2010年 06月 28日

ミルトス (銀梅花)

さて、昨日のカラカラ森に健気なに咲いていたお花たちのうち、白いお花の名前がわかったので、
今日はちょっとその花のご紹介です。

なんか、気に入ってしまったのですよね、好みのお花だなあ、、、と^^♪


e0092286_2332105.jpg



名前が  ミルトス  和名は ギンバイカ (銀梅花)

フトモモ科の常緑木です。 
それでカラカラ森のこんな時期でも、葉が緑緑でそこだけ季節が違ってるように見えたのですね。


この名前を教えてくださったのは、 いつもお花の名前ではお世話になっている、うさぎさんです。
うさぎさんのサイトはこちら ⇒ 座敷わらし犬とうさぎガーデン

うさぎさんのお宅のお庭にあるそうです^^

うさぎさん、どうもありがとうございました^^>


このミルトスという木は、検索したらいろいろ興味深い木のようでした。


まず、原産は地中海沿岸地方、、、、
だからモロッコにもあって不思議はないのだけど、どうしてあんな森のあの場所だけにあったのかしら。。。ナゾです。

5弁の白い花、オシベが目立って、これが何となくこの花を惹きたてているような気がします。
大きい花ではないので、白い花弁だけではひっそりしてしまいますのでね。

e0092286_2346351.jpg



この木の歴史、古くは旧約聖書に登場したり、古代ギリシャでは女神アフロディーテーに、
又、古代ローマでは愛と美の女神、ヴィーナスに捧げる花だったそう。

それが今に繋がり、花は結婚式の飾りに使われたり、祝いの木、とも呼ばれるとのことです。
南スペインの花嫁さんは、髪飾りにこのミルトスの花を使うそうですよ、純潔という意味もあるようです。

森で写真を撮った時には、あまり近づいて撮らなかったせいか気がつかなかったのですが、
葉っぱにユーカリに似た結構強い芳香性があるようです。
晩秋には紫色の実が生り、これは食べられるということですが、うさぎさんのガーデンで生った実は渋くて食べられなかったそうです。

ちょっと調べたら、実を乾燥させてポプリとして芳香性を楽しむと良いとありました。
又、葉っぱはハーブとしても使用できるらしいし、イタリアのサルディーニャなどでは、この実でミルトと言う、
リキュールを造るそう。

中々いろいろ利用価値のある木なのだなあ、、、、と感心^^


e0092286_01368.jpg


それにね!

育て方で、あまり水遣りに気を遣わなくて良い (あんなカラカラの森できちんと花をつけるんですものね^^)、
虫がつかない、、、、など、

それほど手がかからないらしいということもわかって、どうにかして苗木を手に入れて、我が家の庭にも! 
と思っているしだいです。


e0092286_0115389.gif


                              ブログランキングに参加しています。
                              どちらか応援ポチッ よろしくお願いしま~す。

                                         にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村                                にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ
にほんブログ村

                                                      ありがとうございました。
[PR]

by nmariomama | 2010-06-28 00:17 | 自然・花・風景 | Trackback | Comments(22)
トラックバックURL : http://petitmario.exblog.jp/tb/12869826
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by LALA at 2010-06-28 00:34 x
ミルトスって初めて見ました!。
梅のような桃のようなお花ですね。

花火みたいなおしべが華やかです。
お花って、それぞれ特徴があって不思議な造形です。

小さくて可憐なお花も、よく見るとずいぶんと変わった構造だったりして面白いですね。

前記事のパンが美味しそう・・・・・。
最近の日本のクロワッサンって、やたら上品?で小さいんですよ。
ちぎったらバラバラになって食べにくいのが難点。
サンド出来るくらいのサイズのが好きです。
Commented by うさぎ at 2010-06-28 00:39 x
私のブログをご紹介くださってありがとうございます。
お花の名前、お役に立ててよかったです。
ミルトスは私のところでは挿し木で簡単に根付きました。そのほか、落ちた実からもよく芽が出ます。採ってよい所かどうなのかわりませんが、もし採ることができるなら、一枝採ってきて挿しておかれたらよいと思います。水やりさえ木をつければ特に難しくはないと思います。私は鉢に挿して外にほったらかしたまま忘れていたくらいです。
Commented by りこりん at 2010-06-28 05:33 x
私はもちろん花の写真をみて名前などわかりませんし、
名前を聞いてもさっぱり?でしたが、
・・・リキュールのミルトならすぐ分かりました(笑)。
よくお世話になってますから。
こんなに可愛いお花が咲くとは、ちょっとオドロキです。
今度から知ったかぶりできま~す。
Commented by セシリア at 2010-06-28 05:36 x
おはようございます。今朝は、シトシト雨の朝です。

ミルトスの花、昨日初めて知りましたが、何となく、梅に似た花だな~と思ってました。うさぎさんが仰るように、採っても良いなら、頂いてきたら?と私も思います。でも、私はズーズーしいのか、うさぎさんと違い、根っこから、根こそぎもらってくるって考えちゃいました^^;
挿し木でOKなら、一枝頂いては?子供の頃、それこそ小学生の頃、遊びに行った先で、雪柳を一枝、挿し木をするとかではなく(子供だったので、そんな事すら考えてなかった)記念に一枝折って持ち帰り、何となく庭に刺したところ根付き、物凄く大きな木になりました。挿し木OKで、水遣りに気を使わないなら、是非是非もらってきて刺しちゃって下さい!
Commented by agapi at 2010-06-28 08:36
ミルトス、名前が気に入りました。芳香のある木は大好きです。
樹木はそばにあると、芳香や落ち葉や風で揺れたりします。
ここにいますよと、語りかけてくれてるように思います。
Commented by mitiko-aran at 2010-06-28 09:11
おはよう~♪
私の大好きなシベが花火の様に多山、
青々とした葉に、純白の花って!清楚で大好き、
始めて見た花なのよ、
名前もミルトス、夢物語の様な名前ですね
水も余り要らなくて、虫も付かないなんて!私にピッタリ
Commented by メルママ at 2010-06-28 12:30 x
散歩をするときに可愛い花が咲く木だな?と思っていた木と同じかな~?
何色だったか忘れたけど小さい丸い実も出来てました。
きっとこのミルトスですよね!
うさぎさんのところへ伺ったらミルトス紹介されてましたね。
今咲いているんですよね・・・
もう一回見てこなくては、、、^^;

パンが美味しそう~~♪
ドーナツをがぶりつきたいです。
Commented by kobakoba-134 at 2010-06-28 13:12
こんにちは~!
ミルトスのお花、もちろん始めて見ますが、素的なお花ですね!
シベがとっても綺麗で、丁度、白梅の花のようですね!
めでたき日に使われるそうですが、香りも、いいのですね・・
ミルトス””って、名前も素的ね!
可憐は花、一度、お目にかかりたいです・・(*^^;;
Commented by きゃふ at 2010-06-28 13:49 x
ブログ書いていると、わからなかったことを
教えてもらったり
見たことがない花を見せていただいたりと
様々な繋がりができますよね

まりおままさんにミルトスの苗が手に入ると良いですね
Commented by ゆうか at 2010-06-28 14:30 x
可愛らしいお花ですね♪
カラカラ森でも日本でも育つ植物、可憐なお花をつけるのに、
適応性があって強いのですね^^

うちに庭には150年ほど前からあるという梅の木がありますが、
確かに!花びらは同じです^^
今は実がコロコロと落ちて来て、ウィリーの遊び道具にもなります♪
あ、青梅は毒があるのでしたよね^^;
Commented by nmariomama at 2010-06-28 15:35
☆LALAさん
オシベで存在を主張してるお花ですね、私も初めて出逢ったお花です。
ほんとにそう、こんな小さな花でも良く見るとしっかり造形されてるのですよね、
感動してしまいます^^
パンも見ていただいてありがとうございます~
このクロワッサンはこちらではミニサイズ、普通サイズは大き過ぎて、
いつもこれをたくさん仕入れます。
普通サイズはサンドにできますよ、十分^^
Commented by nmariomama at 2010-06-28 15:40
☆うさぎさん
さっそく見ていただいてありがとうございます^^>
や~ すっかり気に入ってしまいました。
苗はちょっと探してみますが、なさそうだったら又森に行ってきます へへ
挿し木ができるのかなあ、、、と思っていたんですよ。
できるとなれば、ちょっと失敬してきたほうが簡単だわ~
大丈夫、こちらではあまりそういうこと気にしませんから(笑)
うさぎさんのミルトスは本当にオシベが花火のようで綺麗でした。
あんなふうに咲いてくれたらいいなあ、、、と今から楽しみです、
まずは植え付けからしなければ。
又ご報告に参上いたします^^>
Commented by nmariomama at 2010-06-28 15:45
☆りこりんさん
りこりんさんにご登場頂いて嬉しいです~
サルディーニャ で、すぐにりこりんさんのことを思い浮かべましたので^^
ほ~ ミルトというリキュールはやはりそちらではポピュラーなんですね。
かなり芳香性があるのでは、と想像していますが、一度味わってみたいものです。
お花は可憐でも、かなりいろいろと主張の強い植物のようです^^
Commented by nmariomama at 2010-06-28 15:51
☆セシリアさん
本格的な梅雨ですねえ、、、、早く明けてしまえばいいですね。
ミルトス、私も初めて、どうしてあんな所に咲いていたのか、、、
あはは、そうそう、苗木はきっと中々見つからないと思うので、ちょっと失敬、
挿し木で我が家の庭においでいただこうかと考えています^^ヾ
私も結構あっちこっちでいただいてきたりしてます。
果物の種とかもいたずらに蒔いてみたり^^
ちゃんとして園芸はどうも苦手です へへ
Commented by nmariomama at 2010-06-28 15:55
☆agapiさん
多分そちらにもあるのでは?
地中海沿岸原産だし、ギリシャ神話に出てくるのだから、きっとありますよ。
花が可憐だから、うっかりすると見逃してしまいそう、
生垣とかで使われているかもしれないですね。
芳香性のある木や花はいいですね。
散歩をしててもどこからともなく香ってきたり、、、楽しい気分にさせてもらえます。
Commented by nmariomama at 2010-06-28 16:00
☆mitiko-aranさん
ママさんも初めてですか。
でも、日本でも苗木が手に入るようですから、探してみて!
このオシベの長い可憐な白花が、本当に気に入ってしまいました。
ほんと花火のようで綺麗ですよね、
ママさんなら、このオシベをマクロ撮影でアートにできるわ。
是非手に入れてください。
福岡の方がお庭で鉢でそだてていらっしゃるので、そちらでもきっと大丈夫だと思います^^
Commented by nmariomama at 2010-06-28 16:05
☆メルママさん
あ、似た花があります?
もしかすると生垣とかに使われているかも。
是非、確かめてみてくださいねえ。
うさぎさんの庭のミルトスは、尚一層オシベが綺麗で美しく咲いていたでしょう。
その他にもいろいろ素敵なお花たち、菜園もあって素晴らしいガーデン、
とても私には真似ができない~~ 羨ましいお庭です^^
Commented by nmariomama at 2010-06-28 16:10
☆kobakoba-134さん
花びらが可憐だけに、このオシベの主張が、きっとこのお花には大事なんでしょうね^^
私も初めてのお花ですっかり気に入ってしまい、絶対手に入れるぞ!
と決心しているところです^^
昔からお祝い事で使われていたようですね。
いろいろ神話や伝説のあるお花のようです。
日本でも手に入るようですよ、丈夫で手がかからないようなので、一鉢いかがでしょう^^
Commented by nmariomama at 2010-06-28 16:13
☆きゃふさん
ほんとにそうですねえ。
特に私はズボラなもので、皆さんに助けられっぱなし、有難きことです~
苗、探してみるつもりですが、難しそうだったらちょいと森にもう一度、行ってまいります、
挿し木で感単に根付くそうなので。。。^^ヾ
Commented by nmariomama at 2010-06-28 16:17
☆ゆうかさん
可憐なお花の様相にしてはかなり丈夫な木のようです。
日本でも苗が手に入るそうですが、地中海育ちの植物なので、あまり寒いのは得意でないようです。
そちらではちょっと難しいかな。
わ、すごい、150年ですか、名木ですね!
まだきちんとお花をつけるなんて素晴らしいですねえ。
春のお花の時期は見事でしょうね。
あ、そうそう、青梅はご注意、ですよね。
お口に入れないようにね、ウィリーくん^^
Commented by tetsuro-w at 2010-06-28 17:53
ミルトスって花の名前、
ギリシア神話にぴったりで、
お花も清楚でとっても美しいですね~。
こんな可憐なお花が、カラカラの大地でも生きるとは、
やがて逞しい奥さんへと変貌する花嫁さんにも、
通ずるところがありそうですね(笑)。
Commented by nmariomama at 2010-06-29 04:24
☆tetsuro-wさん
古くから親しまれてきたお花のようですね、
こんな可憐な姿で古代ヨーロッパから存在してたのかと思うと、
尚いとおしく感じます^^
でも! tetsuro-wさんにはお見通しのようで恐れ入りました~
この花を見るたびにこのことを思い出しそう(笑)


<< ウオーミングアップ      カラカラ森の植物たち >>