続・まりおの部屋

petitmario.exblog.jp
ブログトップ
2010年 02月 19日

オリーブの実

オリーブは原産地を地中海地方とするモクセイ科の植物ですが、その起源は古く5千年前にはもうあったということです。

モロッコもこのオリーブの実の生産地としては、結構有名なんですよ。
スペイン、イタリア、ギリシャ、トルコあたりの次に生産量の多い国。

モロッコではどのくらい前から、、、、というのはちょっとわかりませんが、紀元5~6世紀にローマの属州だった地域では、そこでオリーブを植林、栽培してオリーブオイルを生産、
ローマまで運んでいたという話です。

(モロッコの古代ローマの遺跡に興味ある方は、過去記事ですが、こちらをどうぞ)

で、オリーブとモロッコ人は切っても切れない関係がありまして、特にその実の塩漬けは、モロッコ人の食卓に欠かせないものであります。
ちょうど、日本人の漬物かな。 まあ、最近はそんなに漬物に固執する日本人も多くないかもしれませんが。

モロッコの食卓では、このオリーブの実の塩漬けが置かれていない、という家庭は有り得ない、というくらい大切なものです。

我が家では、私がつい出すのを忘れるものだから、いつも夫に、オリーブは?と催促されてしまうんですよね。 
夫にとってはテーブルにオリーブが出てない食事なんて、と言ったところのようです。

又、経営者がモロッコ人なら、フランス系料理のレストランでも、イタリア系料理のレストランでも、まずこのオリーブとパンが出てきます。
で、メインの料理が出てくるまで、つまんでる。 
美味しくてオリーブと一緒にパンも全部食べちゃってお腹いっぱいになっちゃった、なんて経験もあります。

とまあ、そんなこんなのオリーブの塩漬けですが、先日大瓶詰めのオリーブが我が家にやって来ました。
地方にいる夫の友人から送られてきたもので、自家製です。
自分の家の庭のオリーブの木になった実を塩漬けしたもの。
ちょうど、日本で言うと、庭で収穫の梅の実を梅干にするという感覚ですね。

e0092286_23524379.jpg


オリーブと一緒に、酸味をつけるためにレモンを、又野菜も漬け込むとちょうどピクルス状態になって美味しいんですよ。
これにはニンジンしか入ってませんでしたが、コルニッションとかカリフラワーなんかもいいようです。 
後、上の瓶詰めには香り付けとして、生のニンニクと乾燥のオレガノが加えられていました。

普通、売っているのは苛性ソーダに漬けて、まず渋抜きをしたものが多いのですが、苛性ソーダの薬臭い匂いが残っていたりと、美味しくないことが多いのです。
上の瓶詰めはそれを使わず、じっくりと漬け込むことによって、自然に渋抜きをしたものということで、味もまろやか。

漬けてからどのくらいで食べられるの?と聞いても、その都度味見しながら適当に、、、
という返事なのでなんとも悠長ですが、大体一ヶ月くらいはまず置くようですね。
実の状態にも寄るのでしょう。

日本ではオリーブと言えば、たいていグリーンですが、これはまだ若いオリーブということです。
モロッコでは実の収穫は11月頃ですが、最初に収穫されるのが、このグリーンオリーブ、
少し間を置くと実がもっと熟してきます。 それに従って色も段々赤みがついてきて濃くなっていき、最後は真っ黒に。。。

黒いオリーブは又種類が違うというわけでなく、一番熟した状態ということですね。
この黒い状態の実は、グリーンの実の塩漬けの仕方とは違い、良く洗ってから直接に塩をまぶし、そのまま置きます。 
黒オリーブはよりオイリーな状態で、苦甘いような大人の味といった感じ。

もちろんそのまま食べてもいいし、種をとってペースト状態にしてパンにつけて食べたり、刻んでスパゲッテイーに絡めて食べても美味。


e0092286_2356427.jpg


というわけで、今日は、オリーブの実のお話でした^^


e0092286_23592812.gif


                            ブログランキングに参加しています。
                            応援ポチッ よろしくお願いしま~す。

                                    にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

                                                   ありがとうございました。
[PR]

by nmariomama | 2010-02-19 00:04 | 食べ物関係 | Trackback | Comments(18)
トラックバックURL : http://petitmario.exblog.jp/tb/12174681
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by LALA at 2010-02-19 00:17 x
自家製オリーブなんて羨ましい・・・。
私はブラックオリーブをよく使います。
とはいっても、お飾り程度ですけどね(^^;)。
美味しいですよね~。
うちの近所にオリーブの木を植えてるとこがありますが、不思議と大きく育っています。
沖縄の気候でも実がなるのでしょうか?。
たまにチェックしてみなくては・・・。
Commented by たぬクロ at 2010-02-19 02:26 x
おいしそうなオリーブ。
今日はこんな時間まで仕事。お腹がグーグーなっていますが、我慢。
こんな時間に食べたらまたまた体が大きくなってしまいます。
「種をとってペースト状態でパンにつけて・・・」、こんな食べ方もあるのですね。おいしそうだぁ~~、グー!!
Commented by セシリア at 2010-02-19 05:58 x
おはようございます。まだ夜は明けてませんが、今日は快晴のようです。猫zが珍しく揃っていて、5時過ぎには、御飯を食べさせました。私は、風邪が治りきらなかったのか、昨日から喉が痛くて、夜中に目が覚めてしみまいました。ママさんも、体調には気をつけてくださいね。

オリーヴ!!私の大好物です!!我が家の冷蔵庫に欠かせないものです。どれも好きですが、特に、ブラックオリーヴが好きです。オリーヴ、チーズ、バゲット、ワイン!これがあれば、私は幸せです。自家製なんて凄い!漬けてみたくても、生オリーヴが手に入りませんからねぇ。苗を植えようか、ずっと迷ってます。コルニッション!これも、私の好物です。アメリカの、甘いピクルスじゃなくて、フランスなどの、酸っぱいやつ。オリーヴの無い食卓は・・クリープの入っていないコーヒーってやつでしょうか、パパさん(^^♪それにしても、すぐに真似したくなる私。早速生オリーヴを、ネットで探してみようと思ってしまってます^^;オリーヴって、塩で漬けて、あのオイリーな感じになるんですか?
Commented by bbwan at 2010-02-19 06:40
ワインにはオリーブとチーズが一番会いますね。 でも、日本で買うとなると結構な値段します。 そこで私もベランダでオリーブ栽培することにしました。 多少の寒さがないと実がならないそうで、一度は家のなかにいれたのに外にだしました。
 プラハに Olivaというレストランがあって スペイン、トルコ、モロッコそしてイタリアのオリーブとオイルがつけあわせで食べ比べできました。モロッコのものが一番あっさりしていました。 
Commented by mitiko-aran at 2010-02-19 09:28
おはようございます
我が家もオリーブ一番絞りが欠かせません、
パンにも、オリーブオイルを塗って、バター無しで頂きます、
オリーブ漬けもスライスしてサラダに使います、
モロッコのバージンオイルは有名ですね、
顔にもトリートメントにも使えて便利!
身近に有ると、自家製まで作れるのですね、羨ましいです
Commented by きゃふ at 2010-02-19 14:11 x
一番最後のお写真に思わず手が伸びそうになりました(^^;
パクっっていただいて、ワインをグビリ・・・
あぁ~、想像しただけでシアワセ♪

日本のオリーブ、なかなか美味しいのにあたりません(==;
Commented by nmariomama at 2010-02-19 16:41
☆LALAさん
私もオリーブの中ではブラックが一番好きです^^
美味しいのに当たったら、ほんと幸せを感じます。
オリーブの木は地中海性気候が合うようですが、とにかく温暖なのがいいのかも。
それから、記事中で書き忘れましたが、オリーブは自家受粉しないので、
実が採りたい場合は親の違う木を隣接させて二本、植えないといけないようですよ。
葉だけでも涼しげで綺麗なので、是非植えてみてはいかがでしょう^^
Commented by nmariomama at 2010-02-19 16:46
☆たぬクロさん
お仕事、お疲れ様です^^>
あはは、お腹が鳴りましたか、健康な証拠でいいではないですか。
黒オリーブ、お好きですか? 大きめの粒でないとペースト状にするのは大変かもしれないけれど、
とっても美味しいので機会があったらお試しを^^
昨夜から又嵐のようなお天気のラバトです、、、やれやれ。。。
Commented by nmariomama at 2010-02-19 16:51
☆セシリアさん
喉の痛みもいやですよねえ、、、食べる時に差し支えるのも困るし。
早く良くなりますように。。。
はい、ありがとうございます、こちらも変な天候で、、、いやになります。
オリーブ、日本にいた時なんて、ほとんど食べたことなかったのが、こちらに来て開眼です(笑)
私も黒オリーブが一番好き、美味しいですよねえ。
自分で漬けたことがないので良くわかりませんが、オリーブ自身、油分を持っているので、
オイリーな感じになるのでは? 
一番熟しから採る黒が、一番オイリーということになります。
Commented by nmariomama at 2010-02-19 16:56
☆bbwanさん
日本はオリーブ自体の生産が少ないですから高いのでしょうね。
乾燥を好むようなので、日本での栽培は難しいでしょうが、水遣りに気をつければ、
元々丈夫な木なので是非トライしてみてください。
あ、その際ね、実を採りたければ、親が違う苗を二本隣接して植えてくださいね。
オリーブは自家受粉しないので、DNAが違う木での受粉が必要らしいですよ。
Commented by nmariomama at 2010-02-19 16:59
☆mitiko-aranさん
オリーブもいろいろお役立ちですよね。
料理用のオイルももちろん我が家でも欠かせません。
サラダにひと掛けも美味しいし、何より健康にいいというのがいいですよね。
自家製が一番安心だし、こういう頂き物は嬉しい限りです^^
Commented by nmariomama at 2010-02-19 17:03
☆きゃふさん
あは、きゃふさんらしいですね、って、他人様のことは言えず、私もオリーブにワイン、グビリ、
大賛成です^^/ 黒オリーブにビールもいいですよ~ へへ
最近は日本もオリーブが簡単に手に入るようですが、その昔はあまりなかったので、
飾りのオリーブくらいしか食べたことなくあまり美味しいとは思ってなかったのですが、
こちらに来て、開眼です^^
Commented by Dewi at 2010-02-19 18:42 x
おいしそー!オリーブ。
やっぱり自家製ってのがいいですよね。
変な混ざり物入ってないし。

でもモロッコでは日々の食卓に欠かせないというのも
初めて知りました。
オリーブの他の食べ方ってあるんですか?
Commented by naka_kakis at 2010-02-20 00:50 x
私にとって、一番効果があったのど飴。特にタンジェリンレモン(金桔檸檬味)が好きです。

ninjiom.50webs.com



Commented by nmariomama at 2010-02-20 05:41
☆Dewiさん
そうそう、家で作るのに変なもの入れませんものね~
オリーブとモロッコ人、ほんとに切っても切れない関係で^^;
そちらにも、必ず毎食テーブルに出される物ってないでしょうか。
食文化っておもしろいですよねえ。
オリーブの他の食べ方、、、、まあ、伝統的と言うことでは、そのまま食べる、
というのが一番オーソドックスで多いのですが、モダンな食べ方と言えば、
グリーンオリーブを刻んでライスサラダに加えるとか。
後は、私だけかもしれませんが、チャーハンにも混ぜちゃったりします^^ヾ
Commented by nmariomama at 2010-02-20 05:46
☆naka_kakisさん
タンジェリンレモンですか、初めて聞きました。
Commented by arc1017 at 2010-02-20 16:40
我が家もダンナがオリーブ大好きなんで、よく食べます。
モロッコのどこかの町で、オリーブのマリネがたくさん売ってる出店を見つけて、全部試食してましたし^^。
まりおママさんの言ってた、オリーブとパンだけでお腹いっぱいに、っての、うちのダンナもしょっちゅうですよ^^;。
去年は我が家でもオリーブ漬けを作ろうと思って、いろいろがんばったんですが、結局上手くいきませんでした。やっぱし渋みをとるのに苦労しましたよ。
でも苛性ソーダを使ったりするんですね。知りませんでした。
我が家は苛性ソーダは、石けん作りに使うので、食べ物に使うってのには驚きましたよ。
あぁ、でも美味しそうなオリーブ。今度モロッコに行く時は、「オリーブの旅」と称して、オリーブ産地とかを周るのも楽しいかしら☆
Commented by nmariomama at 2010-02-20 17:24
☆arc1017さん
オリーブ、美味しいのに出逢うとほんとに嬉しくて、つい食べ過ぎてしまいます。
だんなさま、そうでしたか^^
苛性ソーダを使うのが、渋みをとるのに手っ取り早いのでしょうね。
でも、その後の洗いが丁寧にされてないと、薬くさい匂いが残ってしまって、
とても食べられた物じゃないんですよ。
だから、時間はかかっても自然に渋みをとったほうがいいと思います。
って、自分で作ったことないから、どんな程度で渋みがとれるのが、良くわかりませんが。。。
モロッコも各産地でオリーブの味が違うようで、実もさることながら、
オイルを食べ比べるのも、又おもしろいかもしれません。
やっぱりマラケシュが一番か、いや、メクナスもいいぜ、とか^^ヾ
是非!^^>


<< 昼下がりの猫たち      << 虹 >> >>