「ほっ」と。キャンペーン
2009年 10月 20日

ムクドリの到来

今日は朝から又PCの繋がりが悪く、PC作業ものろのろで疲れます。

スリルとサスペンスの記事更新、ちゃんと更新できますように、、、、

今日はですねえ、、、ちょっと又、鳥さんに登場願ってます。

日曜日の朝、屋上にいたら、ムクドリの大群が頭上を通過。。。。

何だかすごい数だったので、びっくりしてポカンと眺めてしまい、あ、撮れば良かったと気がついた時はすでに遅し。。。

ま、撮れたかどうかは怪しい、ってもんですが。。。

で、去り行く群れを見ていたら、ほんの一部が近所の一番高いアパートにあるアンテナに止まりました。

e0092286_02292.jpg


生憎曇り空だったので、こんな写真しか撮れませんでしたが、この二つのアンテナの横のもうひとつのアンテナにも止まったのです。 
カメラにはこれだけしか納まらず、、、、でも、数えてみたら20羽はいる?
合わせたら30羽? それじゃ、飛んでた群れは一体何羽くらいいたのかしら、ムクドリってすごい!

こんな群れが到来するってことは、、、そう、もう10月も半ばなんですよねえ。

真夏を除いて、数羽なら、いつもアンテナに止まっているのですが、群れを見るのはやはりこの時期から。
ムクドリの群れの到来は、秋の到来でもあります。

で、モロッコのムクドリですが、、、、日本のムクドリとは違います。
今までにもちょっとご紹介したと思いますが、 ムジホシムクドリと言って、英名は、 Spotless starling
分布地図を見ると、アフリカはモロッコから少し地中海にかけて、ヨーロッパもスペイン、フランスとかなり限られた分布のようです。

下の二枚は、9月終わりと10月の初め、お天気が良い日に撮ったもの、
いつも一番高いアンテナにいるのでこんなんばっかりですが。。。
e0092286_0312169.jpg


e0092286_03436.jpg


この二枚の写真から、少しはおわかりになっていただけるか、、、、だいぶ日本のムクドリとは違うでしょう。
ほとんど黒一色で、羽に何という光沢があるのですね、オイリーっぽいというか。

で、次の二枚も9月の終わりに撮ったものですが、たいてい数羽なのに、一羽だけで飛んできて、隣家の屋上の一番低いアンテナに止まったのです。

これ幸いと、頑張って撮ってみました。

そうしたら、真っ黒だと思っていた羽、胸からお腹にかけて、すこーしスポットが入っているようなのです。
いつもと同じムクドリか、それとも又これは違うムクドリか、、、

e0092286_0412930.jpg


少し調べてみました、、、正確なことはわかりませんでしたが、どうも若いうちは、スポットが少しあるようです。
そうそう、クチバシは普通黄色っぽいのですが、若鳥は黒いそうだし。

まだ若鳥で、群れと離れてしまって一羽だけふらふらやってきたのか、、、、

しばらく眺めていたら、体を伸ばしてこんな仕草、きょろきょろしてましたから、仲間でも探していたか。
e0092286_0475065.jpg


というわけで、今日はモロッコのムクドリ、ムジホシムクドリさんでした。


さて、スリルとサスペンスの更新、無事送信できますように、、、、、、えいッ 念力~~~~ ^^ゞ


                              ブログランキングに参加しています。
                              応援ポチッ よろしくお願いしま~す^^>
                                      にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

                                                   ありがとうございました。
[PR]

by nmariomama | 2009-10-20 00:57 | 鳥・蝶 | Trackback | Comments(16)
トラックバックURL : http://petitmario.exblog.jp/tb/11400710
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by セシリア at 2009-10-20 05:33 x
おはようございます!今はまだ、5時過ぎですが、パパの出勤時に、家に入りこもうとする猫1匹・・・アミーナちゃんです。パパに、駄目だよ~と言われても、ミャオ~んですから、可愛いもんです。
すでに朝食を要求してきたので、ミルクと共に出しましたが、食べ終わった今、網戸がギシギシ言ってます。アミーナが開けようとしています。ふふふ、可愛い。今日も触るぞ~!!

ムクドリさん、見たことないです。大好きな、大草原の小さな家シリーズの中に出てくる鳥さん。
大量発生して、食べるんですよ、確か。鳩くらいの大きさですか?
考えてみると、日本の開けた地域では、野鳥もロクに、いないもんですねぇ・・それはそれで、淋しいものですね。便利が優先で、自然が無くなってしまっているんですものね。
Commented by mitiko-aran at 2009-10-20 08:57
おはよう~
都会ではムクドリの群れで糞害など、起きていますが、
私の周りでは年に一回も、ムクドリに出会えません
此れだけの集団に一度で、いいから、出会いたいわ、
地味だけど、姿、形、大きな目、魅力的だわ、
どの画像も良く撮れてるわ、飛ぶ瞬間や澄ました顔の最後なんて!
素晴らしいわ、、
Commented by nokko at 2009-10-20 09:08 x
ほんとにそちらはトリさんもにぎやかですよね~!!
まりおママさんもだんだん鳥博士になっていきますね♪

こんなにたくさんの鳥さんたちにまりおママさんちの娘ちゃんや息子ちゃんたちはすっかり慣れっこなんですか?

ロデ&竜のグランドではカラスとトンビが
ときどきごくごく近くを大きな羽音をさせて飛び回ります!
感動と少々の怖さと・・・
ロデ&竜も立ち止まって緊張する瞬間です(^^)
Commented by kuma at 2009-10-20 11:42 x
鳥の大群ってあまり見かけたことはないのですが、すごいんでしょうね。つい昔見た”鳥”でしたか映画のことを思い出しました。モロッコと言えば私の頭の中は砂漠としか出てこなかったのですが、まりおままさんのブログをみていると自然は豊なんですね。
Commented by tetsuro-w at 2009-10-20 12:57
私の職場の近くにある大学のキャンパスの樹に、
ムクドリの大群が棲みついて、夕方になるとえらく賑やかです。
もう樹が真っ黒に染まるくらいで、何百って数がいるので、
そこまでたくさんいると糞やら騒音やら、鳥害の域ですね。
1匹1匹はとっても可愛らしい鳥なのに、集団で暮らすばかりに
邪魔者扱いされてしまって、心が痛みます。
モロッコのムクドリさんは、街中で無理に暮らさなくても、
快適な場所がたくさんあるでしょうから、
鳥害になることはないのでしょうね。
Commented by きゃふ at 2009-10-20 14:00 x
そうですよね?
ムクドリさんの口ばしは、黄色・・・
なのに黒い???
若さゆえの黒さなのかしら?
大人になったら黄色くなるのかな?

妙に興味津々になっています(笑)
Commented by nmariomama at 2009-10-20 16:10
☆セシリアさん
アミーナちゃん、すっかりなつきましたね、ゆずちゃんから隔離できれば、
お家の中にいれてあげたいけれど、それはやっぱり無理なんでしょうね。
ああ、大草原の小さな家、なつかしいですねえ、、、
ムクドリ、出てきたか良く覚えてないんですけど、食用になるのかな。
ツグミはヨーロッパでは食用になるみたいだけど。。。
小さめの鳩より、まだ一回り小さいです。
便利か自然かと言ったら、やっぱり自然をとってしまうだろうけれど、、、
うまく両立できるといいですよねえ。
ちょっと緑を残せば、野鳥は来ますよ、
でも、糞公害だなんだって、追っ払うのも又人間だし、難しいですね。
Commented by nmariomama at 2009-10-20 16:18
☆mitiko-aranさん
ムクドリの大群、この時期になると毎朝見れます。
でも、たいてい遠くを飛んでるので黒い点が無数にある、くらいにしかわからないのに、
この日はすぐ頭上を飛んでいったのでびっくり、ざわざわざわ~~っていう羽音が聞こえました。
いつも高い所にとまってるので、良く顔がわからなかったけど、そうそう、結構目が大きいのにびっくりしました。
群れ飛ぶ鳥でも、一羽一羽になると、個性的ね、又近くて撮ってみたいものです。
Commented by nmariomama at 2009-10-20 16:26
☆nokkoさん
住宅地にしては、いろんな野鳥が飛んできますので、まだモロッコは、
やっぱり自然がのこっているんでしょうね。
あはは、写真を撮るようになってから、何の鳥か、どういう習性か、なんて気になって調べていく内に、何となく覚えていきますね。
ズボラな私ですので、いつも詰めは甘いですが^^;
うちのお坊ちゃま、お嬢ちゃまたちは、全く鳥には無関心。 ウィンダも全く興味なかったですよ。
わ~ 近くにトンビが? 竜太くん、危ない、御気をつけを!
チワワがさらわれたケースがあるそうですよ~
トンビくらいの大きな鳥だと、近付いてきたら人間だって緊張しますよねえ。
Commented by nmariomama at 2009-10-20 16:35
☆kumaさん
この時期、ムクドリの大群は良く見られるんですが、いつもは遠目です。
でも、この日は屋上にいて、すぐ頭上を通過していったのでびっくり仰天でした。
すごく速いんですよ、一陣の黒い風、といった感じ、背後から来たので、
羽音のざわつきで振り向いた時はもう通過してました^^;
ヒッチコックの鳥、ですね、あの撮影の鳥のシーンの一部がモロッコでなされた、
という話もあるんですが、詳細はわからず。
でも、川、湖、沼などの湿地帯が案外に多いので、モロッコは水鳥の種類も多いらしいです。
そうそう、モロッコと言えば砂漠ですけど、北のほうは緑が広がり、農業が盛んです。
北と西は海に接してるので漁業も。 いろんな顔を持ったモロッコというわけです^^>
Commented by nmariomama at 2009-10-20 16:46
☆tetsuro-wさん
ムクドリは群れの習性があるので、大群となると本当にすごい数のようですね。
アンテナに止まっただけで軽く30羽いたから、ちょっとした群れは
すぐ100羽くらになるのはわかる気がします。
モロッコは郊外に行けば、本当に何にもないから、ムクドリが何百羽いようと、平気みたいです。
その一部が、住宅地にも飛んでくるのでしょう。
でも、長居はしないし、ねぐらは郊外にあるので糞公害は起きない、ということですね。
そうそう、逆に言えば、今回群れから離れた一羽の写真が撮れて、案外に大きな目をしてるなあ、、、なんて詳細がわかって嬉しかったくらいです。
自然との共存、まだまだ今のところは大丈夫なモロッコのようであります^^
Commented by nmariomama at 2009-10-20 16:52
☆きゃふさん
そうなんです、多分若鳥ですね、まだ、見た目もすっきりだし^^
成鳥になると、クチバシは黄色っぽく、足がピンク色になるようです。
体が黒で地味だから、せめて、って感じ?
全部黒いとカラスみたいになっちゃいますもんね(笑)
一羽だけというのは珍しいので、群れから逸れちゃったのかもしれません。
この後、家族に会えたかな、気になっちゃうワタクシでありました。
Commented by りとるふっとママ at 2009-10-20 21:07 x
ムクドリでも こちらに居るムクドリとは 違いますね!
光沢があって奇麗です^^
この頃 渡り鳥でしょうか 大群が 飛んでいくのを
よく見かけます。。。
もう 冬支度なんですね~
Commented by nmariomama at 2009-10-20 23:36
☆りとるふっとママさん
そうなんですよ、最初見た時、尻尾の短いカラスみたいで、、、^^;
そちら、湖、そして海が近いから、結構いろいろな鳥たちが空を通過していくでしょうね、
冬支度、なんていうとこちらではまだ何となくピンと来ませんが、
日本では、これから駆け足で寒い季節がやってきますね。
師走なんて、ほんと、あっという間に来てしまいそう、、、、
来月には又ひとつ歳をとってしまうし、、、
って、なんの話だったかしら^^;
Commented by funkytiger at 2009-10-21 22:22
ムクドリが綺麗に撮れて、アップのカットも色、模様を興味深く拝見させていただきました。
画像を見ていたらどんな鳴き声なのか?気になってきました。
Commented by nmariomama at 2009-10-22 00:28
☆funkytigerさん
ありがとうございます。
日常的に見られるのに、中々下のほうに下りて来てくれないので、アップで撮れないのが難点の鳥です。
鳴き声なんですが、ムクドリはお喋りで、集団でいると煩いんですよ。
でも、いろいろな鳴き声を持っていて、綺麗に囀っている時もあります。
で、動画も何度も試しているんですが、何しろ高い所ばかりにいるので、だめですね、周囲の雑音のほうが良く入ってしまい、うまく録音できません。
又試みてみますので、期待しないでお待ちくださいませ^^>


<< マラケシュのメデルサ(マドラサ...      たまには中心街へ >>