「ほっ」と。キャンペーン
2010年 08月 31日

入院の時の話・・・合わせてモロッコの入院事情

いろいろご心配おかけして、本当に申し訳なく、又、温かいコメントをたくさんいただき元気を出さなくちゃ!と
自分を勇気付けてるところです^^

本当にありがとうございました^^>

実際のところ、あまり自分がどうこうしたということを記事にするのは得意ではなく、
今日のこの記事も病気のことなんてねえ、、、って感じですが、

モロッコでの話、ということでまあ、ちょっと書き留めておくのもいいかなと思い、入院した時の様子などをお送りすることにしました。


まずは、最初に胃痙攣を起こした時、夜中をもう過ぎていたので夜中の救急で先生を呼んでもらいました。

モロッコにも往診システムがありますので、それの夜間救急体制システムを利用したと言うわけです。

これにかかる費用が注射代を含めて、300DH (約3500円)  

薬代は別、薬は診察後、処方箋で薬局へ。


夫が電話をかけたら15分で来れるというので、痛みで七転八倒しながらも、ほんとかいなと疑ったワタシ。
大体モロッコ人の言う5分が15分ですから、一時間くらい待たされる覚悟をしました。

しかし! 本当に医者は15分でやって来た!

ありがたや~~  でしたねえ。  多分ちょうど待機していた医者がいたので運が良かったのでしょうね。


で、痛み止めの注射を2本くらい打ってもらって、しばらくして痙攣は収まり朝には良くなったかと思ったのですが、

汚い話でごめんなさい、、、朝になって薬を飲んでも吐いてしまうわ、下痢はするはで、お昼まで様子を見てみたけれど、
さすがに私もこのままではどうにもならないと思い、病院へということになったのです。


普通の病院は予約制なので、この時も24時間体制の救急専門の病院に連れて行ってもらいました。

と、ここで、救急病院はラバトでも何軒かありますが、どこでもいいというわけにはいかず、選ぶことが大切。

夫が病院を探すから、もうちょっと待てるか、我慢できるかというので、仕方ない、ここの事情を知っているのでじっと我慢の子で頑張りました。

救急病院ですので、ここも医者は当番制、飛び込んだ時間に変な医者に当たると困るってんで、知っている医者に連絡、合わせて来て貰うように頼む。。。これが万全の方法なんですよ。

最初はびっくりしましたが、モロッコってね、医療体制はわりにしっかりしてるんですが、
医者の力量は、本当にピンからキリで、救急の飛び込みだとどんな医者に当たるかわからない。
これまでいろんな話を聞かされてますので、待てる場合は待つのが良策というもの。

つまり先に医者を選んで、その医者が出入りしてる救急病院に入る、というわけ。


で、無事に夕方ちょっと前くらいに病院に行き、そのまま入院、2日間点滴の日々だったというわけ。


病院は2年ほど前にできたというまだ新しい病院で、部屋もベッドも清潔で、冷房も完備、
病院のスタッフもとてもきびきびして手際よく、
とてつもなく快適な入院になるかと思えてホッと安堵したのですが。。。。


実は、個室の空きがなかったのですよ、2人部屋だったのです。

2人部屋なら御の字と思うでしょう、、、、お隣さんは盲腸も手術を終えたばかりの若い女の子でしたし。


ところがねえ、、、、、モロッコで入院にはもうひとつ大きな問題があるのですよ。

それは、   見舞い客!


これについては、以前もちょっと触れたかと思うのですが、

とにかく、モロッコ人は、誰かが病気になる、入院する、となると、 それっとばかり一族郎党友人、皆お見舞いに走るのです、


モロッコ人は  病気見舞い命!の国民 なのです。


ワタシのほうでも、幾人かは来てました、でも、ラマダン中だし、すぐに出るから来なくて良いと夫がだいぶ釘をさしてくれたようで、助かったのですが、


隣りは普通のモロッコ人。 


ラマダン中ということもあり、昼間はさすがに数は少なく、お母さんと姉妹のような子が付き添いでいて、
お父さんと思しき人が出たり入ったり。

しかし、 これがですね、フトールが終わったとたん!


どば~~~~~っと 波のように押し寄せて来たんですわ。

ワタシのほうも、フトールが終わって、夫と息子と義母がいましたが、それだけです。

極めつけは、10時くらい(夜ですよ)、看護士さんが看回りに来て、見舞い客の方はそろそろ引き揚げてください、と声をかけて行ったアトです。 一応、病院側でも考慮してくれるようなんですけどねえ。


隣りのほうもお母さんを残して帰って行ったのでやれやれ、、、、でも、このお母さんどうするんだろう、1人で帰るんだろうかと要らぬ心配をしてたら、やれやれ、ほんとに要らぬ心配でした。


うとうとしていたら、突然ドアが開き、どやどやがやがや、小さな子ども4人くらい交えて総勢10名ほどで病室に。

え?え?え?   時計を見たら11時半過ぎ、、、もうすぐ12時という時間、

ああ、ラマダンなり~~~~   

普段だったらさすがにこんな時間に誰も来ないでしょうが、ラマダンなので見舞い時間もずれるのがどうやらここの常識のよう。。。


1時近くまでがやがやと喋り捲って、それからようやっと全員で、お母さんも!引き揚げていきました。
つまり、それがどうやら、隣りの女の子の家族全員だったよう。。。(汗)

最後に部屋に備え付けのテレビを消して行ってくれたのがせめてもの幸いでした。
そうですよ、それまで、テレビもずーーーーーっと付けっぱなしだったのであります。。。。


やれやれ、、、、、これが2晩続いたのです、良くなる病気も後退だわあ~

点滴のノルマが終わった所で逃げるように退院してきた、というわけ (汗汗)


でもね、みんないい人たちなんですよ、

まあ、放っておいてほしいんですけれどね、
こちらにも気をかけてくれて、こちらに誰も付き添いがいない時には手をかしてくれたり、
そういうところがニクメナイ人たちなのであります。


というとことで、、、


         教訓です!


         モロッコでは絶対に病気にならないこと!


あらためて肝に銘じたワタシめでありました・・・・



長くなっちゃってすみません、 文字が白くて読みづらかったと思いますが、

最後までお付き合いいただきまして、ありがとうございました。


今日の画像は、春に日本で箱根の、箱根園水族館に行った時のくらげさんです。

まだまだ、こんな風に浮遊してるみたいに心もとないワタシみたいだなあ。。。。^^;

e0092286_18104865.jpg



ではでは。。。。。。



e0092286_1817494.gif



                              ブログランキングに参加しています。
                              どちらか応援ポチッ よろしくお願いしま~す。

                                       にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村                              にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ
にほんブログ村

                                                     ありがとうございました。



*******************************************************
[PR]

by nmariomama | 2010-08-31 18:26 | ひとくちモロッコ | Trackback | Comments(26)
トラックバックURL : http://petitmario.exblog.jp/tb/13164604
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 小太郎 at 2010-08-31 22:31 x
くらげの気持ち、伝わってきます。
みんないい人たちなんですね。
それも、わかりますヾ(´▽`;)ゝ

モロッコでは絶対に病気にならないこと
誓いました…
Commented by LALA at 2010-08-31 23:32 x
いやはや、入院の様子もこれまたモロッコらしい風景ですね。
みんなでお見舞いとは、優しい気持ちは嬉しいですが夜中までというのはちょっと勘弁ですね~・・・・。
安静どころか、がやがやにぎやかで、はたまたTVは付けっ放しとは。
う~ん、私だったらかなりきついかも・・・。
日本でもTV付けっ放しの家って多いですよ。
私はTVを見る習慣があまりないので、気が向かないとTVは付けません。

救急でも、飛び込みってわけにはいかないとは。
これは、いい情報です。
信頼できる医者を普段から覚えておかなくちゃいけないんですね。
なにはともあれ、無事退院できてよかったですー。
まだまだ暑い日が続きますから、どうぞご自愛下さいね。
Commented by セシリア at 2010-09-01 05:47 x
おはようございます!いや~、モロッコの病院事情、普通に暮らしていたら分からなかったので、興味深く読ませて頂きました!それにしても、いくらラマダン中とは言え、日本人の感覚だと、深夜の見舞いって、どうなのよ!?と思ってしまいますよね~ まして個室じゃないわけだし。仮に個室でも、病人の体調を考慮すると、どうなの!?ですね。
それにしても、ご無事そうで何よりです。私も、掛かり付け医に行ってきました。何だか、疲れだとか、精神的ストレスとかいわれましたが、特に、疲れてもいないし、ストレスも感じていないのですが、去年の事を教訓に、素直に従ってます^^;お互い、体だけは大事にしましょうね!体さえ元気だったら、何でも出来ますからねー
それにしても、モロッコの医療事情、面白い(失礼)です。医者を選んでから、病院を選ぶ。やはり異国ですよね。
どっちにしても、ゆっくりされて、体を休めて上げてくださいね。どうぞどうぞ、お大事にm(__)m
Commented by kobakoba-134 at 2010-09-01 08:00
おはようございます!
所、変われば・・いえ、お国が変わると、
勝手が変わってくるものなんですね~・・(^^♪・・
病気は、不意に襲ってくるものですから、
心得が必要だと思いますが、今回は、本当に、大変でしたね・・
文章を読ませて頂いて、事情に驚いています・・
何はともあれ、悪い病気でなくて良かったですね!
暫くはクラゲさんのように、ふわふわと、
気楽にして、養生なさってくださいね・・
まりおままさんも暖かなご家族に囲まれて、お幸せですね!(^^♪・・
Commented by mitiko-aran at 2010-09-01 08:31
おはよう~♪
大変でしたね、でも!まだまだ!無理しないでね、
モロッコでは病気しない事?読んでて、本当に心配に成りました、
胃痙攣も突然、襲ってきますから、ママさん、大変さが伝わります、
日本だと、病院を選ぶけど、医者は病院任せ、
Commented by ごくらく鳥花 at 2010-09-01 09:44 x
入院するにも 注意が必要なんですね
ラマダンがそういうところにまで・・想像だに出来ない

5月に救急車で運ばれた 私は、何も考えずに・・・。
それだけ日本は事情がいいということですね

マダマダ暑い日が続きます ご自愛ください
Commented by きゃふ at 2010-09-01 13:15 x
すごいお国柄の違い(@@)
それだけどやどやお見舞いの人が出たり入ったり
おまけにもう夜中に近い時間で(==;

日本では考えられないことですよね

なにはともあれ・・・
おうちでしっかりと養生なさってください
Commented by Dewi at 2010-09-01 13:38 x
見舞い客の様子が、あまりにも同じなんで、びっくりでした。
そうそう!おんなじおんなじと強く頷きながら読んでしまった(笑)。

こちらも本当にたくさんの家族やら知り合いがどやどやお見舞いに来るんですよね。
声高に話したり、病室のすぐ外でタバコ吸ったり、最初はなんじゃあこりゃと思いました。

私も移住直後に腹痛を起こして入院した事があるんですが、
幸いまだ日が浅く知り合いも少なかったので、夫の家族だけでしたが・・・。

モロッコの人もそうなんでしょうが、病人を1人にしては可愛そう・・・と
いう発想なんでしょうね。病室にも必ず家族が1人2人泊まります。
私としては、どうぞ1人にしておいて・・・なんですがねえ。

こちらの病院というより医療は信じられませんよ。
ここでは大病あるいは大怪我は絶対にできません。
助かる命も助からなくなる~~!
Commented by nmariomama at 2010-09-01 16:18
☆小太郎さん
くらげの気持ち、、、察していただけて幸いです、あら、嬉や~^^ヾ
この26年間、このくらげの浮遊のように揺れ動きながら、
いろいろな意味でバランスのとり方を学んだワタシめ、
しかし、、、、りこうになったんだか、ばかになったんだか。。。。
日本に帰るとわからなくなります(笑)
Commented by nmariomama at 2010-09-01 16:28
☆LALAさん
こどもがね、自分が持ってきたお菓子なんかをワタシにまでくれるわけですよ。
そんなんされると、何が良くて何が悪い、って常識の判断がぶっとびます^^ヾ
そうそう、病院はしっかりあるのですから、後は医者の腕しだい、ですね。
でも、ほんと、これは普段から口コミなどで医者の評判を聞いたり、
顔を広く持って、あちこちにコネがきくようにしてないといけない、
暮らせないモロッコです。。。
サバイバルですよ~^^;
台風はいかがでしたか、大丈夫だったかな?
Commented by nmariomama at 2010-09-01 16:32
☆セシリアさん
こんな国なんですよ、モロッコって、、、
だから、いらっしゃる時も絶対に健康体でいらしてくださいね(笑)
いや、冗談でなく、いつも皆さんに言うんです、
何はともあれ、体調を万全にしてきてくださいね、って。
そして、ほんとですよねえ、健康であれば少々のことは乗り越えられます、
体調悪いと判断狂うし、悪いほうにばっかり考えるしいけません。
セシリアさんも、どうぞお大事にしてくださいませ。
Commented by nmariomama at 2010-09-01 16:39
☆kobakoba-134さん
所変れば、、、、
ねえ、いやいや、ほんと、一体どんな所に住んでるのかしらねえ、まりおままは、
と呆れ顔になってしまいますよね、こんな話を聞くと^^ヾ
住めば都なんですが、、、、まあ、こんな風にいろいろあって、
まだまだこのくらげのように揺れ動きながら、自己防衛に努めてる所もあります(笑)
今朝はだいぶ涼しいラバトなのですが、そちらはいかがでしょう。
気がつけばもう9月、いい加減で暑さも去ってくれるといいですね、
kobakobaさんもくれぐれもご自愛くださいませ^^
Commented by nmariomama at 2010-09-01 16:42
☆mitiko-aranさん
ありがとうございます^^
でも、そんなこんなでもう26年もこちらで暮らしてしまいましたものね。
ニンゲンどうにでもなるものです、ってワタシがのん気すぎるわね(笑)
日本は医者のレベルがそれだけ揃っているから安心よね。
でも、やっぱり病気はいやね、ママさんもくれぐれもお大事に。。。^^
Commented by nmariomama at 2010-09-01 16:49
☆ごくらく鳥花さん
そう言えば、体調悪くなさったんでしたねえ。
日本は救急車を呼べば、アトは安心していられるでしょう。
全部任せられるでしょうし。
でも、こちらはそういうわけにもいかず、とにかく病気にならないこと、
が最善の方法ということになってしまいます^^;
今年の日本は本当に異常な暑さですね、
もう9月ですし、そろそろ収まろうかとも思いますが、この後の夏の疲れなどが、
どっと出たりしないよう、ごくらく鳥花さんもくれぐれもご自愛くださいませ^^>
Commented by nmariomama at 2010-09-01 16:54
☆きゃふさん
マタマタ@@の連続ですね、一体モロッコってどんな所なんだ!
と段々怪しくなってきたのでは?(笑)
まあ、お国柄の違い、で笑い飛ばしてください、
国民性はどうにもならず、26年いてもちっとも変りませんから^^;
まあ、こんなんでモロッコボケして又日本に帰りますが、懲りずに遊んでやってくださいませ~^^>
Commented by nmariomama at 2010-09-01 17:05
☆Dewiさん
あら~~  お仲間が~~
そちらもそうなんですか、、、、びっくりですが、なんか嬉しかったりもして(笑)
>病人を1人にしては可愛そう・・・
そうそう、ドンピシャ、それなんですね、家で風邪引いて寝てるとなると、
その病人の部屋にみんなが集まってお茶したり、、、、
全く持って信じられない光景なんですが、つまるところ、それなんですねえ。
全く違う風土気候のアジアの国の中にもそういう慣習があるというのが
わかって、
どこかで何かが繋がってるのかもしれませんね、民族って。
こちら医療体制はフランスの保護領時代に整ったようで、まあ、大丈夫なんですが、
医者の技量はまだまだレベルがまちまちで、選ばないと大変なことになります、
特に外科の手術の場合、要注意ということになっています。
お互い、とにかく病気、怪我をしないようにしましょうね。
Commented by arc1017 at 2010-09-01 21:12 x
いんやもう、記事のタイトル見てびっくりしましたよっ。
入院やなんて、ホント心臓がどきどきしちゃいました。
でももう退院されて回復に向かっているとのこと、安心しました。
しかし、ストレス性の胃痙攣ですか・・・。胃が痙攣するなんて、読んでるだけで痛そうで・・・。
ストレスって自分では感じてないようでも、体は感じたりしてるみたいですね。私も体にブツブツができた時に、ストレス性と言われ驚いた経験があります。
何はともあれ、ご家族にいつも以上に労わってもらってくださいね。
残暑もすぐ終わり、はやく過ごしやすいお天気になりますように。
Commented by nmariomama at 2010-09-01 22:21
☆arc1017さん
まずはおかえりなさ~い^^
いやいや、ご心配かけてしまいました。
ワタシ、日本でも入院なんてしたことなく、全く病気では初体験でした^^;
そうそう、ストレスって見えないだけに厄介ですよね、
アレルギーなんかもストレスが原因だったり、ってあるみたいだし。
とにかくこのラマダンが終わらないとちっとも気が休まらないので、
まずは早く終わってくれ~~と心の中で叫び続けてます~
暑さのほうは、どうなのか、もう9月ですしねえ、、、、
でも、こちらは晩夏が長いので、本格的な秋にはまだまだ遠いと思います。
うるわしさんの旅日記もこれから拝見に行きますね、楽しみ^^♪
Commented by ゆう乃 at 2010-09-02 11:25 x
こんにちわ~
モロッコの入院事情リアルによくわかりました。

 しかし わたしの経験ですが、隣室の女性の方で、手術の前日 見舞い客が夜まで引きもきらず、当日朝から大勢親族な方がいらしていて 病人が神経を使って大変だなあと思ったことがあります。
 勿論 夜中まで 騒ぐわけはありませんが。

 ところで、TVで サウジで赤道に近い砂漠で壮大な太陽光発電プロジェクト進行中で、その電気をモロッコ経由でヨーロッパに送るとて、モロッコの関連地方では建設ラッシュと言っていました。
仏、英、アラビア語、日本語に堪能で現地事情に明るいnmariomama様のような方の活躍の場が嫌でも来るんじゃないかな?
と思ったことでした。
Commented by tetsuro-w at 2010-09-02 12:42
日本でも病院と医者は選ばなきゃってことを、
両親の闘病生活でつくづく実感してます。
父も母も、T病院の優秀な医療スタッフの方々に出会えなければ、
間違いなく生き長らえなかったと思います。
モロッコでももちろん、優秀なお医者様はたくさんおられると思いますが、
異国でご入院となると、ままさんのご不安も
さぞや甚大だったことでしょうね。
ご主人さまの適切な判断で、最良の治療が受けられて
本当によかったですね。
しかし、結婚式のみならず、入院のお見舞いまで、
一家総出で大騒ぎというのが、なんとも温かい国民性ですね。
100歳以上の行方不明のご老人が続出している日本とは、
大違いだなぁ~と、ヘンに感心しちゃいました。
まだまだご体調は万全ではないとのこと、
どうぞごゆっくり休まれて、お大事にされて下さい。
Commented by pas-mal at 2010-09-02 14:05
胃痙攣??いきなりなってしまうものなのでしょうか。とにかく大変でしたね。お大事になさってくださいね。
お見舞いは嬉しいですよね。でも、あまり大勢ですと、、、疲れてしまいそう。。。
ストレスは目に見えないので、知らない間にたまっていたのかも知れませんね。お大事に。
Commented by nmariomama at 2010-09-02 15:59
☆ゆう乃さん
そうなんですか、日本だとお見舞いの時間とか厳しく決まっていたり、
怖い(?)婦長さんが注意に来たりとか、そんな印象なんですが。。。
日本で入院をしたことがないので、、、まあ、日本でもいろいろあるんでしょうね。
こちらも普通は夜中の見舞いはしませんが、今回はラマダン時間ということですね、
それにしても難儀なことです。
太陽光発電プロジェクト、あら~ そんなプロジェクトがあるんですか、
ちっとも知らず、多分北のほうででしょうねえ。
ほんと、壮大なプロジェクトで何だか惚れ惚れします。
うまく進められるといいですが、モロッコの南とか、まだ送電線がない所のほう、
早く電気を送ってあげてほしいなあ、なんて思っちゃったり(笑)
Commented by nmariomama at 2010-09-02 16:07
☆tetsuro-wさん
お疲れのところ、ありがとうございます。
まあ、日本でもいろいろですね、救急もたらい回しの話も聞いたりするし、
それでも、こちらは普段の風邪程度のことでも、医者選びは慎重ですので、
とにかく病気にならないことが一番、ということになってしまうようです^^ヾ
ご両親さまとも、お医者さま、そして病院に恵まれて本当に良かったですよね。
お母様のその後も順調でありますように。。。
あはは、最近話題になってる高齢者の話、こちらでは考えられません。
年寄りを1人にする、なんてことまずないですからねえ。
そういう意味ではモロッコのほうがまだまだ人間関係の温かみがあるということで、
しかし、時にそれが沸騰しそうになるので難儀です(笑)
Commented by nmariomama at 2010-09-02 16:12
☆pas-malさん
胃痙攣、文字通り胃が痙攣を起こして激しい痛みを伴います。
そうですね、たいてい急に来ますね、原因はさまざま、食べ物のせいもあるし、
私の場合は疲れが胃に行ってしまったという感じでしょうか、
おかげさまで、だいぶ良くなりましたので、、、
ご心配いただきありがとうございました^^
pas-malさんのほうの体調はいかがですか?
この夏、日本も本当に暑かった(いや、まだ続いてる?)ようですので、
これからその夏のお疲れが出ませんよう、ご自愛くださいね。
Commented by bbwan at 2010-09-04 07:20
体のほうはいかがですか?
やっぱり、具合が悪いときに 考えながらの病院、医者選び大変です。でも、日本語ができるからっていっても、日本でもなかなか大変なようです。 とにかく、健康であることが一番ですね。
Commented by nmariomama at 2010-09-04 15:52
☆bbwanさん
ありがとうございます、朝晩結構涼しくなってきたので、おかげさまで、
それと共に体調も戻りつつあるようです。
これだけ医療事情が違う、とにかく病気をしないのが一番だとしみじみ思ってしまいます。
まあ、私の場合、具合が悪くなってしまえば、そういうことは夫や周囲が全部やってくれるので助かりますが、、、
確かに日本でも今、医療問題たくさんありますものね。
中々信用できるお医者選びは難儀のよう、どんな国にいても、
落ち着く所はやっぱり健康が一番、となりますね。
ムーさんはいかがですか?
まだまだ暑さが続いているようですので、ご自愛くださいね。


<< 北の小さな町      更新が途絶えたわけ・・・ >>