2010年 08月 03日

ノラワンに出逢ったお散歩

相変わらず朝は曇り空が多いラバトです、そのかわり、お日様が出るまでは涼しくて快適なので、
なるべく早く出よう、、、、、で、日曜日のお散歩は7時出発でした。
私と犬は6時半にはスタンバイだったんですけどね^^ヾ


この日も海岸のほうに行ってもまだ雲がかかったままで、海はどんより。

お手軽に、いつもの高台のお散歩コースへ^^


途中で記念写真を撮ろうと思ったのに、お嬢はものすごく元気で全くじっとしてないので、まりおだけ~~^^;

e0092286_2344313.jpg



ここのお散歩コースは、昔は海岸線の岩地帯だった所ですが、宅地開発で土地がならされ、
この遊歩道は岩壁がそのまま残された形で作られています。

で、大きな岩がむき出しであちこちに、、、、
そんな場所にカンナがぽつんと咲いていて、やけに赤い色が目立ってました。
e0092286_23445495.jpg



どんどん家が建っているので、以前はこの遊歩道から悠々海が見えたのに、今では何にも見えなくなって残念><
春ぐらいまでは所々でも見えていたのにね。
e0092286_022276.jpg


カンナを見つけた後、白いお花を発見。

e0092286_23453338.jpg


何でしょうね、ツル状で地面を這うようにしてたくさん咲いていました。
e0092286_23454589.jpg





さてですねえ、、、、この日はなんと、ノラ犬に出逢い、吠えまくられてしまったのですよ。


モロッコは元々ノラ犬はそういなかったはずなんですが、近年は増えているようです。

リードなしで散歩中にいなくなった、、、とか。。。
庭に放してる時に開いたドアからいなくなった、、、、とか。。。理由はいろいろありますが、

その多くは駐在などでこちらに来ている外国人が、こちらで手に入れた犬、特に大型犬を置いいくケースが多いようですね。

小型犬だと貰い手がつきやすいですが、大型犬だと連れて帰っても飼えない状況だったり。
一軒家だとそのまま置いていき、世話を頼んだ人がいたとしても、いつの間にか逃げ出したりしてノラワンになってしまうケース。

あるいは、フランスだと、犬の入国に必要な書類の内、ある種の血液検査はモロッコではできないので、
自国に送らせて検査、証明書を発行、それを添付、ということになっているようです。

もちろんそうしてちゃんと犬を連れて帰国する人たちもいますが、現実は厳しいようです。


モロッコのノラワン事情のような話になってしまいましたが、

そういうわけで、近年すごく増えているということ、街中ではあまり見かけませんが、郊外や海岸近くなど、
たくさんいるようです。


        *因みに、モロッコにも、フランスに本部がある通称SPA という動物保護協会があって、
         捕獲した場合はそこへ連れていけば、世話をしてもらえるし、里親も捜してもらえます。



お散歩の話に戻しましょう。。。


この後、いつも進むお散歩コースの道路に大型ノラワンが数匹いて、そのうちの一匹がこちらに向かって吠えまくっていたので、
進路変更。 かわいそうだと思うも、やっぱりちょっと怖いのでね。  まりおがこういう場合大人しくないのですよ^^;


ま、それで岩場の所を少しお散歩。

e0092286_2346510.jpg



しかし、ここからだと海が良く見えない位置で、まりおも、なんか退屈~~(笑)

e0092286_2346174.jpg


暑くなってきたし、じゃ、もういいか、ってことで車の所に引き返し、例のカフェに行っていつもの朝食を。。。^^


フローラの写真がありませんでしたが、ご心配なく~

カフェで撮りましたので、次回はその写真で一回分、カバーです、よろしくぅ へへ


e0092286_2348297.gif


                              ブログランキングに参加しています。
                              応援ポチッ よろしくお願いしま~す。

                                      にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

                                                      ありがとうございました。



*********************************************************
[PR]

by nmariomama | 2010-08-03 01:14 | ドライブ・お出かけ・お散歩 | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://petitmario.exblog.jp/tb/13038181
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by セシリア at 2010-08-03 07:57 x
おはようございます!昨日は、バタバタしていて、書き込めませんでした。クーラー、登場ですね!いいなー今まで、無くても生活出来たなんて。我家、相変わらず、止まりません^^;隣の家や、向かいの家、全くエアコン使うけはいがなく、毎日窓全開!よく耐えられるなーと感心してます。熱中症で、動物まで倒れる日本でですもんね。昨日TVで、「飲む点滴」を紹介してました。水1リットルに、砂糖40g、塩小さじ1/2を混ぜて、好みで、レモン汁を適当に入れると、点滴とほぼ同じになるそうです。早速作り、母の胃ろうに流しています。スポーツ飲料より、良いそうです。まりおママさんも、暑い日には作ってみたら???熱中症対策だそうです。
お散歩コース、海が見えなくなってしまって、寂しいですね。どんどん開発されて便利になるけど、素敵な風景が無くなるのは、とてももったいないと思います。我家から見えていた風景も、この8年くらいで、まったく変わりました。あ!今日は、娘の3者面談です。面倒です~^^;
Commented by bbwan at 2010-08-03 08:32
やっぱりね、外国人が犬をおいていくというのは、どこにでもあることなんですね。 近年動物検疫がきびしくなって、きちんと準備しないといけませんし、血液抗体検査など指定機関が国内になく海外へとなると、お金かかりますものね。 私も海外で飼い始めた犬なので、ずっと検疫のことは頭から離れませんでしたね。日本にかえってその心配がなくなってほっとしてます。 海外で出会った外国人の犬飼い友達とも検疫のことがいつも話題になってましたし、置いていくなんて選択肢なかったです。
それにしても暑いです。 我が家も5時起きして犬の散歩です。 
Commented by きゃふ at 2010-08-03 11:32 x
ノラワンちゃんですか・・・
やはり大きいと怖いですよね
大きくなくても予防接種そのほかのことなど考えると
不安は募りますね

保護団体がしっかりしているようなので安心ですが
早く保護されて安住のお宅が見つかるといいですね
Commented by kobakoba-134 at 2010-08-03 14:04
こんにちは~!
いろいろな事情があっての事だと思いますが、
ノラわんちゃん、ちょっと物騒な感じですね・・
私の方でも、里親センターなどが、結構、
設けられているようですが・・・・
大きなノラワンちゃんは、ちょっと怖いですね・・^^
一匹でも多く、保護団体に、保護されるといいですね!
まりおくん、海が見れなくて残念ね!(*^^;;・・
岩場の海岸線、とても珍しい景色です・・
浜に咲く白い花も、綺麗ですね!
Commented by nmariomama at 2010-08-03 15:25
☆セシリアさん
水分補給が大事になってきますけれど、その方法ならこちらでもできそうですね。
水と砂糖と塩^^ 良いことを教えていただきました、試してみますね。
ラバトもどんどん宅地開発されているので、郊外の景観が変ってしまっています。
土がどんどんなくなっていくようで寂しい気持ちです。
3者面談ですか、おつかれさま。
うまく話がまとまっていくといいですね。
Commented by nmariomama at 2010-08-03 15:36
☆bbwanさん
そうか、やっぱり、という現象なんですね、モロッコばかりではなく。
あるリゾート地域では小型犬のノラワンがたくさんいるという町もあり、
これも原因は同じ、バカンスが終わると又増えるそうです。
どういう感覚なのかちょっと理解できませんが、モロッコが簡単に犬の持ち込みができるのもいけないのかもしれませんね。
ノラワンを見ると切なくなります、モロッコのノラワンの行く末が心配です。
今年の日本の暑さ、いくらなんでも異常過ぎるようですね。
暑さに慣れてはいるでしょうが、ムーさんも熱中症にお気をつけくださいね。
Commented by nmariomama at 2010-08-03 15:42
☆きゃふさん
そうなんですよ、近年富に増えて、先行きが心配です。
お散歩をしていて、やっぱりひょっと大型のノラワンが現れるとねえ。
思わずフローラを抱っこしてしまいます。
フランスの保護団体なので、モロッコ運営のができるといいんですけれどねえ。
そこまで余裕はないようで、でも、そういうことを考えなくてはいけない時期に来てると感じます。
Commented by nmariomama at 2010-08-03 15:54
☆kobakoba-134さん
やむを得ず置いていくんでしょうが、そういうことを最初からちゃんと頭に入れて、
犬を手に入れて欲しいなあと思いますね。
各国でペット事情が全然違いますのでねえ。
猫は半ノラさんでも結構ニンゲン社会とうまくやっていけますけど、
犬、特に大型犬は中々そういうわけにはいかず、心配になってしまいます。
海岸線、岩場の風景、何だかすごい景観でしょう^^ヾ
白い花は上に伸びるはずが地面を這ったのか、、、、
良く見るとずっとツルが地面に続いていてびっくりしました。
でも、白が一面で綺麗でした、うまく撮れなくて残念。。。
宅地開発で景観が変ってしまう現象が、モロッコでもあちこちでおきています。
便利になる反面、景観が損なわれることが多いのでがっかりです。
Commented by 小太郎 at 2010-08-03 23:05 x
ノラワンが増えちゃうのは困りますねぇ、
人も犬もお互いに幸せに暮らす権利があるのに…

最後の2枚いいなぁ…
モロッコの大地を思い馳せました、
Commented by nmariomama at 2010-08-03 23:29
☆小太郎さん
ノラニャンも元をたどればニンゲンのせいだろうけれど、
ノラワンに関しては、どう言い逃れもできないですよねえ、
原因を作ったのはニンゲンだってことで。
ワンの習性を考えると、本当にノラワンを見るのは切ないです。
すごい様相の大地ですよねえ、、、、なんか地球がむき出しになってる?
まだまだこういう場所がたくさん残ってるモロッコです^^
Commented by LALA at 2010-08-03 23:59 x
まりおくん、待ってました!のお散歩ですね。
はしゃぎすぎて写真の収まらないお嬢さんとは、まぁ元気ということでOKです^^♪。

置き去り犬って困りますね。
こっちでは、転勤で犬を置いていく人がけっこういます。
うちのお向かいさんちの犬も、やはり転勤で犬は連れていけないとのことでしたが、知ってる犬だけにあまりにも可哀想で見かねたお向かいさんがひきとりました。
日本は、不要犬は即処分ってのが大半ですので、見ないふりもきついですね。

岩場の風景ってなんだか不思議です。
地層がそのまんま?
これは珍しい景色です~。
Commented by nmariomama at 2010-08-04 00:13
☆LALAさん
あはは、元気印、背中に背負ってせっせと歩いてたフローラでした^^
ほんとですねえ、日本はノラの行く末がわかってしまっているので、
余計辛いですよね。
誰かがどうにかしてくれるだろう、ということなんでしょうが、
あまりにも無責任ですよね。
こちらも、ニャンほどにはノラワンには親切でないのが現状ですので、
ノラワンはとてもかわいそうです。
この岩場の風景はもし、建物が写ってなかったら、ちょっと異様ですよね。
そうそう、割れたりしたそのままだったり、地層が良くわかって、
その道の人なら喜びそうです(笑)


<< カフェでのお嬢      ついに稼動させたエアークーラー >>