2010年 10月 17日

開発の波

しばらくは良いお天気が続きそうなラバトです。

今朝もさわやか秋晴れの空。


しかし、一週間前の日曜日は全く酷い雨の朝だったなあ。。。。

今日の記事は又その日曜日に戻って・・・・^^;


もう、お出かけはだめかと諦めかけたのですが、お昼前から雨は止み、風が出てきたので雲が切れてきた。
昼食をすませて空とにらめっこをした末、よし!今だ!とばかりに車を出してもらいました。


かなりの風でたなびく国旗。

e0092286_15592113.jpg



こういうお天気の時、必ず行くのはハッサン地区の高台コース。
ここは高台のせいか水はけも良く、道路の乾きが早いので、雨上がりのお散歩に持って来いなんです^^ヾ

ほら、もうほぼ乾いてる^^

お散歩開始~♪

e0092286_15593137.jpg

上の写真の左端上に小さく見えてるのは、モハメッド5世廟、
1956年に、モロッコの独立を勝ち取った王様です。
今は、前国王のお墓もここに納められ、王族の廟となっています。

ほら、見えて来ました、緑の屋根がちょこんと見える建物、
向こう側に見えるのは、ハッサン塔、12世紀建設の未完成のモスクの塔がそのまま残っています。

e0092286_1671789.jpg



もう少し歩いて行くと、眼下に河が見えてきます、
ここはもう下流で、この先間もなくで海に・・・

ここで後悔、風のおかげで雲が取っ払われて、日差しも現れ、何だかいいお天気具合になってきたんですよ。
どうせ途中で又雨になるかも、と思い、コンデジしか持たずに来てしまったよ~
結構遠くまで綺麗に見えるじゃないかあ、、、><


e0092286_1673497.jpg

左奥にヨットハーバーが見えます。

しかし、手前には工事の重機が。。。ラバトの街の開発の波の一端です。

e0092286_1614265.jpg



以前ここは河岸で、ずーーーっと野っ原だったのです。
河に近いこともあり、ちょっと湿原のようで、水鳥たちもたくさん来てました。

それを、埋め立て、整地にして、街の開発の工事の重機の置き場所、あるいはここで橋桁を作ったり、
今年末には完成予定のトラムの線路建設などもここで成されたり、
工事の拠点にしてしまったというわけです。


見事変貌の河岸の景観

e0092286_16144697.jpg


河口付近に遊歩道やカフェもできたりと、それなりに市民にとって有効な使い立てもされてますけれど、
遊歩道はコンクリート舗装だし、、、

昔のように、土の上に、ただ岸壁が伸び、そこから船が漁に出たり、泳げたり、釣りもできたりと
もっと素朴な景観のほうが、私は好きだったなあ。。。

ここから眺める対岸のサレの街も中々いい眺めだったのに、、、、

この後、工事が終わったら、この土地はどうなるんだろう、と今はそれが気になります。


さて、もうちょっと歩いていくと、ちょっとした広場があります。

いつもは市民が憩っているのですが、なぜか全く人影なし。
お天気も良くないしねえ、、、万歳、よし、ワンたちを放してやるか、

なんて嬉々として、まずはフローラを

e0092286_16145817.jpg


そうしたら、どこからともなくおまわりさんのホイッスル。

広場から出ろ、と言ってるようでした。


多分すぐ傍の道路を要人でも通るんでしょう、交通規制もされていたよう。


どおりで誰もいなかったはずだ、、、が~~~~~ん   という感じでそそくさと広場を離れたというわけです。

残念~~~


まあ、まりおはそれなりに歩けたので満足かな。

ねッ  あれ、ビミョウな表情?  もう帰るのぉ?  帰りの車の中で。。。

e0092286_16151057.jpg



まあ、でも、晴れ間に思い切って出て良かったのです。

何故って、この後家に着いてから又雲が出始め、夜まで雨模様の空に戻ってしまったからねえ。


早い決断が功を奏した、というお散歩でした へへ


e0092286_16164295.gif


                               ブログランキングに参加しています。
                               応援ポチッ よろしくお願いしま~す。

                                       にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

                                                       ありがとうございました。



**********************************************************
[PR]

by nmariomama | 2010-10-17 16:54 | ドライブ・お出かけ・お散歩 | Trackback | Comments(24)
トラックバックURL : http://petitmario.exblog.jp/tb/13437867
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by milknyan1 at 2010-10-17 19:37
開発ですか。活気がありますね〜〜

今、日本はとっても元気がないです。特に東海地方は元気ないです・・やれやれ
お天気は気まぐれですね。まりおちゃんのお顔が雄弁だなあ〜〜
Commented by セシリア at 2010-10-17 20:05 x
開発されると言うのは、良くも悪くもありますよねー 生活が便利になるのは、本当に、どこの土地でも、ありがたいでしょう。その反面、自然を破壊したりしてしまうわけですもんねー こちらでは熊の被害が続発してます。今日は、イノシシが里に出てきたとも報道してました。
うまく共存共栄できたらと思うのですが、多分、あきらかに、ニンゲンの方が、我がままですよね?
それにしても、まりお君、嬉しそうですねー^^;
お嬢は、車が通るところは駄目ですよねー
お散歩できて、ラッキーって感じでしょうか?
Commented by りとるふっとママ at 2010-10-17 22:54 x
 大雨だったのが いつの間にか いい天気になって
お出かけ日和になったんですね!
まりおくん 喜んだでしょうねぇ~

綺麗な町並みですねぇ~
でも 開発が進むと 結局自然がなくなりガッカリする面も多いです。
我が家の回りも 10年前は 田んぼや畑で ウシガエルの鳴き声が
五月蝿くて寝られなかったのに・・・今は暴走族の騒音が・・・><;

パル お蔭様で手術終りました。
卵巣も腫れていて 子宮蓄膿症になるのも時間の問題だったと
先生から お電話を頂いて ホッとしています。
Commented by Dewi at 2010-10-17 23:01 x
モロッコの国旗、初めてみました。
赤の色が日の丸の赤とはまた違いますねー。

ハーバーとその奥に広がる街並み、素敵です。
だけど開発ぶりもすざまじそうですね。
ナチュラルな大地が少なくなるのは本当に淋しい。
こちらも田んぼがどんどん住宅地になってきてます。
Commented by LALA at 2010-10-17 23:08 x
うわ~いい眺めですね~。
ヨットハーバーかぁ・・・。これは気になる場所です。
私、20代の頃ヨットが大好きで、夏中ヨットに乗ってました。
かなり大きな船で快適でしたよ。
当時の愛犬連れて、マリーナでお散歩してました。
今じゃ海とは無縁の生活ですが、ヨットハーバーを見ると懐かしい思い出がよみがえります。
モロッコでのクルーズなんてのもいいですね。
まりおくん&お嬢さん、ステキな景色をありがとう~。
Commented by funkytiger at 2010-10-17 23:57
モロッコもどんどん開発の波が押し寄せているんですね。
一度埋め立てられてしまうと、略不可能に近いので、なんか残念です。僕もmarinomamaさんと同じ意見です。

マリオくんの表情がほんと微妙な顔つきなのが印象的です。
Commented by nmariomama at 2010-10-18 03:57
☆milknyan1さん
そうなんですよねえ、活気のあることはいいことなんですが、
昔懐かしい風景がどんどんなくなっていくのは寂しい限りです。
この春にちょっと日本に帰りましたけど、こんな国に住んでいる私の目には、
まだまだ暮らしに余裕があるような気がしましたが、
地方によるということもあるでしょうね。
あはは、こちらも秋のお天気になってきて、
秋の空と何とやらは、、、ということですね^^ヾ
ワンもニャンも、良く観察してると、いろんな表情を見せてくれますよね^^
Commented by nmariomama at 2010-10-18 04:03
☆セシリアさん
ラバトは首都のわりに鄙びた所があり、それが結構気に入っていたんですけれど、
やっぱり首都は首都らしく、ってんで、今いろいろ開発が進んでいます。
ほんとにね、良くもあり悪くもあり、ですね。
自然に対しては、全部ニンゲンの都合でしょうね。
ニンゲンが暮らしやすいように変えてきてしまっていますものね。
フローラは、ここでも車が通るとちょっと怯んでるんですよ。
まりおはどこでもお構いなし、歩けりゃいい、って感じ。
どうしてこんなに違うんでしょうね~^^ヾ
Commented by nmariomama at 2010-10-18 04:10
☆りとるふっとママさん
全く雨の合間の晴れ間、風のひと吹きで変ってしまうラバトの天気なんですよ。
まりおは雨でも車出してえ~~  って感じですからねえ(笑)
暴走族の騒音より、かえるの合唱のほうがいいですよねえ、、、
ってかえるも煩いか^^;
そうそう、パルちゃん、良かったですね、まずは手術が無事に終って一安心。
手術の決断も良かったということですね。
後は早く回復するといいですね。
パルちゃん、頑張れ。
ロビンくんもお薬で安定して落ち着きますように。
Commented by nmariomama at 2010-10-18 04:16
☆Dewiさん
国旗、あ、そうですね、こちらのほうが深い色かな。
生命を表す色として使われているそうです。
中々お目にかかれない国旗でしょうから、トクとご覧くださいませ~(笑)
ラバトの街の開発、ここへ来て急激なんですよ。
もう、本当にどんどん景観が変ってきてしまって、、、
何とも残念な場所があちこちに。
田んぼがなくなっていくのも寂しい風景ですよねえ。
そちらも自然がまだまだたくさん残されているという感じですけれど、
やっぱり変っていくのは止められないようですね。。。
Commented by nmariomama at 2010-10-18 04:20
☆LALAさん
あ~ そうそう、LALAさんは海のオンナという感じで、ヨットもやっていらしたんですよねえ。
このハーバーはこの開発に並んでつい最近できたものなんですが、
洒落たカフェも一緒にできても、ハーバー内はワン連れでは入れず・・・
全く、新しくできる場所はほとんどワン連れ禁止でイヤになります。
モロッコの海がヨットに適してるのか良くわかりませんが、
まあ、でも、所有者はお金持ちか外国人で、何にしても我が家には縁がないわあ^^ヾ
Commented by nmariomama at 2010-10-18 04:28
☆funkytigerさん
そうなんですよ、地方は観光開発が、ここラバトは地域開発が急速に進められているようです。
綺麗に整備されたり、便利になったりは、それなりに必要なことなんでしょうけれど、
でも、景観がそっくり変ってしまうというのは寂しい限りです。
ここの土地も、コウノトリやシラサギや他の水鳥たちの一大水のみ場という感じだったのですが、、、
この後には多分リゾート関係の建物が並ぶんだろうなあ、、、と想像してます。
なるべく庶民も足が運べるような場所であればいいんですけれどねえ。
いろいろ考えてしまいます。
あはは、ワンも良く見てると、いろいろな表情をするのでおもしろいです。
この時も多分歩き足りなかっただろうなあ、、、と思ったらこの表情でしたので、
やっぱり。。。という感じでした^^
Commented by kobakoba-134 at 2010-10-18 08:39
おはようございます!
モロッコの国旗改めて、拝見しました~(^^♪・・
パワーを感じます!!
ヨットハーバーの見える景色、素的ですね!
素朴な風景は失われがちですが、こうして近代的に
変わっていくのも、寂しいことですが、時代の流れでしょうか・・

フローラちゃんも、自由に走って、うれしそう~~♪
まりおくん、もの言いたげなお顔ですねぇ~~(*^^;;・・
まだまだ、お散歩がしたいのかな?~^^
Commented by mitiko-aran at 2010-10-18 09:07
おはようございます
海の風景って大好き、沢山のヨットが停泊してて、陸では
工事中ですね、赤いトラクターが鮮やかだわ、
日本のトラクターって!灰色が多く地味だわ
雨も上がり、散歩も楽しいね、まりお君、
赤い国旗が、たなびく姿って!素敵!
アラ!フローラーちゃん、リード離れてるけど、遠くに行っては
だめだよ
Commented by きゃふ at 2010-10-18 14:14 x
風にたなびく赤い国旗
なんて素敵な写真なんでしょう♪
デジイチ持たずにお出掛けなさったんですね?
でも、コンデジでも綺麗に撮れていますよ(@@)

開発の波・・・
どこの国でも同じなんですね
埋め立てられ、新しい建物や施設が造られ、
良いのか悪いのか(==;
水鳥さんたちはどこにお引っ越しされたんでしょうかね・・・
Commented by nmariomama at 2010-10-18 16:06
☆kobakoba-134
モロッコの国旗、あまりお目見えすることがないと思いますが、
単純なデザインなので覚えやすいでしょう^^
近代化は必要なことだから、やはりこうして変っていくのは仕方のないことなんでしょうね、
でも、土が少なくなっていくのは、何とも寂しいことです。。。
まりおは明らかにまだ歩き足りなかったようです。
見かけよりタフな犬で・・・^^ヾ
Commented by nmariomama at 2010-10-18 16:12
☆mitiko-aranさん
工事現場って荒々しいし、煩いし、閉口します。
でも、ほんと、このトラクターたちの色、日本では見ませんね。
遠くから見るとおもちゃのようで、せめてもの慰めだわ。
赤い国旗は目立ちますね、中心が緑の☆、日本の国旗同様覚えやすくていいでしょう^^
フローラね、基本ビビリのお嬢だから、放してもそう遠くは行かないから大丈夫なんですよ。
ちょっと物音があったり、変なもの見つけたりすると、すぐ私の足元に戻ってきます~
Commented by nmariomama at 2010-10-18 16:21
☆きゃふさん
お天気が怪しかったからコンデジしか持たず。。。
こういう時に限って後悔するんですよねえ、、、
まあ、でも、たまには気軽に撮るのもいいですね。
デジイチ、重たいし~^^;
モロッコもどんどん近代化されていくのは好ましいことなんですが、
自然がなくなっていくのは、どうにも悲しいですね。
水鳥たちは郊外の川や湖や湿地などの水辺に移動してると思いますが、
その郊外もどんどん住宅地に変ったりしてますのでねえ。
まあ、モロッコは日本に比べると、まだまだ遊んでる土地がたくさんありますけれど・・・
Commented by 小太郎 at 2010-10-18 20:22 x
青空、気持ち良さそうですね。
デジ一を使うようになってから
コンデジの腕も、間違いなく上がって
いますね~
Commented by agapi at 2010-10-18 21:26
工事用の大型機械はものものしいですよね。
こちらでもなかなか片付かないまま置いてあることがあります。
ギリシャでは秋冬は雨が降るので、とくに、片付きません。
雨のせいで通りのホコリがきれいになりました。
Commented by ゆうか at 2010-10-18 21:37 x
緑と白の王族の廟、素晴らしい外壁です^^
白い壁に幾何学的なおうとつが影のコントラストで美しい・・・
新しくモダンなものもいいですが、こういった歴史的な建物はじっくりと近寄って眺めたくなります。
あぁ、素敵だなぁ、モロッコ。
そんな町に、可愛いあんよのまりお君とフローラちゃんのお散歩♪
うふふ☆
これから雨も多いようですが、ワンのお散歩は乾いた地面がいいですよねぇ、
毛が長いと、濡れると大変です^^;
Commented by nmariomama at 2010-10-19 01:43
☆小太郎さん
雨の合間、風に吹き飛ばされての青空は、案外に綺麗なものですね。
あら、嬉しいお言葉、ありがとうございます。
この日は、もう絶対すぐ又雨だと思ったので、ポケットにコンデジだけ突っ込んで行きましたが、
思いがけず、お日様に恵まれて功を奏したようです^^
Commented by nmariomama at 2010-10-19 01:46
☆agapiさん
ほんと、工事用の重機は威圧感もあるし、何となく敬遠してしまいます。
そう、これからこちらも雨が降るので、工事もストップしがちになりますね。
工事の埃もそんな時は一段落、降り過ぎると又困りますが・・・--
Commented by nmariomama at 2010-10-19 01:52
☆ゆうかさん
宗教関係の建物の屋根はこちらではほとんど緑なんですよ。
幾何学模様もイスラム文化の特徴のひとつですが、実に美しいものです。
ウィリーくんのように毛が長くても、すらっとしたあんよの持ち主なら、
雨の日も又楽し、ですよね。
我が家のワンたちは、可愛いというか、短いあんよでおなかの毛が汚れてまいります~^^;


<< 主役はこのコ      穏やかな秋晴れの朝 >>