぇ・・・。
360度地平線、一体どんな体感があるのでしょう?
Commented by bbwan at 2011-01-26 06:52
モロッコやチュニジアは旅行にいく人も多く、ヨーロッパの人もチュニジア好きな人いますよね。でもアルジェリアはなじみのない国です。アラブに住んでいた友人が、砂漠でキャンプするのが楽しいと聞いていたのですけど、この写真からはそんなことは想像できません。 砂のつくる流線型は美しくこれが360度になったら時を忘れてしまいそうです。 こういうところでお仕事されて日常生活はご苦労されているのでしょうね。 写真見られてラッキー☆って気持ちになりました。  写真をお持ち帰りする人いるんですね。 
Commented by mitiko-aran at 2011-01-26 10:13
おはよう~♪
友達からの画像って!素敵!
珍しい砂漠の画像ですね、
今にも、ラクダに乗った、白い民族衣装の人が、現れそうよ、
元旦の夕空も透き通り綺麗~♪、まだ!暮れなずむ前の
夕景ですね、透き通る様なブルーの空が、最高ね
Commented by ゆうか at 2011-01-26 12:13 x
砂漠!砂だけの場所って日本に無いのでテレビで見るのみ・・
方向感覚が無くなるって、真っ白な雪原で地吹雪の時にありますが、ものすごく恐いですよね。
それが、暑くて、砂が入ってきて・・と思うと恐いと同時に、自然への畏怖というか、美しい恐怖と言うか、、、
いろんな事を想像してしまう貴重なお写真の数々です。すごい!
砂漠で見る朝焼け夕焼け、それに夜空は、他と違う美しさって聞いたので一度は見てみたいなぁ。
街の様子もとても貴重ですね。
土でできた外壁かしら?強い太陽をさえぎるために、壁は厚いのかな?
建築やインテリアが気になります^^
Commented by tetsuro-w at 2011-01-26 12:54
おお、砂漠のな~んにもない中での朝陽と夕空、
太陽やお月さまがものすご~く存在感があって、
とっても素敵なお写真ですね~。
しかし砂漠というのは、実に美しいものなのですね。
自然が作り出した絶妙に滑らかな砂面にウットリです。
Commented by Dewi at 2011-01-26 14:16 x
凄い!!ここまで来ると本当に別世界。地球は広いですね~。
砂漠美しいです。でもやっぱり砂漠の真ん中に1人取り残されたら。。。という怖い妄想がすぐに浮かんできます。

この国では女性は100%隠すんですか?
こういう光景もこちらでは滅多にないので、やはり不思議な感じ。

でもお友達がいながらも陸路の国境は閉ざされてるだなんて、淋しい話ですね。
日本もインドネシアも島国だから、なかなか想像しにくい状況です。

貴重なお写真、ありがとうございました!
Commented by きゃふ at 2011-01-26 14:57 x
素晴らしいですね!
すごく感動的なお写真です。

貴重なお写真を見せて下さって本当にありがとうございます。
撮ってこられたご友人の方に、深く感謝致しております。
Commented by kobakoba-134 at 2011-01-26 15:59
こんにちは~!
歌にありましたね~(^^♪・・
「ここは、地の果てナイジェリア~~」思わず、口に出てきました~^^
貴重なお写真の数々を見せて頂いて、有難うございます!
感無量の思いです・・(^^♪
砂漠の美しい事!ここで又、「月の砂漠・・」の
歌を、又、思い出しました~(^^♪
初日の出、美しい砂漠の風景、街並み、白装束の女性たち、
月一つ浮ぶ静かな夕景~・・いつまでも、心に残る名場面です・・
本当に、有難うございました~!



Commented by nmariomama at 2011-01-26 16:23
☆ruggineさん
地中海をちょっと越えただけで、こんなにも違う景色が広がるなんて、
ほんとに信じられないですよねえ。
地中のすごさだなあ、とつくづく思います。
一晩強風が吹くと、翌朝は地形が変化してしまうこともあるそうですよ。
砂丘が動いた~ って感じ? へへ
ぐるり地平線は感動ものですが、静かで、じっと立っているだけで、
方向感覚を失いそうになります。
実際真っ直ぐに歩いてるつもりがどんどん目標からずれてたり、、、
こういう所に住むには、特殊の身体的機能が必要かも、ですねえ。。。
Commented by nmariomama at 2011-01-26 16:30
☆bbwanさん
アルジェリアはやはり独立後、国の体質があったからでしょうねえ。
昔は観光でも結構人が訪れていたようですけれど、最近はテロの影響でさらに激変。
でも、ここも古代ローマの遺跡やら、先史時代の洞窟の絵やら、と興味深い古い歴史を持つ国のようです。
砂漠のキャンプ、すばらしいですよ、満天の星や夜明け、夕暮れ、、、
でも、砂嵐は怖いし、いいことばかりではありません。
友人が仕事をしているのは一応都市なのですが、
こういう所を現場に仕事をしなくてはいけない、となったらそれはそれは大変でしょうねえ。
Commented by nmariomama at 2011-01-26 16:37
☆mitiko-aranさん
ほんと、貴重な写真を送ってくれて、ラッキーでした^^
砂漠の写真だけでも珍しいのに、アルジェリアの砂漠だということが、
又珍しさに拍車をかけて、私も大喜びでしたよ。
私も又ゆっくり訪れて、写真を撮ってみたいなあ、、、と思います。
満天の星、とかも撮れたら素敵でしょうねえ、
ま、今の手持ちのカメラじゃ無理でしょうが、、、、^^;
でも、こういう風景を見れる所まで、とにかく遠くてねえ。
ワンニャン、抱えてるから当分はどうかなあ。。。。
Commented by nmariomama at 2011-01-26 16:44
☆ゆうかさん
日本だと、砂丘が見れるのは鳥取くらいなものですもね。
海と砂丘も又オツなものですけれど。
ああ、雪原がこんな感じなんでしょうねえ、雪原も一面真っ白、方向感覚がなくなりますね、
それに、雪で目印がわからなくなったり、地形も変ってしまいますものね。
見てる分にはいいけれど、そんな中で迷ったら、本当に恐怖。
それでも、こういう美しさは一度は体験してみたいと思いますよね。
満天の星はそちらでも見れるかもしれないけれど、砂漠での夜空も又格別です。
そう、土壁ですね、そうとう厚そうですよね。
中はね、どうなってるんでしょう、ほんと、インテリアなど気になりますね。
Commented by nmariomama at 2011-01-26 16:52
☆tetsuro-wさん
空気の違いもあるでしょうねえ、
お月様も星もまるで別物みたいに見えますよ。
砂漠の美しさは、自然の驚異と表裏一体、又格別ですね。
それにしても、この美しさはどう表現したらいいのかわからなくなります。
ほんと、この砂の作り出す滑面、絶妙ですよねえ。
何時間見てても、きっと飽きないでしょう^^
Commented by nmariomama at 2011-01-26 17:00
☆Dewiさん
はい、私も友人に大感謝であります~
今はメールで簡単に送ってもらえるので、ほんと便利になりました。
それを又ぽ~~んとブログで皆さんに紹介できるんですものね、嬉しい限りです。
この写真の女性たちのような装束はアルジェリアでも地域のよってだと思います。
首都のアルジェなんかは、ヨーロッパの都市と変らない雰囲気のようですし、
ベールを被る女性も少ないようですよ。
スカーフだけは被るという人はたくさんいるでしょう、それはこちらも同じです。
モロッコも、南のある一定の地域だけ、女性が全部隠す、しかも真っ黒の布で、という場所があります。
そう、やはり不思議の世界、って感じですよね。
アルジェリアとは、空路はOKなんですよ。
だから行き来は可能なんですけれどね、広い国なので、
こちらからヨーロッパに行くより遠いって感じです、お隣なのに^^;
Commented by nmariomama at 2011-01-26 17:04
☆きゃふさん
ほんとに、こんな写真を見ると、つくづく地球って広いなあ、と思いますね。
私にも貴重な写真で、大感謝だった上、皆さんにも御紹介できて嬉しい限り、
又こんな機会があればなあ、、、なんて思ってます^^
今はメールで簡単に送ってもらえるんですものね、
ほんとに便利な世の中になりました^^
Commented by nmariomama at 2011-01-26 17:10
☆gobakoba-134さん
いやいや、ほんと、地の果てのイメージが今ものこってるようですね。
モロッコはさしずめ、西の果ての地、、、へへ
砂漠の写真も御紹介できて、ほんと嬉しいです。
やはりこんな風景が見られるところまで行くには遠くて、中々行けませんので、
私にも珍しい光景、私こそ、皆様と一緒に楽しめて感無量です~
ほんと、月の砂漠の世界ですね。
ラクダが向こうから歩いてきそうな気がします。
又機会がありましたら、早速に御紹介いたしますね^^♪
Commented by cocomerita at 2011-01-26 19:02
CIao まりおママさん
砂漠の暮らしは厳しい..だろうが、なぜか私の魂をひきつけてやまないとこがある
紅海に行った時も、砂漠の赤い土を見た時なんだか涙が出たし
ヨルダンでは,バデゥイーノのテントに一泊させてもらって、次回は一週間くらいいようと思ったし
何なんだろうねえ
しかし、きれいだね―

ブルカを着てる女性の写真
上のアラビア語の看板とで、すっごく不思議な感じ
いいなあこういう写真
Commented by 小太郎 at 2011-01-26 20:23 x
美しいなぁ…
いつか撮りたい世界です。
日本に生まれて、ずっと日本。
寂しいですねぇ。
Commented by ryonouske at 2011-01-26 22:57
こんばんは^^
貴重なお写真の数々...遠い国なのに身近に感じます。
360度の世界...方向音痴の私が砂漠に放たれたら
きっと大変なことになってしまいそうです。でも一度でいいから
そんな景色をこの目で焼き付けてみたいです♪
Commented by nmariomama at 2011-01-27 01:54
☆cocomeritaさん
ほんとにそう、砂漠は魂に不思議な呼び声を響かせますね。
でもねえ、ほんと暮らすとなったらねえ。
砂嵐も怖いし、冬の夜の冷え込み、真夏の熱さ、、、、渇水。。。。
すべてをひっくるめて砂漠、、、、でも、やっぱり魅力の地ですよね。
ブルカの女性の写真は、まさに別世界を垣間見させてくれるもの、
うん、いいですよねえ、こういうの、中々撮れない貴重な写真、
という意味でも、感心してしまいました へへ
Commented by funkytiger at 2011-01-27 01:58
最近仕事でアルジェリアの話がちょくちょく出ていた(12月、そして来月とまとまったツアーが出るので、会社の他スタッフが現地とやり取りを頻繁にしている)のでこんかいこちらで貴重な写真を拝見できてとても良かったです。
ちなみに僕もこの国の取り扱いをしようと一時期考えたのですが、あまりにもタフなので止めました。
でもプライベートで一度は行ってみたいです。
Commented by nmariomama at 2011-01-27 01:59
☆小太郎さん
もう少し中に入り込んで、きちんとアングルを決めて撮りたかったんだけどねえ、、、
との友人の弁です。 
寂しいなんて、何を仰います、小太郎兄ぃさま
フットワーク軽く、日本を駆け巡って撮っていらっしゃるのだから、
ワタシなんか羨望ですよ~
Commented by nmariomama at 2011-01-27 02:07
☆ryonouskeさん
ほんとに便利な世の中になりました。
メールでぽんと、写真も送れて、又それを簡単に皆さんに御紹介できる、
嬉しい限りです^^
あ、ワタシも超がつくくらいの方向音痴なんですよ~
そうそう、砂漠に一歩アシを踏み入れただけで、どっち向いて歩いていっていいか、
わからなくなりそうです(笑)
でも、砂漠にも生き物がいるでしょう、
フェネック、いつか出逢ってみたいなあ、と思ってるんですよ。
そうしたら、ryonouskeさんにもご案内、差し上げなくちゃ!ですね へへ
Commented by nmariomama at 2011-01-27 02:12
☆funkytigerさん
え? アルジェリアにもツアーが入ってるんですか?
一時期よりもだいぶテロも沈静化されてると聞いてますが、
やっぱりまだまだ治安に関しては不安要素が大きいと思ってました。
とにかく大きな国ですからねえ、移動が大変でしょうね。
ホテル事情なんてどうなんでしょうね。
ほんと、タフさが必要かもしれません。
でも、魅力的な世界遺産も結構あるようなので、私もいつかは行ってみたいと思いますけれど、
実現は難しいだろうなあ。。。
Commented by agapi at 2011-01-27 08:14
アルジェリア、、歌のフレーズに、
ここは地の果、アルジェリア、どうせ酒場の夜に咲く、、
でもアルジェリアには酒場がなさそう。
砂漠の風景画とても美しいので見とれてしまいました。
Commented by nmariomama at 2011-01-27 16:11
☆agapiさん
ほんと、日本ではそのくらいにしか知られてませんね、アルジェリア、
世界って広い、地球って不思議だとつくづく思いました。
砂漠、本当に美の世界ですね、
彼の地での現実の生活はきびしいものでしょうが、、、、
Commented by chienmignon at 2011-01-28 21:09
自然の美しさってすごいです。言葉を失います。
ついでに、目がとってもよくなりそうですね!

最近の、チュニジア情勢が気になって、モロッコは大丈夫だろうか?まりおままさんご無事かしら?
と、毎日考えています。
Commented by nmariomama at 2011-01-29 00:52
☆chienmignonさん
砂の造り出す芸術、アートですね。
ほんとに魅入ってしまいます。
そうそう、砂漠に住む人ってすごい目いいですよ~
なんか、視力、もう2,5くらいありそう(笑)
ご心配いただきありがとうございます。
今回のチュニジアの件は、私も本当にびっくりしたのですが、
モロッコは今のところ特別なことは起こっていませんのでご安心ください。
ただ、モロッコも同じ社会問題を抱えていますので、先に何があるかは、
実際のところ不透明かもしれません。


<< 先週の土曜のお散歩      年明けの へ~ちゃん >>