続・まりおの部屋

petitmario.exblog.jp
ブログトップ
2009年 06月 17日

ぶどう棚

本日は我が家のぶどう棚の話を、、、、

e0092286_23573272.jpg


このぶどう棚を作ったのはいつだったか、苗を買って来て、棚を、(と言っても針金通してあるだけですが)作って、花は咲いても、カラカラ気候で枯れちゃってたんですよね。

それでも、次の春になると又息吹き返すみたいに、ツルが伸びて来て、緑の葉っぱが出て来て、、、

去年は実を見つけました。 ついに実が、と思ったのですが、小さい粒が石のように硬くなったまま、ちっとも大きくならず、それでおしまい、、、
やっぱり無理なのね~ ま、いいわ、ブドウの葉っぱって綺麗だから、葉っぱを観賞するだけでも十分と諦めてました。

そうしたら、今年、あらら~ 知らぬ間に(無視してた?^^;)たくさん房がぶら下がってきました!
e0092286_23583833.jpg


去年とは色も大きさも雲泥の差。 ちゃんと、ブドウらしいではないですか。
去年から今年、雨が多かったのが幸いしたのかもしれません。

e0092286_23594528.jpg


ブドウの種類について聞いてみたところ、これはどうも、ネヘレスコールという、欧州種のブドウらしいということがわかりました。
品種としてはとても古く、シリアが原産で紀元前から存在する古代ブドウとも呼ばれてるそう。

観賞用にも良いし、もちろん食べられるそうです、バンザイ^^/

もうちょっと待たないとだめかな、来月になったら収穫してみよう。
食べれるといいな。

e0092286_003987.jpg


乾燥に強い丈夫な品種だということですが、それでもやっぱりある程度はちゃんと水遣りが必要なんですね、
当たり前か^^;

ちゃんと冬の間の手入れも必要なんだろうなあ、、、放りっぱなしだからなあ。
しかも、同じぶどう棚には、蔦が絡まったり、お隣からユウガオのツルが伸びてきたり、、、
これではぶどうも可哀そうというもの。

でも、ブドウの樹って、一人前になるためには、7~8年かかるそう。
それからいくと、ちょっとまだなので、今年だめでも、来年、再来年辺りは、バッチリ期待できそうです。

検索でブドウ栽培、なんてのを調べてみると、いろんな作業がやはりあるのですね。
陽が当り過ぎないように、実が出来る頃には、傘かけ、という作業もあるそうな。
そう言えば、ぶどう園では袋被ってたりしますもんね。

美味しいブドウを期待するなら、ちゃんとお世話しないと!
今年の様子を見て、この秋、葉が落ちたらいろいろ作業して、来年に備えてみようかと。。。。
なんて、イメージばかり膨らんで、実際にできるかどうか・・・^^;




                          ブログランキングに参加しています。
                          ぶどう収穫に、応援ポチッ よろしくお願いしま~す^^>
                                   にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

                                                   ありがとうございました。
[PR]

by nmariomama | 2009-06-17 00:09 | 自然・花・風景 | Trackback | Comments(20)
トラックバックURL : http://petitmario.exblog.jp/tb/10445358
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by セシリア at 2009-06-17 05:37 x
おはようございます!今朝は雨もなく、今日1日は、良い天気だそうです。夕立も無さそうですが、私が1番怖いのは「雷」なんですよ。恐怖症です^^;
ラマダンの件、ありがとうございます。5年前くらい前までは、ダイエットが仕事の1部でしたから、断食はなれた物なのですが、ドクターには相談してみますね。

ぶどう棚!懐かしいです。私が子供の頃に住んでいた家の庭は広く、父が趣味で、いろいろな樹木を植えていた中に、ぶどうがあり、棚を作ってました。水やりと、虫を気にしていたくらいで、ちゃんと育ってました。
食べきれないくらい実ると、ぶどうを2房くらいとって、粒だけ鍋にいれ、かぶるくらいの水と、砂糖を入れて、じっくり煮ていくと、「ぶどう汁」が出来て、これを氷水で割って飲むと、美味しいジュースでした。当時飼っていた大型犬が2匹、棚の下で昼寝してました、日差しが少ないから、暑さよけだったんでしょうね、懐かしいなぁ・・・
そうそう、ゆずは、今月6歳になりました。人間だと、私より、すこし上くらいでしょうか^^;家族には、「無邪気な40代」と笑われている、ゆずです。
Commented by nokko at 2009-06-17 08:23 x
あ、すごいすごい!!
へぇ~、復活したんですね、葡萄の木☆
古い品種ってやはりたくましいですよね!

今年は食べられるかな~♪ 食べられたらいいですね☆
味はどんなかしら~☆
まりお君たちにもおすそわけが行くのかしらね~♪

うふっ☆
おいしい想像は楽しくなりますね~♪
Commented by りとるふっとママ at 2009-06-17 08:54 x
葡萄の棚があったんですか!
子供の頃から 憧れていましたが 難しいんだろうと言うことで
私は試したことが無いです><

ままさんのお宅は 鳥も沢山来るから 守り通すのが大変ですね!
でも 写真を狙うなら チャンスかも・・・
楽しみですね^^収穫が!
Commented by mitiko-aran at 2009-06-17 09:17
おはよう~
素晴らしいわ、青々とした、葡萄棚に垂れる
ノウゼンカズラのオレンジの色と青い葉が美しいわ、
沢山の立派な葡萄が垂れて居ますね、まるで、本職さんの
葡萄棚の様です、
今年は雨のお陰で、沢山収穫出来ますね
手入れしてないの?ワ~ァ!大事に、大事に、手入れしてる
姿に見えますよ
美味しいでしょうね
Commented by bbwan at 2009-06-17 09:21
すごいすごい!! ぶどうさんに賞賛の言葉。
私も田舎に帰ったら、小さな土地があるので ぶどうを栽培してワインをつくりたいと思っています。 チェコにいる間に自分の家でつくっているお宅を訪問したり、アルザスのワイナリーに滞在したり、はたまた実家の父に教えてもらったのは、春の剪定っていうんですか、ぶどうが大きくなりそうな枝を残して後のものを取り除くーーーこの作業が大切だって聞きました。 日本でもぶどうは棚にしますが、ヨーロッパで剪定剪定で一本の木で育てますね。 ジュースでも食用でも楽しみですね。 あーーとんでいきたい。 
Commented by ゆらら at 2009-06-17 12:23 x
ご自宅にぶどう棚があるなんて、すごいですね!
なんといっても、手入れをあまりしないでも、実がなるってのが、素晴らしい!(笑)。
収穫して、自家製ワインなどできたら、楽しいですね。

ぶどう棚の下のいるだけで、涼しくなれそうな気がします。
うらやましいなあ~。
Commented by きゃふ at 2009-06-17 14:17 x
たくさん房って、日本でいう「ノウゼンカズラ」みたいですね?
綺麗なオレンジ色の花だけど、ぶどうさんにとっては迷惑かな(汗)

美味しそうなぶどうが実って♪
収穫したら食べた感想も聞かせて下さいね!
Commented by nmariomama at 2009-06-17 15:12
☆セシリアさん
雷の季節の日本ですね、雷はイヤですよねえ、光るのもいやだし、ゴロゴロもいや。
まりおも大嫌いでいつも抱っこで過ぎ去るのを待つことに、、、重い、、、、^^;
ラマダンの件、せっかくなのに水をさすようで申し訳ないのですが、薬を飲んでいらしゃったりする場合は、必ずかかりつけのお医者様に御相談なさってくださいね。
イスラム教の断食は、決して体には良くないと私は思っているので。。。
ぶどう棚の思い出、素敵ですね、ワンちゃん2匹、ゆったりと時間が流れていたのでしょうね。
ぶどうジュース、美味しそう、夏にぴったりですね♪
Commented by nmariomama at 2009-06-17 15:17
☆nokkoさん
今年はちょっと無理かもしれませんねえ。
でも、可能性が出てきたので諦めないことにしました(笑)
そうそう、あまり品種改良してないほうが、育てやすいのでしょうね、
紀元前からあるなんて、ロマンだわあ~^^ゞ
ほんと、味もさることながら、いろいろ想像できて楽しいです。
あ、まりおはね、果物は全然食べないんです。
フローラはもちろん大好き。 ウィンダも好きだったので、残念です。
食べさせてあげたかったなあ。。。。。・・
Commented by nmariomama at 2009-06-17 15:23
☆りとるふっとママさん
あったんですよ~ 他の木や花が植えてあるのとは別の場所なので、御紹介が遅れました^^;
ブドウ栽培って、品種を選べば案外にできるみたいですよ。
こんな大掛かりでなくても、鉢からツルを這わせて初めてみては?
検索すると、ブドウ栽培で育てやすい品種、なんてのが見つかるようです。
日本ならいろいろな苗が手に入りやすいでしょうし、是非お試しを。
ぶどうは葉っぱだけでも綺麗だから、夏に涼しげに観賞もいいのでは^^?
小鳥さんたちに食べられちゃうくらい、美味しければいいのだけれどねえ。
無視されたりして。。。^^;
Commented by nmariomama at 2009-06-17 15:29
☆mitiko-aranさん
いやいや、見た目綺麗に出来ているようでも、実際に収穫してからでないと、わからないですねえ。
放ってあるのでぶどう棚もごちゃごちゃ、ノウゼンカズラまで巻き付いていっちゃって^^;
やっぱり水って大切なんですね。
この春の多量の雨のおかげだと思います、いつも少なすぎたのね。
水遣りが足りなかったのでしょう。 段々成木にもなってきたようで、これから期待できそうです^^
まずは今年のできは如何に? ですね^^ゞ
Commented by nmariomama at 2009-06-17 15:35
☆bbwanさん
そうそう、ムーさんにはぶどうに思い入れがおありだったんですよねえ。
ワイナリー巡りも真剣のようだったし(笑)
まずはうまくこれが育って食べられるぶどうが実るようになってくれればいいのですが。
それには、いろいろやっぱり作業があるのですね。
こちらも、農家のブドウ畑はみんな一本一本の木です。
そうしないと品質をまもれないのでしょうね。
今年はダメでも、秋に葉が落ちた時の手入れと、春の剪定を来年やってみようかしら。
手探り作業だけど、こういうのも楽しいですね。
あはは、ムーさん来て手伝ってくだると頼もしいな^^
Commented by nmariomama at 2009-06-17 15:40
☆ゆららさん
いやいや、放りっぱなしだったのでねえ、日陰ができればいいや、くらいのつもりで、苗だけどんどん植えていったのですよ^^ゞ
でも、やっぱりちゃんとした、たべらるぶどうにするには、それなりの作業が必要のようです。
多分今年はだめだと思うので、来年からがんばります(笑)
ぶどう棚はいいですよ~ 観賞するだけでも、ぶどうの葉っぱって綺麗だし。
幾鉢に苗を植えて、壁にツルを這わせるだけでも、栽培は可能らしいので、良かったらお試しを^^
Commented by nmariomama at 2009-06-17 15:45
☆きゃふさん
そうそう、オレンジ色の房の花は、ノウゼンカズラです。
放ってあるものだから、ノウゼンカズラや蔦なんかのツルまで絡まっていっちゃって、、、、^^;
今年は何にも作業をしてないから、食べられるぶどうは無理かなあ、、、
という気がしてます。
見た目はいかにも美味しそうですが、やっぱりそれなりに手入れをしないとダメみたいですね。
来年にはきっと! コウ御待~^^ 
Commented by bbwan at 2009-06-17 18:09
よんでくれるの、いってお手伝いしたいわ〜。
Commented by snowdog at 2009-06-17 23:24 x
何と葡萄まであるんですか?!
素晴らしいわん♪
身もかなり大きいのでは?
今年は美味しい葡萄が食べられそうですね~ 
Commented by nmariomama at 2009-06-18 00:08
☆bbwanさん
ついでにワインも仕込んでいただこうかしら~ ^^/
Commented by nmariomama at 2009-06-18 00:10
☆snowdogさん
いやいや、今年はまだ食べれるかどうかアヤシイです。
でも、見てくれは中々良い感じなんですよねえ。
粒は不ぞろいのようです、来年に期待した方がいいかな、やっぱり^^;
Commented by arc1017 at 2009-06-18 11:00
あー、いいですね、グレープ☆
グレープ、うちもよく食べますけど、大量にある時は冷凍室で凍らせて、白ワインやシャンペンに浮かべたり、ジュースの氷代わりに使ってます。
最近ね、見つけたグレープの新たな食べ方なんですけど、サラダに入れると美味しいんですよー。
クスクスか、キノアのサラダにオリーブやハーブ、サンドライトマトなんかと一緒にグレープも入れると、なかなか美味しかったです。オリーブオイルも思いっきり入れましたけど、けっこうグレープと合うので驚きました。
そちらはフルーツとか、サラダに入れて食べたりします?
Commented by nmariomama at 2009-06-18 15:11
☆arc1017さん
わあ、洒落たグレープの使い方ですねえ、、、、ヒンヤリ夏にピッタリ!
って、そちらは寒そうですが、、、
こちら、ずばり、フルーツサラダがあります^^ゞ
フルーツ類を細かく切って、オレンジジュースをベースに混ぜ込んだりして、冷やして食べると美味しいです。
クスクスにはたいてい、干しブドウを入れますので、アナガチ外れてませんよ、さすが!
オリーブオイルともOKですか、試してみたいですねえ。
結構いろいろ使えますね、グレープって^^


<< 今朝の屋上、トリオメンバー      変な天気 >>